FC2ブログ
2017/01/29 (Sun) 大宮駅東口 目の前の大衆居酒屋 いづみや

大宮駅東口の「いづみや」さん。2軒並んでいます。右側が本店、左側が第二支店ということになっています。大宮の人なら知らない人がいない有名店らしいです。本店には毎回入れない!と聞いていました。やっぱり本店に行ってみるべき?でも、メニューは変わらないようです。私たちが入ったのは第二支店だったのかな・・・。
DSC_3133.jpg
創業昭和22年・・・って。戦後間もない頃からやってるんですね。あんまりきれいな恰好で来たら、ちょっと浮きそうな店内。キャピキャピした女子にはご遠慮いただきたい空間。(でも、2016年にワカコ酒に出たようで、女性のお客さんも増えた模様。テレビ恐ろしい。)
DSC_3139.jpg
この大穴というお酒は、いづみやさんオリジナルのお酒。他にも「先まくり」、「まくり一発」、「大本命」など競輪用語にちなんだ名前のお酒があるそうです。
DSC_3137.jpg
同行者の一人が頼んだハムエッグ。ハムエッグ頼んだ人初めて見た(笑)
DSC_3134.jpg
これはイカフライだったかな。
DSC_3135.jpg
つくねなんかも頼んで、大衆居酒屋を満喫いたしました。
DSC_3136.jpg




関連ランキング:居酒屋 | 大宮駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト



埼玉 | trackback(0) | comment(0) |


2017/01/29 (Sun) 大宮の鉄道博物館へ

ここは大宮駅。ニューシャトルの駅です。正式には埼玉新都市交通というそうです。ここから鉄道博物館まで行きます。
10分毎にニューシャトルはあるので、慌てることはありません。線路がありますが、タイヤがついています。タイヤなので、あんまり揺れないし静かです。・・・ってことはレールバスなの?レールバルとは違うの?よくわからない・・・
DSC_3114.jpg
2分であっという間につきます。駅名の下に(大成)と書いてありますが、住所です。ニューシャトルの駅間はとても短くて、バスみたいなんです。
DSC_3115.jpg
鉄道博物館内の食堂です。エントランスの正面にあります。「カフェテリア日本食堂」 正直大したものは食べられないのですが、ガラス張りで明るく、外を走る電車が良く見えます。今回はここで「列車乗務員まかない丼 ハチクマライス」(700円)を食べるというのが、同行者たちの目的でもありました。
DSC_3117_201910071049163ed.jpg
ハチクマライスというのは、この説明にもある通り、列車乗務員の賄飯のことだそうです。
DSC_3116.jpg
これが出てきたハチクマライスなんですが、あちこちで画像検索するとどうもその時によってちょっと違うみたいで、風情の違う写真がいっぱい出てきます。この写真だとなんだかロコモコみたい。
DSC_3118.jpg
こっちはなつかしの駅食堂のミートソース。確かにミートソーススパゲティってこんなんだったかも。食堂車でもこんなのが出ていたのかなぁ・・・??なんかもっとゴージャスだったような気がしていたんですけど。
DSC_3119.jpg
さて・・電車見に行きますか。私は電車はさっぱり覚えられないので、乗ったことある!とかそんな程度なんです。

ここが一番たくさん電車がある車両ステーションという場所。転車台を中心に36両の車両があるそうです。2階から全体を眺めるの好きです。どの電車も素敵。
DSC_3120.jpg
あたしにとっての新幹線ってこんなイメージなんですが、なんとこの新幹線ってできたの昭和39年ですって!そんな昔!!!
いわゆる0系って呼ばれるのがコレらしいです。びゅわーんびゅわーんはっしっる♪
DSC_3121.jpg
古い電車のインテリア好きだなぁ・・・色合いも上品。でも、リクライニングしないシートってかなり疲れます。
DSC_3122.jpg
きゃっ!びっくりしたー なんか妙にリアル。乗客を模したお人形が立ってました。
DSC_3125.jpg
この電車初めて見た。なんかオシャレ。EF55形電気機関車と言って1936年(昭和11年)製造だそうです。
戦中・戦後は点検に邪魔な流線形カバーを外して東海道本線・高崎線などで使用されたそうです。邪魔だったのか・・オシャレなのに。デザイン重視だったってことなのかなぁ。
DSC_3126.jpg
マイテ39形客車(あとから調べたんですけどね。このカタカナはどういう意味があるのかさっぱり覚えられません。)1930(昭和5)年製造です。ゴージャスな展望車。今走らせたら予約のとれない電車になるんだろうなぁ。富士山型のヘッドマークがいい。
DSC_3131.jpg
博物館的なところってどうしてこんなに疲れるんだろう?テツでもないのに、ずいぶん一生懸命見ちゃったなぁ・・・また来るけど。
さてさて、せっかく大宮に来たんだから、一杯飲んで帰りますか。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

埼玉 | trackback(0) | comment(0) |


2016/01/21 (Thu) ちょい呑麺麺屋 一丸は新しく見えて昭和25年創業

引き続き写真がひどいのですが、ご勘弁ください。

何度行っても新鮮な秩父。あとは帰るだけなので、何か食べて帰ろうか・・・と。行きたいお店はたくさんあるのですが、まだ行っていないお店もたくさんあって悩んでしまいます。矢尾百貨店の並びに、今まで見たことのないお店を見つけました。
なんだかオシャレ。でも、ラーメンやさんのようです。外観は今時の個室居酒屋っぽい感じ(笑)画像からは全く読めないと思いますが、のれんには「ちょい呑 麺麺屋」って書いてありました。普段なら素通りする外観。呑めるラーメン屋さんらしいです。
R0073192.jpg
店内はカウンターとテーブル席が少し。オシャレな感じ。
とりあえず餃子♪餃子は410円。美味しいのです。久しぶりに美味しい餃子を食べましたのです。2皿くらいは軽いです。
R0073189.jpg
これはなんていう名前だったかなー おつまみチャーシュー的なもの。チャーシューも美味しいです。
R0073190.jpg
ラーメンです。細麺。ん~もうっ あたし好み。
R0073191.jpg
食べながら少々店主さんとお話ができたんですが、お話しているとどうも私と同世代であるようです。店内にはDJブースがありまして・・・レコードが飾ってあるんですが、同世代のにおいがプンプン(笑)DJブースは作ってはみたものの、あまり活用はされてないようです。これからに期待!
R0073188.jpg
ものっすごく気に入りました。飲んで、〆のラーメンまでこの一軒で大丈夫なんてありがたいお店。あたらしいお店に見えますが、実は昭和25年創業の古いお店だそうです。番場町からこの中町に移転したそうなのです。代替わりしたってことなのかな。あー 写真見直してたら餃子食べたくなってきちゃった。たまに餃子半額の日があるようです。FB要チェックです。

さてさて、レッドアロー号で一気に池袋まで。終点だから寝ていても安心。ちょっと疲れた・・・。
R0073193.jpg



関連ランキング:そば(蕎麦) | 御花畑駅西武秩父駅秩父駅

FB
ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秩父・長瀞 | trackback(0) | comment(0) |


2016/01/21 (Thu) 矢尾百貨店4階 矢尾ゲームコロニー

元々それほどいい写真が撮れるわけではないのですが、カメラの調子が悪い。カメラの扱いが雑すぎるのかなー。今回の秩父の写真ひどすぎなんですけど・・・。それでも、一応このお店は書いておきたいのでご勘弁ください。次回はちゃんとした写真にします。

秩父唯一のデパート 矢尾百貨店へ行ってみます。毎回つい寄ってしまいます。地方のデパートってなんだか好きなんです。
前回(記事は→ こちら)4階にゲームコロニーというゲームセンターを発見しました。今回改めてもう一度。
洋服売り場のお隣に唐突にゲームセンターが始まります。遊んでいるのは地元の高校生かな。
R0073177.jpg
バラエティに富んだUFOキャッチャー。種類豊富。
R0073176.jpg
UFOキャッチャーの中に↓こんなのを見つけましたよ。見たことのないキャラクターです。「ながとろトロロ」って書いてあるみたい。ながとろのキャラクターらしいです。検索したらHPがありました。2009年、たくさんの子どもたちの想いがトロロに届いて、 1000年のととろじゃなくてトロロですからねっ。眠りから目覚めたの妖精だそうです。トロロは好きという気持ちしかもたないので「嫌い」がわかんないそうです。なかなかかわいい。さらに人気者になるといいですね。ながとろトロロのページは→ こちら
R0073175.jpg
卓球台もあります。卓球台あるゲーセンって前はよくあったんだけどな。
R0073179.jpg
懐かしいゲーム機の並ぶコーナーです。(このゲーム機コーナー2017年7月現在 なくなっているかもしれないです。)懐かしいゲームは単純なところが面白いんですよね。喫茶店にゲーム機が並んでた時代を思い出します。
R0073180.jpg R0073181.jpg
R0073182.jpg R0073183.jpg
R0073184.jpg R0073185.jpg R0073186.jpg
A館、狭い懐かしゲーム機があるところがB館、屋外の屋上スペースと全体合わせると結構広いです。
R0073178.jpg
秩父 ゲームコロニーと検索すると、色々出てきます。前回書いたようにゲームコロニーは矢尾百貨店のHPとは別に運営されていますし、ブログやツイッターもやっているようです。様々な努力していますねー。興味のある方は、秩父観光のついでに覗いてみてください。この一生懸命さにはちょっと心打たれます。

矢尾ゲームコロニー 
〒368-0035 秩父市上町1丁目5番9号 矢尾百貨店4階
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜
FB  ブログ  twitter

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秩父・長瀞 | trackback(0) | comment(0) |


2016/01/21 (Thu) 秩父の街中歩き たまにはちゃんと観光客になってみよう

秩父で遊びに行く時はだいたいはお花畑駅を利用しているので、あまり秩父駅にはなじみがありません。皆野からの帰りには秩父駅に下りてみることにしました。秩父駅には地場産センターが併設されているのですが、地場産センター直結の改札口がありました。
地場産センターって単なる物産館という認識だったのですが、建物の中には秩父市産業観光部商工課やハローワーク、ホールや研修施設がある総合施設でした。施設の見取り図を見ると、地場産センターの中に駅があると言ってもいい感じです。(地場産センターのHPは → こちら
R0073156.jpg
こちらは2階から物産館を見た感じ。お客さんがいないので閑散としてるように見えますが、秩父の物産が漏れなく並んでいます。西武秩父駅よりも集まっているから買いやすいかも。
R0073154.jpg
物産館は1階2階と吹き抜けになっていて、広々としています。今までも来たことがないわけじゃなかったけど、結構いいかも。地場産センターの中にはレストランもあります。地場産センター物産館は免税店(Japan Tax-Free shop)になるそうで(なった?)、外国人旅行者はお土産を買うならここで買うといいかもね。
R0073155.jpg
改めて行ってみると、なんだか新鮮でした。

何度となく秩父に行っていて、観光客なら必ず立ち寄りそうなのに行っていない場所に行ってみることにしました。
秩父まつり会館」です。秩父の人に「なんで秩父に来たの?親戚でもいるの?」と何度となく聞かれるのですが、そんな方々も秩父夜祭だけは誇りにしていらっしゃるようで、秩父まつりには絶対来た方がいいわよと言われます。でも、秩父夜祭は毎年12月2日、3日、4日と日程が決められています。だから、平日開催の年もあるわけです。見たいと思いつつ、今まで一度も実際にみたことがないんです。
その夜祭含め、秩父でのお祭り全般を見せてくれる会館です。
R0073168.jpg
秩父夜祭は、日本三大曳山祭(京都祇園祭、飛騨高山祭)のひとつ。寛文年間(約300余年前)に既に始められており、笠鉾2基、屋台4基がけん引されます。(まちのあちこちには屋台が入っていると思われる倉庫があります。)平成28年12月に「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産代表一覧表に登録されました。具体的には33の祭礼行事が載っているのですが、秩父祭の屋台
行事と神楽もそれにリストに入っています。これからはさらに見物客も増えることでしょうね。ますます見られなくなるかも。とりあえずは、まつり会館で堪能することにします。

入ってすぐに、祭りが体感できる笠鉾・屋台コーナーがあります。
R0073157.jpg
ちょっとした映像と共に明るさも変わって、リアルに感じられます。
R0073164.jpg
実際の屋台と同じ大きさだそうです。すごい迫力。
R0073165.jpg
屋台の大きさは大小ありますが、高さはどれも6メートル以上あるそうです。豪華です。
R0073166.jpg
こんなの見たらますますほんとの夜祭見たくなっちゃいます。ホテルとれないかなぁ・・・その前にまず休みか・・・。

まつり会館のお隣は、秩父神社です。秩父神社の社殿は、天正20年(1592年)に徳川家康公が寄進されたもので、江戸時代初期の建築様式を留めていることから、埼玉県の有形文化財に指定されています。
R0073171.jpg
本殿入口の上部はなかなかの細工、奥のには「子育ての虎」と呼ばれる左甚五郎作の彫刻があります。家康公って寅年生まれだったのね。
R0073170.jpg
秩父神社の一の門の前は参道である番場通り。秩父神社は、2011年に放送されたアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(あの花)の第2話で登場するのですが、今も聖地巡礼に訪れる人がたくさんいるようです。
R0073174.jpg



一般財団法人秩父地域地場産業振興センター
〒368-0046 埼玉県秩父市宮側町1-7
TEL:0494-25-0088 FAX:0494-22-3384

秩父まつり会館
開館時間 9:00~17:00(4月~11月)
     10:00~17:00(12月~3月)※入館受付は、16:30まで
休館日 第4・第5火曜日(※祝祭日は開館)
     12月29日~1月1日

秩父神社
〒368-0041埼玉県秩父市番場町1-3
電話:0494-22-0262
FAX:0494-24-5596

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秩父・長瀞 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: