2012/06/30 (Sat) 冷たい鴨南ばんも美味しい

うちの比較的近所にあるお蕎麦屋さん「鴨南ばん」さん、とても天気が良くて暑い週末に行ってみたら満席で待っている人がいました。やっぱり人気のお蕎麦屋さんなのですね。この辺りにはお昼ご飯を食べられる飲食店というのはほとんどなくて、ホームズの中にあるサイゼリアくらいなのです。お買い物をかねてやってきてお昼を「鴨南ばん」さんで召し上がるお客様も多いのかもしれません。
私たちも買い物で時間をつぶして、時間を見てお店へ戻りました。

今回食べたのは・・・冷たい鴨南ばん。同行者は親子丼のセットを頼んでました。ここの親子丼が結構気に入ったらしいです。セットにはフルーツがついてきてました。

鴨って結構脂があるから冷たくしたらどうなのかなぁ・・・?と思ったのですが、さっぱりしています。温かい鴨南ばんも良いけれど、これから暑い時にはこっちが多くなっちゃうかも。
2012_06_30鴨南ばん (1)
今回はちょっと待たされました。週末はいつもこんな感じなのかな。


そば処鴨南ばん
住所 〒230-0000 神奈川県横浜市鶴見区江ヶ崎町19-31
TEL 045-583-7819
営業時間 11:00〜14:00(閉店)、17:00〜20:00(閉店)
定休日 木曜(1月1〜3日・8月17・18日休)
駐車場  有



前回はこちら              前々回はこちら


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト

横浜 | trackback(0) | comment(2) |


2012/06/29 (Fri) 夜中でも大丈夫 どんなりざ in 新大久保

ほんとは、「おんどる」でデザートのパッピンスが食べたかったんですが・・・あまりの賑やかさに閉口して、早々に退散。ちなみにパッピンスというのは韓国のかき氷みたいなものです。世界中どこでもかき氷風のものがありますね。どこかでデザートでも・・・と新大久保をぶぅらぶら。結局、デザートはなさそうだったけれどお気軽な感じのお店に飛び込みました。

お店の名前は・・・なんて読めます?正解は「どんなりざ」
2012_06_29どんなりさい (7)
実はお店の名前を全然覚えていなくて、自分で撮った写真を見て確認したのですが、「どんなりさい」だと思っていました(笑)インターネットで検索した時も「どんなりさい」で検索したのですが、実際に色んなブログに「どんなりさい」と書いてありました。食べログに登録がなかったため、おかしいな・・・と確認したら、正しいのは「どんなりざ」でした。韓国語で「どんなりざ」の「どん」には韓国語でお金と豚の意味があり、縁起が良いことからつけられたそうです。→ 参考

看板にはサムギョプサル専門店と書いてありますが、メニューを見る限りでは専門店というよりも韓国料理で思いつく料理がほぼある韓国料理の気軽なレストランという感じを受けました。もちろんサムギョプサルはメニューにあって1人前が¥1050です。一番写真は大きいものの、メニューではカムジャタンとプデチゲで1ページを分け合っています。選択肢が多くていいですね。
2012_06_29どんなりさい (1)←クリックすると大きくなります。
サムギョプサルを数店で同じ日に食べて、どのくらい店によって違うのかというのを比べてみたいものですが、この日は無理だったので小さ目のお料理を頼んでみました。

一番最初にさっぱりとサラダ。
2012_06_29どんなりさい (2)
これはトック トックは米が原料のお餅です。それが入ったスープ。おなか一杯とか言ってるのに食べるねー(笑)4人で分けて食べてもまだ多かったです。ボリュームあります。
2012_06_29どんなりさい (4)
最後に一度食べてみたかったケランチム。韓国の茶碗蒸しです。食べてみたい・・・と話していたら、お店の方がにっこにこしながら「絶対おいしい」と太鼓判を押してくれました。彼もたぶん好きなのね。
2012_06_29どんなりさい (5)
鍋にあっつあつで出てきました。表面がふんわりと盛り上がってます。表現は良くないのですが、蒸し器でがっつり蒸してすだった茶碗蒸しみたいです。でも、このふんわりが美味しいのです。ちょっと濃いめの味付けはご飯の上にのっけてもいいかも。数人分を一つに作って取り分けるのがふつうだそうです。
2012_06_29どんなりさい (6)
お店は明るくて、ちょっと遅めの時間でもありましたから、それほどお客様もいらっしゃらず静かです。席数がたくさんあってちょっとファミレスみたいな雰囲気もあります。数台のモニターにはK-popの映像が流れていますが、大音量ではなくってあまり邪魔になりません。

色んな物を食べてみたいと思っている時には、こういうお店便利です。デザートがないのは残念だったけど。
検索してみたら、チャン・グンソクファンの方のブログにたくさん行き当たりました。WOW新大久保のページにも書いてあったけれど、グンちゃんもユンホ(東方神起)も来店されたんだそうです。どうも写真があったらしいのだけれど、興味がないものだから見てませんでした。夜中の2時まで営業されてますし、お休みはないので急な時でも安心です。


どんなりざ
TEL 03-3232-7887
住所 東京都新宿区大久保1-15-15 1F
営業時間 11:00~16:00 16:00~02:00(L.O.24:30)
定休日 無休
ぐるなび



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2012/06/29 (Fri) 「おんどる」でサムギョプサル in 新大久保

ホットクを食べ歩き、韓国の化粧品をぶらぶらと見て回っているうちに時間が来たのでお店へ。
2012_06_29おんどる (13)
前来た時とずいぶん雰囲気が変わりました。場所はおんなじなんだけど・・・。気のせいかもしれないけれど、新大久保のお店ってラブリーな豚ちゃんがキャラクターだったりするのですが、「おんどる」も例外ではないようです。
2012_06_29おんどる (5)
これから豚肉を食べようってのに、逆に残酷な感じが・・・(苦笑)
2012_06_29おんどる (1)
これがサムギョプサルのメニュー。前回来た時は1人前が¥980だったような気がします。ちょっと値上がり?
2012_06_29おんどる (3)
どどーん!これがサムギョプサルのお肉です。厚みがあります。このお肉をキムチと一緒に鉄板にのせて・・
2012_06_29おんどる (8)
脂を落としながら焼いてもらいます。ある程度まで焼くのはお店の方がやってくれます。
2012_06_29おんどる (7)
おかずが数種類ついてきます。あとサンチュも・・・。これらのおかずとお肉をサンチュに巻いて食べるわけです。美味しいです。サンチュをお替りしまくって食べました。食べ終わって、ちょっと物足りないのでキムパも頼みました。
2012_06_29おんどる (11)
キムパも何種類かあるのですが、これは味付け焼肉が一緒に巻かれているプルコギキムパです。キムパは韓国風の海苔巻ですが、日本がルーツだそうです。だから、たくあんが具に必ず入っているのですね。でも、ご飯は酢飯ではなくてごま油が混ぜられたのです。ここのキムパはちょっとお高めですが、なかなかでした。

本当は「おんどる」名物のデザートも食べたかったのですが、周りのあまりのにぎやかさに嫌になって次のお店へ・・・。デザート食べたかったなぁ・・・。もう22時だというのにまだまだお客様いっぱいです。
あ・・そうそう おんどるのレストランのお隣にはデリカおんどるというのがあります。
2012_06_29おんどる (12)
キムチや韓国のお惣菜などが並んでいて、私はスンドゥブのたれを購入しました。前は向かい側にあったんですけどね。スンドゥブのたれ気軽につかえて美味しいんです。


おんどる 新大久保本店
TEL 03-3205-5679
住所 東京都新宿区百人町1-3-20 エスケイビル 1F
大久保通りから明治通り方面に歩き、ガスト手前の路地を右に入ってすぐです。
新大久保駅からだと、駅から出て右の方です。)
新大久保駅から190m
営業時間
【ランチ】10:00~15:00
【ディナー】15:00~翌1:00
定休日 無休




ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(4) |


2012/06/29 (Fri) 食べ歩きのおやつ ホットク in 新大久保

「サムギョプサルを食べようよ」と誘われて初めて新大久保に行ったのはもう5年前くらいです。その時は新大久保って韓国人街なんだなと思いました。日本語を話す人よりも韓国語を話す人が多いのです。
今回も同じくサムギョプサルを食べようと出かけて行きました。最初に行った頃よりも、サムギョプサルは皆が知っている料理になって、別に新大久保に行かなくても食べることが出来そうですが、雰囲気を味わいに・・・。前回も行った「おんどる」と言うお店。一応予約を試みたのですが、満席ですとお断りされちゃいました。行くのがちょっと遅い時間だったので、予約のないまま行ってみることにしました。

最初に行った時「おんどる」は「とんちゃん」と並ぶ人気店でした。そして、サムギョプサル専門店とうたっているお店が山ほどある今でも新大久保の人気店です。何が違うんだろう?食べ比べてみたい・・・。
とりあえずお店へ向かってみましたが案の定「おんどる」満席。30分くらい待てば入れるということで街をぶらつくことにしました。テレビで良く見る新大久保は、行ってみるとテレビでみたまんま、日本人韓流ファンがたくさんいらして、もはや観光地。店員さんは韓国の方なので韓国人街というよりも明洞へ行ったみたい。

・・・と言うわけで、ぶらぶらしていたらテレビで見たことのあるホットクが売られていました。(ホットクの説明は→こちら)標準のホットクは何が挟まっているのだろう?と思ってましたが、シナモン入りの黒砂糖とインターネットで調べたら書いてありました。

店名が良くわからなかったのですが、私たちが立ち寄ったのは「韓流ホットク」という店名だったようです。
2012_06_29ホットク (3) モザイクあり
お店に向かって右側に券売機があって、注文を決めたらまず食券を購入します。おねえさんに渡すと、それから生地を取り出し丸めて鉄板で焼くのです。「写真とってもいいですか?」と聞いたら、当たり前じゃん。なんでそんなこと聞くの?って顔されちゃいました。
2012_06_29ホットク (2)
どれが一番人気なの?と聞いたのですが、全部!ということだったので私ははちみつ、同行者はチーズにしました。どちらも¥200。韓国の屋台では¥100くらいで食べられる気軽なおやつだそうです。
2012_06_29ホットク (5)
お得なセットもありました。プラス¥100でトウモロコシのひげ茶がセットになります。
2012_06_29ホットク (6)
出来上がったホットクはあっつあつで、かつデカイ!サムギョプサル食べる前なのに・・・と思ったりもしましたがパクリ。猫舌の人は気を付けなければいけません。持っているので具のハチミツはちょっと偏り気味。外はぱりっと中はもっちもちです。今は新大久保にはたっくさんホットクの屋台があるので、初体験ではこれが一番美味しいのかどうかはわからないのですが、美味しかったです。これ一個でお昼ごはんになりそう。

皮部分が薄い緑色だなぁ・・と思っていたら、抹茶が練りこんであるらしいです。そして、新大久保ではこのお店でしかチャプチェホットクは食べられないらしいです。チャプチェも大好きなので、ちょっと悩んだんですけど。
WOW新大久保というHPに韓流ホットクの紹介があったので、参考にしました。→参考にしたのはこちら


韓流ホットク
TEL 03-3208-9688
住所 東京都新宿区百人町1-6-15 NKビル B1F
営業時間 11:00~23:30
定休日 毎週日曜日





ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(6) |


2012/06/27 (Wed) 新子安駅前の名前のわからない軽トラック屋台のにんにくラーメン

二日たったつくの商店街のツバメちゃんたちです。(二日前は→ こちら
2012_6_26 ツバメ (1)
もう巣の中から体がはみ出してます。心なしか大きくなっているような気がします。気のせいかな?巣立ちももうすぐかもしれないですねぇ・・・。


夜遅い時間にラーメンを食べるなんて絶対良くないとわかっているのですが、美味しいと聞けば・・ねぇ。
ホームランのオーナーに連れて行っていただきました。飲んだ後の〆のラーメンは格別です。場所は新子安。新子安の改札が見える位置にあり、徒歩1分くらいです。新子安ってあんなところに駅があるんですねぇ・・・。
2012_6_27新子安屋台ラーメン (2)
ちょっと暗くてわかりづらいのですが、ラーメンの提灯の奥の四角い看板が新子安の駅の入口です。名前も特にないらしい屋台のラーメンです。実は、博多以外で屋台のラーメンを食べるのは初めて。
意外とラーメンの種類が多いです。普通のラーメンが¥500、みそラーメンとにんにくラーメンととんこつラーメンが¥600、ちゃーシュウラーメンとメンマラーメン・キムチラーメンが¥700。ビールとお酒もあったので一杯飲むことも出来るみたいです。
私たち全員はお勧めされたにんにくラーメンを注文。
2012_6_27新子安屋台ラーメン (3)
おじさんが一人で営業しています。ラーメンを作ったあと、生ニンニクつぶしてたっぷり。
2012_6_27新子安屋台ラーメン (5)
麺は細麺。しょうゆ味のラーメンは懐かしい感じですが、この上にのった生ニンニクが効いています。これは美味しい。でも、ちょっと胃が弱い人は辛いかも。にんにくをつぶすのに時間がかかってちょっと麺が伸び気味なのはご愛嬌です。普通のラーメンでもよいのですが、これ食べちゃったらつい次回もにんにくラーメンにしちゃうかも。ラーメンでは物足りなくなりそうです。

いつからかはわかりませんが、ずいぶん前からここで営業されているそうで新子安を利用する方ならみんな存在は知っているそうです。営業時間もはっきりしませんが、週末はお休みらしい。
みそラーメンもお勧めされました。みそはどうもひと手間かけているようで、ちょっと違うんだよと勧めてくれた方の弁。夜、飲んだ後にラーメンを屋台で食べるなんてオトナになったなぁ。



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜 | trackback(0) | comment(4) |


2012/06/25 (Mon) 久しぶりに三崎方向へ④終 路地にあるカフェ 月印

横須賀って喫茶店がありそうで・・・見つけられないところ。ちゃんと調べて行けばいいのに、それもなんとなく違うような気がして行き当たりばったり。小判焼きを食べておなか一杯だから、お茶だけって思ってウロウロ。

そこで見つけたのがこのお店でした。三笠通り商店街を抜けて、路地を覗きこむと・・・
月印 (1)
どんつきに気になる感じのお店。もとはパーマ屋さんだった気配。美容院じゃなくてパーマ屋さん。
月印 (2)
喫茶店って感じではなくて、カフェです。カフェ。オシャレに縁のない私にはどうかなぁ・・・と思うお店ではあったのですが、思い切って入ってみました。わざとらしすぎない程度の古さを感じるインテリア。ごちゃごちゃしているように見えて、計算されている感じもするのです。
あぁ こういうのはセンスなんだよなぁ・・・こういうインテリアを作るのは私には無理。素敵です。

メニューはアンティークの額縁に雑誌か何かの切り抜きの文字をコラージュしたもの。これまたセンスが感じられます。どうもこちらの看板メニューらしい月印ミルクを注文。月印ミルクは¥500。バニラとヘーゼルナッツの2種類があります。同行者の好みどまんなか。

お客様は常連さんが多いようではありましたが、飾らない感じの店主と思われる女性がとても感じが良くて居心地良さを感じます。店内にはアンティークというか古いものが並べられ、店内の真ん中くらいにある階段を上ると更に古着が販売されています。
見せていただいたら、入るかどうか不安だったけれど欲しいものが数点、悩んでいたら「誰もいないから上で着てみたら?」と言って下さってスカートとTシャツを購入。カフェってちょっと苦手ですわ・・と思っていたのですが思いがけずのんびりしてしまいました。HPによると「久里浜で骨董品店を経営していたfujiとお菓子作りが大好きなnanaが2人で始めたカフェのあるアンティークショップです。」ということなので、きっとこのお二人のセンスが結集したお店。素敵なお店です。そうそう、確かに撮影したくなる店内なのですが、店内は撮影禁止です。

行こうと思っていた喫茶店が火事になっていたり、食べようと思っていた小判焼きを知らない人に貰ったり、カフェに入ったのに洋服を買ったり、なんだか不思議な一日でした。おしまい。



cafe antiques月印
TEL 046-822-6716
住所 神奈川県横須賀市大滝町1-27
営業時間 [水~月]
定休日 火曜日
HP:http://www12.plala.or.jp/tsukijirusi/index.html




ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横須賀 | trackback(0) | comment(2) |


2012/06/25 (Mon) 久しぶりに三崎方向へ④ 横須賀 太平小判焼を貰った・・・

キーコーヒーがなくなったことにがっかりして、三崎を出発。仕方がないから横須賀でお茶しようということに。

前にココに来た時は「暑い時だったねぇ・・・」と話しながら三笠焼を焼くおじさんの前を素通り。ごめんよ。おじさん。三笠焼はまぁ簡単に言えば戦艦三笠の模様がついた大判焼きです。型が年季が入りすぎてちょっと戦艦三笠がうっすくなっているけれど・・・。あんこたっぷりの大判焼き。
2012_6_25横須賀 (3)
前回はお店の中で昔懐かしいタイプのかき氷と三笠焼を食べたのですが、店内で三笠焼を食べる時は2個からなので、キビシイ。2個一気にイケちゃう人は少ないと思います。
2012_6_25横須賀 (2)
写真は撮らせていただいたけれど、素通り・・・ほんとにごめん。だって、その先を曲がったところにある小判焼きが食べたかったんだよぅ。

・・・っと、その場所へ。このそもそも心惹かれる古い建物の中に小判焼きのお店はあります。
2012_6_25横須賀 (4)
えーっとえーっと・・・!!!!!閉まってる!!!!うぅっ・・・がっかり。
2012_6_25横須賀 (5)
「太平さんって名前のお店だったんだ」と改めて手書きの味のある看板をながめてとぼとぼと歩いていると、向こうから軽トラックがすぅっと近寄ってきて、窓が開きました。怪しすぎる・・・驚いていたのですが、運転席の男性が「小判焼き食べたかった?」と。なんだろう?と思いながらも「食べたかったのにやってなかったんですよー」と答えたら、「あげるよ」って白い袋から一個取り出してまだ温かい小判焼きを一個くれて、すぅっと去っていきました。
あっと言う間の出来事になんだったんだろう?と笑えちゃいましたが、せっかくいただいたんですもの。今すぐ食べなきゃ。↓これがいただいた小判焼き。¥80らしいです。
2012_6_25横須賀 (7)
中身は、『あずきあん』『白あん』『カスタード』『チョコレート』の4種類あるようなのですが、いただいたのはあずきあんでした。
2012_6_25横須賀 (8)
ちょっと厚めのもっちりした皮にあずきあん。美味しかったです。それはたぶん貰ったからじゃあないと思います。たぶん・・・。あのお方はお店の方だったのかなぁ?どこであたしのいうことを聞いていたんだろう?考えれば考えるほど、恥ずかしくも楽しい。



太平小判焼 大滝町店
住  所 〒238-0008 横須賀市大滝町1-27
TEL/FAX 046-822-7377
定休日 水曜、日曜、祝日
営業時間 7:00~18:00
参考にしたのは→こちら



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横須賀 | trackback(0) | comment(0) |


2012/06/25 (Mon) 久しぶりに三崎方向へ③ ナンブヤさんと三崎港周辺

前回ナンブヤさんに教えていただいた喫茶店に今度こそ行こう!と三崎港をぐるぐると歩き回りました。やっぱり見つけられない・・・。

平日の三崎港は釣り人がポツリポツリといるくらいで、あまり人がいなくて静かです。
2012_6_25三崎港 (1)
結局見つけられずにナンブヤさんへパンを買いに行き、バタートップとマドレーヌを購入。聞いてみると・・・「あぁ キーコーヒーね・・・火事になって焼けちゃったの。びっくりしたわよ。」と、その日の様子を教えてくれました。
2012_6_25三崎港 (2)
キーコーヒーだった場所は、更地になっているそうです。さっき「この辺なんだけどなぁ・・・」と歩いていたところがそうでした。結局、行くことが出来なかったお店って結構ありますが、行けなかったということはご縁がなかったということなのかもしれません。再開するという噂もあるそうですから、その時を楽しみに待ちましょう。
在りし日の「キー」という喫茶店は、「わき道にそれて純喫茶2」でエムケイさんがお書きになっています。
→記事はこちら

地域の方はキーコーヒーと呼んでいたらしいそのお店は正式には「KEY」という純喫茶でした。


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横須賀 | trackback(0) | comment(6) |


2012/06/25 (Mon) 久しぶりに三崎方向へ② 三崎食堂

高速道路にのってしまうと、三崎までは近いのです。お昼過ぎには三崎に到着。
お昼ごはんは市場の「三崎食堂」で食べることにしました。以前来た時にまぐろコロッケの美味しかったところ。まぐろコロッケが食べたい・・・。

入口は2階。市場の前には駐車場があります。階段の途中にメニューがありました。
2012_6_25三崎食堂 (11)←クリックすると大きくなります。
2階入ったところにある受付です。市場見学の際にはここで台帳に記入します。既にセリは終わっていたので、受け付けは閉められていました。前回は、おじさんが丁寧に説明してくれました。
2012_6_25三崎食堂 (10)
通路を進むと食堂は右側。入口はこんな感じ。
2012_6_25三崎食堂 (9)
市場の食堂という感じとはちょっと違います。市場の食堂と考えて想定する金額よりもちょっとお高いです。
2012_6_25三崎食堂 (3)
お店の方は明るくて親切です。でも、前回来た時とちょっと雰囲気が違うような・・・
2012_6_25三崎食堂 (2)
小さな黒板にチョークで魚が画いてあります。聞いてみるとお店の方が描いたわけではなくて、学校の美術の先生が描いて下さってるとのこと。特徴がとらえられていてとっても感じがいいです。→このお店について調べていたらこのチョーク画を書いた方のブログに行き当たりました。学校の美術の先生ではないじゃん(苦笑)確かにそう聞いたんですけど・・・ 三崎食堂のための絵画
2012_6_25三崎食堂 (1)
私はこの恵み丼というのにしました。¥1200はちょっと高いかなぁ・・・同行者は、お刺身と生姜焼きのセット。
2012_6_25三崎食堂 (4)
この日は青い殻のアローナ卵がないということで白い普通の卵になってます。
2012_6_25三崎食堂 (5)
ご飯が進みそうなものが山ほどのった丼です。美味しいのだけれど、マグロの漬けとシラスを一緒にしちゃうとシラスの存在感がほとんどなくなっちゃいます。ご飯の上で、マグロとシラスは分けて、別々に食べた方がいいような気がします。欲張っちゃだめなのかな・・・。
2012_6_25三崎食堂 (6)
こっちはそんなに量があるようには見えないけれど、お味噌汁はあら汁だったりして食べ終わるとずっしり。ボリュームあります。

三崎という場所を考えると、全体的には高い印象。美味しいことは美味しいのですけれど・・・。食べたかったまぐろコロッケはありませんでした。食堂の名前は同じだけれど、今年になってから運営している人が変わったとのこと。お店のスタッフの方はまぐろコロッケの存在自体をご存じなかったようです。
それで微妙にお店の雰囲気が変わったんですね。



三崎食堂
営業時間 5:00~15:00
朝御飯は~10:00
定休日 水曜日
HP  https://sites.google.com/site/misakidining/




ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横須賀 | trackback(0) | comment(2) |


2012/06/25 (Mon) 久しぶりに三崎方向へ① コーヒーフジタのモーニング

そう言えば 三崎に行ったはずなのに、写真がないわーと思っていたら発見!

気まぐれにとってしまったお休みの日に、あまり天気が良くないのに三崎に行くことに決定。まずは、腹ごしらえ・・と、普段は行けないところでモーニングを食べることにしました。行った先は、コーヒーフジタ 前回の記事は→ こちら
2012_6_25コーヒーフジタ (6)
ドアにモーニングのメニューがホワイトボードに書いて下げてありました。
2012_6_25コーヒーフジタ (5)
モーニングは二種類。Aがバタートースト、Bはハムトースト。どちらも¥550です。モーニングをひとつと、同行者はアイスココアを注文しました。
2012_6_25コーヒーフジタ (1)
モーニングの時間帯はご主人がお一人でした。奥さまはお昼時間帯にやってくるのか・・それとも、たまたまこの日いらっしゃらなかったのでしょうか。
2012_6_25コーヒーフジタ (4)
ハムトーストには小さなサラダがついてきました。マツモトのハムトーストとはまたちょっと違った感じ。
2012_6_25コーヒーフジタ (3)
アイスココアの甘味は別添えです。そう言えばホットもお砂糖を好みで入れてくださいって言われたような覚えがあります。ハンプティダンプティみたいな絵がかかれたコースターにのってきました。
2012_6_25コーヒーフジタ (2)

腹ごしらえも済んで、三崎へ向けてGO!あ・・コーヒーフジタですが、ネット上にはほとんど情報がありません。横浜文化体育館のお向かいにあって、定休日は日曜日です。


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: