FC2ブログ
2019/04/01 (Mon)



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2016/11/05 (Sat) 秋葉原の駅そば 新田毎

阿佐ヶ谷から中央線、秋葉原で乗り換え。まだもうちょっと食べたい・・と同行者が言うので、駅構内のお蕎麦屋さんへ。後から調べたら駅そば業界では結構有名なお蕎麦屋さんだったようです。「新田毎」と書いて「新たごと」 この看板には田毎とだけ書いてありますが、他のところには「新田毎」と書いてあります。新というからには旧もあったのでしょうか。
DSC_2469.jpg
秋葉原駅の総武線下りホームの近くにお店はあります。立ち食いのカウンターもありますが、座れるところもあります。
DSC_2470.jpg
火木土日はステーキカレー、月水金は天丼セットが割引になるところが人気なようです。天丼セットはなんとワンコイン¥490で、ステーキカレーの日には¥1100のステーキカレーが¥690なんですって。ちょっと食べてみたい。
DSC_2468.jpg
もうだいぶおなかはいっぱいだったので、とり天うどん。とりたてて言うほどのことはないけれど、普通に美味しかったです。やっぱりサービス品がお得で人気ってことなのかな。麺は食べログのレビューによると大田区上池台に本社工場がある㈱丸山製麺のものなんだそうです。なんでも知ってる人がいるんですね。すごい。
DSC_2465.jpg
お店を出たところにあった自動販売機。ちょっと変わったラインナップです。
DSC_2471.jpg
一番気になったのは「ヨーグルッペ」 「ヨーグルッペ」は宮崎県都城市にある南日本酪農協同株式会社が作っているもの。Wikipediaによると“1985年に発売。霧島山麓で育った牛の生乳を、ドイツから輸入したビフィズス菌・アシドフィルス菌・サーモフィルス菌で乳酸発酵させた飲料。名前は社内公募によりつけられた。南九州を代表する飲み物となっている。”そうです。
DSC_2472.jpg
紙パックのデザインはなんだかアルプスの少女ハイジみたいですが、ドイツから輸入した菌なんですよね。乳酸飲料なのに、90日保存可能なのも人気の理由なのでしょうか。宮崎では誰でも知ってる乳酸飲料なんだそうですよ。
DSC_2473.jpg女の子はハイジっぽい感じだけどリアル



関連ランキング:立ち食いそば | 秋葉原駅岩本町駅末広町駅




ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(1) |


2016/11/05 (Sat) 阿佐ヶ谷 泡でたこ焼 からの 銭湯

映画を観た後は、毎回阿佐ヶ谷に来た時に寄っている「わいたこ」さんでたこ焼き。(前回の記事は→こちら)今日はおしゃれに、スパークリングワインでたこ焼き。ひえひえの泡に良く合います。
DSC_2456.jpg
今日はたこ焼きの後の銭湯です。阿佐ヶ谷には銭湯が2軒ありますが、今日は「玉の湯」さんです。わいたこさんの脇の道を奥へ歩いていくとありますから、行程的にもちょうどいい。
DSC_2458.jpg
遠赤外線サウナとかジェットエステバスとかリラックスバスとかコールドバスとか看板に色々書いてありますが、普通に昔ながらの銭湯です。私はその方が好き。ここは、タオル一本持っていたら、ボディソープとシャンプーのパックはもらえるのでありがたいです。
DSC_2460.jpg
入口の両脇のガラスタイルがいい感じ。ガラスタイル好きなんですよねー。
DSC_2461.jpg
お湯は井戸水を沸かしたものだそうです。浴室内には銭湯絵があります。脱衣場の天井は格天井。昔ながらの銭湯はこういう天井のところが多いけれど、伝統的にこういうものなのかな。
DSC_2462.jpg
やっぱり大きなお風呂はいいわねー。疲れがとれる。



関連ランキング:たこ焼き | 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅



玉の湯
住所:阿佐谷北1-13-7
電話番号:03-3338-7860
営業時間:15:30〜25:00
定休日:月曜

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2016/11/05 (Sat) ラピュタ阿佐ヶ谷 東京映画地図② 「渡り鳥いつ帰る」

久しぶりのラピュタ阿佐ヶ谷。HPで上映予定の映画を知り、観たいなぁ・・と思うばかりで、なかなか行けません。結構遠いんですよね。来ちゃうと、すぐまた来ようって思うのに・・・。今やっているのは、東京映画地図②という企画。
DSC_2446.jpg
ラピュタ阿佐ヶ谷のチケットは企画によってちゃんとデザインされています。それも何種類かあって楽しい。
DSC_2444_20190304124317613.jpg
映画館の入口は階段を上って2階ですが、発券所は1階。1階はグッズ販売や、ちょっとお茶が飲めるスペースになっています。
DSC_2445.jpg
観たのは「渡り鳥いつ帰る」という映画です。1955年の映画。永井荷風の短編小説『にぎりめし』『春情鳩の街』『渡鳥いつかへる』を、久保田万太郎が再構成し、八住利雄が脚色したものなのだそうです。森重久弥演じる伝吉は戦争の混乱に妻と娘と離ればなれになってしまってからのお話。川っぺりでおにぎりを食べるシーンが印象的でした。戦後のなんだかとても切ない話です。
DSC_2443.jpg
映画とは離れるのですが、伝吉は鳩の街の藤村の主人になるのですが、この鳩の街ってこのころの映画に結構出てきます。鳩の街は終戦前に誕生した新興の赤線地帯だそうです。現在の住所でいうと墨田区向島5丁目と東向島1丁目の境目、東武曳舟駅が最寄り駅だそうです。(そのあたりのことは → DEEP案内に詳しいです。 こちらにも現存するカフェー建築の写真がたくさんあります。)
赤線と聞くとちょっと思うところはあるのですが、カフェー建築を見るとちょっといいなと思ってしまう矛盾をかかえています。

映画館「ラピュタ阿佐ヶ谷」
CINEMA "LAPUTA" ASAGAYA
〒166-0001
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21
ラピュタビル 2F
Tel.03-3336-5440/Fax.03-3336-5671
HP

東京 | trackback(0) | comment(0) |


2016/11/04 (Fri) 日清有名店シリーズ 築地 えび金

あたしラーメンはあんまり・・・とか言いながら、意外と食べてます。カップ麺というカテゴリーを作ったくらいに(笑)
会社の周りにはあまりお店がなくて、お昼ごはんを外に食べに行くということが滅多にありません。たまーに食べたくなるんですよね。カップラーメン。コンビニエンスストアに行くと必ず見ちゃいます。最近は、人気ラーメン店のカップラーメンがたくさん出ていますものね。

今日買ってみたのは「築地 えび金」というお店のカップラーメンです。えび金は2014年にオープンした人気の店なんだそうです。えび粉を練り込んだ自家製麺に甘えびの頭からダシをとったスープが特徴だそうです。」希望小売価格は税抜205円。日清の有名店シリーズの製品です。
DSC_2441.jpg
お湯を注いで、蓋の上にくっついている特製油を入れて完成です。エビと・・・たぶん海老が入っていると思われるピンク色の揚げ玉が入っています。特製油を入れると海老の匂いがします。うん スープはいい感じ。
お店の麺には海老の粉が練りこまれているということなのですが、この麺にも入っているのかな。私が良くわからないだけなのかどうもカップヌードルの麺と似ているような気が・・・(そもそもカップヌードル何年も食べたことないので、全然間違ってるのかもしれないです。)
DSC_2442.jpg
蓋の裏には、実店舗に持っていくとトッピングが無料になるクーポンが印刷されています。こうして、カップラーメンになるのも、実店舗にとっては、新たなお客さん獲得のためになるのかもしれないですね。

↓実際にお店で食べてみたいので、一応お店の情報を張っておきます。



関連ランキング:ラーメン | 築地市場駅築地駅東銀座駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

カップ麺 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: