2008/10/30 (Thu) 言葉が気になるのです その3 ふ・い・ん・き

再び、言葉が気になるのです。

私は小さい頃から本をたくさん読んでいました。
それは頭が良かったからでは全くなくて文字が好きだったのだと思います。
漫画も好きではありましたが、絵を見るよりも字を読んだ方が
適当に想像力でどうにでもできるということもあったかもしれません。

手当たり次第に本を読んでいたため、うちに読む本がなくなると
仕方がなくうちにあった日本文学全集だとか海外名作全集とかいう本を読みました。
その本は旧仮名遣いの上に、あまり読み仮名もふられていないもので
想像力で読んでいたために、間違った読み方で覚えてしまった漢字もありました。
最近になって間違っていると気付いたものさえあります。

先日、インターネットで文章を読んでいたら「不陰気」という単語が出てきて
ふいんき?ふいんきってなんだろう?とちょっと考えてしまいました。
前に若い人の中には雰囲気を「ふいんき」と読む人がたくさんいるというのを聞いていたので
その「ふいんき」を変換したら「不陰気」となってしまったのですね。(実際私のPCでもそうなりました。)
その書いた方も私のような人だったのでしょうか。
そんな細かいことをわざわざメールでお知らせするのも嫌味のようです。
あまり恥ずかしい思いをしないうちに早く気付くといいね・・・と思った私なのでした。

スポンサーサイト

単なる日記 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: