2018/06/06 (Wed)

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2016/06/25 (Sat) 下仁田には昭和がいっぱい 帰る前のソフトクリーム

下仁田の街の中心地散策。
DSC_1378.jpg
電気屋さんのウィンドウに飾られていたのは、まさに昭和!という品々。黄色いテレビかわいい。DUNKという雑誌がたくさん並んでいたのですが、電気屋さんのご主人の愛読書だったのかな。ちなみに『DUNK』(ダンク)は、かつて集英社から出版されていた、日本の月刊女性アイドルグラビア雑誌だそうです。
DSC_1377.jpg

そろそろ帰途につこうかな・・と、下仁田駅へ。最後に下仁田駅前にあるお土産屋さんにあるレストランでソフトクリーム。
こちら「レストランヒロ」さんは、下仁田かつ丼のスタンプラリーにも参加しているお店です。下仁田唯一のファミリーレストランと言っても過言ではないメニューの多さ。いろんなものがこちらで食べられます。
DSC_1383.jpg
こちらのソフトクリームは、神津牧場のソフトクリーム。神津牧場は、120年以上の歴史を持つ日本最古の牧場なんだそうです。最寄の駅が、下仁田駅のようなのですが、調べてみるとバスで45分、終点まで行ってそこから徒歩で90分なんですって。90分!!!下仁田からレンタカーはなさそうなので、別のルートで行くしかないか・・・行ってみたい。ソフトクリームはさすがに美味しかったです。形も美しい。
DSC_1382.jpg下仁田駅の真向かいです。
名残惜しいですが、そろそろ下仁田とお別れです。



関連ランキング:レストラン(その他) | 下仁田駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

群馬 | trackback(0) | comment(0) |


2016/06/25 (Sat) 下仁田の名物料理は 下仁田かつ丼

さてさて・・・なんとなく街中もぶらぶらしたし、お土産も買いました。そろそろお昼にしましょう。
食べログで検索するとレストランが28軒出てきます。小さな町ですが、ちゃんと食事ができそう。食べログをざっと読むと、下仁田には下仁田かつ丼とうものがあるらしいのです。それを食べたいな・・・。

歩いていると「きよしや食堂」さんに行列ができてます。ここが駅から一番近いからなのか・・・それとも一番美味しいからなのか・・・。でも、並ぶのは正直イヤ。
というわけで、別のお店へ向かいます。ここにしよっかな・・と到着したのは、「鍋屋」さん。
DSC_1376.jpg
店内は昔ながらの食堂の風情。
DSC_1375.jpg
和洋食堂と銘打っているだけあって、壁に貼られたメニューにはエビフライやチキンライスなんかも並んでいます。めっちゃ気になる・・・洋食も食べてみたいけど・・・でも、やっぱりここは・・・・
DSC_1371S.jpg
悩んだ末に、私は柳川定食。柳川定食のお肉は豚肉でした。思ったよりも薄味。もう少々濃いとご飯が更に進みそうです。
DSC_1372.jpg
同行者は下仁田かつ丼を注文。観光協会のページによると、「下仁田かつ丼は卵とじかつ丼やソースかつ丼と違い、揚げたカツをサッと醤油だれに潜らせたさっぱりしたものです。大正後期には既に下仁田町の飲食店のメニューに並び食べられていたと云われております。」 形のそろったとんかつが二枚ご飯の上にのっています。確かにさっぱりしてるし、さっとたれにくぐらせただけなのでかつのさっくりしたところも残ってます。下仁田かつ丼は800円。ハーフもあるのが嬉しいです。
DSC_1373.jpg
下仁田かつ丼の会では、スタンプラリーをやっています。かつ丼の会に所属しているのは8軒。スタンプの数によって、賞品がもらえます。なんと!全店制覇すると下仁田ねぎが漏れなくもらえるとのこと。あたしには無理ですけどね。
DSC_1374.jpg
食堂のお父さんとお母さんはとっても優しいです。冬はねぎがもっと柔らかくて甘くなるので、その頃に食べるすき焼きは最高だからまた来てねと言うことでした。あぁ・・・すき焼き食べたい。でも、下仁田は冬は寒そう。
レジのところに、井森美幸さんのお写真が飾ってありました。井森美幸さんって下仁田ご出身の方なんですって。知らなかった・・・昔と変わらずとてもかわいらしい方ですよね。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

群馬 | trackback(0) | comment(1) |


2016/06/25 (Sat) 下仁田に行ったら 「まるへい」さんのコンニャク製品

下仁田と言われると一番最初に思い浮かぶのがネギ。次にちょっと考えて思い浮かぶのはコンニャクじゃないでしょうか。すき焼きの材料って感じ。近くに牛肉の産地もあるかしら?

素敵な街並みを通り抜けた先に、諏訪神社がありました。帰ってきてから調べてみると、とても古い神社です。
創建は天保8年(1837)から弘化3年(1846)にかけて。もともとは八幡神社で、諏訪大社を崇拝した武田氏の勢力がこの地域に進出した時に社名が変えられたと考えられているそうです。秋の例大祭が下仁田で一番大きなお祭りらしいです。
本殿の壁面や虹梁は彫刻で埋められているそうで、もっと近くからちゃんと見てくれば良かった・・・と後悔しきり。
DSC_1366.jpg

諏訪神社の近くにコンニャク屋さんを発見しました。「まるへい」というお店。立派な店構えです。
DSC_1367_20180619114435ad2.jpg
お店に入ると笑顔のおかみさん(たぶん)が接客してくださいました。店内には、たくさんの種類のコンニャクを使用した商品が並んでいて、色々試食させて下さいます。
私が一番気に入ったのは、ちくわ状のコンニャクの中にキュウリを入れたお惣菜風のものとコンニャクごぼう。お値段もそれほど高くなくて、ヘルシー(たぶん)お土産にぴったりです。ただ一つ困っちゃうのは結構重い。まとめて買ったら送っちゃったほうがいいかもしれないです。
DSC_1368_201806191144367e3.jpg
要冷蔵で賞味期限が短いため、今回は購入を断念したのですが、このお店での一押しは“てのしこんにゃく”というものです。のれんにも大きく“てのしこんにゃく”って書いてありますね。上質な原料と独自特許製法で作り上げた、さしみこんにゃくなんだそうです。酢味噌をつけて試食させていただいたんですが、ぷるんっとしていて美味しい。私コンニャク大好きなんです。
街をちょっと歩いた限りでは、駅前にお土産屋さんが一軒あるくらい。お土産を買うつもりがあるならおすすめ。

こちらのお店、外からみたらやたらと立派。よく見たら登録有形文化財のプレートがついていました。幕末から明治頃に建てられたといわれているそうです。
DSC_1369_20180619114437f4a.jpg
店舗は蔵造りですが、それに続くお屋敷かなり広いです。蔵造りの店舗。コンニャク業にたずさわったのは大正の初めころだそうなのですが、その前は何をしていらしたのでしょうか。
DSC_1370_20180619114439bb7.jpg



関連ランキング:和食(その他) | 下仁田駅


HP

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

群馬 | trackback(0) | comment(2) |


2016/06/25 (Sat) 下仁田の街中散策

さて、下仁田散策です。思いつきで電車に乗ってしまったので、下仁田についての情報はあまりありません。
電車の中で情報を調べつつ到着しました。上信鉄道のHPでは、登山口までの案内がたくさん載っているので、登山者の利用が多い駅なのかもしれません。元々下仁田駅は終着駅になる予定ではなく、JR小海線の羽黒下駅まで路線を延伸する計画があったそうです。上信電鉄の名も上野と信濃を結ぶことから命名されたんだそうです。なるほどー。

ここが下仁田の中心街!なのかどうかはわかりませんが、商店街なのかなという道に入りました。
閉まっているところが多かったのですが、一番気になったのが↓ここ。○王ホールという文字が薄く見えます。
DSC_1362.jpg
撞球場と書いてあります。ビリヤード場だった模様。ずいぶんとモダンな街だったのでしょうね。
DSC_1360.jpg
ちょっと失礼・・・覗いてみました。(カメラのレンズだけ。)ビリヤード台あります!!いつまで営業してたんでしょうか。もったいない・・・建物ももったいないし・・・窓ガラスも昔のもののようです。
DSC_1361.jpg
こちらは閉店してしまったパチンコ店。ネオンの感じが懐かしい。
DSC_1363.jpg
書いてある絵が昭和だわー。今になるとオシャレな感じ。レナウン娘みたい。
DSC_1364.jpg
古い建物たくさんありました。現在は1万人たらずの方が住む町ですが、下仁田道(信州姫街道)の宿場町、そして物資の集積地として栄えてきたそうです。『全国花街めぐり』にも出てきており、「料理店(甲種)が三十二軒、芸妓が五十名近く」。「乙種料理店と称する銘酒屋が六軒」とも記されているそうです。(この辺りは、こちらこちらを参考にさせていただきました。
DSC_1365.jpg
あぁ・・・もう一度行って、町のすみずみまで見たい・・・。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

群馬 | trackback(0) | comment(4) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: