FC2ブログ
2012/02/14 (Tue) 銀柳街の喫茶店 珈琲苑

珍しく川崎へ電車で行きました。毎日のように通っているのですが、あまり川崎の商店街を歩いたことはありません。元々関東の生まれではないので、その土地のイメージってそんなに強くもっているわけではないと思っていますが、川崎ってそんなにお品の良い街のイメージではないです。私は、そんなところも嫌いじゃないです。
でも、最近の川崎駅周辺はすっかりきれいになりました。最近の・・と言ってもLA CITTADELLAやラゾーナが出来たのは今世紀に入ってからです。LA CITTADELLAは2002年、ラゾーナは2006年だそうです。

そんな中で一番大きな商店街は、銀柳街。川崎市の打撃は大きく特に中央地区においては、破滅に瀕する状態だったそうです。戦後この荒廃した焼け野原を復興しようと組合が出来たのだそうです。銀柳街の名前の由来は、この辺りに柳の木が数本あり、昭和21,2年頃地域の住民の奉仕でさらに柳の木を植樹したことが、「柳」の由来。そして「銀」は荘重にして深き光をたたえるということで取り上げた字だそうです。
銀柳街のあゆみ

花とステンドグラスのある街というのがキャッチフレーズの銀柳街ですが、喫茶店がありそうでないところです。かつてはあったのでしょうが、ファストフードにやられてます。同行者はこの辺に・・・と言っていましたが、うろうろしてみましたが見覚えのある場所はあまりなかったようです。
そんな中見つけたのが「珈琲苑」というお店。ビルの2階にあります。
珈琲苑in川崎 (11)
ビルの左側の階段を上るとそこがお店。なんだか懐かしい風情の入り口があります。
珈琲苑in川崎 (9)
お店は神奈川県ではありますが、喫煙可です。週末とあって店内はほぼ満席。2人用のテーブルに案内されました。入り口脇にはコーヒー豆の樽が並んでいて、豆の販売もしている様子。
珈琲苑in川崎 (4)
看板を写真に撮るのを忘れていたようなのですが、こちらのお店の看板にはサイフォンコーヒー・ホットケーキの店と書いてあります。ホットケーキの店とあって、ホットケーキだけでメニューは9種類。
珈琲苑in川崎 (2)
迷わずプレーンホットケーキのセットを注文¥787です。同行者はコーヒーゼリー。
珈琲苑in川崎 (3)
結構広い店内なのですが、カウンターの中だけでも3名がてきぱきと働いていらっしゃいます。カウンターの前にはサイフォンが並び、右手には大きな銅板でホットケーキが焼かれています。そして到着したのは↓こちら
珈琲苑in川崎 (6)
見本みたいなホットケーキ。添えられているのはホイップバターです。他にメープルシロップと生クリームが別の小さなトレイにのせられてきました。
珈琲苑in川崎 (7)
こちらがコーヒーゼリー。アイスクリームがのっていて、アイスクリームスプーンがついています。昔はアイスクリームにはこのスプーンついてきたなぁ・・・と思い出しちゃいました。昔ってなんだかいろんな種類のスプーンありましたよね?イチゴ用とか、グレープフルーツ用とか、スイカ用とか・・・。

写真にはありませんが、セットのアメリカン珈琲も上々。タバコが絶対イヤという方以外には良いお店だと思います。他にもサンドイッチやプリンなど軽食の種類も多いです。
珈琲苑in川崎 (1)

たぶんこの方が奥様なのかな・・と思われる華やかな感じの美人さんに「このお店って最初からホットケーキがあったんですか?どのくらい前からあるんですか?」とお聞きしたら、「30年以上前からあるわよ。」と、誰でも知ってること聞かないでよ!くらいの感じの答えでした(笑)昔からの川崎在住の人なら知っている有名なお店なのかも。いずれにしろ、この辺りでゆっくりお茶できる貴重なお店です。


珈琲苑
TEL 044-211-8920
住所 神奈川県川崎市川崎区駅前本町7-5
営業時間 9:00~21:00



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

川崎 | trackback(0) | comment(0) |


2012/02/13 (Mon) よみせ通り 谷中ぎんざ ゆうやけだんだん

パティシェイナムラショウゾウを出て、谷中ぎんざを目指します。後から歩いたらすぐってことがわかったのだけれど、ぐるぅっとまわってしまいました。駐車場にちょっと苦労しちゃいましたよ。前回来たのはどのくらい前だったのでしょうか・・・やなか銀座の雰囲気がなんだか前と違うような・・・・月曜日はお店がお休みのところが多いようで、ちょっと寂しい雰囲気。やっぱり週末に来るべきかも。
よみせ通り~夕焼けだんだん (3)

よみせ通りの方から徒歩で・・・んー 気になるお店があるけれど・・・あとにしようと先へ先へ。谷中ぎんざへ入ると猫が目につきます。
よみせ通り~夕焼けだんだん (1)リアルだけれど、置物です。

よみせ通り~夕焼けだんだん (4)看板に猫。すずめは本物よ。

この飴屋さんがあったら、この先がゆうやけだんだん
よみせ通り~夕焼けだんだん (7)
後藤飴店さんは結構な有名店。現在の店主は3代目だそうです。テレビで何度か見ていますが、テンガロンハットがお似合いのなかなかの良いオトコ。こちらにお写真が載っています。運がよければ会えるはずですが・・・今日は素通りで、ゆうやけだんだんへ。
よみせ通り~夕焼けだんだん (5)
こちらがゆうやけだんだんなのですが・・・なんか昔と風景が違うなぁ・・・階段の脇は空き地だったような気がするのですが、今は新しいマンションが建っていました。変わってしまうと、すぐに前のことを忘れちゃいます。そんな自分が悲しい・・・。(調べて見たらやっぱり空き地でした。→ゆうやけだんだんの紹介ページ)野良猫の天国と書かれてますが、会えた猫は一匹だけ。
よみせ通り~夕焼けだんだん (6)
猫たちの休憩時間だったのか・・・それとも、環境が変わって追い出されたか・・・前に行った時は10匹以上いたんですけど、野良だからなぁ・・・複雑。

ちょっとがっかりした気持ちになりながら、谷中ぎんざを引き返し、よみせ通りへ。気になったお店が2軒。
よみせ通り~夕焼けだんだん (8)

よみせ通り~夕焼けだんだん (11)
どちらも店先にサンプルが並ぶ、昔懐かしい風情のお店です。

谷中散歩はこれでおしまい。素敵なお誕生日の一日でした。



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(0) |


2012/02/13 (Mon) PATISSIER INAMURA SHOZO (パティシェ イナムラショウゾウ)

何回も行っているのに、この辺りの地理がさっぱりわかりません。とりあえず谷中霊園の中を歩いてみたり・・・。谷中霊園は面積が約10万平方メートル、7000基のお墓があるそうです。調べてみたら都立の霊園なんですね。徳川家15代目将軍慶喜や鳩山一郎・横山大観・渋沢栄一などが眠るんだそうですが、そのほかにも有名人のお墓は300基以上あるそうです。 Wikipediaにその索引がありました。→こちら

有名人のお墓を訪ね歩くという趣味の方もいらっしゃるようですが、私にはそういう趣味はないので適当に切り上げ、以前から食べてみたかったパティシェイナムラショウゾウへ向かってみました。そこを目標に歩いていたわけではなくて、電柱に看板がついていたのです。あ・・そう言えばこの近くだったと思い出しました。看板を頼りにお店まで。

こちらのお店だけを目当てに行くのなら、どの駅からもそんなに近くないです。一番近いのは鶯谷になるのかしら?
最初食べログでこのお店の存在を知ったのですが、いまや食べログのレビューは240件。点数も☆3.83(2012.3.1現在)うわーびっくり。ほんとに有名店なんですねぇ・・・すごい行列があって入場制限をかけていると聞いていたのですが、この日は月曜日。他にお客様はいらっしゃいませんでした。
パティシェイナムラショウゾウ (1)
お店の前の道路は広くて、お店前にベンチが用意されています。これは待つ人用?それともここですぐに食べる方用なのでしょうか??だーれも待っている気配もなかったので、同行者を待たせて車を停めて・・と思ったら、ドアマンが飛んできました。ちゃんと駐車場が用意されているそうで、小道に入る角に駐車場がありました。
きっと混んでいるときに近隣から苦情があるのでしょうね。失礼いたしました。
パティシェイナムラショウゾウ (2)
店内は狭いですが、ケーキ屋さんらしい華やかな感じがあります。厨房で稲村省三氏がスタッフと一緒に作業しているのも見えました。3種類購入しました。
パティシェイナムラショウゾウ (4)
モンブラン
パティシェイナムラショウゾウ (3)
マロンショコラという名前だったと思います。
パティシェイナムラショウゾウ (5)
シュークリーム¥210だったかな。小ぶりなケーキ。

シュークリームはバニラビーンズがたくさん入っていてカスタードクリームが美味しかったです。あとの2つは結構濃い目。チョコレート系のケーキや、モンブランはお好きな方は絶賛のケーキなのですが、私にとってはちょっと濃い。半分くらいで満足しちゃいました。おなかがいっぱいだったのも影響しているのかな。
期待しすぎだったのかなぁ・・・今度はフルーツ系のものを試してみるといいのかも。他のものもそうですが、ケーキに関しては特に私の味覚はコドモです。あまり凝った感じのものを美味しいと思わないという傾向があるようです。経験値が低いんですね・・・全体的に見た目からわかりやすいものを美味しいと思います。(笑)大絶賛ではない言い訳をしておきます。


PATISSIER INAMURA SHOZO
TEL 03-3827-8584
住所 東京都台東区上野桜木2-19-8
営業時間 10:00~19:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日
HP



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2012/02/13 (Mon) 初めて愛玉子を食べました。

お昼ごはんを食べた後・・・さぁどうしよう?いい一日にしたいし・・・。めったにないことに都内にいるので、この前話に出ていた谷中へ向かうことにしました。最近は谷中と根津と千駄木をまとめた地域を谷根千と総称し、若い人にも人気の地域のようです。
私がだいぶ前に遊びに行った時には、やなか銀座の夕焼けだんだんと呼ばれる階段に猫がたくさんいたんです。同行者は猫好き。運がよければ、猫も見られるかもしれないと思いました。

とにかく谷中の墓地周辺を目指して車を走らせました。そこで一番最初に見つけたのが「愛玉子」という大きな黄色い看板。をを!これがあのおーぎょーちー!
愛玉子 全景
何度もテレビや雑誌で見たお店です。おなかはまだいっぱいですが、これは入ってみなければ・・・
愛玉子 (3)
愛らしいのれんがかかっています。
愛玉子 (2)
入り口脇のショーウィンドウには丸いボウル状の器にスプーンがいっぱい。なぜだ?現代アート?
愛玉子 (7)
店内に入ると、店主の(たぶん)女性がお一人で読書なさってました。注文は初めてですし愛玉子です。
愛玉子 (5)
普通の愛玉子¥400の他、氷オーギョーチィやチーあんみつなど愛玉子関連は8種類あるようです。
愛玉子 (1)
すぐに出てきました。愛玉子はWikipediaによるとクワ科イチジク属のつる性植物だそうです。
愛玉子 (4)
外のウィンドウに飾ってあるのですが、ちょっと見た目は・・・・。種の部分を水にいれて揉むとゼリー状に固まる性質があるそうです。前にその作業をテレビで見たのですが、結構大変そうでした。
愛玉子自体には味も香りもないようで、かなり大きな立方体に切った愛玉子は寒天よりもちょっと歯ごたえがあり、ナタデココよりもやわらかいです。黄色いレモンシロップにつけてあって、そのシロップの味で食べるのですが、結構カロリーが高いらしいです。実際ものすごく腹持ちが良いようで、この後おなかが減らなくて苦労しました。

店主とちょっとお話しが出来ました。やっぱり仕込みが出来ているから出すのは簡単だけれど、仕込みが大変なんだそうです。でも、ほんとの愛玉子を出しているところは他にないから競争相手はいないものね・・笑っていらっしゃいました。お店は古いですけれど、「このままがいい」というお客様が多くて、直しながら使っているんだそうです。古いものを変わらずに維持していくのも大変ですよね。でも、私もこのままここにあってほしいです。

Wikipediaの愛玉子はこちら 参考にしました。



愛玉子
TEL 03-3821-5375
住所 東京都台東区上野桜木2-11-8


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(4) |


2012/02/13 (Mon) お誕生日のお昼ご飯は・・・平日ランチは贅沢

実はこの日お誕生日でした。
5年くらい前までは、お誕生日に何にもないなんて!と悲しい気持ちになったものですが、今は平気になりました。寂しい期間が長すぎたせいでしょうか・・・(笑)今年は、すっごく特別なところに行ったわけでもありませんが、すっごく特別な一日でしたよ。なんと!会社を休んでしまいましたっ!

お昼ごはんはどこに食べに行こうか・・・と。「好きなところへ行っていいよ」と言われたのですが、平日だったら行けるのになぁ・・・と思っていたお店はいっぱいあるのに、こういう時には思い出せないものです。せっかくだから混んでて入れないとかは困るしなぁ・・・予約しておけばよかったなぁ・・・とか考えに考えて、たまには都内に行ってみようかと思い出したのが、麻布十番の「本多」というお店。
いくら好きなとこって言っても、一緒に言って美味しいねって楽しめなかったらイヤですもん。絶対安全なお店へGO。

赤羽橋から麻布十番へ向かう大通りに面しています。赤い扉が印象的。
以前、法務局へ仕事で立ち寄った時に偶然見つけて入ってみました。あちこちで読んで知ってた「本濱」というお店のランチと似ているなぁ・・・(行った事もないのに(笑))と思ったら、ご兄弟のお店なのだそうです。私の記憶力も食べ物に関してなら冴えてます。
本多 (9)
ランチメニューは全部で4つ。刺身定食¥1000、刺身(上)定食1200円、宇和島定食¥1000、鯛飯定食¥1500。
本多 (2)
せこいと思われちゃうなぁ・・・と思いつつも、刺身定食と刺身(上)定食をひとつづつ注文しました。¥200の差はなんなのか知りたかったんだもん。お誕生日ですから、私が(上)です(笑)
本多 (3)
↑これが刺身(上)定食
本多 (5)
↑こっちが刺身定食
本多 (4)←こっちが(上) こっちが普通の・・→本多 (6)クリックすると大きくなります。
小さいお皿に盛ってあるのでちょっと見には良くわかりませんが、お刺身の量と種類が違います。

運んできてくださる前に「どちらが上定食ですか?」と聞きにいらしたので、何かなー?って思ったら、どうもご飯の量を調節してくださったようです。私のほうが少し控えめにご飯が盛られていました。(でも、ご飯はおかわりできるみたいですよ。プラス¥100で酢飯にも変えてもらえます。)

お刺身には一味とうがらしがふられています。他に小鉢のお豆腐、カレー風味の白身魚のから揚げが煮魚のお皿に一緒に盛られています。おわんはお味噌汁ではなくて、お吸い物風味。だいぶ薄味ですが、だしが利いているのであっさりと・・・。見た目はそれほどでもないように見えますが、食べるとおなかいっぱいです。
私たちが入ったのは12時ちょっと前で、ぎりぎりセーフ。お昼を過ぎたら多少待たなければいけないかもしれません。この辺りの会社の方が半分、女性のグループが半分なので、結構回転悪そうですから。

このお店、厨房が客席よりも二段くらい上がったところにあり、四角く切り取られた窓から板さんに見下ろされている感じ。決して悪い感じというのではなくて、きちんと目配りされている気がします。
休日は、日曜・祝日なのですが、土曜日はランチはないのです。こんなときじゃないと行けないお店なのです。


旬菜 本多
TEL 03-3584-5077
住所 東京都港区東麻布2-30-9
営業時間 [月~金]
11:30~14:00
18:00~22:00(L.O)
[土]
18:00~22:00(L.O)要予約
定休日 日曜・祝日

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2012/02/12 (Sun) 焼鳥はおやつかも・・・ 焼き鳥ムック

うさぎやさんを出た後は、ぶらぶらした挙句に毎回焼き鳥を食べてしまいます。松原商店街にはもう一箇所、屋台みたいな焼き鳥屋さんがあるのですが、こちらのおにーちゃんが毎回とても愛想良くニコニコと焼き鳥を焼いているので、つい引き寄せられてしまうのです。
焼鳥ムック (6)
前回お店の雰囲気がまったくわからない上に、焼き鳥の写真はないというひどい状態だったので、もう一度のせておきます。お店は通りに面しています。ちょうど角のところでおにーちゃんが焼き鳥を炭火で焼いています。
焼き鳥は持ち帰りにもしてくれますし、店先で食べてる方もいらっしゃいます。お店の中でカウンターで立って食べることもできます。座りたい人はお店の左側のビニールで囲われているところに椅子テーブルがあります。6名座れます。

おにーちゃんに注文をすると、それから焼いてくれます。椅子テーブル席は基本相席。この日は幼児を連れたおとうさんがいらしたのですが、そのボクちゃん焼き鳥に夢中です。買い物を終えたお母さんが合流して、「ご飯食べられなくなるからもうダメ」と止められてかなり不満そう。パクパク食べる私たちをにらんでました(笑)
焼鳥ムック (2)
焼鳥ムック (3)
たれか塩か聞いてくれます。ここのお店で私が一番好きなのはせせりと手羽先。
焼鳥ムック (5)
行き交う買い物客を見ながら休憩って気分いいです。

焼鳥ムック (1)
帰りに通ったら、ビニール部分は取り払われていました。夜は中で立ち飲みのみのようです。飲み物も比較的安いので立って飲むのがイヤでなければよいお店。


焼鳥 ムック 松原商店街店
TEL 045-331-7969
住所 神奈川県横浜市保土ケ谷区宮田町1-5-1
営業時間 10:00~21:00
定休日 無休
全面喫煙可


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

洪福寺松原商店街 | trackback(0) | comment(2) |


2012/02/12 (Sun) うさぎやさんの雛あられ

またも松原橋商店街へ。あんなにお店があると言うのに、行く場所ってほとんど変わりません。まずは・・・「うさぎや」さんへお餅を買いに・・・大福餅はいつでもあるようですが、私たちが前回購入したお餅は週末にしかないそうなんです。同行者は、お餅の外側よりも中に入っている餡子が重要なようですが、私は何度も書いている通り、なんと言っても餅!です。ここのお餅は食べがいがあります。
うさぎや (2)

ちょっと覗いたら3個だけ残っていたので、全部購入しました。
このお餅は一個食べたらおなかいっぱいです。私は食べ物については保守的で、お雑煮に餡子が入った丸もちを入れるという話を聞いた時に、そんなものは食べられない!!!と思ったのですが、実は前回大量に買った時、固くなってしまったお餅を焼いて、半分はそのまま、残りの半分はお醤油をつけて食べました。美味しかった・・・。いい色に焼けるんですよ。これが・・・。そしてそのお餅の写真はまたもないです^^;

しかし、前に↓こんな風に干されていた雛あられ用の細かく切られたお餅ですが・・・
洪福寺松原商店街 (2)
完成していました。
うさぎや (1)

お店の中で撮らせていただいた写真は、お店の方に許可をいただいて撮ったものでしたが、ブログに書くとは言っていませんでした。お店の中に入ったら、「あー ブログに書いて下さった方ですね」と若奥様が・・・。
だーれも読んでくれてないのかと思いきや、ちゃんと読んでくださってました。怒られるかな・・と思ったけれど、喜んでくださっていたみたい。良かった・・・。ほっ
また読んで下さるかしら?うさぎやさんのブログも読んでいますよーーー。更新してくださいねーーー(笑)
雛あられ (1)
上手に写真が撮れなかったのですが、完成した雛あられはとてもきれいでした。雛あられって昔は飾るだけのもので食べるものではないと思っていたのですが、この雛あられは食べるとちゃんとお米の香りがします。ところどころに入っている豆も豆の香り。止まらなくなっちゃうくらいなんです。お飾りじゃなくて、食べたほうがいいです。

雛あられには思い出があって、学生時代やっと親を説き伏せて1ヶ月ちょっとの語学研修に行くことになりました。行き先はアメリカ東海岸側の田舎。海外に行くというだけで心配だった母が東京まで送ってきて、出発前に人形町に宿泊しました。春休みだったので、2月だったのでしょう。
その時に宿の近くにあった古い和菓子やさんでお菓子を買いました。端っこにあった雛あられも一袋。
その雛あられを持ってアメリカに行き、ホームステイ先で一握りづつ食べました。特にホームシックになった覚えもなく、帰りには「帰りたくない」と泣いたくらいでしたが、その雛あられの味は忘れられません。雛あられはちゃんとお菓子屋さんが作るものなんだ・・・とわかったのもその時でした。そういう訳で雛あられを食べると、あの楽しかった1ヶ月を思い出すのです。
ちなみに当時購入したお菓子屋さんは今も当時と同じように営業されていて、雛あられも作っているそうですが、予約がないと購入することは難しいようです。あの時はラッキーだったんですね。

前回のうさぎやさんはこちらです。


うさぎや御菓子司
TEL 045-341-7223
住所 神奈川県横浜市保土ケ谷区宮田町1丁目8-1
そしてうさぎやさんのご主人のブログはこちら



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

洪福寺松原商店街 | trackback(0) | comment(0) |


2012/02/12 (Sun) 横浜中華街のHOTEL ORIENTAL またの名を 東方旅荘

中華街でご飯を食べたので、中華街の話をもうひとつ。
だいぶ前から中華街で気になっていることがありました。以前にも書いたような気がしますが、私はホテルに泊まるのが結構好きです。両親と一緒に暮らしていた頃は、結構厳しくて門限は23時、「ちょっと泊まってくるね」なんてことは許されませんでしたから、とにかく家を出たい気持ちが強かったのかもしれません。添乗員になったのは、そんな理由もありました。

しかし、添乗員になってみると好きなところにばかり行くわけではありません。あのホテルに泊まってみたいなぁ・・・と思ってもなかなか実現しないものです。先日、中華街ではローズホテルに泊まってみましたが、気になるという意味ではそれよりもずっと気になっているホテルがあります。
怖いもの見たさで(失礼すぎる?)泊まってみたくてたまりません。「泊まったことがあるよ」と言ったら、自慢になりそうですし、ネタにもなりそうです。

そのホテルは・・・・HOTEL ORIENTAL
HOTEL ORIENTAL (2)
中華街のど真ん中です。お隣はコインパーキング。この駐車場に車を停めるたびにホテルオリエンタルへの妄想は膨らむばかり。でも、さすがの私もこの扉を開けるのには勇気が必要です。
HOTEL ORIENTAL (4)
この写真を撮った日には「本日は閉店しました」という札が下がっていたのですが「営業中」という札が下がっていることもあります。実は・・・・ローズホテルに泊まった日には、こちらに泊まろうという決意をもって中華街へ行ったのです。
色々ネットで調べてみたのですが、このホテルについての情報はとても少なくて、一番最初に調べたのは5年前くらいなのですがその時には1件しかヒットしませんでした。そのページがこちらです。コメントに宿泊したことのある方の書き込みがあり、心躍りました。泊まれるんだ・・・

・・・という訳で、実はあの日このホテルオリエンタルのドアを開けてみたのでした。以下はその顛末です。
勇気を持って扉を開けてみたその日のドアには「営業中」の札がかかっていました。鍵のかかっていないそのドアを開けるとすぐ左側は事務所のようなお部屋。そしてたぶんホテルフロント・・・だったろうと思われるカウンターの上には靴の箱が積み重なっていました。営業しているんだろうか・・・そろそろと奥に進んでいきましたが、人の気配はありません。「すみませーん」と何度も声を張り上げてみましたが、どなたも反応せず。
結局、そのまま怖気づいて外に一旦出て書いてある電話番号に電話をしてみたのですが、ドアの向こうでむなしく電話の呼び出し音がなるだけです。ジリリーン・・・ジリリーン(決して電子音ではない。)
この日は、結局泊まることを断念したのでした。

HOTEL ORIENTAL (3)
う~ん やっぱり営業してないのかな・・・・とうっすらと思っていたのですが、急に思い立って検索してみたら、ホテルオリエンタル情報が増えてました。中でも素晴らしかったのは「はまれぽ.com」というHPの“中華街に「オリエンタル」っていう古びたホテルがあるのですが、営業してるんですか?泊まってきてください!”という記事でした。ちゃんと営業していらっしゃいます。(2011年6月現在)
あきらめずに返事があるまでいるべきだったのですね。いつかまたチャレンジしたいと思います。このホテルがなくならないうちに・・・。ちなみに一泊一人3000円~4000円の間みたいです。

HOTEL ORIENTAL (1)


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜 ホテル | trackback(0) | comment(0) |


2012/02/11 (Sat) 横浜中華街で小籠包

氷川丸見学の後は、ちょうどお昼頃だったので中華街へ行きました。休日の昼間の中華街は混んでます。去年の震災後は静まり返っていました。何かあったときの反応は早く、震災後はとっととお国へ帰ってしまっていた人たちですが、立ち直るのも早いらしいです。

たまにはいつもとは違うお店へ行こうということで、小籠包を食べにいくことにしました。

上海豫園 小龍包館です。豫園は上海の観光地で公園です。豫園の「豫」は「愉」に通じ、すなわち「楽しい園」という意味なんだそうです。それはともかく、豫園と言えば小龍包と思い出すほどに小龍包が有名な南翔饅頭店があります。それにちなんだ店名なのだろうと思います。
上海豫園 (10)
小龍包を作る作業が外から見えます。手早くて見ているのも楽しいです。
上海豫園 (3)
「中国一級点心師」の資格を持つ朱さんが作っています。朱さんしか作る人がいないのかしら?お休みあるのかなぁ・・・といらぬ心配をしつつ、順番を待ちます。この時は3組が待っていましたが、5分と待つことなく案内されました。お昼ど真ん中だったら入れなかったかもしれないです。

私はこのお店には何度か伺っています。何でも美味しいことは美味しいのですが、やっぱりここは小龍包のお店。種類もたくさんあるのですが、普通の小龍包が一番美味しいような気がします。ランチメニューで小龍包とえびワンタンとチャーハンのセット¥1260と、普通の小龍包¥735を注文しました。同行者はビールも・・・。
上海豫園 (4)
これはえびワンタンとチャーハン。チャーハンは少なめで良かったのですが、入っているチャーシューにうっすらと八角の香り。(ひそかに八角が苦手です。)
上海豫園 (7)
小龍包はセットについているものは4個、単品で頼むと6個です。

小龍包には針しょうががついてきますが、黒酢の用意はないようです。「何もつけずにそのまま食べてください」とのことでした。不思議なことに皮はとても薄いのに、お箸でつまんで持ち上げても皮がやぶれません。そのままれんげにのせていただきます。期待どおりの小龍包の味。スープがじゅわぁんと美味しいです。

案内されたのが入り口に近い狭い席だったのですが、出入りするときにお隣の方とテーブルを寄せ合って仲良く^^接客は注文をとる順番がめちゃくちゃだったり、料理の来る順番が微妙だったりしますが、こうしてお客さん同士気持ちよく過ごせると、お店の印象も良くなっちゃいますよね。
お店の場所は、関帝廟の脇の通り、悟空茶荘の筋向かいです。


上海豫園 小龍包館
TEL 045-212-5087
住所 神奈川県横浜市中区山下町166
営業時間 11:00~21:00
定休日 不定休
HP



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜 | trackback(0) | comment(6) |


2012/02/11 (Sat) 山下公園の氷川丸

天気の良い日でした。言われるがままに車を運転して駐車場へ。到着したのは山下公園の駐車場でした。山下公園駐車場は1時間¥500。この辺りの駐車場高いなぁ・・・でも、中華街付近だと1時間800円というとこもありますから、こちらの方がマシと言えばマシ。

どこに行くのかなーと思っていたら氷川丸でした。
氷川丸 (3)
天気はいいけど、さむぅぅぅい。氷川丸の見学は10時から。氷川丸の入館料は¥200。こちらの管理は日本郵がしているのですが、日本郵歴史博物館とのセットだと¥500です。(クーポン券を利用すると¥300です。クーポンはこちら
氷川丸 (4)
今まで山下公園の近くに行くと「あるなぁ・・・」とは思っていましたが、中に入ったことはありませんでした。マリンタワーもそうでしたけどね。氷川丸はさほど大きなではありませんが、さまざまな歴史をもったでした。氷川丸の誕生は昭和5年!シアトル航路に就航しました。この小さなでシアトルまで行っていたなんて驚きです。
氷川丸 (10)
氷川丸 (11)
シアトル航路は海が荒れるので頑丈なつくりにしなければいけなくて、造にはとても苦労したのだそうですが、船内はとてもお洒落です。アールデコ調の内装です。アールデコとはまったく関係ないですが、個人的には船の丸い窓には心躍ります。近づくとみなとみらいがくっきり。
氷川丸 (12)
氷川丸 (13)  氷川丸 (14)  氷川丸 (15)
氷川丸のお客様はいわゆるセレブだったに違いありません。一等には児童室なんていうのもあるんです。壁に子供の遊んでいる絵があって、あとからつけたのかと思ったら元々ついていたものだそうです。
氷川丸 (16)
もっとも面白かったのは食堂。当時出していたメニューがあったのですが、昭和初期に食べていたとは思えないものばかり。今も昔も変わらないのでしょうが、世の中にはさまざまな人たちがいるのですね。
チャーリーチャップリンや秩父宮ご夫妻も乗船なさったそうで、食事が美味しい・・サービスがいいということで評判の船だったのだそうです。もっとも、チャーリーチャップリンはこの食堂では食事をすることはなく、全部を自分のお部屋まで運んでもらったそうですが・・・。
氷川丸 (18)
階段も風情があります。以前、船でグアムまで行ったことがあるのですが、船というのは意外と高さがあるものです。(海の中に沈んでる部分が大きいのですね。たぶん。)
氷川丸 (23)
一等のお部屋はこんな感じ。そういえば、飾り毛布なんて見たことないかも。いろんなパターンがありました。
氷川丸 (31)
機関室には電話室もありました。

今見られるのは、貨客船として使われていた時代のものですが、戦時中は引揚船としてや特設病院船として使われたりもしたそうです。病院船と言えども戦時中は攻撃されない保障はなく、現実3度も触雷しているのですが、大きな被害はうけていません。幸運の船と言われているそうです。
・・・なぁんてことは、やっぱり船の中を見ないとわからないことでした。結局1時間以上かけての見学になっちゃいました。あー面白かった。皆見たほうがいいよ。


氷川丸
住所 〒231-0002 横浜市中区山下町山下公園地先
TEL  045-641-4362
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日   月曜日
※祝日の場合は開館、翌平日休館



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜 | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: