FC2ブログ
2012/08/13 (Mon) 泉屋のクッキー

今はお中元やお歳暮という習慣がなくなりつつあります。そもそもそういう付き合いとは無縁なので、お中元やお歳暮もしくはお礼のお品など貰うという事態が考えられません。子供の頃は、お中元やお歳暮の時期になると贈り物が父のところに届いたものですが、お中元やお歳暮というのは普通のプレゼントとはまた違って、それ特有のセットがやってきます。中身が食べ物だった場合にも、ちょっと特別な詰め合わせがやってくるわけです。

まぁ それは客先に持っていくお菓子などでも同じことなわけですが、今はエコが重視される時代ですからカンカンに入ったお菓子は少なくなってきました。たまにもらうとちょっとテンションあがります。
・・・というのは、導入部分で・・・ですね・・・先日玉川高島屋に行ったら、期間限定で泉屋さんのコーナーがありました。子供の頃よくいただいた泉屋さんのクッキーを良く食べていました。思い返してみれば、こっちに来てからあまり見ていないんですけど・・・泉屋さんのクッキーは私にとってはいただきものの定番でした。

白地に紺のカンカンに入ったクッキーの詰め合わせ。私の家族は好みが激しくて食べるものと食べないものがはっきりしています。食べるとなるとそればっかり。詰め合わせのクッキーの中で一番の人気だったのは、ラスクでした。(←うちではそれをラスクと呼んでいました。)
2012_08_13泉屋クッキー
これですよ!これ!ラスクばっかり。幸せ♪調べてみたら、このクッキーサボイフィンガーという名前でした。カステラを二度焼きしたものなんだそうです。 クッキーラインナップは → こちら

大阪の船場にあった「泉屋」という貿易商の奥さんがアメリカ人宣教師夫人から教えてもらったクッキーから始まったんだそうです。 詳しい歴史は泉屋さんHPを見てください。 → こちら 年商20億という大きな会社なのに、なんだかちょっと親近感を覚えるHPです。クッキーのお話しやレシピもあって見入ってしまいました。あら・・工場が川崎にあるわ。大阪から始まったのに、今は東京麹町の会社・・・色んな歴史があるものです。

いずれにしろサボイフィンガーは、一人でパクパクと食べてしまいました。大人になったわー。



泉屋 東京店 ←クリックするとHPに飛びます。
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-1
TEL 03(3261)5541(代表) / FAX 03(3261)-5540



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(4) |


2012/08/12 (Sun) 和田町の小さなお店 たいやき おだぎら

用事があってちょっとドライブ。純粋にドライブというわけではないけれど、ちょっと楽しい。私にはお盆休みや夏休みはないけれど、そろそろお盆休みの人が多くて都内はちょっと車がすいているような気がする週末です。でも、走っていたのは都心ではなく国道16号線。気になる氷の旗を発見しました!
2012_08_12おだぎら (1)
国道16号線沿いにある小さなお店です。最寄の駅は相鉄線和田町駅、たぶん徒歩だと5分はかからないくらいじゃないでしょうか。「ガチあま」のポスターも貼ってあります。今の季節はかき氷が主力商品のようなのですが、本当は鯛焼きのお店です。「ガチあま」にノミネートしているのも鯛焼きでした。

お店にはお兄さんが一人。いちごミルクと梅を注文しました。どちらも¥330。自家製シロップだそうです。
2012_08_12おだぎら (2)
手動式の機械で丁寧に氷をかいてくれます。氷の削り方もその日の気温によって変えているそうです。
2012_08_12おだぎら (4)
氷を削ってはシロップをかけ、さらに削ってシロップをかけての繰り返しでかき氷が完成!
2012_08_12おだぎら (5)
がりっとじゃない、しゃりっとしたかき氷でした。ただ、シロップが多すぎたような気がします。丁寧に作ってくださっているのは見ていてもとてもよくわかりましたが、ちょっと濃くてのどが渇きそう。すごく美味しいシロップなんです。特に私はさっぱりさわやかで梅が好みでした。手間をかけてシロップを作っているのでしょうから、もちょっと惜しんでもよかったかも。
あぁ それを直接ご本人にお伝えしたい。次回チャンスがあったら、シロップは少なめに・・といってお願いしようと思っています。ほんとに美味しい氷ですよ。安いと思います。

今回はたい焼きはいただきませんでしたが、奥に餡子を炊いている大きな磨かれた銅鍋がありました。あれで餡子を炊くんですね・・・きっと美味しいに違いないです。薄焼きでぱりぱりしているらしいです。涼しくなったら、たい焼きも試してみたいなぁ。何しろ今はちょっと暑すぎ・・です。

このお店はおだぎらという名前です。変わった名前だなぁ・・・と思って、帰ってきてから調べてみたらHPがありました。→ こちら そのHPによると、『「ありがとう」のローマ字表記の「ARIGATO」を逆から読むと 「OTAGIRA」お客様からいつもありがとうと思ってもらえるように』と名づけられたそうです。
2012_08_12おだぎら (3)
これからがさらに楽しみなお店です。無理やりに立ち寄ってみてよかったー。


たいやき おたぎら
TEL 045-341-8900
住所 神奈川県横浜市保土ケ谷区和田1-11-20
営業時間 11:30~19:00(あん&生地がなくなった場合早く閉店の場合あり)
定休日 不定休
HP  ガチあまのページは → こちら


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜 | trackback(0) | comment(0) |


2012/08/11 (Sat) 尾道らーめんなるものを初めて食べてみました 柿岡や

ちょっとお腹に何か入れて行こうかと、東神奈川の駅前をうろうろ。東神奈川は車で通りすぎることがあっても車を下りることはないし、電車でも乗り換えるだけの駅。滅多にない機会なので、一通り見た後に東神奈川の駅前で目立つ位置にあるラーメン屋さんに入りました。
2012_08_11尾道らーめん (6)
尾道らーめん 柿岡やです。そもそも尾道らーめんってどんなラーメンなのか良くわかりませんが、並びのニューたんたんめんは長くはないけれど待っている人の列ができていたのに、こちらには待っている人はいません。すぐに入れそうだった・・・というのが入店の理由のひとつでした。(ごめんね。)
2012_08_11尾道らーめん (5)
店内は結構広いです。入ってすぐに自動券売機があるので、先に食券を購入します。私はラーメン、同行者はラーメンと半チャーハンのセットにしました。
2012_08_11尾道らーめん (2)
先客はなく、私たちだけ。もしかしたら、駅前だし平日のほうがお客様が多いのかも。ラーメン屋さんって思ってましたが、メニューにはおつまみメニューも多くあって〆にラーメンが食べられる居酒屋づかいもできそうです。店内にはテレビがあります。
2012_08_11尾道らーめん (3)
これがラーメンと半チャーハン。チャーハンがチャーハンを食べる!というときに想像する味。なかなか美味しいのです。半分とはいえ、ちゃんと炒めている音がしていました。
2012_08_11尾道らーめん (4)
こちらラーメン単品。セットと全く同じものです。そもそも尾道らーめんがどんなものなのかわからないまま入店したのですが、スープは鶏と煮干しのようでした。あまりくせがないラーメンで食べやすいです。煮干しのだしにはやっぱり海のものだからなのか、海苔がよく合うような気がします。もっと海苔を!海苔のトッピングあったかなぁ・・・・。

後から調べてみました。Wikipediaの尾道ラーメンの項によると、尾道ラーメンの特徴は
 醤油味をベースに、豚の背脂を使用
 瀬戸内海の小魚によるだし(いりこだし)を加えた鶏がらスープ
 歯ごたえのある平打ち麺
 ネギ、チャーシュー、メンマを具材として使用

なるほどー じゃあ煮干しじゃなくていりこだったのかなぁ?でも、平打ち麺ではなかったような・・・背脂は入っていたのかもしれないけれど、背脂が入っているとはよくわからない程度でした。私の記憶もいい加減だなぁ。尾道ラーメンが全部この特徴を持つわけではないらしいのでお店によるってことなんでしょう。
参考にしたのは → こちら

ほかに柿岡やというラーメン屋さんは知らないのですが、チェーン店らしいです。フラップインターナショナルという会社が経営しているようです。最近よく見る「おめで鯛焼き」とおんなじ会社なのです。


尾道らーめん柿岡や 東神奈川店
TEL 045-411-5597
住所 神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1-1-15
営業時間 11:00~1:00(土曜は2:00まで)
定休日 無休



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜 | trackback(0) | comment(2) |


2012/08/11 (Sat) つくの商店街 タンゴさんのかき氷

かき氷が大好きです。何度も書いている通り、猫舌の私は熱いものは苦手、冷たいものは得意です。食べるのも早いです。しかし、今年はあまりかき氷を食べてない。かき氷はブームなのか、人気のお店には行列が出来ていて行くのを躊躇してしまうのです。確かに美味しいのですが、1時間も待ってまでかき氷は食べなくてもいいかなーと思ってしまうのです。

そこでいつもお邪魔している「タンゴ」さんです。
一番最初に行ったのは、去年の9月3日のことでした。あの時は小豆白玉を食べたのです。こんもりと盛られた氷の上に流れんばかりの小豆。タンゴのマスターはどうもお客様を満腹にすることを至福の喜びとしているようで(笑)全体的には何でも大盛りです。そのタンゴのかき氷にミニサイズが出来ました。
2012_08_11タンゴ かき氷 (2)
両方共ミニサイズにしたはずなんですが・・・何故か私の頼んだレモンだけ普通サイズで来てしまいました。どう見ても大きさが違うので変だなぁと思ったのですが(笑)期せずしてサイズを目で確認できる写真になりました。大きいサイズにはアイスクリームがのってます。

食べたいなぁ・・と思っても、頭が痛くなるから・・と躊躇している方は、ミニサイズならいいんじゃありません?ちょっと記憶が定かではないのですが、定食の食後にかき氷をオプションでつけることも可能なようです。夏のお楽しみ・・・ですね。


タンゴ
TEL 045-571-7148
住所 神奈川県横浜市鶴見区佃野町29-45
営業時間 8:45~21:00  (ラストオーダー 20:30)
第一・第三水曜日がお休み
第二・第四水曜日は営業だったのですが、第二・第四水曜日は早じまいすることにしたそうです。
ブログでご確認ください。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

タンゴ | trackback(0) | comment(4) |


2012/08/11 (Sat) スイーツガーデン ユウジアジキ in 北山田

相変わらず暑い週末です。なんだか車の調子も悪いです。暑いからでしょうか・・・。
何しろ、私ほどとは言わないまでもお年の車ですから、様子も見てあげなくてはいけません。とはいえ、私にわかるのはなんだか調子が悪いぞ!ということだけで、自分で見られるわけではないので車の修理工場へGOです。いつも、何の連絡もなしに行って直してもらってしまうので、気持ちだけでも・・・とお礼のお品を買っていくことにしました。

そりゃお礼のお品ですもの・・・適当にというわけには行きません。冷蔵庫もないから冷たいものはダメで・・・う~ん・・・考えた末に甘いものはあまりお好きではないかもしれませんが、神奈川県内一人気の高いケーキ屋さんと言っても過言ではない「ユウジアジキ」に行くことにしました。
2012_08_11ユージアジキ (1)
ピスタチオ色のテントが印象的なお店です。グリーンライン北山田駅の裏にあります。ピスタチオ色のテント、サーモンピンクに近いピンクのドアでちょっとラブリーな外観です。
2012_08_11ユージアジキ (2)
入ってすぐのところは、焼き菓子コーナー。暑いので今回は焼き菓子にしておきました。私は食べていないのだけれど、きっと美味しいんだと思うなぁ・・・
2012_08_11ユージアジキ (3) 2012_08_11ユージアジキ (4) 2012_08_11ユージアジキ (5)
奥の方がケーキのコーナーなのですが、カラフルでキレイです。お値段は¥350~¥500くらい。今回はナッツがついたシュークリームを購入しました。皮がぱりっと香ばしいシュークリームです。今まで色々食べましたが、ケーキのほうが安食さんっぽい感じをより味わえるような気がします。

安食雄二さんは、たまプラーザにあるケーキ屋さんデフェール(のオープニングシェフだった方です。当時は安食さんのお名前も知らない私でしたが、デフェールはお気に入りのケーキ屋さんでした。(安食さんの後は、今はコルドンブルーの教授をされている豊長雄二シェフが・・・今は、安藤 康範シェフがケーキをお作りになっているようです。)
デフェールをお辞めになった後は・・・と期待していました。最初のうちは大混雑だったそうで、私もなかなか行けませんでした。今は混んではいますが、入れないということはありません。人気の安食ロールも早い時間なら購入可能のようです。(私は堂島ロールより安食ロールが好き(笑))
サーフィンが趣味で、ドリカムの美和ちゃんの大ファン。お店にも美和ちゃんの写真が飾ってありますし、ドリカムの歌が流れています。お店の袋には可愛いキャラクターが描かれているのですが、そのキャラクターも安食さんがお書きになったものだそうです。才能あるなぁ・・・・

ケーキはもう少し涼しくなったら、ゆっくり食べようっと。なんか暑いとケーキに対する情熱は薄れ気味です。ところで、持参したお菓子は食べてもらえたのかなぁ・・・。


スイーツガーデンユウジアジキ
TEL 045-592-9093
住所 神奈川県横浜市都筑区北山田2-1-11 ベニシア 1F
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜、臨時休業あり
アジキさんのブログは→ こちら
デフェール時代の安食さんのインタビューもあります→ こちら ハンサムな方です。


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜 | trackback(0) | comment(4) |


2012/08/11 (Sat) 港北ニュータウンの美味しいお蕎麦屋さん おおつか

スイーツガーデン ユウジアジキの帰り、暑いので久しぶりにお蕎麦を食べに行くことにしました。そう言えば、最近お蕎麦を食べてなかったです。うどんよりもなんだか贅沢なんですよねー。実際にお値段も高いですし。

港北ニュータウンはニューというくらいですから、新しい街で・・・古くからあるお蕎麦屋さんというのはなさそうです。食べログの港北ニュータウン蕎麦人気ランキングというのも一応見てみましたが、どこもそんなに古そうではありません。古いからいいってもんでもないんですけど・・・
でも、お蕎麦で失敗するとなんだか記憶から消えないんです。お蕎麦での失敗は避けたい!というわけで、毎回美味しい「おおつか」さんへお邪魔しました。
2012_08_11おおつか (1)
最初に来たのは5年くらい前じゃないかと思うのですが、看板にだいぶ年季が入ってきています。おおつかさんがやっているお店なのかと思いきや、この場所は大塚という交差点の近くなのです。苗字なのか交差点の名前なのかは不明です。そもそもあの交差点はなんで大塚というのだろう?
まぁ それはともかく・・・お店です。
2012_08_11おおつか (2)
お昼しか営業していません。3軒くらいお店が並んでいますが、私が行った時にはおおつかさんしか営業していなくて、お店の前に車が5台くらいは停められます。店内は、比較的大きめテーブルが1卓あとは4名用。おひとり様の場合は相席になるかもしれません。通路が広くとってあります。
奥さまらしき方が接客していらっしゃいます。ご夫婦で営業されているのでしょうか・・・。
2012_08_11おおつか (3)
二人でせいろを2枚お願いしました。せいろは¥750。東京の有名店よりは盛りはだいぶいいです。大盛りは設定がなく、2枚お願いすると2枚目は¥500らしいです。食べている様子を見て、時間差で出してくださいます。その辺りはお店のこだわりなんじゃないでしょうか。
2012_08_11おおつか (4)
細いきれいな蕎麦です。こちらのお店の一番人気は鴨せいろです。鴨が入ったつけ汁のタイプではなく、せいろに厚めにスライスした鴨肉がお皿にのってついてきます。たしかにその鴨肉はとても美味しいのですが、お値段が¥1700。ちょっと躊躇してしまいます。

この辺りにはお蕎麦屋さんが少ないこともあって、行列が出来るほどではありませんが結構混んでいます。蕎麦売切れで終了ということも、私は遭遇したことはありませんがあるようです。


おおつか
TEL 045-913-3578
住所 神奈川県横浜市都筑区中川7-2-3
営業時間 11:30~15:00
定休日 火曜日



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜 | trackback(0) | comment(2) |


2012/08/10 (Fri) Haruちゃんの出張ネイル♪

引っ越しして以来、長い間放置されていた私の爪。子供の頃から栄養状態が悪かったのか、とても弱いです。ネイルしないでいたらどんどん欠けて小さくなっていってしまうのです。ちゃんと定期的にネイルをしてもらうのか、自分で手当てできるといいのですが、そういうことには向いていない私には大変難しいです。

以前やっていただいていたサロンがちょっと遠くなってしまって爪がなくなってきました。そんな時にタイミング良く、いつも行っているお店でたまたまネイリストさんに出会いました。若くてほんわかしてて可愛い彼女です。その彼女が最近、「出張ネイルを始めた」とのことで、私もお願いしました。

その日は少しお掃除をしなきゃいけないものの、自宅でネイルをやってもらえるのは気が楽です。ネイリスト歴は5年を超えたという彼女、とても手際が良いです。
2012_08_10ネイル クマ (2)
ロンドンオリンピック最中ということで、イギリスの国旗柄のシールを張ってもらいました。青は男性にはウケが良くないのですが、国旗柄に合わせる感じで水色のラメラメに。
2012_08_10ネイル クマ (3)
根元は伸びてくると目立つのでいつも透明です。カラーもやってみたいのだけど・・・
2012_08_10ネイル クマ (4)
親指にはクマちゃんを張ってもらいました。クマちゃんはサイズが大きめで親指にしか貼れなかったの。

あーしろこーしろと色々言いましたけど、結局まとめて可愛い感じにしてくれたのはネイリストの彼女のセンスです。ちゃんと爪大事にしとくからまたやってねー。
というわけで、出張ネイルの彼女のブログはリンクにもありますが→ HaruNail&EverydayLife★★

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

美容? | trackback(0) | comment(0) |


2012/08/10 (Fri) 武蔵新城のうどん屋さん 讃岐こんぴら つるつるうどん

一人の夕ご飯というのはちょっとだけ気が重い。段々と量も食べられなくなっていて、一人だと余計食べられない。誰かいると「ちょっとちょうだい」とかやりとりしているうちに、食べられたりするものなのだけれど・・・。その上、一人だとさっさと食べてとっとと出ないとお店の中で所在ない感じになってしまったりするのだ。そのために本を持っていたりもするのだけれど、所謂ご飯やさんではそれも落ち着かないし・・・。

そんな時に行こうかと思うのは麺類なのですが、ラーメン屋さんに一人ではなんだか物悲しいし、蕎麦屋ではちょっと引け目を感じる、ちょうど良いのはうどん屋さん(勝手な思い込みです。)のような気がします。お蕎麦屋さんよりは失敗も少なそうですし、そこにうどん屋さんがあれば有難い。・・・というわけで、うどん屋さんです。
2012_08_10つるつるうどん (1)
「讃岐こんぴら つるつるうどん」という名前のお店です。JR南武線武蔵新城駅から徒歩3分くらい。駅すぐって書いてあったりしますが、すぐ・・ではないと思います。(ごめん・・正直で。)出来た頃から行っていますが、出来た当初は美味しくないとは言えないまでも、あれ?という感じの日もあって発展途上のお店でした。
2012_08_10つるつるうどん (2)
入口脇に貼ってあったメニュー。かけうどんが¥350。チェーンのうどん屋さんと比べると若干高いかもしれないですが、武蔵新城付近にはそのチェーンのうどん屋さんがありません(笑)
久しぶりの訪問です。以前はお昼だけの営業だったり、やたら休みが多かったりしていましたが今は定休日は火曜日、日・月はお昼だけの営業ということに決まったようです。

お店に入ったらまずうどんを注文、天ぷらが欲しければ棚から自分で天ぷらをお皿にのせて、お会計をしてからテーブルでうどんを待つ・・というシステム。私は今回はぶっかけうどんにしました。ぶっかけうどんにしたくせに、天ぷらがまだ残っているのを見たら天ぷらも食べたくなっちゃって、3つも購入。天ぷらは一つ¥100です。
2012_08_10つるつるうどん (5)
私のここでのお気に入り天ぷらは卵とかしわ天。それだけでやめておけばよいのに、ついかき揚げも追加。¥450に天ぷらの¥300で全部で¥750というつるつるうどんにしては贅沢な夕ご飯になってしまいました。
2012_08_10つるつるうどん (4)
店内です。カウンターには3~4人座れます。あとはテーブル席。
2012_08_10つるつるうどん (7)
一時期やたら粉っぽい時があったんですが、今は良くなりました。すだちを絞ってさっぱりといただきます。
2012_08_10つるつるうどん (3)
開店から4年がたったらしく、(もうそんなにたったんだ・・・)4周年記念メニューというのもあります。

開店当初は堅かった店主(たぶん)の表情もだいぶほぐれて、慣れた感じになってきてお店の雰囲気も良くなったような気がします。この辺りでは貴重なうどん屋さん。並びにはラーメン屋さんも出来たりしていますが、是非末永く頑張ってほしいものです。


讃岐こんぴらつるつるうどん
〒213-0013 川崎市高津区末長1354
営業時間 :
・昼の部11:00~15:00
・夜の部18:00~21:00(水・木・金・土のみ)
定休日:火曜日
TEL 090-9233-2626
HP



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

川崎 | trackback(0) | comment(10) |


2012/08/05 (Sun) JR南武線 尻手駅近くの韓国料理と炭火焼肉 亀

たまには焼肉を食べようか・・・と3人で。JR南武線尻手駅から徒歩3分くらい。国道1号線沿いに新しくできた焼肉屋さんです。元この場所はラーメン屋さんでした。いつもあまりお客さんがいなそうだなぁ・・・と思っていたら、いつの間にかなくなっていつの間にか焼肉屋さんになっていました。
中が見えないのと、元がラーメン屋さんなので狭いんじゃないかと思っていて今まで行くことがありませんでした。微妙な位置にありながら、駐車場がないのも行かなかった理由のひとつ。この近くには国道一号線を挟んでもう一軒ずいぶん前からあるんだろうと思われる焼肉屋さんがあります。

そもそも行くまでお店の名前さえわかっていませんでしたが「韓国料理と炭火焼肉 亀」という店名でした。
2012_08_05亀 (11)
入ってみたら、とてもきれいで明るい店内でお客様でいっぱいです。待っているお客様も二組。ただ、テーブルを片づけたら座れそうだったので待っていることにしました。待つこと20分くらいだったでしょうか・・・テーブル席へ案内されました。他に数名座れるカウンターと、小上がりがあります。
2012_08_05亀 (1)
週末は予約してから行った方がいいのかもしれません。こんなに混んでいるなんて予想外でした。最初にお料理は注文してから時間がかかる旨伝えられました。確かに・・・こんなに混んでちゃ・・・ね。
2012_08_05亀 (2) 2012_08_05亀 (3) 2012_08_05亀 (4)
メニューは豊富です。タン塩やカルビ、ナムルやキムチなど一通り注文して、時間がかかると言われたので冷麺を先に注文しておきました。七輪で焼くのですが、排気がしっかりしているようで煙いということはありません。
2012_08_05亀 (5) 2012_08_05亀 (6) 2012_08_05亀 (9)
牛肉は佐賀牛のA5ランクを使っているそうですが、カルビは一皿¥780。見るからに美味しそうなお肉で、実際とても美味しかったです。ちょっと濃いめのタレも私好みでした。写真にはないのですが、鶏肉好きの私が頼んだのはセセリ。塩味のセセリを焼いてわさびをつけてシソの葉で巻いて食べるというものでした。美味しいです。

お待たせしたから・・と焼肉を一皿サービスしてくださって、お腹一杯です。〆に冷麺を少しいただきました。
2012_08_05亀 (10)
正直盛岡冷麺はあんまり得意じゃないのですが、こちらの冷麺はそば粉の入った韓国式。さっぱりしました。
2012_08_05亀 (12)
お店の方の接客も明るくはきはきしていて、気持ちが良いです。最後まで「お待たせして・・」と気にしてくれていました。お店の中もキレイなので、家族やグループでちょっとした会食にも使えそうです。



韓国料理と炭火焼肉 亀
TEL 045-581-1293
住所 神奈川県横浜市鶴見区尻手3-7-23
営業時間 17:00~24:00
定休日 第2・第4水曜




ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

川崎 | trackback(0) | comment(2) |


2012/08/04 (Sat) 都橋商店街

都橋商店街・・・商店街と名はついているものの、八百屋さんやお肉屋さんが並ぶ商店街ではありません。かつてはそのような商店街だったのかもしれませんが、今は飲食店ビルというか飲食店長屋みたいになっています。大岡川に沿ってカーブした建物は、夜見ると生き生きとしていて私にとっては心惹かれる場所なのです。
2012_08_04野毛 都橋商店街 (1)
1階と2階にそれぞれ30店舗。全部で60店舗のスペースがあるようなのですが、1店舗当たりの面積は狭そうです。今までは外から眺めるだけだったのですが、ちょっと車を下りて歩いてみることにしました。大丈夫だよね・・・怖くないよね・・・と、控えめに・・・。
2012_08_04野毛 都橋商店街 (4)
うん はっきりと商店街って書いてありますね。1階のお店は飲食店(というか飲み屋)がほとんどなのですが、良く見ると看板の奥に元のお店の文字が透けていたりします。当初は、2階建てのうち1階部分は物販店しか許可されていなかったそうです。
2012_08_04野毛 都橋商店街 (2)
二階から下りる看板には確かに都橋飲食街と。

柳橋商店街のことを書くためにちょっと調べてみたら、驚いたことにHPがありました。驚いたというのも、まぁ失礼な話なんですが・・・ちなみにHPは → こちらです。
HPによると「昭和39年(1964年)東京オリンピック開催に伴い、野毛本通りの街並みを美しくするために、露店・屋台を収納して出来たのが都橋商店街です。都橋から宮川橋までの大岡川の緩やかなカーブに沿って建てられた長屋風の飲み屋街で、「ハーモニカ横丁」の愛称でも親しまれています。」とのこと。既に50年近くの歴史があるようです。色んなことがあったんだろうなぁ・・・。
スナックっぽいところが多く、中も見えないので私なんかが入れるお店はなかなか見つけられなそうなんですが、いつかお店に入ってみたい・・・と思っているのです。大家さんは横浜市らしく、取り壊しの話もあるらしいです。そんなに簡単に取り壊されるってことはないと思うんですけど・・・。


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜 | trackback(0) | comment(4) |


<< back | TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: