FC2ブログ
2017/06/17 (Sat) TOCビル地下一回の定食屋さん 食事処 志野でニクシチ定食

五反田TOCの徳の市に行きました。TOCとは「東京卸売りセンター」の略。まさかの日本語でした。
あまり関係ないですが、TOCが建っている場所は星製薬株式会社の工場だったところだそうです。1970年に落成して、落成当時は日本最大の容積率であったそうです。確かにすっごく広いです。毎回疲れる・・・(笑)

結構な人出でありましたが、毎回回る場所は回り終えましたのでお昼ご飯です。
レストランや喫茶店は、普段も営業していて普通に入ることができますが、なかなか五反田に平日に行く用事がないですから、毎回徳の市でTOCに行くときのお昼は楽しみにしています。今回は、地下1階にある“食事処志野”さんへ。入り口わきにはサンプルが並んでいます。個々のサンプルはかなりキレイ。
P1010677.jpg
こちらのお店日テレのニュースevery.の「レトロなビルで営業中!なつかし名物の繁盛店」(参考)という特集に出たお店だそうです。
P1010676.jpg
メニューです。いかにも定食屋さんらしいメニューです。クリックすると大きくなります。
志野さんの名物は、ニクシチ。豚肉の七味炒めのことらしいです。
P1010671.jpg P1010672.jpg
ニクシチ到着。ありえないほどにご飯を減らしてもらっています。普通ならこの三倍くらいはご飯が盛られてきます。
ご飯が進む味です。辛さはほどほど。それほどまでには辛くはないです。ご飯も美味しい。定食でごはんが美味しいのは基本ですものね。
P1010673.jpg
ご飯にもお水にもこだわりがあるようです。お米は秋田県の大潟村産のものなのでした。どおりで美味しいはず(笑)
P1010674.jpg
店内は徳の市期間だということもあり、大混雑でした。相席も当たり前。ニクシチ定食は、907円。やっぱりニクシチ定食を召し上がっている方が多かったです。
P1010675.jpg
食事処 志野さんは年中無休。五反田駅前からTOCビルまではシャトルバスも運行しています。五反田でランチに悩んだら、ここはお勧め。うまいっ!ってほどじゃないんだけど、たまに食べたくなるお味。



関連ランキング:定食・食堂 | 大崎広小路駅五反田駅不動前駅


スポンサーサイト



東京 | trackback(0) | comment(1) |


2017/05/30 (Tue) 府中本町の喫茶店 珈琲専科トップ

JR南武線で府中本町駅まで。どうしても行ってみたい喫茶店があったのです。府中本町駅で下車、階段を下りて地上へ出ます。でたら徒歩で数分のところにある 珈琲専科トップ。川崎から府中本町までは乗り換えなしで行けて約40分。
P1010526.jpg
看板には珈琲専科の文字。珈琲専門店・・・なのかな??
P1010527.jpg
2階もあるようで、緑色のまぁるい張り出し窓(?)がかわいらしいです。
P1010528.jpg
ちゃんとピラフやスパゲッティもあるみたい。ちょっとすすけたサンプルがおいてありました。
P1010529.jpg
ミート・ナポリ・イタリアンと魅力たっぷり。でも、今はちょっとスパゲッティは食べられないなぁ。
P1010530.jpg
この植物の奥にあるドーム状の窓はなにかしら?中からはどんなふうに見えるのかな。(見るの忘れました。)
P1010531.jpg
内装はかなりシック。カウンターに座らせていただきました。常連と思われるお客様が数名。
競馬場近くなので、テレビがあるのかと思いきやないようです。その分落ち着いています。ダービーの日には常連さんたちと一緒に競馬を見に行ったりするんだそうです。…ということは、ダービーの日はお休みなのね。
P1010532.jpg
一目でよそ者とわかったようで、どっから来たの?って聞いてくださいました。ホットケーキのセットを注文。バターがたっぷり塗ってあり、厚みもあっておなか一杯になってしまいました。
P1010533.jpg
ステキステキ。1段上がったカウンター席といい、グラスの並んでいる棚の周りのレンガといい私好み。こういう内装をデザインしてくれる人って今もいるのかなぁ・・・
P1010534.jpg
満足満足。この辺りにはまだほかにも喫茶店があるようなのですが、もう少し先へと急がねばなりません。府中本町から武蔵野線へ乗り換えて新秋津駅へと向かいます。府中本町の駅はちょっと不思議なつくりでした。競馬の開催日のみ、競馬場側の改札が開くようです。
P1010535.jpg  P1010536.jpg



関連ランキング:喫茶店 | 府中本町駅分倍河原駅府中駅


東京 | trackback(0) | comment(0) |


2017/05/22 (Mon) コレド室町にあるタイ料理 ジャスミンタイ

久しぶりの日本橋。これは日本橋の麒麟像。
麒麟と言っても動物の首の長いキリンではなくて、元々は中国の伝説上の動物、中国では「チーリン」と呼ばれています。伝説上の麒麟の姿は、体全体が鹿のようで、尾は牛のよう、馬のような蹄(ひづめ)があります。東野圭吾さんの小説『麒麟の翼』で、一躍有名になったのがこの像です。改めて見てみるとちょっと怖い。
DSC_3681.jpg
日本橋は、はじめてかけたのは徳川家康だったそうで、当時は木造の橋でした。日本橋は家康が作った初代から数えると、現在は20代目の橋で1911年に完成したものです。日本橋の四隅には銘板があってここに「日本橋」と「にほんはし」という文字が刻まれています。この文字を書いた人は、江戸幕府の最後の将軍、徳川慶喜だそうです。  もっと詳しく知りたい方は → こちら

ところで、なんで急に日本橋に行ったかというと秋田からお友達が来ていたからなのです。日本橋周辺に宿泊しているということで、日本橋で待ち合わせをしました。特に食べるところを決めてはいなかったのですが、コレド室町のレストランリストを見ながらこちらに決定。ジャスミンタイというタイ料理屋さんです。ジャスミンタイはチェーン店のようで、何軒かあります。
DSC_3689.jpg
タイ料理ってパクチーやナンプラーを使っているものが多いので、食べるチャンスが意外と少ないのです。ナンプラーはともかく、パクチー大好きなんです。もちろん辛い物も大好きですしね。友達と意見が一致、店内にお客様がいなくて静かにごはんが食べられそうだったのもポイントでした。

食べたのは↓こちら。青パパイヤのサラダだとか、トムヤムクンとか、海老トーストなど。更に〆にカオマンガイまで食べて大満足。かなり美味しかったです。
DSC_3682.jpg  DSC_3683.jpg
DSC_3684.jpg  DSC_3685.jpg
DSC_3686.jpg
お値段がお高いという声も多少見受けられるようですが、日本橋ですものねぇ・・・その上レストラン街に入っているなら、まぁこんなもんじゃないかしら?というお値段。その上、どれも美味しかったです。久しぶりにゆっくり話して食べました。ごちそう様。
DSC_3687.jpg



関連ランキング:タイ料理 | 三越前駅新日本橋駅日本橋駅



東京 | trackback(0) | comment(2) |


2017/04/16 (Sun) 2016年4月にリニューアルオープン 蒲田福の湯

大田区には銭湯が38軒あります。東京都で最も銭湯の多い区です。銭湯だけど、温泉ということも多く、銭湯好きにはたまらない土地かもしれません。大田区を通りすぎることはとても多いのですが、あまり大田区の銭湯に行ったことはありませんでした。
梅屋敷周辺で、1時間くらいの空き時間ができたので近い銭湯を検索して訪問してみました。
蒲田駅から徒歩12分だそうです。私は当方医大病院付近にいたので、7・8分で到着。

銭湯っぽくないびっくりするほど、オシャレできれいな建物。初代が昭和26年に開業して、2014年、老朽化をきっかけに建て替え工事を行い、2016年4月にリニューアルオープンしたのだそうです。現在のご主人は4代目。建て替え前の福の湯の外観の画像探してみたんですけど、見つけられませんでした。
DSC_3573.jpg
銭湯なので、料金は¥460。1枚20円で貸しタオルもあるので、手ぶらで行っても入浴できます。
DSC_3572.jpg
料金などの案内のとなりに、PIZZAの文字。気になるわ。
DSC_3571.jpg
今どきの銭湯ですから、受付はフロント形式。靴箱の鍵は、ロッカーのカギと交換でフロントで預かってもらいます。これは、出たときにいっつも靴箱の鍵を探してしまう私にはとってもありがたい。銭湯側にとっても鍵がなくなったりしなくて、メリットありそう。
DSC_3576.jpg
脱衣場も新しくて明るくて掃除も行き届いていて、気持ちがいいです。
DSC_3578.jpg
浴室はそれほど広くはありません。浴槽は二つ。広い方はぶくぶくのバイブラバス、小さい方はちょっと露天風呂みたいな風情の岩風呂です。シャンプーとボディシャンプーが備えられていて、銭湯では珍しいです。ふらっと銭湯に寄りたいというときには本当にありがたいです。

ところで、入り口にあったPIZZAの案内なのですが、こちらの銭湯・・・なんと!!!土日にはPIZZAが食べられます。フロントの奥にPIZZA窯が備えられているんです。サイズは、SとLの2種類。お持ち帰りもできます。
DSC_3577.jpg
銭湯の玄関入ってすぐにそれほど広くはないですが休憩室のような場所があり、ここでPIZZAやビールを楽しむことができます。
DSC_3575.jpg
お持ち帰り用に箱に入れてもらいました。これで¥400(当時です。2020年現在は500円である模様)なんてすばらしいコストパフォーマンス。とても美味しいです。値段を考えると更に・・・ね。
DSC_3579.jpg
お風呂入浴後にPIZZAとビールなんて、幸せ。そして、これが銭湯だなんて・・・。週末銭湯お勧めです。
DSC_3574.jpg


蒲田福の湯
住所 大田区蒲田1-12-15
電話番号 03-3732-1245
定休日 木曜日
営業時間 14:00 ~ 24:30
交通機関 JR線 蒲田駅 より徒歩 15分
↓食べログにもPIZZAのレビューがありました。



関連ランキング:その他 | 蒲田駅京急蒲田駅梅屋敷駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2017/04/15 (Sat) 村山下貯水池へ行ってみました

村山貯水池(通称・多摩湖)へ行ってきました。村山貯水池は、人口増加への対応のため、多摩川の羽村取水堰から採水し、境浄水場・東村山浄水場へと送水されている東京都水道局の水源のひとつで、1927年に完成しました。他県にまたがらない湖としては都内最大だそうです。西の村山上貯水池と東の村山下貯水池に分かれています。

取水塔です。この取水塔日本で一番美しい取水塔なんだそうです。誰が決めたんだろ?調べてみたら土木学会の「日本の近代土木遺産~現存する重要な土木構造物2000選 」に選定されているのだそうです。大正14年の建設。ネオ・ルネッサンス様式。煉瓦造りの円筒形。丸いドーム状の屋根。類似デザインで第二取水塔が建設されたということなのですが、この手前が第一と思ったけど・・・奥にあるのとどっちなのかなー 自信がなくなってきましたよ。
確かにきれいですが、日本で一番?と聞かれると、他のを見ていないので・・・なんとも・・・・。
P1010227.jpg
貯水池のまわりは東京都立狭山自然公園になっています。
P1010226.jpg
桜の木がたくさんあって、そろそろ桜の花は終わりですが花見客かなと思われるグループもいました。その向こうはすぐ住宅が密集していてなんとなく不思議な感じもします。この公園も含んだ場所を一般的に多摩湖と呼んでいるんだそうです。
P1010228.jpg
これは余水吐き(よすいばき)というもののようです。余剰の水を放流する目的で設けられる放流設備らしいですよ。
P1010229.jpg
案内図です。良く見えないと思いますが、これが半分なのでめっちゃ広いです。
P1010230.jpg
駐車場をでて少し行くと線路がありました。これは、西武線。メットライフドームの看板・・・あぁ・・・ドームが近いのですね。そういえば、取水場の向こうにドームのようなものが見えていました。あれは西武ドームだったのか・・・。でも、西武ドームは埼玉?村山下貯水池は東京都東大和市・・・よくわからない・・・相変わらず地理がさっぱりわかっていない私なのでした。
P1010231.jpg

東京 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: