2015/09/26 (Sat) 第18回小津安二郎記念 蓼科高原映画祭

第18回小津安二郎記念 蓼科高原映画祭は2015年9月26日(土)と27日(日)の2日間お粉されました。今年のテーマは『家族』
小津安二郎の映画は秋日和(デジタル・リマスター版) 〈1960/小津安二郎監督〉と淑女と髯 〈1931/小津安二郎監督/サイレント〉が上映されました。 活動弁士:澤登翠さん

茅野駅で電車を下りて茅野市民館に向かう途中の映画祭の看板。
DSC_0540.jpg
茅野市民館のロビーにも小津安二郎自身に関するものの展示があります。
DSC_0541.jpg
茅野市民館と新星劇場前にはシネマCAFEというおもてなしコーナーがあります。ここで提供されているものはほとんどが無料。新星劇場前では、小津安二郎が愛した清酒「ダイヤ菊」の樽酒サービスも行われているんです。無料というだけではなく、ほんとにあたたかいおもてなしに毎年感動してしまいます。
DSC_0543_20170517101628af9.jpg
今回の映画祭は比較的新しい映画が多く上映されました。「ベイマックス」や「ソロモンの偽証」など最近話題になったものも多く、現在は映画館がなくなってしまった茅野市民の方に喜ばれたんじゃないかと思います。長く映画祭を続けていくためには、そういうことも必要なのじゃないかしら。
しかし、私たちはやっぱり少し古い映画が嬉しいのです。毎年、サイレント映画が1本は上映されるのですが、ことしも活動弁士の澤登翠さんがいらして「淑女と髯」が上映されました。サイレント映画は見る機会が少ないのでとても楽しみにしているのですが、今回もとても楽しかったです。映画自体がとてもコミカル。主演は岡田時彦さんという方です。岡田時彦さんは大正・昭和初期の俳優さんで無声映画時代を代表する二枚目俳優。その方が最初はひげをたくわえたバンカラを演じているのがとても愉快です。もちろん、私たちはどの俳優さんのことも知らないのですが、弁士の 澤登翠さんがストーリーだけではなく俳優さんについても説明を加えてくれるのが大変ありがたい。
その他に中谷美紀さんが主演した繕い裁つ人 〈2015/三島有紀子監督〉という映画を一本。神戸で撮影された静かな映画でありました。

毎年、映画祭のために年に一度は茅野に行っていますが、今年は上諏訪に宿をとり、映画は二の次になってしまったような気がします。でも、面白かったー。上諏訪で温泉に入り、新しい居酒屋さんとの出会いもありました。また来年くるよ。茅野。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト

長野 | trackback(0) | comment(0) |


2015/04/18 (Sat) 高遠のさくらまつりへ⑥終 団体用電車「いろどり」

たった1日なのに、色々なことをしました。楽しかったー。でも、まだお腹いっぱい(笑)

帰りは遅れずにバスに乗り込み、茅野まで約1時間。こんなちょっとした山の景色。
私は秋田生まれなので、山があるのは落ち着きます。関東平野はだだっ広すぎて、山が見えないんですもの。
R0071403.jpg
茅野では、電車までちょっとだけ時間があったので、予定通り「琥珀」のママにお土産の亀まんをお届けし、コーヒーを一杯。
ステレオも元気です。普段は、ステレオからはラジオが流れています。
R0071404.jpg  R0071405.jpg
また秋にお目にかかりましょう。

大船行きの「いろどり」は16時25分発。「いろどり」はJR東日本長野支社が所有する団体用電車だそうです。だから、普段は走っていないのですね。(詳しくは → こちら
R0071407.jpg
帰りのヘッドマークは「いろどり」だけでした。ワイド液晶ディスプレイでいろんな風に出来るんだそうです。
R0071406.jpg
お座敷モードになっていない時の席は↓こんな感じ。
R0071408.jpg
そういえば来るときは列車の中を探検しなかったなぁ・・・と歩いてみたら、マッサージチェア発見!3号車に設置されています。歩き疲れていたので、嬉しい!と飛びつきました。
R0071409.jpg
4号車はサロンカーになっていました。もったいなーーーい。宴会できそう。モニターついていましたけど、カラオケとかあるのかな?
R0071410.jpg  R0071411.jpg
車窓からは富士山も見えました。下車は横浜駅なので、帰りも楽々です。楽しい一日でした。
R0071418.jpg

あ・・そうそう 日帰りのツアーなのに、お昼は自由食だったの?と思われた方もいらしたと思いますが、実はちゃんとツアーにはお昼ご飯にお弁当がついていました。茅野駅で手渡され、高遠城址公園で食べるという設定。天気が良かったので、それもいいんじゃないかとは思ったのですが、食い気が勝りました(笑)
いただいたお弁当は丸政という大正7年創業のお弁当屋さんの“信州牛と筍ごはん”というお弁当でした。A4A5ランクの信州牛の炭火焼きと筍ごはんのお弁当。小淵沢駅と茅野駅で春季限定で販売される商品だそうです。¥1200の高級品。さすがにかなり美味しかったです。
R0071420.jpg  R0071421.jpg

丸政
〒408-0044山梨県北杜市小淵沢町996
℡:0551-36-2521
受付 9:00~17:00
Fax:0551-36-2522
E-Mail: marumasa@nns.ne.jp

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

長野 | trackback(0) | comment(2) |


2015/04/18 (Sat) 高遠のさくらまつりへ⑤ 伊那ろーめん 桜祭り会場にて

お腹いっぱいになった私たちは、最後に更に桜を堪能しようと高遠城址公園へ帰りました。
桜の木は1500本ということでしたが、見ごたえあります。お天気もまぁまぁだったので、更にきれいに見えました。
R0071388.jpg
やっぱり少しソメイヨシノよりお花は小さいです。
R0071399.jpg
もう少し時間があるから・・・とまだ公園内をウロウロしておりましたら、見つけてしまいました。伊那ローメンの文字。
ローメンと名前がつくものは以前島根で食べました。(その時の記事は→ こちら)しかし、どうも伊那のローメンとは全く違うものらしいので、食べてみたかったんです。いやー ほんとにお腹いっぱいなんですけど・・・欲張り過ぎですよね。
入ってしまいました^^;
R0071392.jpg
「ごめんなさい。お腹いっぱいで一杯しか食べられないんですけどいいですか?」と聞いてみたら、こころよくOKしていただいたので、少しだけ安心。ローメンの説明がありました。
R0071391.jpg
ローメンと言うのはラーメンでもなく、焼きそばでもない麺料理だそうです。ご当地グルメとして有名になっているようですが、その姿は一定ではなくてスープ風と焼きそば風の2タイプのお店があるそうなんです。ソース・酢・ごま油・ニンニク・七味等を自分の好みで味付けして食べるのだそうです。お肉はマトンが基本らしいです。

出てきました!これはスープ風なのかな。ラーメンの半分くらいのつゆが入っています。ちょっと食べると、複雑な味。スープはすこーしソースの香りがします。確かに焼きそばのようでもあるのです。一口ですごく美味しい!って言うわけではないけれど、くせになる気持ちはわかるような気がします。
R0071390.jpg
ローメンは伊那には食べさせてくれるお店が30店近くあります。リストの中に、この「四方路」と言うお店ものっています。リストの短い説明を読むだけでも様々な味のものがありそうな感じです。(リストは → こちら このお店のローメンが美味しいのかどうかは他のお店のものも食べてみないと何とも言えないところではありますが、こんなにお腹がいっぱいでも入ったので私は美味しかったのだと思っています。何店舗か食べてみたいところですね。
ちなみにこちらのお店は「四方路」と書いて、「すまろ」と読むそうです。毎年桜まつりの時にはお店を出しているそうで、実際のお店は創業50年、今の場所に移転して30年たつんだそうです。地図を見る限りでは、車じゃないと行きにくそうな場所です。



関連ランキング:郷土料理(その他) | 田畑駅伊那北駅伊那市駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

長野 | trackback(0) | comment(2) |


2015/04/18 (Sat) 高遠のさくらまつりへ④ 亀まん

日帰りでもどこかへ行ったらお土産が買いたくなるものです。少なくても私はそうなんです。
茅野の喫茶店・琥珀のママに教えていただいたお土産を買いに行きました。JRバス 高遠駅から近いです。それほど大きなお店ではありません。「亀まん」というのは商品名だと思っていたら、「老舗 亀まん」というのがお店の名前でした。
R0071357.jpg
名物はもちろん 亀まん頭。こしあんの入った薄皮のお饅頭です。亀の焼き印が入っています。
R0071356.jpg
肝心のお饅頭の写真を撮り忘れちゃったのですが、確かに美味しいお饅頭でした。創業は明治8年、初代によって開湯された銭湯『亀の湯』で来店する客にふるまっていた饅頭が評判を呼び、お饅頭屋さんになったそうです。『亀の湯』の一字をとって亀まんと名付けたそうなのです。(ちなみにその銭湯は、このあたりにはもうないようです。長野市に亀の湯という素敵な銭湯があるのですが、そちらと関係があるのでしょうか?)

ちゃんと教えていただいた琥珀のママにも亀まんを買ってお土産にすることにしました。ナイショの話ですが、他にも同じようなお饅頭が売られているのですが、亀まんが美味しいんだからね!と琥珀のママ一押しなのでした。



関連ランキング:和菓子 | 伊那市その他


老舗 亀まん←クリックするとHPに飛びます

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

長野 | trackback(0) | comment(0) |


2015/04/18 (Sat) 高遠のさくらまつりへ③ 高遠そば

高遠さくらまつりの会場は城址公園というご多聞に漏れず、ちょっとした山の上です。町までは歩くと少し距離はあります。15分くらいかかったかな。メインストリートはそれほど長い距離ではありませんが、JRバスの高遠駅を中心に飲食店やお土産屋さん、旅館などが並んでいます。

一番最初に目に入った高遠そばと書いたお店に入りました。12時少し過ぎていましたが、ぎりぎり待たずに入れました。
R0071352.jpg
テーブルの上にあった案内によるとつゆに焼味噌と辛味大根とネギが入るのが特徴のそばらしいです。
R0071343.jpg
メニューの数はそれほど多くはないです。うどんもありますが、ここはそばですよね。くるみのつゆもつくという高遠そばを注文。
R0071350.jpg  R0071351.jpg←クリックすると大きくなります。
ひとつはかき揚げ付きにしました。おおぶりのかき揚げがついてきました。一つだけにしておいてよかったーーー。
R0071346.jpg
説明にあったとおり、つゆが二種類ついてきます。両方とも美味しいです。このお店 当り!でした。よかった。
R0071347.jpg
つゆもさることながら、お蕎麦自体も結構おいしいです。
R0071348.jpg
なんとなく山小屋風のお店。夜は居酒屋利用ができるみたいです。高遠に泊まるのなら夜もいいですね。
R0071349.jpg
そういえば、高遠そばとしか見ていなかったこのお店、店名を確認していませんでした。「華留運」と書いて「けるん」というお店でした。なるほど・・・お店の方は山好きの方なのでしょうか。
R0071353.jpg
なかなか行けないところですが、このお店のおそばは印象に強く残っています。もう一度食べたい。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 伊那市その他



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

長野 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: