2012/10/18 (Thu) くまもん絵入り 肥後乃梅酒カップ

ゆるキャラというものが人気になって久しいわけですが・・・Wikipediaによると、「ゆるキャラとは「ゆるいマスコットキャラクター」を略したもので、イベント、各種キャンペーン、地域おこし、名産品の紹介などのような地域全般の情報PR、企業・団体のコーポレートアイデンティティなどに使用するマスコットキャラクターのことである。そういったかわいらしいイラスト全般を指す場合もある。」ということだそうです。基本的には地域おこしのためのキャラクターなんだ・・・・なるほど。
   → Wikipedia ゆるキャラの項

その草分け的存在なのが、くまもんという熊本県のPRキャラクターです。去年のゆるキャラグランプリで1位になり、一躍その名前を世間に知らしめました。(ちなみにおととしは『ひこにゃん』)そのくまもんは今では全国区になり、くまもんグッズまで販売されています。くまもん公式ページ → こちら

そして見つけたのが・・・
RIMG2876.jpg
くまもんの梅酒。ワンカップって色々あってコップ部分に可愛い模様のあるものもあり、ちょっと気になる存在なのですが、その中身がびみょーなものもあって日本酒の場合は躊躇してしまいます。しかし、梅酒なら・・・ね。
RIMG2878.jpg
売れ筋ランキング1位とか・・・通路から見えるところで大々的に売られていました。ここは新装になったラゾーナ川崎。1個¥350です。ちょっと高いのかなぁ?でも、コップが欲しくて買ってしまいました。

梅酒はあっさり味。瑞鷹(ずいよう)という蔵元が販売しています。もちろん熊本の会社です。
熊本県産の梅を自社製米焼酎にじっくり漬け込んで純米酒で仕上げているんだそうです。同じデザインの日本酒のワンカップもあるみたいです。 → 肥後乃梅酒カップ

今 ゆるキャラグランプリ2012真っ最中なんですが、今年はくまもんはエントリーしていないそうです。もう既に知名度は上がっているということで、ゆるキャラアンバサダーとして活躍するんですって。地域のキャラクターってやたらとたくさんいるけれど、秋田のキャラクターも人気になってほしーなー。

ゆるキャラグランプリ2012 HP は → こちら

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト

お酒 | trackback(0) | comment(2) |


2011/12/04 (Sun) 刈穂

私は秋田生まれです。秋田生まれだと言えば必ず「お酒強いんでしょう?」と聞かれます。見た目が強そうなのかもしれませんが、実際秋田のお酒の消費量は新潟についで2位です。お米の生産量が多い土地ほど、お酒の消費量が多い傾向もあるようです。

秋田に住んでいた頃、「今夜ご飯を食べに行こうよ」と言うのはご飯を食べることではなくて「飲みに行こうよ」ということでした。東京に住むようになって、東京の人がお酒・・・とりわけ日本酒を飲まないことに驚きました。強いように見える私は、実はとてもお酒に弱くてちょっと飲んだらすぐ真っ赤です。それでも、飲むのは結構好きで、日本酒は特に好きです。

秋田に帰った時に空港で買ったお酒を飲む機会がやっと来ました。空港で試飲させてもらって購入したのは「刈穂」というお酒です。秋田酒造株式会社というところで造っているのですが、出羽鶴とは兄弟らしいです。大仙市(元の神岡町)神宮寺にあります。
こちらの特徴は仕込水だそうです。奥羽山系の雪解け水が地下深く浸透し刈穂蔵近くに堆積されている厚さ13mの砂礫層に洗われて汲み上げられる、秋田県では珍しい中硬水なのだそうです。今回購入したのは大吟醸。吟醸酒と比べて飲んでみたのですが、明らかに大吟醸が美味しい。すっきりとキレのある飲み口です。値段もその分高かったですけどね。

刈穂
秋田のお酒は女酒と言われて、甘いと言われますが、こちらはすっきりとしてどんなお料理も邪魔しない感じがします。あーあ もっと飲めたら楽しいのになぁ・・・・。

刈穂酒造 刈穂大吟醸は720mlで¥2520でした。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

お酒 | trackback(0) | comment(2) |


2008/09/01 (Mon) あぁ あこがれのスキー正宗

スキー正宗1        古いスキー正宗のラベル(拾い物です。)

一番お酒を飲んでいた20代。職場が職場だっただけに、何故か週に一度は打ち上げ。何の打ち上げなのかはさっぱりわからないけれど、とにかくお酒が飲みたかったんですね。
ビアガーデンに行っても酒を頼むというおじさんたち(若い頃もやっぱりおじさんたちと一緒だったのだ。)と共に今の百倍くらいのお酒を飲んでいました。

若いねーちゃんとしては、ちょっとお酒に詳しいの・・とか言ってみたいじゃないですか。あまり他の人が飲んだことのないお酒を飲んでみたりしたいわけです。
その頃に名前を聞いたのがスキー正宗。だってスキーですよ!正宗ですよ!あまり美味しいような感じのしないネーミングですが、飲んでみたかったんです。当時はインターネットという便利なものも手元になかったので、新潟まで探しにいってみました。結局、新潟市内では閉店してしまった酒屋の前にスキー正宗の古ぼけた看板を見つけただけで、お酒は探し当てることができませんでした。

そのスキー正宗は陸前高田のお酒。陸前高田がスキーの発祥地と言われているところから命名されたようです。戦時中はスキーは外来語なので使用することができず‘寿喜正宗’と表記されていたそうです。
私が当時見たスキー正宗のラベルには雪山でスキーをする人の絵がついていました。HPにはずいぶん古いと思われるラベルの画像がありましたが、私が見たのはもうちょっとマンガチックだったような気がします。

とうとう最近720mlのスキー正宗をいただきました。最近はインターネットで購入できるのですが、最近はお酒を飲まなくなったので忘れていました。
いただいたラベルはこう言っちゃなんですが、あまり面白みのないものでした。残念。元のラベル復活してくれないかなぁ・・・?味は、常温で飲んだのですがお燗したほうが良さそうな感じです。比較的辛口ですが、ほんのりと甘みが感じられて飲みやすいです。ちょっとしか飲めませんでしたけど・・・やっぱりちょっとお酒はおいちい。

お酒 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: