FC2ブログ
2019/06/27 (Thu)



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2017/02/18 (Sat) 酒蔵開放 太平山

秋田と言えば、「なまはげ」「お米」「秋田美人」「きりたんぽ」などの単語があがるんですが、忘れちゃいけないのはお酒です。日本酒の消費量はいつも新潟県と秋田県が競争しておりまして、だいたいは2位です。酒蔵もたくさんあります。
2月は酒蔵開放の時期で、あちこちの酒蔵が見学できます。15以上の酒蔵で酒蔵開放が行われ、予約なしで見学できる酒蔵もたくさんあります。いとこから、太平山が酒蔵開放だよとの情報を得て久しぶりに酒蔵へ行ってみました。

太平山というお酒をおつくっている小玉醸造株式会社は創業明治12年、(1879)、創業時は醤油・味噌の醸造所でした。その後、
大正2年からは酒造業にも着手して、「太平山」というお酒を造るようになりました。太平山は、標高1170mの秋田市民には一番親しみのある山の名です。現在もそう言われているのか良くわからないのですが、秋田の五大銘柄と言えば「新政」「高清水」「太平山」「両関」「爛漫」と言われていたものでした。
太平山は、秋田市から車で40分ほどの、潟上市というところにあります。
DSC_3243.jpg
比較的早く出たつもりだったのですが、既にかなりの人がいました。
DSC_3245.jpg
太平山の蔵はレンガ造りのものが多くあります。
DSC_3246.jpg
なんとなくモダンな感じがしますね。
DSC_3263.jpg
ここが通常の酒蔵開放の入り口のようです。既に長い行列ができています。
DSC_3262.jpg
杉玉が下がっています。杉玉は新酒が出来たことを知らせるています。「搾りを始めました」という意味なんだそうです。最近では、酒屋さんの店先に下がっているのも見ることがありますが、元々は酒の神様に感謝を捧げるものだったそうです。
DSC_3260.jpg
何のための行列なのかなぁ・・と思っていたら、味噌詰め放題を待つ人々でした。2000円のお買い物をすると、500円でこのイベントに参加できるのだそうです。元々が醤油・味噌ですから、さぞ美味しいのでしょう。毎年人気だそうで、大体の方が5kgくらいお持ち帰りになるそうです。500円で5kg 安いですもんね。重いけど。
DSC_3247.jpg
酒蔵開放ですからねー もちろんふるまい酒もあります。これは無料。うれしい・・・けど、あたしは車なので飲めません。
DSC_3248.jpg
蔵の中も見学させてもらいました。
DSC_3252.jpg
見学の途中で見たこの蔵と書いた大きな立派な看板は、2012年に閉店した神田の居酒屋「蔵・太平山」の看板だそうです。
DSC_3254.jpg
お酒に使うお米の見本なんかもありました。お酒の味は精米歩合でも違いますからね。
DSC_3256.jpg
お米の倉庫のようです。中もレンガなんですね。当たり前と言えば当たり前だけど。
DSC_3258.jpg
そうそう 見学の途中で見つけたのですが、「今人」というお酒は、ジョン・レノンのIMAGINEを聞かせて熟成しているそうです。今はラベルも普通ですが、2017年当時はこの看板通りのラベルでした。味は違うのかな・・・それともそんな気がするだけなんでしょうか。ジョン・レノンのファンがいらしたんでしょうね。
DSC_3259.jpg
酒蔵開放面白いです。車以外では行くのはちょっと大変ですが、(JR羽後飯塚駅から徒歩で約10分ですが、電車自体も少ないです。)酒蔵には車じゃない方が楽しめます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

秋田 小玉醸造 純米吟醸 今人 720mL
価格:1650円(税込、送料別) (2019/11/13時点)




小玉醸造株式会社←クリックするとHPに飛びます
住所 秋田県潟上市飯田川飯塚字飯塚34-1
電話 018-877-2100

秋田 | trackback(0) | comment(1) |


2017/02/17 (Fri) 秋田のパンケーキ専門店 Hanamizuki Cafe ハナミズキカフェ

秋田にはまだ雪が残っていました。秋田の2月は雪は少なくなっているけれど、寒いというイメージ。
どんよりとした空。日が差さないため、あまり色がなく白黒の世界です。
DSC_3222.jpg
月一 秋田。珍しく到着は15時くらい。レンタカーを借りて秋田市内へ向かいます。中途半端な時間帯だったので、お昼ご飯を食べていなくて、ちょっとおなかが減っていました。そこで、前から気になっていたお店によってみることにしました。この秋田にもパンケーキブームは届いておりまして、何軒もパンケーキを食べられるお店ができていますが、その最初の頃にできた一軒です。
秋田空港から秋田市内へと向かう途中、横山金足線沿いにあります。とてもかわいらしい一軒家。
DSC_3224.jpg
「Hanamizuki Cafe」というお店です。パンケーキの専門店。2016年03月30日にオープンしました。
宮城県仙台市に本社がある株式会社ジェイウッド(東証一部 ナック企業グループ)が運営しているそうです。ジェイウッドは建築会社で、このお店の建物もその会社が作ったものだそうです。お隣にジェイウッドの支店があります。
DSC_3223.jpg
私が頼んだパンケーキは、プレーンなもの。クラシックパンケーキという名前で、シンプルなパンケーキにクロテッドクリームとメープルシロップがついています。バターじゃないのね・・・。バターみたいですけど、イギリスで昔から作られているクリームなんだそうです。
DSC_3225.jpg
本当は、パンケーキは3枚なのですが、お値段そのままでいいからと2枚にしてもらいました。ふっくらしたパンケーキは3枚も食べられないような気がしたんです。
DSC_3226.jpg
シンプルな店内。センスいいです。これは混んじゃいますよ。土日は、かなりのお客様がいるようです。
DSC_3228.jpg
クラシックパンケーキの他にも高原のパンケーキというお食事になりそうなものや、ベリーソースがかかった森のパンケーキなどもあります。どれも千円を超えることがなくて、お手頃価格。東京で食べたら当たり前に1500円くらいしそうです。
DSC_3229.jpg  DSC_3230.jpg
店内は、こんな感じ。カントリーっぽい。シンプルなテーブルが並んでいます。
DSC_3231.jpg
奥の方にはカウンター席もあって、おひとり様でも肩身がせまくありません。このカウンター席結構好きかも。
DSC_3233.jpg
お店のスタッフは、私が伺った時は全員女性でした。それも全員ふんわりとした秋田美人。美人な上に、感じもいい。言うことなしです。待たないで入れるなら、また来たい。駐車場はお店の前にあります。



関連ランキング:カフェ | 秋田駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(1) |


2017/02/16 (Thu) ミシュラン一つ星 ラーメン蔦のカップ麺

今日のお昼はミシュラン一つ星のお店のラーメン。といってもカップラーメンです。
実店舗は巣鴨にあるんですって。「Japanese Soba Noodles 蔦」。黒トリュフや青森シャモロックなどをふんだんに使っているラーメンなんだそうです。黒トリュフあんまり食べたことないから想像できないけど。実店舗のレビューを見ると、やはり高評価です。でも、結構お高い。当たり前ですけど。このカップラーメンは278円で、セブンイレブンで販売されています。(2017年1月11日発売。)
DSC_3219.jpg
中には乾燥かやく、真空パックのメンマ、液体スープ、特製油が入っています。特性油はトリュフの香りをつけた油だそうです。メンマが生なのはちょっとうれしい。味は、確かにちょっとトリュフの香りがしますが、カップラーメンにしては美味しいという程度です。まぁ 当たり前ですけどね。
DSC_3220.jpg
実店舗に食べに行ってみたいですが、整理券などが配布されてなかなか初心者にはハードルの高そうなお店です。

<参考>



関連ランキング:ラーメン | 巣鴨駅千石駅駒込駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

カップ麺 | trackback(0) | comment(2) |


2017/02/13 (Mon) 神保町シアター あの時代(とき)の刑事(デカ) にせ刑事

神保町に来たら、やっぱり映画見なきゃ。今の企画は「あの時代(とき)の刑事(デカ)」
ちょうどお昼を食べ終わったころに、勝新太郎主演の「にせ刑事」という映画の上映があったのでチケットを購入しておきました。
DSC_3212.jpg
今回の企画では昭和30年代の映画が多いですが、古いものは昭和27年の丹波哲郎!!のデビュー作「殺人容疑者」、新しいものは平成7年の「マークスの山」まで色々。ロビーの壁面には、その年表が貼ってあります。
DSC_3213.jpg
上映作品ではないキイハンターや太陽にほえろの情報まで。比較的若い世代にもわかりやすい・・・とか言えないか太陽にほえろでも十分に古い・・・ですものね。
DSC_3214.jpg
「にせ刑事」の上映当時のポスター。正直勝新太郎って、古い映画を色々見るようになるまでそーんなに好きじゃなかったんです。魅力的な人ではあったんだろうと思ってましたが、あぁ・・玉緒さん大変だったろうなぁ・・とか思っちゃって(笑) でも、映画の中の勝新太郎は、目の力が違います。コミカルな感じもあって、ほんとに引き込まれちゃう。きっと、周りの方々にも本当に慕われていたんでしょうね。知らないけど。
DSC_3215.jpg
手錠やピストルのディスプレイなんかもあって、神保町シアターのスタッフの方の工夫には頭が下がります。
DSC_3216.jpg
「にせ刑事」という映画は、ドジを踏み刑事をクビになった魚屋の倅・寅松(勝)は、持ち前の正義感から児童誘拐事件に巻き込まれ、"にせ刑事"として捜査に乗り出すことに!先輩デカ・伊藤とのやり取りなど、勝新の笑いのセンスも光る痛快アクション。←神保町シアターの紹介文からの引用です。
1時間半くらいと短いこともあり、テンポのよい映画であっという間に見終わってしまいました。今のテレビドラマが映画になった感じのものと比べて、これが映画!って感じがあります。やっぱり勝新はテレビじゃなくて、映画の人なんだなぁ。

神保町シアター
■住所 東京都千代田区神田神保町1-23
    神保町駅からはA7出口より、すずらん通りを三省堂方面に進んで浅草厨房の角入る
■電話番号 03-5281-5132

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: