2016/07/08 (Fri) 静岡の旅⑤ 静岡浅間神社

天神湯を出たら既に夕方16時を過ぎておりまして、残念ながらもう駿府浪漫バスは走っていません。路線バスのバス停に向けて歩き始めて見つけたのが↓一般道にあった大きな鳥居。道路の真ん中にあって、鳥居の下も外側も車が普通に走ってます。鳥居が元々あったところに道路を作ったのかなー。それともここは参道だったのか・・・。
DSC_1503.jpg
鳥居の向こうにはやたらと立派な神社がありました。静岡浅間神社だそうです。
DSC_1502.jpg
境内に入って、鳥居方向を見るとこんな感じ。
DSC_1506.jpg
御由緒もわからぬまま、一応お参りをして写真だけ撮りましたがやたらと立派。帰ってから調べてみると、ここは通称「おせんげんさま」。登記上の宗教法人名称は神部神社・淺間神社・大歳御祖神社だそうです。正式名称の通り、神部神社・浅間神社・大歳御祖神社の三社からなっていて「静岡浅間神社」は総称。三社はいずれも独立の神社として祭祀が行われている。(Wikipediaを参照しました。)境内にも説明はあったのですが、どうも今一つ理解できなかったんです。
DSC_1508.jpg
あちこちの彫刻も細かく色鮮やかで見応えがあります。銭湯が目的だったのに、いいとこ見ちゃったなー。
DSC_1505.jpg
神社の筋向いにあった建物。公営住宅っぽいですが、建て替えになるのか人の気配がありません。1階は商店が入っていたようですが、ほぼシャッター閉まってます。喫茶店が一軒くらい入っていそうなのになー。残念。
DSC_1504.jpg

静岡浅間神社
〒420-0868 静岡県静岡市葵区宮ケ崎町102-1
TEL:054-245-1820(代)
☆駿府浪漫バス線→ 約30分 「浅間神社」 「赤鳥居 浅間神社入口」下車
 バス料金100円 ※こども運賃は50円 ☆行先は関係なく定額☆
FBページがありました。 → こちら

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト

静岡 | trackback(0) | comment(0) |


2016/07/08 (Fri) 静岡の旅④ 天神湯

もう一か所、行きたいところを同行者が見つけておいてくれました。静岡駅から比較的近い銭湯は2軒あります。・・・というか、静岡市に銭湯は2軒しかないのかもしれないです。今回行ったのは、「天神湯」さん。(ちなみにもう一軒は「桜湯」さんです。)
やっぱり私ちょっと方向音痴なのかもしれません。地図を見てもどうも方向が良くわからなくて・・・徒歩では少々通そうだったので、バスで行くことにしました。静岡市内には10時~16時まで「駿府浪漫バス」というのが走っています。オリエントエクスプレスのイメージのバスでかわいらしい外観。大人100円で乗ることができるんです。
DSC_1491.jpg
駿府城公園の周りを通り、静岡高校入口まで。
DSC_1490.jpg
バス停からは数分でした。おーここだここだ。看板建築の建物は、建築当初からかわらないのかどうかはわかりませんが、かなり古いように見えます。これはいい感じ。
DSC_1492.jpg
入口脇のタイルが素敵。古いことは古いですが、清潔に保たれています。
DSC_1494.jpg
営業時間は午後3時~10時まで。
DSC_1495.jpg
誰もいないことをいいことに、脱衣場。デコラっぽいロッカー。
DSC_1496.jpg
シンプルな浴室。奥に浴槽があります。ちょうど良い温度。
DSC_1497.jpg
脱衣場にあった体重計は貫目表示もあります。だいぶ古いのかな。浴室天井は青くて、吹き抜け(?)になっています。
DSC_1498.jpg  DSC_1499.jpg
入口ののれん。
DSC_1500.jpg
あー いいお湯でした。来てみて良かった。素敵な銭湯。
DSC_1501.jpg
駿府浪漫バスは、一周50分。ただ乗って市内をぐるっとまわるっていうのもいいかもしれません。

天神湯
静岡市葵区浅間町1-29
【営業時間】15:00~22:00
【定休日】月曜日

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

静岡 | trackback(0) | comment(0) |


2016/07/08 (Fri) 静岡の旅③ 登呂遺跡前にあるりんでん 登呂店にてかき氷

博物館というのは結構疲れます。登呂遺跡のまわりには飲食店がそれほどないようなのですが、入る前にちらりと見えた氷の旗。帰りに寄ろうと思っていました。帰りのバス時間確認後、お邪魔してきました。
DSC_1486.jpg
かき氷 安い!!300円と350円のラインナップ。かき氷の値段ってこうでなくっちゃね。
DSC_1485.jpg
出てきたかき氷は少々小ぶりではありますが、ふわっふわの氷。こちらはイチゴミルク
DSC_1488.jpg
こっちは抹茶きな粉です。美味しい!!氷を食べると一気に涼しくなりますね。
DSC_1489.jpg
静岡らしくテーブルは茶箱でした。りんでんというお店なのですが、静岡市民ならほとんどの方が知っているお店らしいです。御幸町というところにあり、夏はかき氷屋、冬は団子茶屋として人気のコーヒー専門店だそうです。そこの支店ということのようですが、こちらはコーヒー専門店というよりも駄菓子屋の風情。冬はおでんがあるそうです。

りんでん 登呂店
静岡市駿河区登呂5-9-18
営/11:00~17:00
休/不定休

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

静岡 | trackback(0) | comment(0) |


2016/07/08 (Fri) 静岡の旅② 特別史跡 登呂遺跡

どこに行こうか・・・と、静岡駅まで戻り観光案内所へ行ってみたら「登呂遺跡」のポスターがありました。登呂遺跡ってあの教科書で見てた登呂遺跡よねー。静岡にあるなんて知りませんでした。(無知でごめんなさい。) 久しぶりに聞いた遺跡の名前。
登呂遺跡までの道のりを尋ねるとバスで行けるとのこと。直線距離にして静岡駅から約2キロ。バスで20分くらいでした。
DSC_1476.jpg
この一番近いバス停までは行けませんでした。私が乗ったバスだと登呂入口というバス停で下車して徒歩5分。
DSC_1478.jpg
広々とした場所に竪穴住居がならんでいます。奥の方にある建物が博物館です。
DSC_1480.jpg
内部に入ることもできます。静岡は比較的温暖な地なので、きっと住みやすかったはず。
DSC_1481.jpg
でも、ほんとにこんなおうちだったのかな。雨降ったら雨が流れ込んだりしなかったんだろうか・・・とか、疑りぶかい私。
DSC_1483.jpg
せっかくなので博物館も見学。博物館の入館料は300円。色々説明もしてもらえます。
↓これは博物館から見たまわりの景色。天気がよければ富士山も見えるそうです。
DSC_1484.jpg
登呂遺跡って私くらいの世代の人なら、一番有名な遺跡かもしれないです。でも、登呂遺跡の方には申し訳ないけれど、なんでそんなに有名なの?って思ってしまいました。規模で言えば三内丸山遺跡の方が圧倒的に大きいし、古いですもんね。
博物館で理由がなんとなくわかったような気がします。登呂遺跡は、昭和18年(1943)、住友金属が軍需工業用地として埋立工事中に発見しました。弥生時代後期のものと思われる丸木舟・住居跡・水田跡などを発見し、戦後になってから本格的な調査が始められたそうです。その結果、住居跡12、倉庫跡2、約1万2、000坪(400a)の水田跡の存在が明らかになって、多数の土器・木器類が見つかったのです。戦中戦後の最初の大発見だったのではないかと思われます。その時代にそんな発見なんて、なんだか夢もあって楽しいことだったんじゃないか・・と。現在、登呂遺跡は国の特別史跡に指定されています。
歴史はさっぱり覚えられない私ですが、弥生時代の人たちの生活を垣間見られて面白かったです。

静岡市立登呂博物館
住所 〒422-8033 静岡市駿河区登呂5-10-5
電話 054-285-0476
FAX  054-287-1466
開館時間 9:00~16:30
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、祝日・振替休日の翌日、年末年始
*その他、臨時休館、臨時開館がございますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

静岡 | trackback(0) | comment(0) |


2016/07/08 (Fri) 静岡県の旅① 初のご飯はうな治さんのうな重

静岡県には結構行っていますが、県庁所在地であるところの静岡市にはあまり行ったことがありませんでした。今回の旅行は、「トーマスに乗る」というのが一番の目的ではあるのですが、静岡市に泊まるというのは大きな楽しみの一つでした。
ちょうどお昼位に静岡駅に到着。静岡と言えばうなぎ。同行者がうなぎが大好物なので、名物ではなくてもうなぎは食べたいわけですが私は特にうなぎが大好きというわけではないので普段はあまり食べることがありません。せっかくの静岡なのですから、うなぎを食べなくっちゃ。静岡でうなぎが有名なのは、浜名湖の温暖な気候と、地下からくみ上げられた天然水という環境で育っているので、静岡の鰻は臭みがなく身がふっくらしているからなんだそうです。浜名湖なんだから、浜松だろ!というつっこみはナシで。
調べてみると静岡市内にはたくさんのうなぎ屋さんがあって、激戦地であります。

うなぎのさばき方は二通り関東風は、うなぎを背開きにして一度焼いた後、蒸して再度焼きます。ふっくら柔らかなのが特徴だそうです。関西風は、腹開きにした後蒸さずに焼くため、ぱりっと焼きあがります。静岡はその中間に位置しているので、両方の焼き方のお店が存在しているそうです。

同行者が静岡駅近くで選んだお店は「うな治」さん。静岡駅からは徒歩5分以内に到着です。コーポマックスと表示のあるこのマンションの1階です。最初あれ?って思ったのですが、ちゃんと看板があるのでそれを見逃さなかったら大丈夫。
DSC_1474.jpg
活鰻 うな治と書いてあります。注文されてから鰻をさばくそうです。
DSC_1475.jpg←見つけた看板はこちら
カウンターと椅子テーブル席。そして小さな小上がりがあります。私たちは椅子テーブル席へ。
DSC_1469.jpg
注文してからさばくのでちょっと時間がかかると書いてあったので、まずビール♪ランチのビールは旅気分盛り上げます。
DSC_1468.jpg
うなぎ到着!!!!うまそー。そんなに好きじゃなくても旨そう。
DSC_1470.jpg
うなぎちっちゃいじゃんって思うでしょうが、並をお願いしたんです。ご飯も少な目。うな重は、鰻重 並1,800 中 2,400 上2,800です。
同行者は上を食べたのですが、ご飯は見えませんでした。つやっとしてふっくらして見た目も麗しい。
DSC_1471.jpg
肝吸いとお漬物がついています。たれの具合もよくって、これは美味しい。これなら次も食べます。お漬物はおかみさんの手作りらしいです。
DSC_1472.jpg
私たちが食べている間にどんどん人がやってきて、満席。人気のお店なんですねー。ご夫婦で営んでいるお店のようですが、大忙しです。ちょっとお気の毒なくらい・・・。ご馳走様でした。
DSC_1473.jpg
静岡では、この日の夕ご飯の予約をしているだけで、特に予定を決めないで来ました。そもそも何があるのかしら?



関連ランキング:うなぎ | 静岡駅新静岡駅日吉町駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

静岡 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: