FC2ブログ
2011/11/18 (Fri) 1回で直るってほんと? 門前仲町の整体

元々腰痛がなかったわけではありません。肩こりは既に小学生の頃から・・・ランドセルでも肩がこる状態でした(笑)骨格も良くないんだと思います。なで肩ですし・・・。腰痛もいつもそこはかとなくある感じです。
でも、今回の腰痛はちと違いました。無意識に前かがみになって歩いてしまいそう。急な動作ではすごく痛くなるので、そおっと歩いたりして・・・。数日たったらよくなるんだろうなぁ・・とは思いますが、週末に予定もあるし。

実は早退してご飯を食べた後、整形外科には行ってみたのです。初めてのところだったのですが、「どうしたんだろうねぇ・・・」と言われて痛み止めと湿布をくれました。どうしたんろうねぇ・・じゃねぇよっ!痛いんだよ!と怒りたくなったのですが、言っても仕方がないですしね。痛み止めで多少痛みが治まったものの、そぉっと歩いてる状態に変わりなく・・・twitterでぼやいていたら、「門仲にいいところがあるらしい」とのお言葉。
そうやって教えてくださる方は何名かいらしたのですが、具体的にはわからないようでした。しかし、その方はHPも教えてくださったので、即座に予約しました。その方曰く「ぎっくり腰ならその日に治るらしい」えー ほんとかなぁ・・・私は疑い深い性質なのです。だって、HPに超特殊骨盤矯正とか書いてあって、どうも超とか付くと胡散臭いような気がしちゃう私なのですよ。
それでも、物は試し・・と行ってみることにしました。

黒船橋
もんなかと呼ばれたりする門前仲町は東京都江東区西部の中心地で深川地域内にあたるんだそうです。なんとなく深川イメージだわ・・と思う黒船橋を渡って、教えていただいた整体院へ。腰が痛いとは言え、あまり知らない町を歩くのは楽しい私。

駅から5分ほどで到着です。予約して伺ったのは、門前仲町関節整体です。初めての場所はちょっと緊張。
「ぎっくり腰とは急に大きく骨盤がねじれたもの(仙腸関節の捻挫)なのです」との説明を受けたあと、施術を受けました。ぼきぼきいったりはしませんが、急に足を伸ばされてびっくりしたりはしました。10分くらいかなぁ・・・。「じゃ、歩いてみて」と言われたのですが、全く痛くないわけではないけれどそれはいつもの腰痛くらい。前かがみになって歩くようなことはなくなりました。あら・・・不思議。

全ての痛みは骨盤のゆがみから来ているというのが、基本的な考え方のようですが、ほんとにそうなのかもしれない・・・と思ってしまいました。←疑い深すぎ?肩こりも治りそうなので、もう一度行ってみようと思います。腰痛はだいぶ良くなりました。教えてくださった方、どうもありがとう。治してくれた先生にも感謝してます。疑ってごめんね。

整体
整体 (1)




ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

美容? | trackback(0) | comment(0) |


2011/11/16 (Wed) 晴れの日にもCOFFEE フジタ

朝起きたら、腰が異常に痛い!起きてすぐ痛いってどういうことよ!今までも痛くないこともなかったのですが、いやいや もう息をしても痛いのです。とりあえず、準備して会社には行ったのですが、じぃっと座っているのも苦しいので、提出する資料を作成して印刷したら「息しても痛いので帰っていいですか?」と会社を早退しました。
腰痛には心因性腰痛というのもあるそうで・・・会社から出たらよくなるかもしれません(笑)

一歩でたからと言って即座にぴーんと背が伸びるわけではないので、そろそろと歩いて車まで・・・それでも、安静にしてるなんてもったいない。痛い痛いと言いつつ、お出かけです。腰痛は嘘じゃないからねっ!
平日に外でお昼ご飯を食べられることなんて滅多にないので、どこに行こうか考えたのですが、台風15号の日に行ったCOFFEE フジタを目指しました。行ってきてからかなり調べましたが、インターネット上にはほとんど情報がありませんでした。実は、この前も行こうと思ったのですが、お休みだったのです。
インターネットで調べたところでは、ランチをやっているようだったのでその時間帯に行ってみたかったのです。

RIMG0378.jpg RIMG0379.jpg
ランチの時間帯に到着できるかどうか心配しつつ、フジタさんまで。到着したのは1時半を少し過ぎていました。
親切なことに入口にランチメニューを描いたホワイトボードが下げられてます。やったー 間に合った。ランチメニューは全部で5種類。豚肉玉子炒め¥840、エビピラフ¥880、和きの子スープパスタ¥880、ビーフカレー¥880、ハンバーグきの子デミソース¥950です。
きのこ好きの同行者が和きの子スープパスタ、私はハンバーグにしました。私がハンバーグを頼むなんて珍しい。

前回は激しい雨でしたし、奥の方に座ったのでちょっと薄暗かったのですが、今回は入口脇の席。通りが見えて明るいです。別に何が見えるわけではないけれど。どこに座るかによって印象が少し変わります。

RIMG0380.jpg
RIMG0381.jpg
ランチにはスープとサラダと飲み物がついているのですが、スープパスタにはコンソメスープ、ハンバーグにはお味噌汁がマグカップに入ってついてきました。スープパスタにもスープがつくのね・・・。パスタについてきたミニサラダにはごまのドレッシングがかかっていたのに、ハンバーグに添えられたキャベツにはお好み焼きにかけるみたいにマヨネーズがかかっていたのが印象的です。ハンバーグはふっくらしたタイプ。
味はとりたてて言うほどのことはないのですが、ご近所さんと思われるお客様が昔の町の話をしていたり、かなりご年配の女性が予約していた煙草を取りにいらしたり・・・と、地元密着な感じがします。そこが昭和の喫茶店っぽくて更に好きになりました。

日曜日と祝祭日がお休み、あとは用事があるときがお休みだそうです。


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜 | trackback(0) | comment(0) |


2011/11/14 (Mon) 築地でお寿司も色々と・・・

会社帰り・・・もうご飯作るのめんどくさい・・・一人だしなぁ・・・たまには、何かいつもと違うものを食べようかしら?と考えた挙句、築地まで車を走らせました。ちゃんとしたお寿司屋さんに行くのは、未だにちょっと緊張するし・・・さっと食べてさっさと帰りたい・・・・。
今まで何度か築地でお寿司を食べたことはあるけれど、すしざんまいは廻る方も廻らない方もまぁまぁで・・・支払った金額を考えれば上々と思っていました。すしざんまいは色々なところにありますが、気のせいなのか築地で食べるのはちょっとネタが違うような気がするんです。何軒も行ったことがあるわけではないので、断言できませんけど。一人だし、廻る方でいいや・・・と廻るすしざんまいへ。

RIMG0309.jpg
到着したのは19時頃、土日は夜でも結構行列が出来ていたりするすしざんまいも少し空席があり、お店の方が外で呼び込みをしていました。席はカウンターのみです。奥の方の席に案内されました。

RIMG0306.jpg
システムは普通の回転ずしと一緒。でも・・・最近はお茶って粉茶なんですか?お茶碗はそこにあったものの、お茶がどれなのかわからずに悩みました(笑)カウンターの縁に説明が貼ってありました。粉茶ってどのくらいいれたらいいのかわからなかった・・・。回転ずしにあるあのお茶パックのお茶結構好きなんだけどなー。

鮪がウリのすしざんまいさんですから、まずは鮪・・・です。私の場合、中トロもトロもいらなくて赤身!赤身!なので一皿¥198です。目の前を皿が通ってはいるのですが、中にいる職人さん(?)にお願いしました。
すぐに出てきた・・・けれど・・・ネタうすっぺらい・・・前回はネタに厚みがあって鮪はさすがの美味しさだったのですが、見ただけでちょっと・・・一応食べてみましたが、うすい上に水っぽい。そしてシャリが硬い。どうしちゃったんでしょう?¥198とは言え・・・・。

RIMG0303.jpg
シャリ固いなぁ・・・と思いながらも穴子の一本寿司とか、いかげそとか・・・。
その後、ねぎとろ巻きを頼んだのです。目の前の職人さんがその場で巻いてくれました。回転寿司とは言え、お寿司はお寿司ですもの。お寿司屋さんの海苔って大すきなんです。その巻物のシャリはちょうど良かったのです。

RIMG0307.jpg
回転寿司のようにたくさん職人さんのいるところは、職人さんによって桶が違うので、シャリも違うということは良くあることですが、それにしても・・・・と思いながらよーく見ると、大きなバットに既に握られたシャリが何十個も並んでます。そりゃ、固くもなろうというものです。
以前は、ちゃんと握ってくれてたのになー。特に混んでいるわけでもないのですし、握って欲しいです。確かに、握った酢めしにお刺身をのせたものがお寿司なんですけど、ネタも今ひとつ、シャリは固い・・では、築地の場所が泣いちゃいますよ。廻らない方が多少良かったかなぁ・・・とか、立って食べた方がマシだったかしら?と久しぶりに大いなる後悔をしたお寿司になっちゃいました。

でも、私の並びに私の好きなバンドの方がいらしたようなんです。後からわかったんですけど・・・ご家族でいらしてました。ご家族の方は見たんですけど・・・食べてる間にもっとちゃんと認識出来ていたら、嬉しくて後悔も半分になったんだろうなぁ・・・(笑)
まわらないすしざんまいには最近も何度か伺っていて、今回のような感想を持ったことはありませんでした。今回だけのことだったらいいなぁ・・・外国の観光客の方も多く見るお店なので、美味しいお寿司を食べて正しい経験をして帰って欲しいな・・・といつも思っているのです。

つきじ喜代村 廻るすしざんまい 築地店

TEL 03-5550-8010
住所 東京都中央区築地4-10-2
営業時間 [月~金]11:00~23:00 [土日祝]9:00~23:00
定休日 年中無休



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(0) |


2011/11/13 (Sun) 青梅 再び④終  のらちゃんに会いに・・・

青梅 再び③の続きです。

3館共通券¥700で、3館しっかりと見学しました。赤塚不二夫会館が大人400円 昭和レトロ商品博物館が大人300円 昭和幻燈館が大人200円ですから、¥200のお得。赤塚不二夫会館だけで700円でもあたしは怒りませんけどね。堪能しました後は・・・前回会えなかったのら園長に会いに行くことにしました。

歩いて行けないことはありませんが、鉄道公園は山の上なので車で移動。その上、鉄道公園の駐車場はタダです。車で10分くらいです。歩くよりちょっと遠回りだったような気がします。道路を知らないだけなのかな。

RIMG0364.jpg
到着したのは15時半。門でのら園長お出迎えしてくれてました。今回は会えましたよ。のら園長の画像は以前から見ていましたが、インターネットで見た画像よりも毛並みが良く器量よしの猫でした。のら園長は公園のスタッフのおじさんたちからは園長ではなく「のらちゃーん」と呼ばれてました(笑)
気ままに暮らしているらしく、会えないことは多いそうです。その上、のら園長の場所にはほとんどいなくて、そこで寝ることはないんだそうですよ。寒い時は、どっかあったかいところを見つけて寝てるんじゃないかなー なーんておっしゃってました。このゆるさ・・・たまりません。

入園料¥100支払って園内へ。今回はちゃんと0系の写真も撮ってきました。
RIMG0366.jpg
RIMG0367.jpg
この時代の新幹線にはちゃんと灰皿がついてます。座席のリクライニングもないんですが、やっぱり懐かしい。壊れてる座席のところには紐が貼ってありましたけど、直しておいて欲しいなぁ・・・やっぱり私の時代の人はこの0系のまぁるいお顔が新幹線の顔なんです。

園内には¥100か¥200で乗れる乗り物がたくさんあって、小さい子供を連れた家族連れで賑わっていました。ミッキーマウスはいないけど、小学校入学前の電車好きの子供にとってはあの場所よりももっと楽しい場所なのかも。あの予算なら、一日中乗り物に乗っていてもまだ余りそう(笑)

RIMG0370.jpg
帰りもまたのらちゃんに会えました。お客様方にはそんなに愛想が良くないけれど、公園のスタッフの男性たちにはにゃーんと甘えてました。やっぱりご飯をくれる人に懐くのね・・・。

鉄道公園の前の広場の斜面には桜が咲いていました。たぶんジュウガツザクラと呼ばれるものじゃないかと思います。季節はずれというわけではなくて、この時期に咲く桜のようです。
RIMG0371.jpg

4時半になると暗くなってきます。頑張ってお家まで帰りましょう。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

青梅 | trackback(0) | comment(2) |


2011/11/13 (Sun) 青梅 再び③ お昼ごはん 宗八

青梅 再び②の続きです。

一通り見てまわって、ここかなぁ・・・と思ったのは裏通り。
RIMG0337.jpg
写真で見ると、古い町とマンションが共存する不思議な風景でもあります。

その通りにどうしても気になる外観のお店がありました。
RIMG0336.jpg
入口の前に風防があって、それもガラスブロックがはめ込まれていたりして銭湯の入口みたい。元銭湯とかじゃないよね?お隣にイタリアン寄りの洋食もあって、悩んだのですが結局こちらに・・・。(同行者はおそばが食べたかったみたいなのですが、押し切っちゃいました。)

お店のドアは引き戸なのですが、自動ドアです。席はカウンターと
RIMG0339.jpg
お座敷とはいえないけれど、かなり広い小上がり・・・誰かのうちの居間みたい。
RIMG0338.jpg

メニューは豊富です。
RIMG0341.jpg

注文したのはお店の名前のついた宗八定食のアジフライ。宗八定食は3種類で、アジフライ・メンチカツ・しゅうまいからの選択です。どれもなんと!¥550。ご飯、お味噌汁、漬物がついてます。それで、出てきたのが・・・
RIMG0340.jpg
小さめではありますが、アジ2匹。揚げたてで悪くなかったです。

先にいらしていた常連さんらしい男性が、ご自分のとんかつで出してもらったカラシを「どうぞ」と私に回してくれました。常連さんの多い店なのかもしれないです。とんかつも厚くて美味しそうでした。
看板にはとんかつと大きく書いてありますが、メニューには和食から洋食っぽいものまで様々。夜は居酒屋として機能しているのではないでしょうか。お店はご夫婦で営業している気配。ご主人が調理、奥様がサービスなのかな・・・。誰のセレクトなのか・・・ものすごい量の漫画もあって、待たされても困りません。

宗八

TEL 0428-22-2054
住所 東京都青梅市本町201

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

青梅 | trackback(0) | comment(4) |


2011/11/13 (Sun) 青梅 再び② 路地裏 ねこ町一丁目

青梅 再び①の続きです。

赤塚不二夫会館を出て、お昼ご飯を食べようかとその辺りをうろうろ。そんなに頻繁に来られるわけではないので、お昼ご飯の場所選びも真剣です。(真剣なのはあたしだけかもしれないけど・・)こんな路地を入っていくと・・・
RIMG0327.jpg
七五三の記念写真を撮ってる家族がいたりして、路地裏探検も楽しいです。
RIMG0329.jpg

青梅の商店街は猫町一丁目と題されて、猫がたくさんいます。去年(平成10年)の「青梅宿アートフェスティバル」のテーマが「招き猫たちの青梅宿」だったそうで、それから猫があちこちにいるようになったようです。
RIMG0326.jpg RIMG0345.jpg RIMG0346.jpg RIMG0347.jpg
RIMG0348.jpg RIMG0349.jpg RIMG0350.jpg RIMG0351.jpg

RIMG0362.jpg
これはホンモノの猫。塀の穴からこっそり・・・

「昭和レトロ商品博物館」の別館「昭和幻燈館」には青梅猫町通りもあります。
RIMG0359.jpg

そのねこ町になったきっかけとなったアートフェルティバル。今年も開催されていました。なんだろう?と思って覗いた廃屋の内部には↓こんな作品が出来ていました。地図片手に作品を見て廻っている人も結構いらっしゃいました。でも、どれが今年の作品かわからないほどに色んなものが町中にあります。
RIMG0343.jpg
RIMG0344.jpg


そんなこんなで→次へ続く

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

青梅 | trackback(0) | comment(0) |


2011/11/13 (Sun) 青梅 再び①

前回の青梅

青梅へ再び。前回帰る時に見つけた赤塚不二夫会館へどうしても行きたくて、結構遠くて疲れた記憶のある青梅まで。
夜は雨が降っていたのに、すっきりと秋晴れ。出発時には富士山も見えてました。
朝
富士山見えるとなんだか得した気分ですよ。

天気がいいからどこかへお出かけしようとしているのか、単に自然に渋滞してるのか良くわかりませんが、結局2時間くらいかかって青梅へ到着。福生を過ぎたあたりからは、かなりの田舎具合です。東京都内と言えども、田舎は田舎なのね・・・。
ちょうどお昼を過ぎたくらいに到着し、商店街の駐車場に車を停めました。駐車場にも既に映画看板が飾られています。この通り沿いには映画看板がいっぱい並んでいて、この絵看板は久保板観さんという方が描いたものです。最盛期には1日1枚描いていたそうです。
RIMG0314.jpg
名作の看板ばかり。駐車場は、3館共通券を購入すると割引券が貰えます。

駐車場の係の男性は「町並みは川越の方がいいかもしれないけど、お祭りは青梅の方がいいよ」と微妙に川越にライバル心を持ちつつ、青梅に対する愛情が感じられるようなお話をしてくれました。なるほど・・・青梅と川越はそういう関係性があるんだな・・と初めて気が付きました。
RIMG0316.jpg

もうお腹が減っていたのでご飯・・・といきたいとこでしたが、まずは駐車場の筋向いにある赤塚不二夫会館へ。(3館めぐりのチケットは¥700)赤塚不二夫会館は入るとすぐがグッズショップ、ここまでは無料で入れるそうです。べしのTシャツが欲しかったのですが、売ってなかった・・・がっかり。
RIMG0319.jpg
RIMG0323.jpg
館内は自由に写真が撮れます。

RIMG0324.jpg
赤塚不二夫先生(どうも先生という呼び方が・・・馴染めない)の長い間飼っていた猫「菊千代」の間とか・・・。
RIMG0325.jpg
かつて住んでいた部屋を模したコーナーとか・・・。

そんなに広い場所ではないのに、見ごたえあります。(それは単に私がそれを好きだからなのかもしれないけれど。)中でも、見入ってしまったのは2008年8月の還暦パーティを中心とした映像でした。幅広い交友関係があり、色んな人が出てきたのですが中でも由利徹さんとお母さんのことについて語っていて、酔っ払った赤塚不二夫が号泣してたシーンがもう印象的で・・・。画面の中は号泣してて、それは真剣だとわかってるのに、由利徹と赤塚不二夫の掛け合いがおかしくてたまらないのです。
こんな映像を撮らせて、かつ放送していいってことになる赤塚不二夫がなんと大物であることか・・・。単に漫画家というだけではないです。言葉で言うのは簡単だけど、すごい生き方だと思います。格好いい。皆が赤塚不二夫が好きなの納得です。

→つぎへ続く

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

青梅 | trackback(0) | comment(2) |


2011/11/11 (Fri) 贅沢ポリフェノール

私はどちらかと言えばナンでも疑ってかかる性質で、例えば宗教には興味はあるけれど信じることはなく、インターネット上にあるレビューなども一生懸命読む割には結局自分でやってみないとわからないと思っています。
今まで自分の身体に関してもやってみようかな・・と思うものの、ほぼ何もせずにいました。特にサプリメント類に対しては懐疑的。10年くらい前に薦められて総合サプリを飲んだことがあるのですが、その中に入っていた鉄分が多すぎて、血液検査をした時に「何か飲んでる?」と聞かれてそのサプリを止められたことがあったのも原因のひとつかもしれません。結構女性は鉄分が足りなくて、そういうサプリ飲んでる人も多いのに・・・。

たまーに考えなきゃいけないのかなという気分が盛り上がることがあり(笑)たまたまその時にエーザイの贅沢ポリフェノールというサプリの無料お試しのメールが届きました。先日、女性のきれいに効くらしいバヤリースの新製品にポリフェノールが入っていたこともあり、単純にポリフェノールという文字に惹かれたのです。

贅沢ポリフェノール
その贅沢ポリフェノールが自宅に到着。無料なのは一週間分です。(一応、続けようかと無料分+1か月分購入しました。)1日3粒づつ飲めばいいらしいです。それもいつ飲むとか、一緒に飲むか分けて飲むかとかは気にしなくていいそうです。それは私にぴったり。
しかし、このポリフェノール何に効くのか結局良くわかりません。贅沢ポリフェノールのHPの説明でも、“女性のはつらつを応援”だとか“イキイキを応援”だとか“すっきりを応援”だとか抽象的過ぎて訳がわかりません。仕方がないので調べてみるとポリフェノールというのは、何種類もあるらしいです。
主な効用は
●脳梗塞や動脈硬化の予防効果
●活性酸素の抑制効果
●血中のコレステロールを抑制する効果(高血圧の予防)
●肝機能の向上効果(肝機能が向上することにより脂肪を分解する機能も向上)
●ホルモン促進作用
●殺菌効果
●糖尿病の改善効果
●抗酸化作用(細胞の老化を防ぐ)
●がん予防(消化器系)の効果
あー 女性にいい・・というのは、どうも3つ目の活性酸素の抑制効果と5つ目のホルモン促進作用、そして7つ目の抗酸化作用のことを主に言っているのでしょうね。ふむふむ。←

そして、この贅沢ポリフェノールに含まれているポリフェノールは以下の6種類だそうです。
黒大豆ポリフェノール

<黒大豆種皮抽出物 30mg>
黒皮に大量に含まれる

カカオポリフェノール
<カカオ抽出物 15mg>
チョコレートやココアで有名

ぶどうポリフェノール
<ブドウ種子エキス 15mg>
赤ワインで一躍有名に!

緑茶ポリフェノール
<緑茶抽出物 15mg>
緑茶の苦味成分、話題のカテキン

ブルーベリーポリフェノール
<ビルベリー果実抽出物 15mg>
アントシアニン類が豊富

トマトポリフェノール
<トマト色素 15mg>
赤皮に含まれるリコピン、栄養価の高さでも話題

天然ビタミンE※2 <100mg>←このビタミンEが更に含まれているところがキモらしいです。
加齢からくる体調をケアし、若々しさや美しさを応援します。

いずれにしろ、身体にいいのはわかりました。とりあえず、毎日飲んでみます。粒はそれほど大きくなく、黒っぽい茶色です。飲みやすそう。何となくでも効果があればいいな・・・と。でも、結局は信じないと効果がないような気もします。あたしは何をやっても無理なのかなぁ・・・。
そしてその贅沢ポリフェノールのHPは→こちら 効果があまり感じられなかったら、ちょっと高いかな。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

美容? | trackback(0) | comment(0) |


2011/11/10 (Thu) 青物横丁の喫茶店 カフェムジカ

うまく行ったら一緒に行けたりするかなぁ・・・とメールを送ってみたものの反応がなかったので、一人で突入(笑)良く通ってお店はずぅっとみていたけれど、なかなか車を下りることがなかった青物横丁。何となく今日がその日・・なような気がして会社帰りに行ってみました。

カフェムジカ (2)
青物横丁駅のすぐ向かい側。青物横丁という名前なのに八百屋さんはその辺にないです。青物横丁という名前の由来は「「江戸時代に農民がこの地に青物(当時は野菜や山菜のことを指した)を持ち寄って市場を開いたことに由来する。地元では「青横(あおよこ)」という略称が使われている。日本で唯一「横丁」が駅名に入っている駅である。」ということだそうです。←ウィキペディア参照しました。

カフェムジカ (3)カフェムジカ (4)
見るからに純喫茶という外観です。大森の「ルアン」と同じくらいの年代かなぁ・・・?
入口左にサンプルがありますし、入口に大きなメニューがあるので安心。店内はそんなに狭くはないのですが、ほぼ満席でした。会社帰りの方が多いのでしょうか・・・全体的に年齢層は高め。2人用のテーブル席が多くて、お一人でいらしている方の割合が大きいです。私もその一人。

カフェムジカ (5)
当然ナポリタンがあるもの・・と思って行ったのですが、こちらのパスタは3種類。ボロネーゼ(ミートソース)とアマトリチャーナとペペロンチーノです。詳細に検討を重ねた結果、一緒に行こうと思っていた人がきっと好きであろうシーフードグラタンのセットを注文しました。サラダとドリンクがついて¥830。安い・・・。ドリンクはコーヒーにしました。コーヒーはストロングとソフトが選択できるそうです。ソフトを選んでいる人がその時は多かったです。
ちなみにパスタは夜は¥250足してディナーセットにできます。サラダとドリンクとグラスワインまたはフレッシュジュースがついてきます。

カフェムジカ (6)
カフェムジカ (7)
店内は喫煙可。コーヒーの香りにかき消されて比較的きにならないか・・とは思いますが、煙草だけは我慢ならない・・という方は注意が必要です。

やっぱりグラタンは焼くので多少時間がかかるみたいです。本を読みながらのんびり待っているうちに登場
カフェムジカ
写真ではわからないでしょうが、ぐつぐついってました。サラダには甘酸っぱいドレッシングがかかっていて、ソーセージが挟まったバターロールがひとつ一緒にのってます。盛りだくさんじゃないですか・・・。シーフードと名前がついていると、なんか生臭い冷凍のシーフードが入っていたりした経験が多くて避ける傾向にあるのですが、このグラタンはそんなことはありません。小さなエビとかイカとかアサリとかが入ってました。塩味もちょうど良くて、チーズの焼けたとこが美味しい。これは大満足です。

お店の方は3名。コーヒーはサイフォンでいれてくれます。お店の方もバイトという感じではなく、比較的年齢が高く落ち着いています。食事できるメニューが多いのも、うれしい誤算でした。
カフェムジカ (1)こちらの注文表の裏はこんな感じ

カフェ ムジカ

TEL 03-3474-7213
住所 東京都品川区南品川2-4-1
営業時間 [平日] 07:30 - 22:00
     [土曜日]08:00 - 19:00
[日曜・祝日]11:00 - 19:00
定休日 第2・第4日曜

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(6) |


2011/11/09 (Wed) タンゴでオムハヤシとエビグラタン

もう何回目か良くわからないので、いいや・・・のタンゴさんです。
たぶんこれは誘われているのでは・・・というメールが届いたので、喜び勇んでいこうとしていたら「もういいや・・一人で行く・・」とか訳のわからないメールが更に・・・え・・誘われてたんじゃないの?とか思いつつも、やっぱり行ってしまう私なのでした。

お店の前にある日替わりメニューを見ながら、あーでもない・・こーでもない・・と検討するも決まらず、店内へ。もう何年も通っている常連さんみたいに「こんばんは」と入って行きます。そんな私たちに嫌な顔せずに お・・来たね・・と言うニコニコ顔で迎えてくれるマスター。どうもありがとう。

結局、注文はオムハヤシライス、一緒に行った人は前回はきのこグラタンだったので、今回はエビグラタン。
オムハヤシライスが最初に・・・それから遅れること5分でグラタンがぐつぐついいながら登場です。
RIMG0299.jpg
RIMG0301.jpg
エビグラタンはエビ見えないし、きのこグラタンと区別つかないですが、結構大き目のエビが入ってました。きのこよりエビグラタンの方が私は好きかも。

オムハヤシは、中はなんだろう?小さな角切りのハムがいっぱい入ったピラフで、上にふんわりと卵がのってます。その上からハヤシ。福神漬けがついてて、想像できる味。くるむ形でもいいんだけれど、くるむ形にしちゃうとご飯の量が少なくなっちゃうから・・・というのが、この形にしている理由だそうです。なるほど。たぶん、私がいつもあんまりご飯が食べられないので、中のピラフの量は少なめにしてくれてたと思います。

RIMG0302.jpg
喫茶店に行くと、注文表の裏とか注目してみちゃうのですが、タンゴさんのは詩が印刷されています。初めてのは谷川俊太郎さんの詩でしたが、今日はコレ。これで3種類目。どうも5種類くらいあるらしい・・・

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

タンゴ | trackback(0) | comment(2) |


<< back | TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: