2017/11/01 (Wed)




ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(5) |


2016/03/20 (Sun) 岳南電車に乗りに⑫ 沼津 すまコーヒー

駅の出口に裏とか表とか言っちゃダメなのかもしれないけれど、JR沼津駅の表側は南口であることは間違いなさそう。南側の方が明らかに栄えています。JR沼津駅には自由通路というのがないため、地下道を通って北口側に出なければいけません。
「こがね」でとんかつを食べた後、ちょっとコーヒーでも飲みたいと思い、来る前から気になっていたお店に行ってみてもいいか?と同行者に聞くと、行こう行こうということになりました。食べログで見る限りは、カフェっぽい感じ。私の好きないわゆる喫茶店という感じとはちょっと違うようです。

沼津駅の北口の広い通りは「リコー通り」コピー機のリコーだろうと思ったのですが、その通り。コピー機大手のリコー(RICOH)の会社が通りの名前の由来だそうです。じゃあ そのリコーはどこにあるんだろう?よくわかりませんでした。
DSC_0900.jpg
そのリコー通りから路地を少し入ったところにあるココが目的地。「すまコーヒー」です。社長とマスターとお二人でやっていらっしゃいます。昭和時代のちょっと古いお家と言う感じのところを、自分たちで改装した模様。店内にはカウンターと小上がりがあります。マスターは静かな方でちょっと緊張。
DSC_0899.jpg
このお店には通うことになりそうな気がします。緊張して店内の写真は撮れなかったのですが、いつかコーヒーをいれるマスターの姿を動画でお見せしたい。すまコーヒーのホットコーヒーはなんと 300円です。300円だなんて思えない美味しさ。ハンドドリップでいれてくれます。そのマスターの姿は、獲物を狙うスナイパーみたい。あのお姿を見るだけでも価値がある。全然伝わらないと思いますが、とにかく素敵なお店です。

とびっきり美味しいコーヒーをいただいて、帰途につきました。帰りはためしに・・・と、御殿場線に乗ってみたのですが天気が悪く富士山のかけらも見えませんでした。遠回りしただけになっちゃった。御殿場線は天気を見て乗らないといけないということを学びました。



関連ランキング:コーヒー専門店 | 沼津駅


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

静岡 | trackback(0) | comment(0) |


2016/03/20 (Sun) 岳南鉄道に乗りに⑫ 沼津 とんかつ こがね

やばいやばい・・・都まんじゅうを食べてる場合じゃなかった。だいぶおなかが減っていて都まんじゅう食べちゃったけどこんなことしてたら、お昼ごはんが食べられない。もうお昼の時間帯が終わっちゃったお店もありそう。時刻は1時半。
沼津と言えば沼津港なのかもしれないけれど、沼津港はちょっと遠いし・・・この辺りで何かと思うけれど、沼津に来たのは初めて。こんな時こそスマホ!とちょっと検索。とんかつ屋さんを発見、2時までのようだったので電話で確認してから訪問。店名のロゴがちょっと面白い。「こ」の文字が「と」に見えて・・・??? とんかつ こがねさんです。
DSC_0898.jpg
店内はほぼ満席。人気のとんかつやさんなのですね。創業50年くらいだそうです。
DSC_0895.jpg
ごまをすりすりして、ソースと混ぜて食べます。ごま大好きなのでうれしい。
DSC_0897.jpg
注文したのはエビフライと一口ひれかつのセット。(たぶん)1500円くらい。平日ならばランチメニューがあるようでお得。
エビフライはエビフライ好きにはたまらん大きさ。海に近いしね・・・魚介は美味しいのだろうと期待するところだけれど、このエビは日本で採れたエビじゃない。たぶん。かなりガリッとした感じの衣。食べがいはあるけれど、私の好みとはちょっと違っていました。さっくり衣が好きなんです。そういう風には自宅で揚げられないから。
DSC_0896.jpg
地元密着のとんかつやさんとお見受けしました。常連さんも多い様子。1階はカウンターとテーブル席で意外と人数は入らないのだけれど、どうも2階にもお席があるようです。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

静岡 | trackback(0) | comment(0) |


2016/03/20 (Sun) 岳南鉄道に乗りに⑪ 沼津 つるや製菓の都まんじゅう

お昼くらいですっかり満足したので、吉原を出ることにしました。ちょっと予定よりも早かったけどね。
沼津でおりてみよっか・・・と沼津で途中下車。目的はあるわけではないんですが、なんとなく。

沼津駅からぶらぶら歩いて見つけました。都まんじゅうという看板。お店でおまんじゅうを焼いています。
DSC_0893.jpg
お値段は10個入りで¥380。
DSC_0892.jpg
この機械はっ!!!たぶん秋田名物「金萬」を焼いていた機械と一緒。この製造機械のメーカーは福岡県の城野鉄工所というのだそうですが、その会社が昭和10年代に地元で菓子店を出店した後、東京に進出したことから「都まんじゅう」と名付けられ、製造機械の販売に伴い日本中に広まったのだそうです。(詳しくは → Wikipedia
DSC_0891.jpg
模様は違うもののほぼ金萬と見た目が一緒。お値段は金萬より安いです。金萬もうあんまり庶民のおやつじゃなくなっちゃったもんなぁ・・・昔は10個が小さな紙箱に入って350円でした。いつからあんなに値上がりしたんだろう?それに、もう焼いているところが見られない。ここでは、今でも焼いているところを見られます。金萬も昔の感じに戻してほしいわー・・・
DSC_0894_201711211527386ad.jpg
都まんじゅうはちょっとカステラっぽい卵・蜂蜜と小麦粉で作った焼皮に白餡を包んだお菓子です。ものすごく美味しい!というわけではないけれど、万人受けするたまに食べたくなるお菓子です。

都まんじゅうのことを書こうと思ったのに、すっかり金萬の愚痴みたいになっちゃった。郷土愛だと思って許してください。



関連ランキング:和菓子 | 沼津駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

静岡 | trackback(0) | comment(0) |


2016/03/20 (Sun) 岳南電車に乗りに⑩ 岳南電車まつり in 岳南江尾駅

宿泊したホテルはホテル24(NISHI)IN富士山でした。24と書いてニシ。男女別の大浴場があるのが嬉しいです。どうも女湯の方が狭いようですが、確かに朝食会場に行ってみると利用客のほとんどが男性でした。お仕事の方が多い様子。長期の滞在の方もいらっしゃるようです。
朝食は和洋バイキング。今日も何かほかに食べたいものがあるかもしれないから・・・とひそかに考え、控えめに。
R0073612.jpg

昨日から岳南電車には乗りまくりなのですが、今日が本番ともいえる電車まつり。吉原本町駅から会場の岳南江尾駅へ。
古い電車がありました。なんという電車(そもそも電車?)なのかわからないけど、いい感じ。コレ走らないのかな?
R0073613.jpg
岳南江尾駅はこんな小さな駅です。今日は電車まつりとあって、たくさん人が来ています。
R0073614.jpg
電車イベントに行くと必ずある電車グッズの販売も・・・。岳南富士岡の駅名表示。テツじゃないのに、こういうの欲しくなっちゃうんですよね。実際に使われていたっていうのがいいのかな。レールとか犬クギとかも販売されていますが、これ買ってどうするんでしょう?実際手に持つとかなり重いです。
R0073615.jpg
をー あれは昨日のったがくちゃん電車。
R0073616.jpg
犬クギ打ち体験もありました。犬クギというのは鉄道のレールを枕木に固定する大きなクギのことです。釘の頭部が犬の頭に似ているので犬クギと呼ばれることになったそうですが、犬に似ているのはイギリスのものでアメリカのものは亀に似てるんだそうです。ところでこの犬クギ、最近は枕木が木ではないのであまり使われなくなりました。岳南電車でももうほとんど使わなくなったそうです。
体験に申し込むとちゃんと岳南電車の方が指導してくれます。犬釘の頭部分は大きいとはいえ、まっすぐに振り下ろすのはかなり大変です。素人は何十回も打ってやっと打ち込む感じなのですが、教えてくれている方々はカンカンカンって数回打ったら終わりです。いやー プロってすごい。恰好いいです。
R0073618.jpg
8000形電車にはジオラマが展示されていたり、小さいイベントながら盛りだくさん。
DSC_0886.jpg
昨日から岳南電車にいっぱい乗ったし、大満足で帰途につきました。すっかり吉原が好きになっちゃいました。影響されやすいんですよねー。こうして、行きたい場所が更に増えていくのです。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

静岡 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: