FC2ブログ
2017/04/22 (Sat) 内蔵のある町増田町でランチ 旬菜みそ茶屋 くらを

※2020年3月1日リニューアルオープンしたそうです。私が書いたのは2017年4月現在のものです。

よくわからない場所をよくわからないなりに歩き回り、少々疲れました。年老いた両親もだいぶ疲れちゃった模様。
座って休みたいし、おなかも減りました。この難しい両親を連れてどこに行ったらいいのか・・・と思いましたが、通りに「くらを」というお店を見つけました。麹屋のお昼ご飯って書いてあります。麹屋さんかぁ・・・ちょっと躊躇しましたが、これ以上歩かせるわけにもいきません。ここにしようっと。
P1010259_20200311155950285.jpg
お昼ご飯は麹で漬けたお魚か鶏肉の選択で¥1200。
P1010258_202003111559492c3.jpg
入り口の赤い暖簾をくぐって奥へ。勇駒 秋田錦と書いた暖簾がありました。ここは、旧勇駒(いさみごま)酒造の建物だそうです。秋田錦ってもうないのね・・・宝暦4年(1754)に開いた酒蔵は平成15年で営業を終えたそうです。
P1010251_20200311155946d2a.jpg
こちらが外からみた客席。なかなかいい感じじゃないですか。
P1010250_20200311155944391.jpg
通路から調理している場所が見えます。食堂を営業しているのは、大正七年この地域で創業した「羽場こうじ店」。
P1010249_2020031115594359d.jpg
私は鶏肉を選びました。ふっくらした胸肉。小鉢や数種類の漬物がついていて、いろどりもいいですし、オシャレでかつ、健康に良さそうな感じがします。ごはんも美味しい!
DSC_3608.jpg
食後にはあまざけかコーヒーがついてきます。せっかくですから、私はあまざけをいただきました。考えてみたら、アルコールの入っていないあまざけって初めて飲んだような気がします。ほんのり甘くておいしい。これが健康にいいのなら、毎日飲めるかも。両親は、あまり得手ではないものもお膳に並んでいたようですが、私自身は満足でありました。
DSC_3609.jpg
食堂の奥には旧勇駒酒造の江戸後期に建造された「宝暦蔵(ほうれきぐら)」があるそうです。増田の伝統的建造物群保存地区の中でもっとも古いとも言われ、国登録有形文化財にも登録されています。どうもこちらの蔵は見学には予約が必要なようです。酒造りの水として使われていた井戸水は、今は料理に使用されています。
こちらのお店、2・5・9の付く日には朝食営業もしているそうです。7:45からの営業です。



関連ランキング:郷土料理(その他) | 十文字駅下湯沢駅


スポンサーサイト



秋田 | trackback(0) | comment(2) |


2017/04/22 (Sat) 横手市増田(旧増田町)の内蔵見学

増田町(現在は横手市増田ということになっています。)は、歴史のある町です。南北朝時代に小笠原氏が増田に城を築き、その後城主となった土肥氏が関ヶ原の戦い(1600年)あたりまで統治していたとされています。江戸時代以降には商業活動が盛んになり、更に明治時代には商業活動が活発化しました。商人の町です。現在の北都銀行の増田銀行が設立されたのもこの地。
由緒正しい土地柄なのです。それはわかっていたのですが・・・こんなに内蔵のあるところとは知りませんでした。

『中七日町通り』と呼ばれている通りに、たくさんの内蔵のあるお宅(多くは店舗)があり、かなりのところで公開されています。説明してくださるところもあって、とても興味深いです。建てられた時期が違うと、だいぶ雰囲気も違いますし、何軒かは見たいところ。
なんでこんなに?ってお聞きしてみたら、お隣作ったからうちはもっと立派なヤツを建てようかな・・程度の動機だったようです。かなり景気が良かっただろうことが伺えます。

正直、増田町って名前だけは知っていたのですが行ったことがありませんでした。内蔵のある町と知ったのは、吉永小百合さんが出ているCMでのことです。JRの大人の休日倶楽部のポスターで最初に見ました。(参考 → こちら) あ・・・ここ!吉永小百合さんがいらしたとこ。
P1010269.jpg
増田町の内蔵は、荷物を収納する蔵ではなくて内部に床の間を配した座敷間を有する「座敷蔵」が多いです。座敷蔵は、1階の入口を入ると手前に板の間、奥に座敷間を配する2室構成、2階は板の間の1部屋構成で、什器類を収納する文庫蔵としての機能を持っているところが多いのだそうです。
P1010264.jpg
内蔵は内蔵っていうだけあって、本来のうちと廊下のような形でつながっていて、その途中に台所がありました。増田町はとても雪の積もる場所なので、蔵を外に作ると冬利用しにくいという現実的な理由があります。それでも、台所はとても寒かったそうです。
P1010268.jpg
見学させていただいた蔵は、現在も居住されています。お住まいの方が見学させてくださって、中には案内をして下さる蔵もあります。だいたいのところは見学料が¥200。無料の蔵もあります。

17軒の内蔵が公開されていて、観光物産センター「蔵の駅」(旧石平金物店)と呼ばれているところで、その日に見学できる蔵の案内が出ています。
P1010267.jpg←クリックすると大きくなります。
数軒の蔵を見せていただいたのですが、年代によって大きさが少し異なったり、様式が違っていたりします。写真をたくさん撮ったのですが、撮った時にはわかっていたはずなのですが、既にどこがどこかわからなくなっているので、とりあえず載せておきます。
P1010274.jpg  P1010273.jpg
P1010266.jpg

P1010256.jpg P1010245.jpg
P1010244.jpg  P1010243.jpg  P1010242.jpg
P1010241.jpg  P1010240.jpg
とても風情のある街並みです。まだこんなに残っていることを全然知らなかったです。行ってみて良かった。
増田町は朝市も有名です。毎月2・5・9のつく日 7:00~12:00 に開催だそうで、実はこの日開催日。ちょっと朝市通りに行くのが遅すぎて既に店じまいされていました。残念!!
P1010257_202002271144193a9.jpg  P1010253.jpg
それほど広くはない地域に、内蔵がたくさんあるので、初めてでもあまり迷うことはありませんが、狭い地域とは言え見学するのには結構歩いちゃいます。そろそろお腹がすきました(笑)詳しくは、増田町観光協会のHPを検索してみてくださいね。




秋田 | trackback(0) | comment(4) |


2017/04/21 (Fri) ゆうわサイクリングターミナル

ランチを食べた後、ちょっとドライブです。ちょっとそこまで。そろそろ桜が咲いているのではないかと雄和まで。秋田国際教養大学の近くです。あともうちょっとかなぁ・・・。
DSC_3600.jpg
大学が近いので、もう少し人がいるものなのか‥と思ったのですが、勉強中なのかな・・・学生数は870人ということで、小規模な大学ですし、昼間外でうろうろしている学生さんなんかいないのかもしれないです。
DSC_3601.jpg
DSC_3602.jpg
母が、せっかくここまで来たんだからお茶でも飲もうよと立ち寄ったのが雄和サイクリングターミナル。こちらの施設では名前の通り、レンタサイクルが借りられたり、グランドゴルフができたりします。レストランもあります。
DSC_3603.jpg
ラストオーダーが15時半。閉店は16時なので、そろそろ終わる時間で他にはどなたもいらっしゃいませんでした。
DSC_3606.jpg
アイスクリームとホットケーキを注文。これ、期待していなかったのですけど結構おいしい。
DSC_3605.jpg
HPには、メニューが載っているのですが、食事から宴会まで(予約が必要ですが)色々なメニューがありますし、昼食時には日替わりランチもあるようです。AIUの学生さんたちでお昼はかなりにぎわっているそうです。宴会に出てくるそうなんですけど、名物メニューにジャンボおにぎりというのがあるそうです。(参考 → こちら



関連ランキング:定食・食堂 | 和田駅

ゆうわサイクリングターミナルHP
HP
ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(0) |


2017/04/21 (Fri) 秋田市大町の和食まる でランチ

母と所用を済ませた後のお昼ご飯。平日なので、日替わりランチのあるところを検索しました。
あら・・・近い。ここってなんだったかなぁ・・・蔵っぽい外観になっているけれど、比較的新しいような・・・。なくなっちゃうとすぐ忘れてしまうものですね。大町ですが、飲み屋街からはちょっと離れていて、お隣は、1階はお店がない通路のみとなっているAD(エーディー)。お店の前に駐車できます。
DSC_3592.jpg
秋田の地元の食材を使用した和食をうたっていますが、秋田っぽくないちょっとおしゃれな外観とロゴ。
DSC_3594.jpg
ランチの看板が出ています。日替わり弁当と和風弁当が¥750。このくらいあれば、母も何か食べるものがあるでしょう。きっと。
DSC_3593.jpg
カウンターに案内されました。結構混んでます。奥には、個室もあるようです。宴会もできます。
DSC_3595.jpg
こちらが和風弁当。
DSC_3596.jpg
こっちが日替わり弁当。和風弁当と日替わり弁当は、メインが違うだけです。小鉢もついていてバランス良さそう。
DSC_3597.jpg
入り口側から。思っていたよりも奥行きがふかーいです。
DSC_3598.jpg
脇からみると、奥行き深いの良くわかります。でも、見れば見るほどここなんだったっけ?と思い出せないわたしなのでした。
DSC_3599.jpg



関連ランキング:居酒屋 | 秋田駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(2) |


2017/03/25 (Sat) 秋田市郊外 天王にあるご自宅喫茶 喫茶KOKO

両親をドライブに連れ出しました。特にあてもなく国道を北方向へ。あまり長距離でも疲れちゃうでしょうから、ちょっとその辺を走るくらい。この方向なら、ほぼランチは、道の駅ということになるのですが、いつも同じところばかりなので、ちょっと調べてみました。
「この近くでランチが食べられるところ」それで出てきたのがこのお店です。

ナビを設定してお店まで行ったのですが、完全に住宅地。お店も普通の一軒家なので、ちょっとわかりづらいです。もう一度、ナビなしで行け!って言われたら行けないです。地図によると、秋田西高校の近くみたい。ちゃんとお店のお隣に駐車場がありました。助かる。あー ここだここだ。「喫茶KOKO」と看板が出てきます。
DSC_3500.jpg
本当に普通のおうち。お庭が広くて、手入れが行き届いています。店主は庭いじりが好きみたい。
DSC_3499.jpg
メニューです。メニューは3種類。Aランチは肉料理、Bランチはお魚料理、そしてAとB半分ずつのミックス。どれも650円。やすっ!
このつま楊枝は、店主さんが手作りされたもの。記念に・・・ってくださいました。
DSC_3496.jpg
お店は、玄関から靴を脱いであがります。普通のおうちのダイニングキッチンを改装した感じ。窓が大きくて明るく、手入れされたお庭が見えます。
DSC_3493.jpg
私は肉料理。
DSC_3494.jpg
母は、ミックス。お魚はサバ味噌煮でした。これで、650円なんて・・・自分で作るよりも安いかも。
DSC_3495.jpg
最後に珈琲も出してくださって、何度も言うようですが、これで650円は安いです。店主の女性が一人でおつくりになっているようですが、明るく優しい感じの良い方です。ご近所さんなら、通っちゃうかも。ランチが終わると、昼カラオケやっているみたい。ご近所の奥様方の楽しい場所になっているんじゃないかな。



関連ランキング:喫茶店 | 追分駅


秋田 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: