FC2ブログ
2017/07/04 (Tue) さよなら三江線の旅㉙終 山口宇部空港

これでさよなら三江線の旅はおしまいです。最後の方は全然三江線と関係ないことになっているけれど・・・。

私は電車好きですけど、テツではありません。帰りものんびりと電車で帰ろうとは・・・ちょっと・・・・ね。というわけで、帰りはびゅぅぅんと飛行機です。山口宇部空港は1966年にできた空港ですから、ずいぶん古い空港ですね。最初は県営空港だったそうです。
現在のターミナルビルは2000年から供用開始されているそうです。

飛行機まではまだちょっと時間があったため、出発ロビーの真ん中にある「角打 鍋島」というお店で一杯。最近はやりの“獺祭”が飲めます。(空港で獺祭買えるのかなと思いきや、獺祭は売り切れでした。人気なのね。)
角打という名前ではありますが、ちゃんとベンチのような席があります。
DSC_3815.jpg
ちょっとしたつまみになりそうなものも用意されています。獺祭は磨き具合によって二種類用意されていました。磨き二割三分というもの(77%磨かれちゃってるってもの)は、ワイングラスに入ってきましたよ。おっしゃれ~。初めての獺祭は、どちらもすっきりとした後味。私は磨かれすぎちゃってる方じゃないのが好みでした。日本酒を飲みなれていない人にも飲みやすそうです。
お店のおねえさんがとっても気さくな方で、色々お話してくれてとても気分よく過ごせました。最後の印象は二重丸。
DSC_3814.jpg
離陸の頃には小雨が降り始めました。空港までの移動時に降らなくてありがたかったです。
DSC_3816.jpg 
空港に貼ってあったレノファ山口FCのポスター。J2に属するチームです。名前の由来は、renovation(維新)の頭文字「レノ」と、fight(戦う)やfine(元気)の「ファ」を合わせて「RENOFA YAMAGUCHI FC(レノファ山口FC)」 地方のチームには頑張ってほしいなぁ・・・。 上空からはこんな景色が見えました。瀬戸内海なのかな。北の方とは違う景色に、内心大興奮。
DSC_3817.jpg DSC_3819.jpg DSC_3820.jpg
そんなこんなで旅は終わりました。楽しかったけど、新しいところに行くたびに更に行きたいところが増えていきます。また行きたいなぁ・・・。やっぱり私的な旅は楽しい。



関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 草江駅


スポンサーサイト



山口 | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/04 (Tue) さよなら三江線の旅㉘ 新山口駅 シュクルヴァン

この一番上の写真二枚は、私自身の忘備録。前回は、長沢ガーデンで朝ごはんが食べられたのだけれど、朝レストランが営業していませんでした。記憶違いかと思ったら、前回はちゃんとモーニング食べてる。もう朝ごはんはやってないのかな。
というわけで、レンタカーで駅まで移動する途中にはどこか喫茶店が見つけられるだろうと軽く考えていて見つけたのがこのお店なのですが、定休日なのか営業時間前だったのか・・・。カレーが美味しいらしいです。次回があれば・・・。
DSC_3807.jpg  DSC_3806.jpg
駅なら朝ごはんを食べるところもありそうと思ったのですが、私の期待とは裏腹にものすごくきれいでおしゃれなカフェのようなイートインのあるパン屋さんしか見つけられませんでした。いや 人気のパン屋さんだと思います。ただ私の期待と違っただけ。
DSC_3809.jpg
このパン屋さんは、山口県に数店舗展開する評判の良いチェーン店のようです。
DSC_3808.jpg
2003年までは小郡駅だった新山口駅へ到着。なんだかすごくきれいになっています。前回は2014年なので、その後の変化著しいです。
DSC_3810.jpg
まだまだここから変化がありそうな駅構内。
DSC_3812.jpg
駅の外は工事中です。なんとなく寂しいような気もするけれど、どんどん変わっていくのでしょうね。
DSC_3813.jpg
この旅行が3年前(書いているのは2020年9月です)今はどうなっているのかなぁ・・・?



関連ランキング:パン | 新山口駅


山口 | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/04 (Tue) さよなら三江線の旅㉗ 長沢ガーデン

長々と書いてきた今回の旅ですが、やっと最終日となりました。ずいぶん前のことなのに、記憶は意外と鮮明です。

昨夜は山賊に行ったおかげでだいぶ遅いチェックインとなりました。到着時刻がなんとなくわかった時点で連絡をしておいたので待っていてくれましたよ。前回と同じ長沢ガーデンに宿泊です。一泊3500~/人と宿泊費はかなりお安いです。温泉もあるし。
昨夜は遅かったので、朝レストランの写真を撮りました。ショーウィンドウの“板さんのお店”の表示は変わりません。レストランのメニューは和洋中取り揃えられていて、板さんの調理という感じではないのでちょっと謎。
DSC_3802.jpg  DSC_3803.jpg  
DSC_3800.jpg  DSC_3801.jpg
こちらが旅館の玄関です。灯篭の形に積んだ大きな石が昭和っぽいです。
DSC_3794.jpg
こちらは温泉の入り口。宿泊者は無料で利用できますが、日帰り温泉としての利用も可能です。送迎バスは、学生さんの団体さんに使ったりするのかな。学生さんの宿泊料金は一段とお安いので、合宿等に利用されることもあるかもしれません。
DSC_3796.jpg  DSC_3798.jpg
旅館の中を探検しました(笑)鯉っていうお部屋がありました。
DSC_3793.jpg  DSC_3792.jpg
宴会場も何か所か・・・意外と広いです。館内で他の宿泊者と会うことがなかったのですが、広いせいなのかもしれません。
DSC_3788.jpg  DSC_3787.jpg
こちらは温泉部分のロビーと宴会場。舞台があってカラオケ大会もできそうです。
DSC_3786.jpg  DSC_3784.jpg
DSC_3783.jpg
外には、自動販売機元気に稼働していました。中にセットされている麺類は板さんが作っているのでしょうか。
DSC_3799.jpg
ここではお揚げののったきつねうどん。左が出てきてすぐのもので、右はお揚げを下から引っ張り出したものです。
DSC_3804.jpg  DSC_3805.jpg

長沢ガーデン←HPです。
所在地 ◆〒747-1232◆山口県防府市台道長沢湖畔
電車だと四辻駅が近いようです。
駐車場 ◆観光バス30台・乗用車100台
レストランのレビューが食べログにありました。↓

長沢ガーデン レストラン
TEL 0835-32-0140
住所 山口県防府市台道長沢湖畔 長沢ガーデン内
営業時間 9:30~23:20
定休日 無休

自動販売機については、この旅行中何度も出てきます。よくわからないまま書いています。間違っていることもあるかもしれません。詳しいことをお知りになりたい方は → 懐かし自販機 でどうぞ。本でもお読みになれます。↓


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

山口 | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/03 (Mon) さよなら三江線の旅㉖ いろり山賊

欽明館に立ち寄りうどんを食べて、今日の宿まで向かうだけということになったのですが、途中に看板を見つけました。「山賊」の看板。山賊って・・・あれ・・あれでしょ?あれ。こっちの地域の人が運転免許を取ると必ず行ってみるっていうあのお店です。
テレビで何度も見たのですよ。山賊焼っていうのがあるんだよね・・・と食べ物の話は良く覚えている私。

もう薄暗くなってきたし、どうしようかなぁ‥と思ったのですが、またの機会はなかなかない。宿の到着は遅くなっても仕方がないと思い切っていってみることにしました。国道沿いに看板があったのですが、そこの道を山に入っていく感じ。案内のままに入っていったので、どのくらいで到着するのかもわからないまま車を走らせます。
食べログにはJR山陽線「玖珂」インターチェンジから車で約15分 JR岩徳線「欽明路」駅から徒歩約30分(647mなのに?) 国道2号「野口」交差点から東(広島方面)に約1キロなどと書いてあるのですが、近くに駅がある気配なんかなかったし・・・とにかくかなり走りました。そしたらいきなり↓これです。急に祭り会場出現。
P1020123.jpg
そりゃテレビに出ますよねー。思った以上の規模。
P1020122.jpg
駐車場は広く(そりゃそうです。ここに電車で来る人あんまりいないと思う。)とってありますが、私たちが到着した時はほぼ満車。かなりの人が来ているようです。
P1020121.jpg
なんだか興奮しちゃって、写真撮りまくりです。初めてでどうしたらいいのか良くわからなかったのですが、この敷地内には、「いろり山賊」と「竈」と「桃李庵」という三つのお店が入っているのでした。どのお店でも同じメニューを注文できるようです。
私たちが利用したのはたぶん「竈」です。滝の目の前の外のお席。自分で撮った写真を見てもわからないので、もしよーく知りたい方はいろり山賊那珂店をご覧ください。私はこのHPを見てもまだよくわからなかったんですけどね。修行必要。
P1020120.jpg  P1020119.jpg
P1020117.jpg  P1020116.jpg
P1020115.jpg  P1020114.jpg
P1020113.jpg  P1020112.jpg
P1020111.jpg  P1020110.jpg
きっとこのお城みたいなお寺みたいなところが「桃李庵」なんじゃないかな。
P1020109.jpg  P1020108.jpg
P1020107.jpg  P1020106.jpg
周りの人を見ているとみんな山賊焼と山賊おにぎりを食べてます。名物料理なのですが・・・山賊おにぎりは見るからに食べきれなそう。私は山賊焼だけ注文。絶対 ビール♪となりそうなんですけど、どっちかは飲めないですもんね。運転して帰らなきゃいけないし。他のグループはどうしているんだろう?山賊焼?美味しいに決まってるじゃないですか。鶏肉だし。
P1020105.jpg
あっちに行ってもこっちに行ってもなんかある。どこもちょっとした絵になります。
P1020124.jpg
とにかく思った以上だったなぁ・・・山賊のこの施設は自社の大工さんが設計・施工するそうです。宮大工みたいな人がたくさんいるらしい・・・。どこの施設も作り物っぽくなくて、ちゃんとした建物なのが(素人目ですよ)素晴らしい。この山の中でこその、大掛かりな施設ということなのでしょう。観光客向け?って思っていたけれど、誰が行ってもすごーいってびっくりしそうです。もちょっと近いところに一軒欲しい。
P1020126.jpg
帰り道は私が運転手。だいぶ運転したなぁ・・・ちょっと疲れた。



関連ランキング:鳥料理 | 欽明路駅


山口 | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/03 (Mon) さよなら三江線の旅㉕ 自動販売機 欽明館

なんだかよくわからないままレンタカーで到着したのは↓こちら。「欽明館」というところ。
DSC_3774.jpg
ここに貼ってあるテレビに出ましたという数々の掲示。ん?鳥ます?ここに「天下鳥ます」(ダジャレか?)という唐揚げ屋さんがあるらしいです。シャッター閉まってたけどやってるのかな。食べログで調べてみると「天下鳥ます」の登録があるけれど、レビューは唐揚げの話ではなくほとんど麺類の自販機のお話。下にリンク貼ってあります。
DSC_3775.jpg
そのレビュー等で話題の自販機のあるところはこちら。かなりの台数が並んでいます。
DSC_3776.jpg
ちゃんと両替機もあるので、夜中でも安心。
DSC_3778.jpg
ロッテのチューインガムの自販機!!珍しい。
DSC_3779.jpg
そして、目指してきたのはこのうどん・そばの自販機です。
DSC_3780.jpg
ラーメンの自販機も並んでいます。はじの方に小さなテーブルとイスがあって、そこで食べることができます。
「仲よくしてネ」ねがカタカナのネであるのが、地味に気になる・・・。誰と?自販機と?
DSC_3781.jpg
買ってみたのは肉うどん。350円。出来上がって取り出すと、具が全くないように見えますが、具は麺の下にあります。食べる前に一度かき回さないと・・・。温かい肉うどんを作る過程に、お湯切りの作業があってどんぶりがぐるぐる回るので、下に隠してあるんです。私たちには懐かしい・・若い人には珍しいんだろうな。
DSC_3782.jpg
この自販機も懐かし自販機のサイトで詳しく書かれているので興味のある方は → こちらにどうぞ。写真もずっとそちらがきれいです。

そうして、この記事を書くためにこの場所がどこにあるのか地図を見ていたのですが、この自販機の場所って岩国市なんですね。
岩国と言えば錦帯橋。調べてみたら、なんと!車で4分で到着の場所でした。ちょっと錦帯橋も見たかったなぁ。



関連ランキング:からあげ | 川西駅


山口 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: