2015/11/13 (Fri) 羽田~秋田 富士山も鳥海山も!

秋田の記事がしばらくなかったのですが、1か月に1度くらいは秋田に帰ることにしています。
なかなかタイミングがなくて、前回から1か月以上過ぎていたのですが急に秋田に帰ることにしました。

なかなかの良いお天気で、遠くに富士山が見えました。何度見ても富士山はステキだし、何度見ても特別な山です。
DSC_0586.jpg
スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒が12月18日に公開されますが、機内でサービスされた飲み物のカップがスターウォーズデザインでした。新しくスターウォーズにでてくるロボット「BB-8」です。始めの頃のスターウォーズは全部見ていたのですが、R2D2みたいな存在になるんでしょうか。ちょっとかわいい。
DSC_0588.jpg
私が秋田に帰るときはいつもなんだかお天気が悪いのですが、今回はとてもいいお天気でした。眼下に迫力ある鳥海山が見えます。出羽富士とも呼ばれる鳥海山は秋田市からも見える時があります。近くだとこんなに迫力なんですね。それに、既に雪が降っていて初冬の趣。ついこの前まで暑かったような気がするのに、あっという間ですねぇ・・・。
DSC_0589.jpg
田んぼもすっかり稲刈りが終わり、冬支度に入っている感じがします。
DSC_0592.jpg
秋田市です。海岸線に風力発電のプロペラがかなり並んでいます。今はこんなに増えたんですねぇ・・・ちょっとびっくり。
DSC_0593.jpg

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト

秋田 | trackback(0) | comment(0) |


2015/08/08 (Sat) 夏の秋田③ 花立牧場ミルジー 法体の滝

そういえば、由利原高原のエネルギー。なんだっけー?ってちょっと調べてみましたら、石油、天然ガスだけでなく風力、水力、地熱、バイオマスと、日本が使えるエネルギー資源があるのでした。中でも、今話題なのはシェールガス(詳しくは → こちらでどうぞ)
どのくらいのポテンシャルがあるのか、興味のあるところです。世界を救えるのか?

そんなこんなで、サイクリングターミナルでおなか一杯になって更にさまよいます。まさにさまよっているという感じ。とにかく行ったことのないところを適当にはしってるんですから(笑)走っているうちに牧場を見つけました。牛だ!牛だ!かわいい!
DSC_0477.jpg
ここは、鳥海高原花立牧場公園というところでした。「星の美しく見える高原」の全国第2位なんですって。どこ認定?
アイス・バター作り、乳搾り体験などできるそうです。公園内にはログハウスやコテージもあって滞在することもできます。秋田に住んでいたの結構長いと思っていましたが、行ったことのないとこってあるもんですねー。こちらに乳製品の販売をするミルジー場所があったのでちょっと立ち寄りました。さっきそのジャージー牛のソフトクリームは食べちゃったんで、ソフトクリームはここでは辞退したんですけどね。この写真の建物の上の階が展望階になっていて、牧場が一望できます。
DSC_0479.jpg
上からみたらあちこちに牛がいるのかと思いきや、餌場なのかな・・・牛さんたちはかたまっているのでした。どのくらいの頭数いるんでしょうか。
DSC_0478.jpg

そして、ミルジーを出発して1時間はかからなかったかな。最初に決めた目的地の法体の滝(ほったいのたき)到着。
あれー??こんなんだったっけ?人の記憶って適当なものだなぁ・・・。もうちょっと神秘的な感じがするとこだったような気がしていました。滝のまわりではキャンプをする家族連れがいたりします。
DSC_0482.jpg
鳥海山の豊富な雪解け水、湧水を集め3段にわたって流れ落ちる豪快な滝です。調べたらそう書いてありましたが、実際に行った感じでは、かなり近くに寄らないとその豪快な感じは実感できませんでした。その上、ちょっと崩れたところがあるみたいでそんなに近よれないのでした。流れは100mということですから、かなり大きな滝です。日本の滝100選にも選ばれています。
水もきれいです。冷たい水です。
DSC_0483.jpg
平成21年3月20日に全国公開された、映画「釣りキチ三平」のクライマックスシーンが、撮影されました。巨大岩魚の住む「夜泣谷」として登場したのがここだそうです。法体という名前の由来は、形が修行僧が僧衣をまとっている姿(法体)に似ているからということだそうです。
DSC_0484.jpg
両親も法体の滝には、何度か来たことがあるはずなのですが、やっぱりこんなだったかなぁ?と言ってました。整備されてだいぶ感じが変わったのでしょうか。いいような・・・わるいような・・・。

今回はこれで秋田滞在はおしまい。2か月もすれば、黄金色になるんだなぁ・・・と青々とした田圃を空の上から眺めながらかえりました。またくるよー 秋田。
DSC_0486.jpg

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(2) |


2015/08/08 (Sat) 夏の秋田② 鳥海山のふもと由利原高原までドライブ

秋田滞在二日目 素晴らしく・・というわけではないけれど、かなり天気がよかったので、両親を連れてドライブ。
今回は国道7号線を南下していくことにしました。目的が特にあるわけではないのですが、いつもと違うことがあるのがいいのかなーと思っています。最初に車を停めたのは、ハーブワールドAKITAに隣接したひまわり畑。
DSC_0462.jpg
2ヘクタールあるそうです。全部がお日様の方向を見ているひまわりの花たち。比較的小さな花のひまわりですが、きれいです。

そうして、なんとなく向かっていったのは鳥海山の方向。しばらく行ったことがないなぁ・・・と、山の方へ向かっていきました。私の記憶は定かではなく、適当に向かっていったところ、到着したのは南由利原高原でした。なんだかなー。由利原高原って大昔の職場にいたころエネルギー関連のことで盛んに聞いたような気がするんですが、初めて来ました。
南由利原高原の核となっているこの場所はサイクリングターミナル やまゆりです。
DSC_0474.jpg
自転車を貸してくれるそうです。一般車のほか、子供用、二人乗りなどもあるんだそうです。ちなみに一般車なら2時間450円。
DSC_0472.jpg
大谷地池 一周約10Kmのサイクリングが楽しめるそうです。いいなーこれ。私たちは無理ですが、若いグループやお子様連れには楽しい思い出になりそうです。
DSC_0473.jpg
いくらなんでもサイクリングは無理だし・・・歩き回ることも難しいのでちょっと休憩。食堂があります。
DSC_0465.jpg
麺類や定食、甘味などメニューが多いのですが両親の気に合うものはあるかな・・・・。
DSC_0467.jpg
というわけで、とりあえずのソフトクリーム。この日は「由利原まつり」が行われていて、サイクリングターミナルの近くにもたくさんのテントが出ていて賑わっていました。夜には伍代夏子さんのステージや、花火大会があるということで、かなり盛大なお祭り。ちなみにソフトクリーム美味しいです。
DSC_0466.jpg
どうも両親がぱっとしないような顔をしていたので、そろそろお昼を考えなきゃいけないし、どーしようかなーと思ったのですが、テラスでバーベキューのようなことができることがわかりました。父も母もそんなことをしたことはありません。外でご飯を食べるなんて考えたことないのかもしれない(笑)でも、その話をしたら「面白いかもしれない。」とちょっとその気に・・・。気が変わらないうちに食券購入。外のテラスで3人でバーベキューです。由利牛の焼肉セットが¥1000!!安い!!野菜は¥210。
DSC_0471_201704131127352dd.jpg
BBQをするのは、このテラス席。パラソルが設置されていて、快適。風が強い日には向かないですけどね。
DSC_0468.jpg
お肉!
DSC_0470.jpg
野菜もたっぷり。
DSC_0469.jpg
妹に3人でバーベキューしてると画像つきのメールを送ったら、「えぇぇぇっ!!」とびっくりしてました。それくらいに母と父にはアウトドアのイメージないです。せっせと焼いて二人にたべてもらったのですが、たぶん生まれて初めてくらいのバーベキューだったので珍しかったらしく、美味しかった・・・というかとても面白かったようです。手ぶらでバーベキューですし、予約もいらずお手軽。天気の様子を見て急に行くことにしても大丈夫そうです。両親にも楽しんでもらえてほっとしました。

この施設のまわりには、施設の名前の通り百合が美しかったです。地名も由利(ゆり)ですしね。地名に合わせて百合を植えているのか・・・それとも、百合がもともときれいだから由利なのか・・・どうなんでしょう?
DSC_0475.jpg

サイクリングターミナル「やまゆり」
【利用料金】 一般450円、子供車350円、2人乗670円(貸出時間は2時間。1時間ごとに100円追加)、
         変形車450円/1台30分
【営業期間】 4月上旬から11月上旬
【営業時間】 レンタルサイクル貸出9:00から16:00、レストラン11:00から16:30(16:00ラストオーダー)
【定休日】 毎週月曜日(但し、夏休み期間中は毎日営業)
【住所】 由利本荘市西沢字南由利原360
【電話番号】 0184-53-3055

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(0) |


2015/08/07 (Fri) 夏の秋田① 母の大好きなふなっしー 南部屋敷でお昼ごはん

この前の群馬の旅の疲れもまだちょっと残っているのですが・・・機上の人となりました。なんのことはない秋田への定期帰省です。朝の便だったので、いつもと違う感じ。外の景色はすこーしかすんでいるもののよく見えます。
惜しい!私の職場は写真に撮れませんでした。右の写真はディズニーランド&シー。広いですねー。
DSC_0457.jpg DSC_0458.jpg
飛行機に乗ってしまえば秋田まではあっという間です。羽田空港から秋田空港までは飛行時間55分。JALとANAが飛んでいます。

実家に帰るのは毎度のことなのですが、なんかちょっと気持ちばかりのお土産を買って帰ります。帰っても両親と私だけなので、食べ物を大量にというわけにはいきませんし、食べ物も最近ネタ切れ。しかし、母が必ずよろこぶお土産を発見しました(笑)
DSC_0459.jpg
母はまじめな人で、ゆるきゃらなんか・・という人だと思っていたのですが、ふなっしーが大好きです。黄色が好きな色だからなのかなぁ。がちゃがちゃでふなっしーを発見すると大喜びです。なかなかないので、私がたまに買って帰るのですが、こんなに増えました。母のふなっしーコレクションの一部。バカラのグラスにたくさんふなっしーがぶらさがってます。

今回も空港でレンタカーを借りました。秋田のような地方に行くと車がないのは不便です。実家の車は手放してもらったので、普段は気軽に行けないとこに両親と一緒に・・・。ドライブは明日にすることにして、今日はちょっとお昼ごはんを食べに、「南部屋敷」(前回の「南部屋敷」はこちら)と書いて、大変な間違いに気づきました。前回行った南部屋敷は外旭川店だった・・・・(大汗)
DSC_0460.jpg
今回は前回迷った挙句に食べなかったかきあげ蕎麦にしました。野菜のかきあげは見た目以上にボリュームあります。ファミリーレストランと考えると、そばはまぁまぁだと思います。いずれにしろ、家族で行くときにはみんなが食べられるメニューがあるというのが優先されるので、その点ではほんとにありがたい食事場所なのです。
DSC_0461.jpg



関連ランキング:そば(蕎麦) | 秋田駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(2) |


2015/06/08 (Mon) 2015年6月秋田へ⑥終 夏限定 広栄堂のかき氷

前回の広栄堂の記事は → こちら

1年に1度くらいは食べたい!!! 前回も書いたのですが、東京のかき氷は高い!それは私のかき氷の基準となるお店が秋田にあるからです。広栄堂さんは、秋田市楢山にあるお菓子屋さんなのですが、私は夏以外には行ったことがありません。
夏は、かき氷の専門店になります。だいたい6月から9月末までの営業、その年の気候によって変わるということでした。
R0071786.jpg
初めて来たころとほとんど変わりません。ちょっとメニューが増えたりしたくらい。
R0071784.jpg
店内も変わりはないです。古くなっているはずなのに・・・ただ、おばあちゃんがいなくなっただけ。エアコンは今もありません。夏場の営業中はいつも混んでいる店内ですが、このときは運よく席が空いていました。あのふわふわした茹でたての白玉が食べたかったのですが、この日は作れないということで生いちごを選択。
R0071781.jpg
生いちごが私の席に届くころには、続々と近くの女子高校生がやってきて賑やかな店内になりました。女子高校生たちの制服もかわらなーい。当時はなんとも思わなかった制服ですが、今見るとクラシックな感じが逆にとてもいい感じ。
周りに氷をこぼしながらも完食。イチゴのつぶつぶが残っていて、その感触が楽しいです。席に座れないのは困るけど、いつも混んでいるのはおいしいから。お腹の中からひんやりです。
R0071783.jpg
今年はもう一回くらいは来られるかな。



関連ランキング:かき氷 | 秋田駅羽後牛島駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: