2011/06/10 (Fri) 三崎西銀座通り商店街の喫茶店と小さなパン屋さんナンブヤ

早起きして自宅を出発!朝市に行くつもりだったのです・・・・しっかし!三崎の朝市は日曜日だったのでした。土曜日はやっていません。全く・・・ちゃんと調べない自分の間抜け加減を恨みはしましたが、市場が見られて結果オーライ。三崎港はあまり見るところはなさそうだ・・と判断して、別のところへ向かうことにしましたが、帰り道に小さなパン屋さんを発見!

IMGP0922.jpg
扉を見る限り「ナンブ屋」さんという手作りパン屋さんのようです。失礼ながら建てつけの良くない扉を引くと中には一人の女性。ウィンドウにはラスクとロールケーキしか並べられていなかったのですが、もうちょっとでバタートップが焼きあがるとおっしゃいます。じゃあ・・・と、その辺を散歩することにしてバタートップを一本予約しました。

散歩とは言え、あたりは雨模様。どうしようかと見ると・・・筋向いに喫茶店。喫茶店で時間をつぶすことにしました。珈琲と漢字で書かれた看板があるだけで、なんという喫茶店なのかもわかりません。とにかく入ってみると男性がお一人で営業していらっしゃるお店のようでした。
IMGP0921.jpg

メニューの表紙にKANROと書いてあるから、カンロという喫茶店なのでしょうか・・・コーヒーが¥350 昔の喫茶店みたい・・・。雨が降って人が歩いていないこともあり、しずーかです。私はコーヒー 同行者はココアをお願いしました。
IMGP0919.jpg
IMGP0920.jpg

コーヒーもおいしかったのですが、それから遅れること数分で到着したココアが美味しかった!あぁ・・こういうのがココアだったなぁ・・と久しぶりに思い出しました。そう言えば、鍋を泡だて器でかしゃかしゃいう音が聞こえてました。ココアって美味しく作るの意外とめんどくさいんですよね。
IMGP0918.jpg
↑手前は私のコーヒーです。カップもとてもきれい。

そんな時間を過ごしてナンブ屋さんで無事にバタートップとラスクを手にしました。車の中で早速ラスクを食べたのですがお砂糖がついた素朴な味。しかし、車の中がラスクのクズだらけになったのは言うまでもありません。
ナンブ屋さんの店主は趣味で何年もパン教室に通っていたそうで、趣味が高じて自宅でパン屋さんを始めたということでした。基本的には自宅なので特にお休みというのはないそうですが、遠い人は予約してから来るそうです。じゃあ 電話番号教えてくださいとお願いして、電話番号を教えていただきました。

手作りパン ナンブ屋
  電話・046-882-1824

スポンサーサイト

神奈川 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: