2012/03/31 (Sat) 御徒町の喫茶店「丘」 昔ながらのナポリタン

久しぶりのアメ横訪問。せっかく来たのだからと「丘」さんでお昼ごはんを食べることにしました。しっかし、アメ横混んでます。人ごみはちょっと苦手。前回は年末だから混んでるのかと思っていたのですが、いつでも混んでるんですねぇ。

丘 (9)
今回も席は地下一階。広いお店だなぁ・・・東京オリンピックのころにできたお店だと聞きました。
丘 (5)
今回はお昼ごはんですから、当然注文はナポリタンです。丘さんのナポリタンの麺は1.2mm。嘘くさいほどナポリタンな見た目です。サンプルみたい。でも、この日はちょっと柔らか過ぎでした。残念。味は変わらないんですけどね。
丘 (3)
同行者はあまりおなかが減っていなかったらしく、ハムサンド。これまたサンプルみたい。
丘 (8)
セットメニューはどれも¥830です。
丘 (10)
この向こうが厨房なのですが、ついたて一つでも今はこういうのないんだろうなぁ・・・と。こんな空間を今作ろうと思っても安っぽいインテリアになってしまいそう。やっぱり大事にしないと。
丘 (12)
帰りに階段の入口にあるウィンドウを眺めたら・・・かわいいウェイターさんがいました。
丘 (13)

前回の丘はこちら



TEL 03-3835-4401
住所 東京都台東区上野6-5-4 尾中ビル B1F



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト

東京 | trackback(0) | comment(4) |


2012/03/29 (Thu) 豊洲でランチ お肉屋さんの2階の食堂 味処いちむら

えへへ・・・また豊洲にお買い物だっ!今日はお昼ごはん何にしようかなぁ・・・・そんなに選択肢は多くはないけれど、外でお昼ごはん食べられるなんてスペシャルデーですよ。先にお買い物をとっとと済ませて・・・・終わったのは13時過ぎ。ちょうど会社員の方々が職場に戻られて、きっとどのお店もすんなりと入れるに違いない。

またきじ焼き弁当?って思われそうだから・・・・別のとこにしよっと。ということで、向かったのはビバホームの向かい側の角のお肉屋さんの2階にある「いちむら」という定食屋さんです。1階のお肉屋さんイチムラの直営らしいのですが、なぜか食堂は平仮名でいちむら。
いちむら (1)
横断歩道を渡って・・・っと。ほら、あそこの2階ですよ。
いちむら (6)
階段の上り口にはウィンドウがあるのですが、残念ながらサンプルはないです。飾られてるメニューがいつの間にか新しくなってきれいになってます。
いちむら (2)
階段を上ると左側が食堂です。もう1時だというのに、まだまだたくさんのお客様が・・・あら・・・しばらく来ないうちに内部が変わってます。以前は小上がりがあったのですが、それがなくなって全部椅子テーブル席になりました。この方が入りやすいのかも。お座敷じゃないと・・ってお客様減っただろうし。
いちむら (3)
一応メニューを見ます(笑)お肉屋さんの経営なのに、おさかなのメニューが結構多いんです。そして、おさかな料理も評判が良いです。(私は食べたことがないけれど)実は注文は決まってました。鶏唐揚げ定食¥800。また揚げ物で、しかも鶏肉。だって好きなんだもん。

フロアで注文をとったり、お料理を運んできてくれたりする女性は中国の方のようです。すっごく丁寧ではないですけど、愛想良くテキパキしています。言葉も全く問題がありません。(お互いの会話には時々中国語が使われたりしてるみたいですけど)常連のお客様には「はい またカキフライ♪」なんて声をかけたりしていて、好ましいです。
いちむら (4)
私の鶏唐揚げ定食が登場。から揚げはアツアツ。付け合せのキャベツは少な目で、スパゲッティものってます。あとはご飯とお味噌汁。お決まりらしいもやしと切り干し大根の小鉢。
いちむら (5)
唐揚げは一個がおっきいです。何が人気メニューなのかなぁ・・・と毎回見ているけれど、これ!というものはないみたい。お魚食べてる人よりも揚げ物食べてる人の方が多いかなというくらい。お客様は圧倒的に男性が多いです。私が行った時に女性は私ともう一人だけ。
初めて行ってレビューを書いた時に「一人で入るなんて勇気ある」って言われたので、やっぱりそういうお店なんですかね。店員さんは全員女性ですし、別に入って問題ありそうじゃないですけど・・・。ただそういえば、ランチタイムでも喫煙可能です。一人だと相席になることも多いので、お嫌いな方は避けた方がいいのかも。


味処いちむら
TEL 03-3534-8395
住所 東京都江東区豊洲4-2-2
営業時間 [月~土]
11:00~15:00
17:00~0:00
定休日 日曜・祝日


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2012/03/29 (Thu) 大口駅東口すぐの立ち飲み串揚げ屋さん ホームラン

駄菓子屋さんってずいぶんと少なくなりましたが、大口にはなんと!この前の第二しんみせ以外にもう一軒駄菓子屋さんがあるという話をインターネットで検索していて見つけました。
そして、いつもの同行者にその話を教えると「じゃ 行ってくるっ」と私がいない間に一人で行って、様子を見てきたようです。もう一軒の駄菓子屋さんの話はまた今度にしますが、その時に見つけてきたのが「ホームラン」大口駅前にある立ち飲み串揚げ屋さんです。

私は元々揚げ物が大好きで、特にフライが好きなのです。串揚げは大好物。ということで連れて行ってくれました。
ホームラン (2)
すっごくきれいでオシャレとは言えないですが、立飲みやさんと考えると女子でも入りやすそうな店構えです。まだあまり行ったことがないので良くわからないのですが、大口は西口が東口よりも栄えているようで、東口方向は結構暗いです。その中で、あかるいホームランは目立ちます。
中はお店の真ん中にU字型にカウンターがあります。入って左側にも壁にそってカウンターがあるのですが、あまり使う人はいないような感じ。お店の人を囲んでなんとなく過ごす雰囲気なんです。

私は運転手だったので、コーラを注文。コーラは瓶で出てきます。なんかうれしい。お任せの串揚げ5本セットを注文。それを待っている間に食べようとポテトサラダとお豆腐を頼みました。
ホームラン (3)
イモ栗カボチャは男性あんまり好きじゃないみたいなのに、ポテトサラダは結構人気があるのはどうしてなんでしょう?マヨネーズが好きなのかなぁ・・・ちょっと水っぽいタイプでしたよ。
ホームラン (1)
なんというメニューなのか忘れちゃったんですが、お豆腐に韓国風の辛いたれがかかったものです。間にかりっというかさくっという食感のものが入っていてなんだろう?と思ったらポテトチップを砕いたものだそうです。揚げたにんにくスライスかと思ったのですが、これは良いアイディアです。

結構長い時間いたのですが、男性のおひとり様がお仕事帰りに多く立ち寄っていらっしゃるようです。壁にホームランビンゴと書いた表が貼ってあって、なんだろう?と思っていたら、お客様の出勤(?)簿なのでした。「今月は皆勤だと思ってたのにぃぃ!」と悔しがっているお客様一名(笑)
ほとんどの方が常連さんなのだと思うのですが、アウェイな感じは全くしません。初めてでも温かく迎えてもらえるお店です。たぶん女性のおひとり様でも全然問題ないです。串揚げだけではなく、串焼きもあるし、その上ご飯メニューもあります。おなかが減っていても大丈夫。今度は電車で行こうと決心したのでした。串揚げのお店なのに、串揚げの写真撮るのわすれちゃった・・・。


ホームラン
TEL 080-1297-3632
住所 神奈川県横浜市神奈川区入江2-18-19
営業時間 15:00~23:45(ラストオーダー)
定休日 日曜



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

大口商店街 | trackback(0) | comment(4) |


2012/03/28 (Wed) 大口商店街の手打ちら~めん tic,tac

軽く何か食べて帰ろうか・・・と大口商店街へ。開いてたらいいな・・と思っていた焼きそば屋さんは閉まっていました。いつ開いているんだろう?昼間しかやっていないのかも・・・
大口商店街をちょっと歩いたら、大口商店街にはあまりないタイプの新しそうなラーメン屋さんがありました。その名も「tic, tac」チックタックって読むのかな。正直、カフェみたいな名前だわーちょっと苦手かも・・と気乗りしなかったのですが、寒かったし入っちゃいました。
tictac (6)
店頭に説明があったような気がするけれどあまり読まずに入店。打ち場があったので、手打ち麺なんだな・・・と思った程度。手打ちのラーメンと言えば、思い出すのは二郎。手打ちラーメンは避ける傾向にある私なのですが・・・。
tictac (4)
チックタックという名前のとおりに、お店の一番奥に大きな時計がありました。古時計じゃなくて、新しいオシャレな黒い時計。下が棚になっている実用的なもの。壁に穴があけられないアパートにもこのタイプの時計はいいかも。下が真四角ならちょっと欲しい。
tictac (1)
メニューはシンプル。ラーメンとつけ麺、あとはトッピングが数種類と餃子があるくらい。ラーメンと餃子を注文しました。同行者はトッピングにたまご。
tictac (5)
やたらと寒い日だったせいか、先客はカウンターにおひとりだけ。お店の方は黒いTシャツの男性が一人。この方が店主なのかな・・・お若いです。
tictac (2)
ラーメンはシンプルな見た目。チャーシューはばら肉ともも肉二種類はいっているみたい。小口切りのネギと細かく切られたネギが散らされて、細いメンマがのっています。スープは鶏がらみたい。ほんの少し酸味があって、ほんの少し魚介の香がするような気がします。
tictac (3)
餃子にはにんにくは入っていないそうです。¥300はいいと思うなぁ・・・私は好きでした。

鶏がらなんだけど、うまく言えないけれど和風テイスト。さっぱりしています。
調べてみるとお店は2011年の6月にオープンしたとのこと。それにしては厨房のレンジフードなどがきれい。昨日オープンしたてのようなきれいさでした。レンジフードがきれいな店に美味しくないお店はないです。今まで、あちこち行ってそれははずれたことがない。

あーだこーだ言いながら食べていたら、疲れ切っていた同行者に文句ばっかり・・って言われたんですけど、文句じゃないんだけどなぁ・・・・平打ちの麺も美味しく感じました。(二郎風じゃなくてよかった・・・)この辺りはお客様の年齢層も比較的高そうですから、さっぱりしたラーメンはいけるんじゃないかなぁ・・・と、勝手に思ったり。ラーメンには(ほかのことも・・・だけど)詳しくないけれど、白河ラーメン店のご出身らしいです。
なんでもいいんですけどね。好みだったら。ラーメンは難しいなぁ・・・このお店もっと流行ってもよさそうな感じがします。


手打ら~めん チックタック
TEL 045-633-7765
住所 神奈川県横浜市神奈川区大口通10-1
営業時間 11:30~(麺がなくなり次第閉店)
定休日 月曜日



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

大口商店街 | trackback(0) | comment(4) |


2012/03/28 (Wed) 江ノ島駅でお昼ごはん ふな和

無計画に歩いているせいで、お昼ご飯の時間を逸してしまいました。たまには鎌倉をぶらぶらと・・・とか思ったんですけど、あっという間に鎌倉は通り過ぎ・・・・江の島が見えてきたよー。
鎌倉・湘南 (1)
そうして、到着したのは・・・
鎌倉・湘南 (2)
江の島駅でした。これは江ノ島駅の車止め。すずめちゃんが(すずめって絶滅危惧種なのよね。)帽子をかぶってケープをまとってます。ほかのブログの写真を見たら、黒いお洋服だったのであれ?って思ったら、以前売店で働いていた女性が作ってくれたものだそうです。全部で千着くらい作ったんですって。
鎌倉・湘南 (3)
江ノ電の江ノ島駅。車は歩かなくてよくてすごく便利だけれど、江ノ電で行ったり来たりも楽しそうです。駐車場の心配もしなくていいしね。

結局、お昼を大きくまわり見つけたのは江ノ島駅の並びにある「ふな和」という食堂です。
鎌倉・湘南 (11)
江ノ島だからってしらすが食べたい!とかではなかったんです。
鎌倉・湘南 (5)
でも、私が注文したのはかきあげ定食¥1000、同行者は親子丼¥650
鎌倉・湘南 (4)
観光地にしては価格設定は良心的。メニューも魚介やシラスばかりではなくて、地元の人もいらっしゃるんじゃないでしょうか。おばさまお二人で調理とフロアをこなし、家庭的な感じ。
鎌倉・湘南 (6)
これは同行者の親子丼。私はほぼ生みたいなとろっとろの卵よりも、ちゃんと卵でとじられた親子丼が好きです。こちらの親子丼は私が想像する親子丼どおりの味でした。同行者もかなり気に入った様子。
鎌倉・湘南 (7)
こちらはかきあげ定食。食堂!って感じの食器がまた愛らしいじゃないですか・・・。
鎌倉・湘南 (8)
しらすもいっぱい入ってました。

お昼時じゃなかったから、すぐに席に案内されたけれどお昼だったら厳しいんじゃないのかな。席はカウンターとテーブル席、それに小上がりがあるのですが、この時間でもほぼ満席。カウンターの壁にはたくさんサインが並べて貼られていました。服部先生のサインもあったなぁ・・・・
観光地っぽいお食事どころって、ちょっと私は敬遠しがちなのだけれど、この食堂はいい感じでした。


この後は、湘南江ノ島駅からいつも車から見上げている湘南モノレールにちょっとだけ乗ってみました。湘南モノレールは確かにモノレールではあるんですけど、レールが上にあるのです。どちらかと言えばロープウェイ的。実際に乗ると、ちょっとしたアトラクションっぽいです。
藤沢からモノレールで江ノ島までっていう手もあるなぁ・・・と。
鎌倉・湘南 (12) 鎌倉・湘南 (13)
あったかくなったら・・・ね。


ふな和
TEL 0466-22-0636
住所 神奈川県藤沢市片瀬海岸1-8-39
営業時間 [火~日]11:00~14:00  17:00~20:00
定休日 月曜日/不定休
お店の情報です。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

鎌倉 | trackback(0) | comment(0) |


2012/03/28 (Wed) 鎌倉みやげ 鎌倉こ寿々のわらび餅

天気も良かったので、鎌倉方向へ向かいました。鎌倉に行くと必ず買ってしまうお菓子があります。
こ寿々の「わらび餅」です。元々黒蜜ときなこをかけて食べるものがとっても好きなのですが、こちらのわらび餅は更に食感が良く、一緒に入っている黒蜜がまた美味しいのです。

鎌倉のこ寿々さんというのは、どうもお蕎麦屋さんのようなのですがお蕎麦を食べに伺ったことはありません。たまたま通りがかったお店で試食をさせてくれて、あまりの美味しさに買って帰った次第。良くわかってなかったのですが、今考えると甘味処の由比ヶ浜 こ寿々さんだったようです。
その時に確実に買いたいと思って調べたところ、由比ヶ浜にこ寿々 わらび餅蔵という製造所でも販売しているということがわかってそちらに伺っています。お店!という感じではなくて風情ある建物にのれんがかかり、わらびもちと緑色で書いた大きな看板がかかっています。入口は小さいです。
鎌倉・湘南 (17)
中に入ってもどなたもいらっしゃいません。なぜならここは工場だから・・・「御用の方は・・・」と書いてあるベルを押して待っていると、たたたっと足音がして、奥から今わらび餅を作ってましたっ!という感じの女性が出てきてくださいます。
鎌倉・湘南 (14)
商品はわらび餅だけです。
鎌倉・湘南 (15)
大きい方は14切れ入っていて¥1050、小さい方が9切れで¥735。自分用に大きい方(笑)同行者用に小さい方を購入しました。自分用は一人で食べます。

わらび粉はわらびの根に含まれるでんぷん・・・と何となくわかっているのですが、一般にわらび餅と言われているものは本わらび粉で作られていることはとても少ないと聞きます。なんたって根の中に含まれている澱粉はわずか4~6%なのだそうです。そういうわけでとても高価なのです。

わかっているようでわかっていないので、ちょっと調べたらわらび粉についてというページを見つけました。ジャガイモでんぷんに比べて糊化温度が低く糊になりやすく、糊の粘度は同程度。葛よりも粘り気が強く、加熱すると黒みがかった生地になるんですって。その上、火の通りが悪いと戻ったようになるとか・・・作るの大変そう・・・。

ここで販売されているわらび餅は日持ちは5日です。切り目ははいっているのですが、水をつけて切ると少しはきれいに切れます。インターネットでも購入できるので、そんなに好きならお取り寄せしたらよさそうなものですが、やっぱり鎌倉まで行って作っているところで買うのがいいんです。お店に出てきてくださる女性も、作業の途中でしょうにいつもにこやかで感じがいいです。

食べログに「わらび餅としてはまぁ普通」というようなことが書かれていましたが、これよりも美味しいわらび餅というのはどんなものなのか知りたくなりました。美味しいわらび餅の情報求む!


こ寿々 わらび餅蔵
TEL 0467-25-2182
住所 神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-3-25
営業時間は良くわかりませんが、日曜日も営業してました。
HP


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

鎌倉 | trackback(0) | comment(0) |


2012/03/28 (Wed) 石川町駅すぐの純喫茶 モデル

工場見学の後は、天気もいいし鎌倉に行ってみよっかということになりましたが、年中車に乗っている私ですが全く道路が覚えられず「毎回同じところを走ってるのになんでわかんないの?!」とか怒られたりして・・・。すぐにすっと覚えられる人がほんとに羨ましいです。覚える気がないわけじゃあないんですが、覚えられないんですよ。
自分ひとりだったら間違ってもしょーがないなって済むんですけど、乗っている人がいるとさらに緊張します。それがとても親しい人であったとしても・・・。イライラしてることがわかると、萎縮するし。
道路が覚えられないだけではなく失くし物もとても多いので、自分でもどうかしちゃってるんじゃないかと思います。いくらなんでもボケるのにはまだ早い。

なんとかその場の空気を取戻したところでお昼を過ぎたので、同行者が先日石川町で見つけたという喫茶店へ行くことにしました。その喫茶店の名前は・・・「モデル」です。その名前は聞いたことがある・・・先日、エムケイさんのブログで見た素敵喫茶店です。「えー知ってるの?せっかく見つけたのにぃ」と同行者ちょっと不満そうです。
石川町 モデル (3)
黄色いテントが鮮やかな外観。よく見ると看板はあちこちにあるのに、ほかのお店の看板の方が目立っちゃってます。どこから入るのか一瞬迷いました。
石川町 モデル (13)
階段を何段かあがった中二階みたいな場所になっています。お店から外を見るとちょっと見下ろす感じ。
石川町 モデル (6)
入口わきのウィンドウにサンプルが飾ってありました。食事も美味しいのかな・・・。
石川町 モデル (12)
作られたレトロではなく、きっちりと古くなっている感じ。今見るとむしろ新しい内装。
石川町 モデル (8)

続きはクリックで・・・


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜 | trackback(0) | comment(6) |


2012/03/28 (Wed) 森永製菓 鶴見工場でキョロちゃんに会うの巻

タンゴさんから歩いてやってきたのは・・・・森永製菓鶴見工場です。いつもこの周りを車で通りすぎるばかり。調べてみたら、工場見学は予約が必要だけれど工場売店には平日なら入ることができることがわかりました。

車に乗っているとわからないかもしれないですが、この工場の近くを歩くとチョコレートのあまーい香りがします。外観にもぬーぼーやキョロちゃんが書かれていて、森永の工場ってはっきりとわかります。私たちは売店だけなので、守衛さんに「売店へ行きたいんですけど・・」と申し出て名簿に名前を書いて番号が書かれた通行証をもらいます。
森永 鶴見工場 (1)
守衛所を通り抜けると消毒液の出る機械があるので、両手を消毒。さすが食品工場。
森永 鶴見工場 (2)
工場内の配置図です。工場見学は2か月前から予約できます。
森永 鶴見工場 (3)  森永 鶴見工場 (4)
守衛所を通り過ぎた後は、横断歩道に沿って歩いて売店のある建物へ。(小さい方のエンジェルちゃんの画像はクリックで大きくなります。)エンジェルちゃんってこんな顔だったっけ・・・。
森永 鶴見工場 (5)

そして売店へ・・・続き

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜 | trackback(0) | comment(2) |


2012/03/28 (Wed) タンゴさんのモーニング

平日のお休みというのは実にうれしいです。サボったわけではなく、その上体調が悪いとかでもなく、堂々と休日出勤の代休です。休日出勤手当をもらうという手もありますが、私にとってはお金よりも時間。
有給休暇ってなに?っていう仕事ばかりしてきましたから、この職場に勤めて7年になりますが、仕事の良しあしはともかくそれについてはほんとにありがたいと思っています。有給休暇なんて労働者としては当たり前の権利なんですけどね。その上、代休もとれるなんて・・・・

せっかくのお休みなので、どうするか考えるために・・・まずはタンゴさんです(笑)朝タンゴさんに行ったのは初めて。タンゴさんにもモーニングがありました。タンゴさんのモーニングは名古屋方式です。どんな飲み物にもトーストがつくのです。ゆで卵とサラダはそれぞれが¥50。

起きてからコーヒーを飲んでいなかったので、本当はコーヒーが飲みたかったのにせっかくだから注文したことのない飲み物を頼んでみようかなぁ・・・・と、苺ジュース。同行者は珍しく朝からおなかが減っていたらしく、コンビーフトーストの注文です。セットにしたのはメロンミルク。
タンゴ モーニング (1)
をー 並べるときれい♪ マスターに「ピンク色の食べ物苦手なんでしょ?大丈夫?」と聞かれて、たぶん大丈夫と答えたのですが・・・・これは同行者の頼むべきものでした。ちゃんといちごミルクの味で、そういうのが好きな人にはたぶん美味しいと思います。

タンゴ モーニング (3)
これがモーニング。サラダとゆで卵も頼んだので、苺ジュースに+¥100。朝のタンゴさんは初めてでしたけど、朝は朝でちゃんと常連さんがいらっしゃるのでした。
モーニングを食べながら今日の予定を話し合ったので、さっそくGO!


タンゴ
TEL 045-571-7148
住所 神奈川県横浜市鶴見区佃野町29-45
営業時間 8:45~21:00  (ラストオーダー 20:30)
定休日は第一・三水曜日なのですが、たまーにお休みの変更があるので
ブログなどでご確認下さい。


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

タンゴ | trackback(0) | comment(6) |


2012/03/27 (Tue) 野毛界隈をぶらり Cafe BASIL

「とみちゃん」でお好み焼きを楽しんだ後、ちょっとぐるっと回ってみようか・・・と、野毛界隈を走りました。前にも書いたけれど、この辺りは不思議な地域。桜木町が最寄駅になると思うのだけれど、海側はみなとみらいで近代的、でも中に入ると下町っぽい雰囲気とピンクっぽい場所が一緒くたにあります。
みなとみらいと野毛町は野毛ちかみちという地下道で行き来ができます。ぐるりと走ったあと、見つけた駐車場に車を停めて歩きました。あまり時間はなかったけれど・・・。
野毛界隈 (1)
前に一度昼間に通ったことがあるけれど、夜の方が人がいて明るい感じがします。気のせいかな。コーヒースタンドを発見したので入ってみました。
野毛界隈 (3)
女性が一人でお店を切り盛りしています。夜中12時まで営業してます。飲んだ後にうれしい。
野毛界隈 (4)
お店の中には4人入ったらぎゅうぎゅう。先客はおひとりでしたが、私たちのあとにお客様もいらして、私たちの時間もそれほどなかったので持ち帰れるように紙のカップに入れてもらいました。ケーキも並んでいて、美味しそうだったなぁ・・・・私は久しぶりにエスプレッソを飲みましたが、香りが良く美味しかった。紙のカップじゃなければもっと美味しかったとおもうとちょっと残念。また行きます。

そういえば、このお店は野毛にはITALIAN BAR BASIL、Cheese & Wine BASIL、American Bar BASILの3店舗あるBASILの新しいお店なんだそうです。どのお店も人気店だそうです。→ヨコハマ経済新聞

野毛界隈 (5)
こんな建物もあったりして、細かく回るともっといいものが見つけられそうな気がします。

そういえば、野毛山動物園というところに行ったことがありますが、(野毛山動物園は入園無料という驚異の動物園です。)野毛町っていうのはどこからどこまでなんでしょう?
「桜木町駅の南西に位置した場所で野毛本通を挟んだ宮川町を含めて考えることも少なくない。」とWikipediaに書かれています。「東に花咲町、南に大岡川、西に老松町、宮川町、北に西区戸部町に接する。」結構広い地域なんですね。(→参考)桜木町や三菱重工横浜造船所に隣接していたことから、古くから繁華街として栄えた場所だそうです。また行きたいところが増えてしまいました。

カフェ バジル

TEL 045-242-1266
住所 神奈川県横浜市中区野毛町1-53
営業時間
14:00~24:00
定休日 火曜日


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: