2017/06/10 (Sat)


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(5) |


2016/01/01 (Fri) 2016年 あけましておめでとうございます 日吉八幡神社に初もうで

遅れに遅れて書いているのは一年以上後です。申し訳ない。がんばって今年中に追いつきます。
秋田での初詣は毎年日吉八幡神社です。秋田市で初詣の参拝者が一番多いのは太平山三吉神社ですが、日吉八幡神社はそれなりに(ごめんなさい)人気の神社です。参拝のための行列があるということは、それほど多くはありません。その分ゆっくりと参拝できます。

紅白が終わるころに神棚をお掃除して、お札をおろして持参。今年はそんなに雪が積っていません。
DSC_0705.jpg
なかなか風情がいいでしょう?
DSC_0706.jpg
本殿の中で、神主さんが祝詞をあげてくださっていたりします。(運が良ければ・・・なのかな。)
DSC_0708.jpg
日吉八幡神社は社伝では、平安時代、日枝山王と石清水八幡宮を勧請し日吉山延命寺と称したとされていますが、鎌倉時代とする説もあり詳細は不明なんだそうです。現在地に移ったのは寛文2年(1662年)。その後焼失し、安永7年(1778年)に再建されたそうです。
全くの余談なのですが、藤田嗣治が1937年51歳の時、平野政吉の所有する米蔵の中で、秋田民謡を聞きながら15日間で一気に描いたという逸話がある「秋田の行事」という大きな絵があります。(秋田県立美術館で展示されています。)縦3.7メートル、横20.5mの文字通りの大作です。その右側の方に日吉八幡神社の山王祭が描かれています。山王祭は今でも行われていますが、当時のようににぎやかではありません。えーーこんなお祭りがっ!と絵を見たときに驚いた覚えがあります。

今回は、妹と甥も秋田に来てくれていつもよりもにぎやかな年越しになりました。なぜかいつもお正月には雪がなくて、帰ると雪が降るということになるのですが、今年もそうでした。秋田空港から飛行機に乗るころには猛吹雪。
DSC_0709.jpg

日吉八幡神社
住所 秋田県秋田市八橋本町1-4-1
TEL:018-862-3287 

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(0) |


2015/12/30 (Wed) 年末年始に秋田に帰省

今回の年末年始は、あまりうまい具合にお休みが繋がらなくて秋田へは急ぎ足での帰省になってしまいました。
12月の東京と秋田はものすごく差があります。空気が乾燥していて、晴れている羽田空港。
DSC_0699.jpg
9時55分発の秋田行ANA403便に乗りました。ゲートの端っこ具合が秋田は田舎なんだなーと感じさせます。
DSC_0700.jpg
ポケモンジェットも並んでます。家族で帰省という方も多いでしょうから、たまたまポケモンジェットだったら嬉しいだろうなぁ。
DSC_0702.jpg
秋田までは55分の旅。空港まで行っちゃったらあっという間なんですよね。ちゃんとお昼前には到着したので、お昼は大好きな東天閣のカタ焼きそばにしました。やっぱり・・・これ大好き。ぱりっぱりの麺がたまらないのです。欠点は、全部食べきるとおなか一杯になりすぎる・・ということです。あーあと、なぜかキノコが缶詰のマッシュルームなんですが、これもなんとかならんものか・・と。入ってなくてもいいくらいなんだけどなー。文句多すぎ?それでも、大好きなんですけどね。
DSC_0703.jpg



関連ランキング:中華料理 | 秋田駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(2) |


2015/12/29 (Tue) 第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 柏レイソルvs浦和レッズ

12月とは思えないすっきりと晴れた日。今日はマリノスとは全く関係なく、(マリノスは11月14日のヴィッセル神戸戦にて4回戦で敗退) 天皇杯の準決勝を観戦するために東京スタジアムへ。東京スタジアムは、東京都調布市にあります。2003年3月1日から味の素がネーミングライツを取得しており、「味の素スタジアム」となっていますが、通称「味スタ」と呼ばれています。現在はJリーグFC東京・東京ヴェルディ1969のホームスタジアムとなっています。施設は東京都が所有者だそうです。収容能力は49970人。

最寄りの駅は京王線飛田給駅(とびたきゅう)。
R0073052.jpg
味スタまでは飛田給駅から徒歩5分。
R0073053.jpg
私たちの席はどちらかと言えば柏側。どちらを応援しているというわけではないときは、気分的に座った側の方の応援の気分になってしまいます。
R0073059.jpg
さすがレッズ!あちら側は真っ赤です。
R0073056.jpg
試合の方は、延長戦になりました。延長戦後半の李 忠成のゴールで浦和レッズ 1-0(前半0-0、後半0-0、延長前半0-0、延長後半1-0) 柏レイソルという結果。入場者数は22462人だったそうです。この結果、元旦に行われる決勝は浦和レッズ対ガンバ大阪に決定しました。会場は同じ味スタだそうです。
R0073060.jpg
ところで味スタのお隣には調布飛行場があります。味スタのグラウンド面は掘り下げられて周囲の地平面より低くなっているのだそうですが、これは調布飛行場に関連した構造物の高さ制限をクリアするためなんだそうです。掘り下げられているとは感じていなかったけれど、言われてみればそうなのかな。
R0073061.jpg
マリノスの応援じゃないと、なんとなく気が楽だわ・・と思いつつ帰途につきます。飛田給駅の構内にはFC東京の旗がたくさん並んでいました。Jリーグの応援に行ってると、サッカーってものすごい人気と勘違いしちゃいますが、サッカー自体はともかくJリーグはまだまだです。どこのチームもがんばれ!と思わずにはいられません。もちろんマリノスを一番応援してるんですけどね。
R0073063_20170626101156afe.jpg

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

サッカー | trackback(0) | comment(0) |


2015/12/19 (Sat) 劇団チョコレートケーキ with バンダ・ラ・コンチャン「ライン(国境)の向こう」

劇団チョコレートケーキ with バンダ・ラ・コンチャン「ライン(国境)の向こう」という演劇を見に行ってきました。会場は、 池袋 東京芸術劇場 シアターウエストです。私は見たことのないものは見たい!という性質なので、ストーリーも出る人もわからないままに連れて行ってもらいました。
R0073049.jpg
そういえば東京芸術劇場の建物に入ったことがなかったです。夜見ると余計にすてきな建物ですね。東京芸術劇場の中には、4つの劇場と4つの展示施設の他、リハーサルやミーティングのための施設があるそうです。
R0073046.jpg
ロビーにはお花がいっぱい。特に戸田恵子さんへのお花が多かったです。さすが・・・。
R0073044.jpg

パンダ・ラ・コンチャンは近藤芳正(オフィシャルサイトは→こちら)さんが一人で立ち上げたユニットだそうです。近藤芳正さんってお名前ははっきりわかっていませんでしたが、たぶん写真をみたら「あーこの人!」って皆が知っている俳優さんです。
劇団チョコレートケーキは2000年に駒澤大学OBを中心として結成された劇団です。 劇団名の由来は「チョコレートケーキ嫌いな人っていないよね」というピュアな心意気。

ところで、この「ライン(国境)の向こう」のストーリーは敗戦後敗戦日本国と日本人民共和国に分断された日本列島。某県の山中、ごく小さな集落に国境線がありますが、村民たちは冷戦の最前線なのに農作業や収穫のことを考えながら争いごともなく、ささやかに暮らしていました。それでも、じわじわと影響が出てきて・・・・というお話。
戦争ってねー 戦っているのは国と国なんですが、戦いというのは意外と狭い世界でしかないようで、一般人は細々と普通の生活をしていたりするんですよね。なんだか不思議なんですけど・・・。私の母は田舎の生まれですが、戦時中は何が起こっているのかあんまりわかんなかったそうです。演劇を見ながらそんなことを考えていました。
映画やテレビドラマは、撮影したものなので毎回同じですが、演劇は毎日違うのでしょうね。そのリアル感がたまらないです。私でさえ、同じものを毎日続けてみてみたいと思うくらいですから。こういう演劇が見られるのは、東京ならでは・・です。面白いものも面白くないものも玉石混交なのでしょうが、何でも見てみたい・・・と演劇を見た後はちょっとテンションが上がってしまう私なのでした。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

演劇 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: