2014/04/24 (Thu) 出雲の旅 29 山口宇部空港で初めての獺祭 角打 鍋島

出雲の旅と言いながら、島根県から山口県へと旅してきました。とうとう旅も終わりです。
帰りはびゅぅぅんと山口宇部空港から飛行機で帰ります。宇部空港を利用するのは初めてです。

普通ならリムジンバスを利用するところなのでしょうが、この山口宇部空港 最寄りの駅から歩いて10分。最寄りの駅からバスが出ているという空港は結構ありますし、空港まで駅直結というところもありますが、在来線の駅から歩いていける空港は珍しいです。もちょっとなんかありそうな宇部新川駅に別れを告げます。
20140423宇部新川駅 (1)  20140423宇部新川駅 (2)
宇部新川駅から山口宇部空港の最寄駅「草江駅」まで黄色い電車に乗って約10分。
20140423早江駅~宇部空港 (1)
草江駅」は無人の小さな駅でした。
20140423早江駅~宇部空港 (2)
普通に住宅街に見えるので、ここから歩いて空港に行けるとはちょっと思えませんが案内看板あります。
20140423早江駅~宇部空港 (3)
ちょっと歩くと「かぁちゃん」というお好み焼き屋さんがあって、強烈に心惹かれたのですが定休日でした。残念。もし、また宇部空港を利用することがあったら、また草江駅から歩いてここのお店でお好み焼き食べます。
20140423早江駅~宇部空港 (4)  20140423早江駅~宇部空港 (5)
もう少し歩くと、もう空港が見えてきます。道間違う心配はほぼないです。ちょっと遠まわりしちゃうかもしれないけど。
20140423早江駅~宇部空港 (7)
そんなに大きな空港ではありません。ANA JAL スターフライヤー合わせて宇部~羽田間10往復。
20140423早江駅~宇部空港 (8)
フライトまで少し時間があったけれど、特にお腹は減ってない・・・ということで、出発ロビーの真ん中にある地酒が飲めるコーナーでちょっと一杯。おつまみ三種類と地酒の晩酌セットというのがありました。私は晩酌セット、同行者は生ビール。
20140423早江駅~宇部空港 (12)  20140423早江駅~宇部空港 (12)メニュー
やっぱり山口県と言えば、今はやりの“獺祭”!!!(空港について初めて、あ・・そうだったって思い出したんですけどね。)他のところでも獺祭ののぼりは見たのに、素通りしてた・・・・。なんとなく日本酒なのにやたらオシャレな売り方をしているのが癪に触って今まで飲んだことなかったんです。
出た!獺祭の名入りのグラス。おっしゃれぇぇ!獺祭獺祭の磨き50と磨き3割9分の二種類があります。磨き3割9分の方が¥100高いです。磨き3割9分にしました。あー わかります。日本酒にあまり慣れ親しんでいない人にも飲みやすいです。一方日本酒が好き!という人には、なんだか物足りないです。日本酒らしさが足りない・・というか・・・
20140423早江駅~宇部空港 (9)
あーだこーだ言いながら飲んでいたら、なんと!カウンターの中のおねえさんが、「中途半端に残ってるから磨き50も呑む?」って。やったーーー飲みます飲みます。こちらの方が、少し日本酒らしいです。ずいぶんと洗練された味ですが、他にもこんなお酒あるような気もするし・・・獺祭の営業の人頑張ったんだろうなぁ・・・海外でもずいぶんと人気だそうです。もし、二種類あったなら両方比べて飲むと面白いです。
おねえさんは感じいいし(別にご馳走してもらったからじゃないです。)三種のおつまみも美味しかったです。特に、かまぼこ美味しかったなぁ・・・たぶん萩のかまぼこですね。
忘れてました。こちらのお店は 角打 鍋島 という名前です。

空港内には地酒の販売コーナーがあるんですが、そちらでも獺祭は売切れでした。人気ですねぇ・・・・。
すっかりいい気分になって、飛行機に乗り込みました。飛行機乗ったらどっと疲れが出たような。楽しい旅でした。
20140423早江駅~宇部空港 (14)


角打 鍋島
TEL 0836-32-3717
住所 山口県宇部市沖宇部八王子625 山口宇部空港ターミナルビル 2F
営業時間 7:30~19:00
定休日 無休

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト

山口 | trackback(0) | comment(0) |


2014/04/24 (Thu) 出雲の旅 28 宇部新川の喫茶店 コニー

宇部新川の駅周辺を散策。ずいぶんと歩きました。歩いたところには、結構喫茶店がありました。これぞ!という喫茶店を探していたのですが、見つけました。なんの情報もありませんが、なんとなくここだ!と。
20140423_コニー (1)
CONY(コニー)という喫茶店です。
20140423_コニー (2)
入口から中は見えないんですが、営業しているようなので入ってみることにします。営業中の札下がってます。
20140423_コニー (3)
中は結構広いのですが、左右で段差がついていて入って右側が一段下がっているのですが、そちらの座席は撤去されて物置になっています。結構歴史は古そうです。メニューは手書き。メニュー数は多くはありません。
20140423_コニー (4)←クリックすると大きくなります。
年配の女性がお一人でお店を営業しているようです。お店の中は照明が落とされて、ちょっといい雰囲気。暗くて困らないようにテーブル一つ一つに小さくてラブリーなスタンドが備え付けられていて困りません。テーブルがゲーム機だったりするのがまたいい感じ。ただしゲーム機として使用していないようです。
20140423_コニー (6)
お腹は減っていなかったのですが、とても気になったので私は卵トーストとコーヒーのセット¥600、同行者はもちろんミルクセーキ¥400です。ミルクセーキは卵色をしています。同行者の評価がかなり高かったです。私にはちょっと甘かった。
20140423_コニー (9)
卵トーストですが、これは想像してなかった!炒めたキャベツを添えた目玉焼きとトーストでした。
20140423_コニー (8)
常連のお客様が多いのでしょうね。私たちが伺った時には、のんびりと男性がスタンドのあかりで読書をしていました。
20140423_コニー (5)
「以前は物置になっているところも席があったのよ」と店主。お一人ではなかなか大変なのかもしれません。この喫茶店も引き継ぐ人がいないのかなと寂しくなりました。素敵な喫茶店なのに・・・また行ってみたい。
20140423_コニー (10)

この訪問の時から既に10か月近くがたっているわけですが・・・ずっとインターネットで情報を探し続けてきました。これほどまでに情報のないお店はほかに知りません。Googlemapでやっとお店の画像を確認することが出来て、住所だけはわかりましたが、他の情報は全くありません。情報求む。

喫茶・軽食 コニー
宇部市新川中央1-3←クリックするとグーグルマップに飛びます

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

山口 | trackback(0) | comment(2) |


2014/04/23 (Wed) 出雲の旅 27 宇部新川 銀天街付近

宇部新川駅の近くはビルなどもあり比較的新しい街ですが、車通りは多いもののあまり歩いている人はいません。
こっちこっち・・と同行者に導かれていくと、アーケードがありました。ここが宇部の商店街らしいです。銀天街とゲートに書いてあります。結構りっぱなアーケード街なんですが・・・
20140423_宇部新川 (4)
えーーー 人がいない。お店やってない。
20140423_宇部新川 (5)
更に歩いても・・・人いない。シャッター閉まってる。
20140423_宇部新川 (6)
地方都市に行くと商店街がシャッター通りになっていることは良くあることなのですが、これほど立派な商店街がシャッター通りになっているのは初めて見ました。たまーに営業しているお店があるんですが、シャッターの閉まっているお店に挟まれていてみつけにくい・・・・何があったんだろう?
ここは宇部中央銀天街というらしいです。「全長は約500m。東側はアーケード出口に中央壱番街が続き、西側は市道をはさんで三炭町商店街(商店会は解散。アーケードも撤去済み)が続く。また、宇部中央銀天街の北側(宇部新川駅側)の通りには新川駅前商店街が、南側(宇部興産本社・工場側)には中央町三丁目商店街が伸び、三炭町商店街と銀天街の間には宇部興産本社と宇部新川駅を南北に結ぶ興産通り商店街がある。」とWikipediaに書いてありました。(詳しくは→ Wikipedia

たぶんこの先が興産通り・・じゃないかと思うんですが、こちらも。
20140423_宇部新川 (12)
もう言葉もありません。
20140423_宇部新川 (8)  20140423_宇部新川 (9)
ぽかぽかなので、にゃんこちゃんがお昼寝。こちらのスナックは営業しています。営業時間は??って感じですが。
20140423_宇部新川 (11)  20140423_宇部新川 (10)
やみくもに歩き回ってみます。建物が立派でちょっとオシャレなところが余計物悲しい。
20140423_宇部新川 (14)
アーケードはかなり高いのですが、アーケードの天井に物干しを見つけました。なんだあれ?天井の真ん中にぶら下がってるんですよ。何するのかなーと話し合っていたら、すぐ前のお魚屋さんの中から「魚を干すのよ!」と。自家製の干物を作っているようです。たぶん そのお魚屋さんは福田鮮魚・惣菜店だと思われます。 → 福田鮮魚・惣菜店
20140423_宇部新川 (16)  20140423_宇部新川 (15)
ネットを調べる限り、あまりの廃れ具合に話題になっているようです。商店街の裏側に行くと・・・いかにも昭和!な感じのセットみたいな小路がありますが、そのほとんどが営業していないという寂しさです。
20140423_宇部新川 (22)
たまにテナント募集の掲示もあります。家賃お安いです。
20140423_宇部新川 (20)
なんとこんなビルも・・・ビル一棟まるごと380万円です。お買い得?なのでしょうか。
20140423_宇部新川 (19)  20140423_宇部新川 (17)
そんな銀天街ですが、復興のため頑張っているようです。「銀天牛」というゆるキャラをつくりPRしています。HPもあります。(→ こちら)あまり更新されていないようではありますがブログでは、テナント募集のお知らせをしています。(→ こちら
色んな意味で面白い街でした。珍しかったので寂しいところの写真ばかり載せましたが、そんなところばかりではないはず。ちゃんとした情報が欲しい方は、「宇部山口地域情報検索サイト」でどうぞ。

これは大きな通り沿いにあったモニュメント。表通りはこんな都会風です。
20140423_宇部新川 (23)
私たちは、好んで廃れてしまった場所を歩いたのです。宇部新川には、喫茶店が結構ありました。一軒だけ行ってきましたので、その記事は次へ。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

山口 | trackback(0) | comment(0) |


2014/04/23 (Wed) 出雲の旅 26 新山口駅から宇部新川駅まで

いよいよこの旅行も残すところ半日となりました。なんか盛りだくさんだったなぁ・・・・これから行くところを考えつつ新山口駅周辺をぶらぶら。天気が良くて汗ばむくらいの陽気です。
新山口駅は4方向に延びる路線のターミナル駅ということで、駅近くにたくさんの列車がとまっています。どの列車が何なのかはさっぱりわかりませんが、かわいい電車もたくさんありました。つい写真をいっぱい撮ってしまいました。
特に気になったのは↓これです。これは普段はSLやまぐちにひかれて走る客車らしいです。
20140423_新山口駅周辺 (5)
そう言えば、津和野の方にSL走ってるっていうの聞いたことあるなぁ・・・。それなのかな。
20140423_新山口駅周辺 (4)  20140423_新山口駅周辺 (6)
調べてみたら、客車はレトロ列車と称されて、展望車風の他にも明治風とか大正風とか欧風とか昭和風などあるらしいです。知らなかった・・・じゃあ、この展望列車の向こうについているのがそれなんだろうなぁ・・・知ってたらもっとちゃんと見たのに・・・・残念。 (参考 → Wikipedia

この後は、通常の観光なら山口市へ行き、レトロ列車のエンブレムにもなっている国宝の瑠璃光寺の五重塔など見に行くのでしょうが、私はかつて仕事で何度も行ったことがありますし、同行者はあまり興味がなさそう。
来るときは夜行列車でしたが、帰りは飛行機でびゅーんと帰るので最終目的地は宇部空港。宇部空港までの途中で同行者が行ってみたいところがあるということで、そちらの方向へ向かうことにしました。
新山口駅から宇部線に乗ります。山口線のホームには、ふるい小郡の駅名表示とSLの車輪がありました。SLやまぐちが走る時はお客さんいっぱいなのかもしれません。あのあずき色のレトロ列車、格好いいだろうなぁ。
20140423_新山口駅周辺 (7)  20140423_新山口駅周辺 (8)
こちらは駅長室・・・って書いてあるけど、本当に駅長室なのかな。こんな風にデザインされてるのは、楽しい趣向ですね。どんな駅長さんかな・・・と想像してみたりして。子供たちなら、駅長さんに憧れちゃう。
20140423_新山口駅 (2)
電車の連結の様子を見ました。よーく見てましたが、どうなっていたのかは今一つわかりませんでした。でも、作業される方は恰好いい。こうして、電車は安全運行されているわけです。
20140423_新山口駅周辺 (10)  20140423_新山口駅周辺 (11)
個人的にとっても好きな色の電車です。でも、乗るのはたぶんこれじゃない(笑)
20140423_新山口駅周辺 (9)
ちなみにこれが山口線の案内路線図。感じよく出来ていたので、記録として写真に撮ってきました。
20140423_新山口駅周辺 (13)あれ?益田からまっすぐここまで来られるのね・・・わかってなかった。
まぁ とにかく宇部線に乗って出発です。目的地は宇部新川宇部市の中心市街地に位置しているのだそうです。単純に宇部市の中心は宇部駅なのかと思っていたら違うんですね。新山口から宇部新川までは約50分です。

かつては石炭輸送などの貨物輸送が盛んだった宇部線、沿線の工場などへの支線が数多く存在したそうなのですが、現在はトラック輸送に切り替えられているそうです。その上、宇部線ちょっとスピードが遅いらしく、新山口‐宇部間はバスの方が早い時もあるんですって。
そんなこんなで電車に乗って50分。宇部新川駅へ到着です。
20140423_宇部新川 (1)  20140423_宇部新川 (2)
金魚のいる小さな池があったりするあまり大きくはない駅でした。ここが宇部市の中心かぁ・・・。よく訳がわからないまま来てしまいました。宇部新川駅は1999年には1日約1700人の乗降客があったそうですが、2012年には1000人を切っています。宇部興産の本社地区の最寄り駅で、かつては宇部興産の社員の多くが宇部新川駅を利用して通勤していたため、駅と宇部興産の間にある商業地は大変賑わっていたそうです。現在は・・・・とにかく町を歩いてみます。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

山口 | trackback(0) | comment(0) |


2014/04/23 (Wed) 出雲の旅 25 新山口駅近く 純喫茶 長寿

レンタカーは新山口駅で返却予定なので、とにかく新山口へ。意外と近かった・・・30分とかからずに到着です。前日はやたらと走り回ったので、こんなに近いと思ってなかったんです。ちょっと拍子抜けかつほっとしました。
新山口駅は思っていたよりも立派な駅でした。でも、ちょっと無機質。こっちは新幹線側の駅です。
20140423_新山口駅 (1)
きっと裏側に在来線の古い駅があるに違いないと、通路をわたって裏側の方へ。
Wikipediaによると新山口駅は昔の小郡駅です。山陽新幹線の停車駅のひとつで、4方向に伸びる在来線のターミナルでもあります。乗降客数は山口市の中心駅である山口駅を上回り、同市内で最も多いんだそうです。新山口から山口までは在来線で22分。1900年(明治33年)12月3日に、山陽本線の前身である山陽鉄道三田尻駅(現・防府駅) - 厚狭駅間の開通と同時に、旧吉敷郡小郡町の玄関口となる小郡駅として開業し、山口市との合併を見据えた2003年(平成15年)10月1日に現駅名に改称しました。このため全国の新〇〇駅で、本家の〇〇駅より先に開業した新〇〇駅という珍しい駅なんだそうです。(参考→ Wikipedia
あ・・やっぱりね。こっち側はちゃんと駅っぽい。こっちが昔の正面だったんじゃないかな。
20140423_新山口駅 (4)
駅前には笠ととっくりをかたどった種田山頭火のモニュメントがあります。小郡は種田山頭火が最も充実した日々を過ごした所で、彼の旧居「其中庵(ごちゅうあん)」も復元されているんだそうです。(帰ってきてから調べました。)種田山頭火(たねださんとうか)自由律俳句のもっとも著名な俳人の一人です。経歴をちょっと読むと大変興味深い人物であるような気がします。旧居ちょっと行ってみたかったな。(参考→ Wikipedia)お酒が好きな人だったみたいです。
20140423_新山口駅 (3)
ちょっと町を歩いてみました。表面小奇麗な感じになっちゃってますが、少し入ると昔の風情が残ってます。
20140423_新山口駅周辺 (1)  20140423_新山口駅周辺 (2)
そうしてうろうろしているうちに、こちらに旅行に来る前にネットで見ていたお店を発見。立ち寄ってみることに・・・「純喫茶 長寿」というお店です。ちゃんとお店の情報は見てはいたんですが、どうしても長寿という店名でおじいちゃんとおばあちゃんが集まるコミュニティ的なものを想像してしまってました。思い込みがひどすぎます。
手入れされ大事にされていることが見てわかる素敵な和風の一軒家でした。
20140423_長寿 (1)
元々はお茶屋さんだったようです。純喫茶長寿側から見ると左側がお茶屋さんです。お茶の缶かっこういい。
20140423_長寿 (2)  20140423_長寿 (3)
店内は広くありません。それでも十数席あるかなって感じ。平日でしたので、お客は私たちだけでした。
20140423_長寿 (5)
やっぱりお茶を使ったものを頼むべきよね・・・と思いつつ、メニューを。
20140423_長寿 (4) メニューの写真があるのだけれど頼んだものがどれなのか忘れました(汗)
抹茶フロートとこいさんじゃないかな・・・と思うんですけど。抹茶が美味しいです。
20140423_長寿 (6) 20140423_長寿 (7)
このお店、夏場はかき氷が人気だそうです。この日は暑いと言えるほどの日だったのですが、私たちがいる間にいらしたお客様が「氷ないの?」と聞いていらっしゃいました。氷の時期はいつも行列だそうです。お店が掲載されている本を見せていただいたのですが、確かに美味しそう。食べてみたいなぁ・・・。ネットでもかき氷の話ばっかりです。
でも、のんびりできるから氷の時期じゃなくてよかった・・・。お母さんとお嬢さんで営業されているようです。お嬢さんはお店を継ぐことをもう決めているそうで、将来も美味しいかき氷が食べられることは決定です。跡取りがいない・・という喫茶店多いですが、こちらのお店は安心。
20140423_長寿 (8)  20140423_長寿 (9)
ステキなお店でした。この次は、かき氷を食べてみたいけれど、行列のお店は旅行者にはハードル高いです。今回は店主に山口の良いところを教えていただいたりして、気分よく過ごせました。帰りの時間までどうするか悩みつつ、お店を出ました。ごちそうさま。

純喫茶 長寿
TEL 083-972-0567
住所 山口県山口市小郡下郷明治西1248-41
営業時間 9:00~19:00
定休日 日曜日


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

山口 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: