2009/08/31 (Mon) ガンダム 最終日

あー いたいた くらいー     2009ガンダム3     2009ガンダム4     潮風公園からの夜景
2009年7月11日(土)~8月31日(月)の52日間、お台場の都立潮風公園で
GREEN TOKYO ガンダムプロジェクトというのが行われていました。
ガンダムは「緑あふれる都市東京のシンボル」なんだそうです。
18mの等身大のガンダムが潮風公園に立って、期間中の来場者数は415万人を越えたそうです。

すぐ近くに勤めているにも関わらず、見に行けないどころか潮風公園ってどこなのかもしらないというあたしなのでしたが、一度は見てみたいと思っていました。
最終日はなんと台風。最終日のイベントは中止になり、きっと誰もいないに違いない・・と会社帰りに行ってみました。台風の強風の中、飛ばされそうになりながらガンダムの下へ・・・。足元もぐちゃぐちゃです。

イベントが中止になって、ライトアップもされていなくてくらーい中、たくさんの人。
ガンダムの前で声をはりあげ、エンドレスでガンダムの歌(たぶん・・)を歌う人がいたりして、ガンダム好きっているんだなぁ・・・と改めて感心。ガンダムは大きかったです。
暗くて写真は上手に撮れなかったけれど、見られて満足。この後、このガンダムは解体されるのだそうですが、きっとどこかでまた見られるのですよね。解体作業に興味を持ってしまったわたしなのでした。潮風公園はガンダムがなくても、いいところでしたよ。

スポンサーサイト

東京 | trackback(0) | comment(0) |


2009/08/31 (Mon) 衆議院議員選挙 投票日

2009選挙


30日、選挙へ行ってきました。朝一番。
一番初めの人は投票箱を開けて見せてもらえると聞いたので
中身が見たかったんです。
要するに「何も入ってないでしょ?」という確認なのですが・・・。

7時の投票開始で、6時50分頃に行ったのですが
既に8番目でした。こういうのにもマニアっているのかなぁ?
それともただ早起きさんなのかしら?

結局、中身は見せてもらえませんでしたが
中身を見せてもらってる人を見ました。

その後は、続々と投票する人がやってきて長い列が出来ました。
朝が一番混んでるのかなぁ?びっくり。

単なる日記 | trackback(0) | comment(0) |


2009/08/30 (Sun) 目黒区のにゃんこちゃん

2009猫1     2009猫2     2009猫3


目黒線の武蔵小山は目黒区なのに、あまり高級!な感じがなくて
あたしは大好き。きちんと人が住んでいる感じがします。
武蔵小山の駅は電車で通り過ぎるばかりで利用したことはなかったのですが
とってもきれいになっていて、駅前整備も進んでいます。

でも、この駅の周りには私の好きな雰囲気の小路がたくさんあります。
この小路も駅前開発が進んでいったらなくなっちゃったりするのかな?
そんなことを思いながら歩いていたら
自転車の間にネコちゃんがきちんと座っているのに出会いました。
首輪をしているので飼い猫なのでしょう。
「ちょっと触らせてね」とお願いしたら、ちょっとだけ触らせてくれました。
写真はちょっとキライらしいです。
あたしが嫌いだったのかもしれませんし、もしくは気が向かなかったのかも。

武蔵小山商店街パルム | trackback(0) | comment(0) |


2009/08/29 (Sat) 小山両社祭は9月6日(日)

パルムは波留夢と漢字を当てています


目黒に行く途中でついでにバームクーヘンを買おうかな・・と武蔵小山。
武蔵小山商店街パルムの真ん中、武蔵小山商店街事務局のところにお神輿が飾られていました。武蔵小山のお祭り 小山両社祭は小山八幡神社と三谷八幡神社の例大祭だそうです。
東京にはたくさんのお神輿があるんですねぇ・・・それもどれも結構立派。
ついお神輿があると立ち止まってみてしまいます。
神輿についている「む」がかわいい。

去年は二日間だったようですが、今年は9月6日(日)だそうです。
神輿の担ぎ手募集のポスターも貼ってありました。
今年は300名の担ぎ手が参加するようですよ。
お祭りっていいなぁ・・・。
パルムのHPです。→http://www.musashikoyama-palm.com/

武蔵小山商店街パルム | trackback(0) | comment(0) |


2009/08/22 (Sat) 熊手!

2009_熊手


久しぶりに江戸東京博物館へ行ってきました。
「北斎の肉筆画があるらしいよ」と言われて行ったのですが写楽でした。
私は何となく浮世絵が好きなのでどっちでもいいんですが・・・写楽でした。
HPはこちら→http://sharaku.exh.jp/

要するに・・・
ギリシャ・コルフ島にある国立コルフ・アジア美術館に所蔵されている
ウィーン駐在ギリシャ大使のグレゴリオス・マノス氏が
19 世紀末から 20 世紀初頭にかけて、パリとウィーンで購入した 1 万点以上におよぶ美術を
初めて公開しますということなのでした。

良くわからないで行ったので、「なんか浮世絵見に来たのに狩野派の絵とか見たくないなぁ・・・」
と思ってしまってごめんなさい。
美術館や博物館は大好きなのですが、混んでいるのと疲れるのとで
結構いくのに気合が必要です。

浮世絵たちはとても興味深かったのですが
肉筆画は写楽の研究家には役立つ資料なのでしょうが
私にとってはあまり心惹かれる絵ではありませんでした。
扇子絵で小さいってのもあったんでしょうけど・・・。

江戸東京博物館には何故か着物の男女が多く(何かあったのかしら?)風情よし。
ロビーにでっかい熊手が飾ってあります。ここで写真を撮るのはお約束なのかも。

東京 | trackback(0) | comment(0) |


2009/08/12 (Wed) 桃いただき!

2009桃
会社のお掃除のねーさんから桃をいただきました。
親戚がいて度々送ってくれるそうですが
あまり桃が好きではないそうです。好きじゃない人もいるんだなぁ。。

おっきい桃です。記念に写真を撮っておきました。
お昼ごはんに食べましたが、お腹いっぱい。
幸せ。

中がかなり赤い桃でした。
中が赤いのと白いのとどっちが美味しいんだろ?

単なる日記 | trackback(0) | comment(0) |


2009/08/10 (Mon) もっきり

昨日食べ物の話を英国人としていました。
英国人の彼「ご飯をたくさん並べて食べて産地や品種がわかる人っているんだってねー」
あたし「うん そうそう。蕎麦もいるらしいよ。」
英国人の彼「へー そう言えば外国ならウォッカとかワインとかわかる人がいるね。みかんもなにか出来る?」
あたし「う~ん 日本酒だったらちょっとだけわかるかなー」

なぁんて話になり、そう言えば「日本酒頼むとグラスが、木で出来た四角いボックス(←枡のこと)に入ってるのはなんで?」と聞かれ、「あれはグラスあふれるぎりぎりまで注ぐから受け皿がわりだよ。もっきりって言ったりするよ。」←ここまでのとこ英語での会話ですから、そんなことを話したつもり。実は全く違った風に相手には伝わっているかもしれません。(大汗)
あ!そう言えば、先日マイレビュアーの方のコメント欄でもっきりの話になったんだった・・・。調べなきゃ・・・と調べてみました。

なんと!もっきりは標準語でした。もっきり=盛っ切り=盛り切りなのでした。
もりきり 【盛(り)切り】
皿や丼(どんぶり)に盛っただけで、お代わりのないこと。また、その飲食物。もっきり。

そっか そこに気付けなかった。とにかく酒!酒!とか思っちゃって。お酒じゃなくても、定食のご飯なんかだともっきりなわけですね。ふんふん。
秋田時代にはもっきりの酒がある店がかなりたくさんあって、その中の一軒では受け皿の枡の角っこに塩が盛ってありました。塩を肴に飲むわけです。ジャパニーズソルティドックですか?塩だけで酒のもうって言う根性もなかなかのものがあるわけですが・・・(笑)

またひとつ賢くなりました。

単なる日記 | trackback(0) | comment(0) |


2009/08/09 (Sun) 目黒雅叙園 その2

目黒雅叙園はきっと東京の人にとっては特に面白いところではないのでしょうが、私にとっては十分に楽しめるところでした。創業は昭和3年、現在地に移ったのは昭和6年のことだそうです。結婚式から披露宴まで全部できる結婚式の一環方式を確立したのがここだったのですね。
私が行った時にもたくさんの結婚式が行われていて、たくさんの花嫁さんがあちこちに・・・。

現在の雅叙園は平成3年に全面リニューアルされたものだそうで、3年も休業してたんだそうです。かつての「雅叙園は昭和の竜宮城」と呼ばれたところだそうですが、そのようなところは百段階段と何室かある個室に残るのみのようです。

ところで百段階段ですが、百段階段という割には99段しか階段はないらしいです。階段方式の廊下になっていて、その途中途中に絢爛豪華なお部屋があります。玄関から行くと、エレベーターで3階だったかな?まで上るのですが、外から見るとどんな風になっているのかは知ることが出来ません。外からだとどの位置になるんでしょうか?不思議です。

館内にはかつての雅叙園の柱や絵画が残されて配置されている場所があるそうです。それ以外にも芸者さんや何かを彫った極彩色の壁画(?)がたくさんあります。1階のお手洗いといい、私にとっては面白スペースの宝庫なのでした。

あ・・そう言えば、最近あまり見なくなりましたが回転式のテーブル、これも雅叙園の発明品のようです。一時期 長崎の卓袱料理を出すのを名物にしていた時期があるようなのですが、その大皿を回すためだったらしい・・・と雅叙園のスタッフの方が教えてくれました。
辻村寿三郎×百段階段はこちらで詳しく説明が読めます。
百段階段はこちらのHPで見たほうが詳しくキレイかもしれません。
http://www.megurogajoen.co.jp/event/090724.html

東京 | trackback(0) | comment(0) |


2009/08/08 (Sat) 目黒雅叙園 その1

2009目黒雅叙園1    2009目黒雅叙園2


東京に昔から住んでいる人ならば結婚式等で一度は行ったことがあるんじゃないかと思う「目黒雅叙園」ですが、行ったことがありませんでした。名前は聞いたことがあるけれど、実際どんな場所なのかも知らなかったし、目黒にあるんだと知ってはいましたが、具体的な場所も知りませんでした。

その目黒雅叙園に国の登録有形文化財指定の百段階段というのがあると聞き、行ってみたいと思っていました。今ある雅叙園は立て替えられたものだそうで、今残っている木造建築はその百段階段という場所だけのようです。
百段階段というものの、階段は99段しかないらしいですが・・・。

そこで辻村寿三郎×百段階段展というのが行われているのを知り、行ってみたいと思っていたら、通常展示が終わった後にそこを見て食事をするという企画がありました。¥9000と結構お高いのですが、のんびりと展示を見ることが出来ると考えると、いいなぁ・・・と。
そういうわけで、行ったのが土曜日の夜。雅叙園は思ったよりもすごいとこでした。お日柄が良かったらしく、かなりたくさんの結婚式が行われていたようで、華やかに着飾った方がたくさん。ロビーから上を見上げると部屋がたくさん並んでいて、輪島の加賀屋みたいでした。

1階の真ん中付近にあるお手洗いは入口からすごいのですが、中に入ると何故か橋がかかってます。個室の扉も螺鈿細工で飾られていて・・・なんだかスゴイとしか表現できません。
そう言えば、エレベーターの中も外も螺鈿でした。いろんな趣味の方が世の中にはいらっしゃるようです。

トイレの扉も螺鈿    何故かトイレの中に橋がかかっています。

東京 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: