2012/07/31 (Tue) 六角橋商店街の洋食やさん キッチン友 再び チキンソテー

横浜・六角橋の洋食屋さん「キッチン友」。初めて行ってから何度か伺っています。(初めて伺ったのは6月でした→
前回)2012年6月 9日(土)放送のアド街っく天国が「六角橋商店街」で、キッチン友は13位でした。
テレビ放送の効果は絶大で、しばらくは大変なことになったそうです。常連さんたちにとっても嬉しいやら、迷惑やら・・・最初に伺った時、おかあさんが疲れたーって顔をしていたのはきっとそのせいだったのですね。

何度か伺っているのに、毎回私は友風焼き、同行者はチーズハンバーグを注文してしまいブログに書くこともありませんでしたが、今回は思い切って気になっていたチキンソテーを注文しました。メニューのチキンソテーの説明にはこってりしたソースのおいしさと書いてあるんですが、どんなものなのでしょうか。
2012_7_31 友 (1)
↑こんなお料理でした。私のイメージでは大きなお肉だったのですが、こちらのチキンソテーは食べやすく一口大に切ってあります。
2012_7_31 友 (2)
マッシュルームがたくさん入ったとろりとしたソースが絡めてあって、確かにこってりしたお味。もちろんチキンソテーにもかぼちゃの天ぷらがかくれております。

美味しかったんですが、やっぱり友風焼きの方が好きだったなぁ・・・でも、ここのメニューを制覇するのが目標。まだオムライスもナポリタンも食べてないし・・・。


キッチン友
TEL 045-431-1152
住所 神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-7-21
営業時間 12:00~22:00
定休日 水曜日



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト

六角橋商店街 | trackback(0) | comment(4) |


2012/07/29 (Sun) 蒲田の西口の有名店 鈴文

揚げ物大好き! 揚げ物の中でもパン粉のついた揚げ物が特に好きらしく(自分のことではありますが比較的最近気づいたんです。)、とんかつは大好物です。純喫茶リオのマダムととんかつの話になり、蒲田のとんかつの話でちょっと盛り上がりました。

蒲田のとんかつ屋さんと言えば西口には「鈴文」、東口には「丸一」という有名店があります。どちらも甲乙つけがたいのですが、落ち着いた雰囲気で私は「鈴文」さんの方が好みです。「行列に並ぶなんて嫌よ!」とか「白っぽいとんかつなんてかつじゃないわ!」とかリオのマダムがおっしゃるものですから(マダムのせいにしていますが、ほぼ私の意見です(笑))急激にとんかつが食べたくなりました。それも美味しいのを・・・ね。

というわけで、日曜日は営業しているというのを確認して夕ご飯に「鈴文」さんへ。「鈴文」さんは、東京工科大学のすぐ近くにあるとんかつ屋さんです。区画整理でお店が移動するのを機に閉店しようと思っていたようなのですが、それまでのお客様たちの強い要望で場所を少し移動して営業再開したとお聞きしました。ちなみに私は、新しくなってからしか行ったことがありません。
2012_07_29鈴文 (3)
店内はこぢんまりしていて、ほとんどがカウンターです。奥の方にテーブルがあるみたいです。(未確認)
2012_07_29鈴文 (2)
店頭にあるメニューです。ほぼこれで全て。とんかつ屋さんらしいいさぎよいメニューです。カウンターへ案内されて、私はひれかつ、同行者はロースかつを注文しました。
以前一人で来た時には、店主がとんかつを揚げている間、眠っているように目を瞑っていらしてあげ時になるとぱっと目をあけてとんかつを油から揚げるんです。名人芸なのか・・・それとも、店主の体調が・・というような噂を聞いたりしていたので、体調が悪いのでは?と心配してみたりもしました。今回はお客様が多かったせいもあって大変活発にとんかつを揚げたり、他の準備をしたりと忙しくしていらっしゃいました。仕事ぶりを見ていると大変細かい方のようで、トン汁の材料の指示がグラム単位です。


とんかつを揚げるのを眺めていると時間がすぐにたってしまいます。とんかつ登場。
2012_07_29鈴文 (1)
これがとんかつ。特ロースでなくても十分に厚いです。特ロースはこの1.5倍くらいの厚みがあるように見えます。もういきなりソースかかってますが、私はとんかつが好きなだけじゃなくてソースも好きなんです。良いとんかつは塩で・・とか、お醤油で・・とか聞きますが、申し訳ありませんがとんかつが食べたい時は、ソースと辛子が食べたい時でもあるわけで、それ以外の食べ方はないです。グルメじゃなくてごめんなさい。
2012_07_29鈴文 (4)
こっちがひれかつ。ひれかつも厚みがあります。
この前食べた時よりも衣の色が少し薄いような・・・どちらかと言うと揚げすぎ?と思われるくらいの色をしていたと記憶しています。でも、揚がっていないわけではありません。中はほんのりピンク色。ここの豚肉もSPF豚だと思うので、少しくらい揚がっていなくても大丈夫なのでしょうが、私は昔の人なので「豚肉はきちんと火を通さなければいけません」と教えられています。ちょっと生っぽいのは、大丈夫とわかっていても抵抗あるのです。
ここで特徴があるのは、揚げたとんかつを切る時に包丁を熱い揚げ油につけながら切ることです。あれはどんな意味があるのでしょうか。
付け合せのキャベツにはあまり思い入れはないようで、結構なざく切り。私が初めてせん切りキャベツを作った頃のような太さです(苦笑)その上量は少ないです。とんかつやさんの千切りキャベツは、私にとってはとんかつと同じくらいに重要なのでかなり残念。お味噌汁はトン汁です。説明できないんですが、ちょっと特徴ある味。私は好きです。

同行者は初めてこのお店に行ったので、「今まで食べたのはとんかつじゃないかった!」くらいに美味しいと感激していたのですが、私はこの日のとんかつはあまり良くなかった・・・と感じました。何がどうと言えなくて、自分の感覚のみなのですが、いつもよりもちょっと雑な感じがしました。いつもの状態の良い時のとんかつを食べさせたかったなぁ・・・・まぁ それでもかなり美味しいことは美味しいのですけれどね。
揚げ物もその日によって多少差があるのはしょうがないです。作っているのは人なのですから。

このお店店主が揚げ手で、フロアとその他のことは女性2名で行っています。女性2名の接客も感じが良くて、昔から通っていらっしゃるお客様の雰囲気も良く、お店全体が良い感じになっています。お客様は比較的年齢層が高いのですが、ボリュームある特ロースや盛り合わせをペロリと召し上がる方も多くて驚きます。そのくらいもたれない・・ということなのかもしれません。

いつかお昼にお邪魔してみたいと何年も前から思っているのですが・・・なかなか行けないのが残念。


鈴文
TEL 03-5703-3501
住所 東京都大田区西蒲田5-19-11
営業時間 11:30~14:00
17:30~20:30(L.O20:00)
定休日 水・木



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(4) |


2012/07/29 (Sun) 梅ちゃん先生って人気なのね・・・

蒲田は今、NHKの連続テレビ小説「梅ちゃん先生」で密かに盛り上がっています。全然密かではないのかもしれないのですが、見たことがないので良くわからないのです。
確かにNHKの連続テレビ小説というのは人気があるようで、添乗員時代に朝8時半出発ということになるとそれを見てからじゃないと部屋を出てきてくれないお客様というのが毎回いらっしゃいました。

「梅ちゃん先生」というドラマは周旋直後の昭和20年、蒲田にあった旧制医学専門学校に入って医師になり、町医者となって地域医療に生きようとするヒロインの日々を描いたものだそうです。この旧制医学専門学校は、東邦大学医学部医学科の前身である『帝国女子医学薬学専門学校』がモデルなんだそうです。梅屋敷にあるあの病院・・ですね。その当時に女性ばかりの医学薬学専門学校があったなんて驚いてしまいました。

そんなわけで街ぐるみで「梅ちゃん先生」を応援しているそうで、『梅ちゃん先生応援コーナー』というのがサンライズ商店街に出来ています。
2012_07_29蒲田 (6)
コーナーの中には、梅ちゃん先生の撮影時の写真が展示されていますが、その他に昔の蒲田の写真もたくさんあってとても興味深かったです。

7月27日(金)~29日(日)には梅ちゃん先生応援コーナーでスタンプラリーを実施していて、ちょうどその時にあたった私たちもスタンプを松竹梅のスタンプを集めました。集めると抽選が出来るのでしたが、私には蒲田食堂のお弁当箱が当たりました!(なんとこのお弁当箱、東大阪で作っているらしいです。調べるといろんなことが出てくるから面白い・・・)
梅ちゃん先生グッズは他にも梅酒やらマグカップやらキーホルダーやら色々あります。売れるのだろうか・・・。

2012_07_29蒲田 (4)
なぜに出ているのか良くわからなかったけれど、御神輿が出ていたりしてなんだか賑やかな蒲田西口商店街だったのでした。すっごい都会でもなく、全部が下町なわけでもなくてこれが蒲田!という大好きな町です。



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2012/07/29 (Sun) 蒲田西口商店街サンライズ  純喫茶リオ

東急プラザを出て、商店街をぶらぶらと。東京に住んでずいぶんたつし、蒲田だって毎日通っているようなものなのにいまだどっちが西口で、どっちが東口なのかわかっていませんでした。東急プラザのある方は西口でした。
蒲田駅西口のメインの商店街はサンライズ商店街です。平行してサンロード商店街というのもあって、両方まとめて蒲田西口商店街ということになっているようです。 → 蒲田西口商店街
2012_07_29蒲田 (5)
この商店街も歩いたことがないわけじゃなかったのに、喫茶店があることに気が付いていませんでした。
2012_07_29リオ (1)
突如として現れた感じ。この赤いテントのほこり具合から見ると、ずいぶん前からあるのでしょう。あまりの暑さにかき氷か何か食べられるところを探していたのですが、この店構えに吸い込まれてしまいました。
2012_07_29リオ (5)
ちょっと薄暗くて、ちょうど良くエアコンが入っていて・・・茶色いビロードのソファ。お店に先客はなく、マダムが客席に座ってテレビを見ていました。
2012_07_29リオ (6)
特にメニューが出てくるわけでもなく、ちょっととまどっているとメニューを出してくれました。メニューの種類は多くはありません。私はアイスコーヒーとたまごサンドイッチ、同行者はソーダ水をお願いしました。
2012_07_29リオ (2)
氷はアイスピックでかいたものです。アイスコーヒーもソーダ水もグラスは小さ目。
2012_07_29リオ (4)
とてもきれいなソーダ水。
2012_07_29リオ (3)
タマゴはいり卵でした。ちょっと甘いです。

お店の方はマダムお一人です。ママというよりはマダムという感じの女性。失礼ながらお年は結構いっていると思うのですが、とてもおきれいな方です。手際よく注文の品を作って私たちのテーブルに運んだあとは、カウンターの中でテレビを見ています。なんだかこの店の中は別の時間が流れているみたい。
テレビでグルメ番組をやっていたのですが、他にお客様がいなかったので何となく会話が始まりました。あまりにきれいな方なので話しにくいのかと思いきや、はきはきしてとっても明るい方です。とんかつの話で盛り上がったりして、ついとんかつが食べたくなっちゃって夕ご飯にとんかつを食べに出かけました(笑)
このお店蒲田にしてはかなりお値段がお高いです。カウンターの奥にお酒のボトルもあったので、夜はバーなのかと思いきや19時閉店だそうです。でも、あのマダムとお話しできるのなら高くない。素敵なお店を見つけました。
2012_07_29蒲田 (3)



リオ

TEL 03-3731-6642
住所 東京都大田区西蒲田7-49-7



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(6) |


2012/07/29 (Sun) 池上線開通80周年キャンペーン② 蒲田東急プラザプラザランド

池上線開通80周年キャンペーンの続きです。1日で全部は回れないですし、スタンプだけ押して帰るなんて味気ない。全部押すまでにはしばらくかかりそうです。2番目に行ったのは蒲田の東急プラザプラザランド。都内で唯一、ビルの屋上に観覧車がある遊園施設です。
2012_07_29東急プラザ (3)
昔はデパートの屋上には遊園地がつきものだったような気がするのですが、最近はすっかり見なくなりました。観覧車の前にパックマンみたいなキャラクターがいました。こちらの遊園地はナムコで運営しているもののようです。
2012_07_29東急プラザ (6)
観覧車自体は小さいですが、ビルの屋上に設置されていますから結構見晴しはいいんじゃないかと思います。このチューリップみたいな形もかわいいです。観覧車デートなんて憧れちゃうなぁ・・・どきどき。乗ってみようかなぁ・・とは思ったのですが、暑い日で観覧車の中に熱気がこもっていると想像して今回は止めときました。
2012_07_29東急プラザ (5)
幼児用の乗り物がかなりあります。幼稚園児くらいまでだったら、大きな遊園地に行くよりも楽しいかも。ゲーム機も多少あります。
2012_07_29東急プラザ (2)
アンパンマンのキャラクターのボール!ドキンちゃんをゲットしました。
2012_07_29東急プラザ (1)
屋上から見た東急線の線路です。
2012_07_29東急プラザ (4)
多摩川線と池上線が分かれていくところがはっきりと見えます。


スタンプラリーのスタンプは観覧車乗り場の脇にありました。

蒲田東急プラザ プラザランド
住所:〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-69-1 蒲田東急プラザ屋上
TEL:03-3730-8884
FAX:同上
営業時間:10:00~18:00(夏季7月~9月は1時間延長)
※悪天候等で営業時間が変わる場合がございます。
(平日10:00~18:00 土日祝は10:00~19:00)
定休日:不定休(年3回)


池上線開通80周年キャンペーン① 昭和のくらし博物館


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(4) |


2012/07/28 (Sat) 東名川崎IC近くのタイカレー イムイェム

イムイエムは、東名川崎IC近くのタイカレー屋さんです。ずいぶん前から通っていますが、ここ2年近く御無沙汰していました。特に理由はないのですが・・・。
RIMG2202.jpg
電車なら最寄の駅はたまプラーザになるのでしょうが、普通なら歩く距離ではありません。こんな場所なのに、いつも行列の出来ているうどん屋さん「綾」のお隣にあります。開店してからちょうど8年になるそうです。初めて行った時は、特に混んでいることもなく、食べログにも数件しかレビューがありませんでした。お店の雰囲気がとてもよくて、その上カレーも美味しくて、でもなんだか素人っぽくて大丈夫かなぁ・・・と心配していました。ご主人は奥様にも相談しないで、このお店を開店することを決めてしまったそうです。
ほとんど手作りで作ったお店にはオーナー夫妻のセンスが感じられます。
RIMG2203.jpg
久しぶりに一人で伺いました。
RIMG2205.jpg
席はカウンターのみです。一人でも全然苦にならないかわり、大人数には向きません。ほとんどの方がお一人かお二人。カップル率が非常に高いです。お店に入っていったら、オーナーが「あれ?」という顔を・・・覚えていて下さったのねー。
なんだかこの前からパクチーが食べたくて食べたくて仕方がなかったので、ドライグリーンカレーとソムタム(青パパイヤのサラダ)の小さいサイズを注文しました。
RIMG2204.jpg
これがソムタム。酸っぱくて辛くて微妙に匂うんだけど、それが癖になってしまいます。
RIMG2206.jpg
「豚肉を叩いて、手作りグリーンカレーペーストと、ナンプラー、砂糖、醤油で水気がなくなるまで良く炒めてそぼろになった肉をタイ米の上にのせて、たっぷりのパクチーとみず菜とねぎ、しょうがとピーナッツをトッピングしたもの。」です。(←ブログにそう書いてありました。)
RIMG2207.jpg
スープもついてきます。ご飯と上にかかった肉やパクチーをかきまぜて、辛さをテーブルの上に用意された調味料(←あれなんていうものなのかしら?そういえば・・)で調節しながら食べます。

からいー!でもおいしいーー!!ここのところしばらくのパクチー熱が少しおさまりました。
もうお腹がいっぱいだから食べられないけれど、パクチーの卵焼きをご飯にのっけたパク玉丼(通称)も食べたかった・・・近いうちにまた行きます。駐車場はお店の裏に3台分あります。
やれ本場の味じゃない・・だとか、色々言う人もいますが、私はきっと現地よりもこのお店が美味しいと信じています。少なくても私にとっては・・・。だから、なくならないでほしーの。初めてでも食べ方を丁寧に教えてくれますし、パクチーが苦手の人は抜いてくれます。


イムイェム
TEL 044-976-1240
住所 神奈川県川崎市宮前区犬蔵1-9-21
営業時間 11:00~15:00
18:00~22:00
定休日 月曜日
タイカレーイムイエムの激辛ブログ
  ↑たまにレシピも載ってます。お人柄がわかる楽しいブログ。


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

川崎 | trackback(0) | comment(2) |


2012/07/28 (Sat) 池上線開通80周年キャンペーン① 昭和のくらし博物館

池上線開業90周年キャンペーン」のスタンプが設置されているところは下記の16か所。
【ミュージアム】昭和のくらし博物館、金羊社 ミュージックジャケットギャラリー、増田屋 炭ギャラリー
【商店街】蒲田西口商店街、池上駅前通り商店会、石川台希望ヶ丘商店街
【銭湯】明神湯、大田黒湯温泉、池上温泉
【沿線名所】池上本門寺、洗足池ボート乗り場、蒲田東急プラザプラザランド
【駅】蒲田、蓮沼、池上、洗足池

私たちが一番最初に目指したのは「昭和のくらし博物館」です。場所を良く確認していかなかったがために、だいぶ迷いました。久が原駅からなら徒歩約8分かかります。HPの説明によると駅前より「ゆうやけ通り商店街」を抜け、「野津原医院」の左脇の小さな路地を通り抜けた2軒目。
2012_07_28昭和のくらし博物館 (13)
見つけた!のぼりが立っていました。ここを入って・・・
2012_07_28昭和のくらし博物館 (12)
路地を通り抜け・・・
2012_07_28昭和のくらし博物館 (11)
あったあった。
2012_07_28昭和のくらし博物館 (10)
博物館と名前がついていますが、そんな堅苦しいものではありません。普通のおうちです。昭和26年建築の東京郊外にある庶民住宅を、中の家財道具ごと保存し、丸ごと公開しています。この家の長女であり、生活史の研究者である小泉和子さんが個人で運営しているものなのだそうです。
2012_07_28昭和のくらし博物館 (2)
昭和26年建築のおうちと考えると大変にモダンなお家です。
2012_07_28昭和のくらし博物館 (3)
当時の食卓も再現されています。
2012_07_28昭和のくらし博物館 (5)
こちらは台所。当時は水道がきちんと整備されていなかったりしましたから、居間から段差もなくすぐに台所を作ったというのは大変なことだったそうです。このお家はトイレも中にありました。下水道が整備されるということでトイレを中に作ったそうです。当時は汲み取り式でしたから、匂いや衛生面の問題でうちの中にトイレがあることは少なかったのです。
2012_07_28昭和のくらし博物館 (8)  2012_07_28昭和のくらし博物館 (6)
2012_07_28昭和のくらし博物館 (7)  2012_07_28昭和のくらし博物館 (9)
棚や引き出しも自由に開けてみることができます。懐かしい小物が入っていたりして、とても楽しいです。この日はちょうど説明してくれる男性がいらしていて、ちょうど良くその説明も聞くことができました。

若いかわいい熱心な学芸員(だろうと思われる)女性が明るく丁寧に受付をしています。見学を一応終わった後にはお庭の柿の葉で作ったという冷たいお茶を見学者みんなにふるまってくれました。こんな博物館って初めて。展示品も展示しているスタッフの方も大変近しい感じです。ここには常に穏やかな時間が流れていそうです。

受付のところでラムネを販売していました。
2012_07_28昭和のくらし博物館 (1)
ちゃんと小さなお盆にのせて出してくれました。暑さがちょっと飛んで行った感じがします。
やっぱり大田区。だから好きですよ。まだまだ素敵な昭和が残っています。

昭和のくらし博物館
所在地 〒146-0084 
東京都大田区南久が原2-26-19
TEL&FAX : 03-3750-1808
休館日 月曜日/9月上旬/年末年始
(撮影などによる臨時休館の他、展示替え、イベント準備等により、
4時半頃から展示物を撤去する場合があるそうです。)
入館料 大人 500円/小学生~高校生300円



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2012/07/28 (Sat) 久が原駅近くの喫茶店  金糸鳥(カナリヤ)

池上線は2012年10月6日(土)に蒲田~池上間が開業90周年を迎えるそうです。それを記念して東急電鉄では、「池上線開業90周年キャンペーン」を開催しています。(第二弾なんだそうですが、第一弾はなんだったんだろう?)偶然に新聞の折り込みで見つけたのです。期間は7月28日(土)~10月28日(日)。
簡単に言えばスタンプが16か所に設置されていて、それを集めるとプレゼントがもらえるというものです。

私たちがその最初のスタンプを押そうと出かけて行ったのは久が原でした。いつも環八を通りますが、久が原の駅には行ったことがありませんでした。小さな商店街が二つある小さな駅です。
暑い日でした。既にそこに行くまでで汗をかいていました。同行者は歯医者さん帰りで、弱っていました。一休みしてから・・と思ったところにちょうど良く、喫茶店を発見。
2012_07_28カナリア (1)
「カナリヤ」という名前の喫茶店です。階段下の看板にはカタカナですが、窓の下に珈琲館 金糸鳥とデザインされた自体で書かれています。(カナリヤは漢字で金糸雀とも書くようです。)
2012_07_28カナリア (2)
コーヒーと食事の店とあるように定食メニューも充実しているようです。
2012_07_28カナリア (3)
階段を上がってお店は2階です。
2012_07_28カナリア (4)
入って左手にカウンター、右手に椅子テーブルが並んでいます。意外と席数が多いですが、おひとり様が多くちょうどお昼時で満席に近くなっていました。テーブルにはトロピカルな感じのクロスがかかっています。

私はナポリタンとアイスコーヒーのセット、同行者は食事をする元気もないらしくクリームソーダだけ。
2012_07_28カナリア (5)
それほど時間かからずにナポリタン登場。真ん中に一匹エビがのっかってます。一匹とは言え、エビが入っているナポリタンは初めてかも。ケチャップ味はあまり濃くはなく、炒められた喫茶店のナポリタンです。食事と一緒に頼むと飲み物は¥200になります。
2012_07_28カナリア (8)
同行者のクリームソーダは、お味濃いめ。氷がとけてちょうど良い設定なのでしょうか。まぁるいアイスクリームがのっかっていて想像通りの見た目です。

このお店は全面喫煙可のようです。昭和の時代からそうしてきたのでしょう。タバコの苦手な方にはちょっと厳しいのかな。でも、それほど煙は気にならないとは思います。週末のお昼でしたが、ランチ時はほぼ満席。おひとり様でも普通にテーブルに案内してくれます。漫画もたくさん並んでいます。接客は元気な女性がお一人でされていて、気持ち良いです。

歯が痛そうな同行者はかわいそうだけれど、せっかくここまで来たのだから目的地を探してみましょう。


金糸鳥
TEL 03-3758-0455
住所 東京都大田区南久が原2-7-2



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(4) |


2012/07/22 (Sun) 川崎市幸区 住宅街のカフェ Cafe Denim  

最寄の駅だとどこになるんでしょうか・・・矢向が一番近いのかな。お店のHPには「川崎駅西口北 86番バス停から『川74』神明町経由上平間行きに乗り、バス停『神明町』で降りたら斜め前のお店です♪」と書いてあります。車に乗っていて見つけたので、次に行こうと思っても地理的にはびみょーなのですが、同行者の話によるとこのお店の前にある大きな団地は河原町団地というのだそうです。そのお店の名前は「Cafe Denim」
2012_07_22カフェデニム (1)
クリーニング屋さんと美容院に挟まれた店構えはちょっと喫茶店の風情だったので、心惹かれたのでした。周辺にコインパーキングはあまりなくて車を停めるのにはちょっと苦労しました。
2012_07_22カフェデニム (2)
満席に近いお客様がいらしたのですが、運良くテーブルが一つ開いていて無事に座ることができました。お客様は常連さんが多いようで、楽しそうにお店の方と会話していらっしゃいます。
2012_07_22カフェデニム (7) 2012_07_22カフェデニム (10)
食べ物が意外なほどに充実していて、曜日によっては夜遅くまでやっていて夜はお酒も楽しめるようです。ちょうどおやつの時間帯。おなかは減っていなかったので、私は白玉にあんこをのせたもの(なんというメニューだったのか忘れちゃいました。)とコーヒーのセット、同行者はコーラフロートを注文。
2012_07_22カフェデニム (3)
コーヒーが美味しかったです。
2012_07_22カフェデニム (5)
コーラフロートのコーラはどうもコカコーラではなかったようで、ちょっと違う味がしてました。
・・・と書いてしまったら、こちらのオーナーのkyokoさんからコメントをいただきました。コーラフロートのコーラは瓶の正真正銘コーラだそうです。わー すみません。私の味覚の不確かさを露呈してしまいました。う~ん・・・コーラ歴は長いはずなんですが・・・と、言い訳してみてもしょうがないですね。平謝りです。ごめんなさい。
2012_07_22カフェデニム (6)
手作りの品が販売されていたりもします。この辺りには、喫茶店もあまりなさそうで近所の方の憩いの場となっている様子。ご年配の女性が買い物の車を押してお茶を飲みにいらしたりしていました。こういうお店があるって、地域の人にとってはありがたいです。店主はみんなに慕われているみたい。
新しいお店なのかと思ったら、もう開店から10年がたつそうです。

食事をした方が楽しめるお店のように感じました。次回はランチで・・・。


Cafe Denim
TEL 044-541-5805
住所 神奈川県川崎市幸区遠藤町63-5 愛光ビル 1F
営業時間 [月・水・木・日・祝]
9:00~18:00(L.O. 17:30)
[火・金・土]
9:00~23:00(L.O. 22:00)
定休日 不定休
HP には情報が詳しくのっています。twitterでも情報発信しています。



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

川崎 | trackback(0) | comment(6) |


2012/07/21 (Sat) 横浜市営地下鉄グリーンライン 高田駅の中華屋さん  大貴

横浜市営地下鉄グリーンラインは2008年3月30日に開通しました。開通前に港北ニュータウンに住んでいたことがあるのですが、グリーンラインが出来る前は都内に出るのには必ず田園都市線を利用しなければならなくて、朝夕の混雑に苦労していました。グリーンラインが出来てからは多少は解消しているはず。
今グリーンラインが通っているところは、当時は田舎の風情がただよっていました。出来てからは飲食店も増えてきてだいぶ雰囲気がかわりました。丘陵を通るからグリーンラインと呼ばれているんだそうです。

そのグリーンラインの高田駅の近くに用事があって車で通りました。まだ発展途上な感じで、そんなに飲食店やお店はないのですが駅の近くに気になるお店がありました。
2012_07_21.jpg
このお店です。のれんの雰囲気が・・・定食屋さんかなぁ?と思ったのですが・・・
2012_07_21大貴 (1)
良く見たら高田の中華処って書いてあります。中華という店構えじゃないんですが、中華屋さんでした。中華屋さんだとつい黄色や赤い看板をイメージしてしまいます。あまりに気になるので入ってしまいました。
2012_07_21大貴 (2)
意外と広くてテーブルがたくさんあります。お昼休憩はなしらしく(週末だけかな。)ちょうど午後3時くらいだったのですが、客席が半分くらい埋まっていました。メニューは豊富、迷ってしまいます。
2012_07_21大貴 (6)
散々迷った挙句に私はカウンターの上に「是非食べてみてください」と写真つきで飾られている五目あんかけチャーハン、同行者はワンタン麺(たぶん)を注文。
2012_07_21大貴 (4)
これが五目あんかけチャーハンです。具材の種類が豊富なのが嬉しい。ボリューム満点です。
2012_07_21大貴 (3)
ワンタン麺は見た通りの味です。絶対コレ!という味ではないけれど、悪くないです。全体的に、私にとっては塩味が濃いめ。量が多いので、もちょっと薄かったらな・・・という気もします。

この辺りでご飯食べるのなら、便利なお店です。町の中華屋さんという感じ。明るいお店の方の接客も感じが良く、気持ちよく過ごせます。


中華大貴
TEL 045-591-0763
住所 神奈川県横浜市港北区高田西2-1-6



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: