FC2ブログ
2012/09/18 (Tue) 池上線開通80周年キャンペーン③ 石川台のBar「ISEYA」

洗足池の駅員さんが冷たかったので(最終的にはスタンプ押させてくれたんですけどね。)洗足池からはとっとと移動。石川台希望が丘商店街のYショップにスタンプがあるということで、石川台へ行くことにしました。石川台の駅と言えば、小津安二郎監督の「秋刀魚の味」という映画で密かに思いを寄せている男性と岩下志麻が並んで電車を待っているというシーンが石川台駅でした。私にとってはとても印象的なシーンだったのですが、その頃の石川台の駅の風情とあまり変わっていないようで、小さな駅です。

石川台希望が丘商店街にはちょっと期待していたのですが、風情はちょっと戸越銀座に似ているのですが、距離はある程度あるもののお店の数はそんなに多くありませんでした。駅に近いところには大丸ピーコックがあり、そこから商店街が始まっています。そのYショップがあるところはどこだろう?と歩いて行ったのですがなかなか見つかりません。
2012_09_17伊勢屋 (1)
引き返そうかと思ったのですが、せっかくだから・・と最後まで。そして最後の最後に発見しました。Yショップ伊勢屋さんです。
2012_09_17伊勢屋 (8)
Yショップというのは山崎製パンとの契約によるFCのコンビニのような(正確にはコンビニエンスストアではないらしい・・・)お店なんだそうです。後から調べたところによると伊勢屋さんは元々は酒屋さんで、少しづつ変わってきている模様。Yショップになったのは比較的最近のことのようです。

スタンプは見つけたのですが、このお店の一角がBarになっていました。びっくり。
2012_09_17伊勢屋 (2)
歩いてきてのども渇いちゃったし、何か飲んで帰ろうか・・・と店内へ。お会計のところで注文してお会計を済ませてバーコーナーに行くというシステム。飲み物の他におつまみまで用意されています。私が運転手だったので「何かソフトドリンクはありますか?」と聞いたら店内で買って一緒に飲んでもいいと言って下さったので、気分だけでも・・とノンアルコールカクテルを購入して同行者と一緒にBarコーナーへ。
2012_09_17伊勢屋 (6)
パーテーションとカーテンで簡単に仕切られた場所です。10名くらいは座れそうです。店内に貼ってあった切り抜きをざっと読んだのですが、ワインにこだわりのある店主がもっと気軽にワインを楽しんでほしいと始めたコーナーだということでした。毎日(?)変わるグラスワインが低価格(300円~)飲めます。グラスワインなら、私でも気軽に楽しめそうです。
2012_09_17伊勢屋 (5)
おつまみって言ってもミックスナッツとかじゃないんです。生ハムとかチーズとか・・・それが¥300か¥350。

注文したものはお店の方が用意してBarコーナーに持ってきてくれます。同行者が頼んだ生ビールとおつまみが到着。ビール!これが¥380ですよ。安い・・・。
2012_09_17伊勢屋 (4)
おつまみは生ハム。量もたっぷりです。
2012_09_17伊勢屋 (7)
これで儲けるつもりはなさそうです・・・。テレビもあって、雑誌も用意されてお店の方も飲み物を持ってきてくれる時以外はいらっしゃらないのでやたらと居心地がいいです。もっとうちに近かったらいいのに・・・。

あ・・そうそう、石川台って大田区っていうイメージが私にはなかったんですけど、大田区なのですよ。で、BAR「ISEYA」さんではバイスサワーが飲めます。バイスサワーと言うのは、大田区にあるコダマ飲料というところで作っているもの。バイス=梅酢ということのようです。飲めるところ意外と少ないのです。
2012_09_17伊勢屋 (3)
バイスサワーにはアルコールが含まれていなくて、お店で焼酎を割ってバイスサワーとして出しているようなのですが、業務用なので個人で買うことは出来ないようなのです。興味がある方はどーぞ。

他に行きたいお店も発見したので、石川台にまた行くことになりそうです。今度は電車で・・・。今日はスタンプも押せたし、ISEYAさんも発見して大満足の一日。


BAR「ISEYA」
住所 東京都大田区東雪谷3-27-1
電話  03-3729-1484
定休 年中無休
営業時間 平日 17:00~23:00 休日 11:00~23:00
交通 東急池上線石川台駅下車徒歩8分。希望ヶ丘商店街沿い。






ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

石川台希望が丘商店街 | trackback(0) | comment(0) |


2012/09/18 (Tue) 池上線開通80周年キャンペーン③ 洗足池

7月から始めた池上線開通80周年キャンペーンのスタンプ集めなのですが、まだやってます(笑)今日は今日とて洗足池です。洗足池という駅は中原街道沿いにある小さな駅です。わざわざ言うまでもなく駅名は改札を出て中原街道を渡ったところにある洗足池公園に由来しています。
この洗足池駅と洗足池公園のボート乗り場にスタンプがありました。洗足池駅では改札の中にスタンプが用意されていて、駅員さんに「スタンプはどこにありますか?」と聞いたら「中です」と冷たく言われました。入場券を買って入ろうとしたら「今回はいいですよ」と言っていただいて無事スタンプは無料で押せたのですが、東急線のイベントで協力している銭湯なんかは利用しなくてもスタンプが押せますよとまで書いてあるのに、なんて冷たい!と憤慨しちゃいました。他の駅では親切だったのになぁ・・・。

2012_09_17洗足池 (1)
洗足池のボート乗り場のスタンプは薄暗い通路に置かれていました。あんな人がいないところで大丈夫なのかしら?洗足池公園は面積が77000平方メートル、1周1.2kmだそうです。見渡せるくらいの池ですが、周囲を歩くといろんなものが見えそうです。
2012_09_17洗足池 (3)
ボートに乗ろうかと思ったのですがなんとなくすかっとしない天気だったので、二人とも今一つ気乗りせず・・・でも池にはたくさんのボートが漕ぎ出されていました。楽しそうではあります。
2012_09_17洗足池 (4)
手漕ぎボートなんか、昭和のデートって感じが悪くないです。ちなみに料金は・・・
2012_09_17洗足池 (5)
高いんだか安いんだか良くわからないなぁ・・・・。

どうしてここに唐突に池があるのかと思っていたのですが、「洗足池は、武蔵野台地の末端の湧水をせきとめた池で、昔は千束郷の大池と呼ばれ、灌漑用水としても利用されました。 池畔の風景は優れ、 江戸時代には、初代広重の浮世絵「名所江戸百景」に描かれるなど、江戸近郊における景勝地として知られていました。」ということだそうです。(東京散歩というHPの洗足池の項目を参考にさせていただきました。)
今でこそちょっと良い住宅街ですが、当時は何もないとこだったのでしょうねぇ・・・。


洗足池公園
住所  東京都大田区南千束2-14-5      
問い合わせ 調布まちなみ維持課
        大田区雪谷大塚町4番6号
         電話:03-3726-4300
大田区の洗足池公園のページはこちら


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(4) |


2012/09/17 (Mon) 蓮沼駅と蒲田駅東口の間くらいにある洋食屋さん さんきち

東急 池上線・蓮沼駅と蒲田駅東口の間くらいにある「さんきち」で夕ご飯を食べました。この地域に長く住んでいる方なら、かなりの割合でご存知の洋食屋さんだと思います。以前はほかに支店が何店舗かあって、蒲田のお店には行ったことがありました。ずいぶん前の話です。
その蒲田の「さんきち」は「さん吉」となって、同じ場所にあるそうなのですがもうグループではないらしいのです。
2012_09_17さんきち (8)
古いものの立派な3階建てのビルで、店舗は1階と2階です。1階はカウンター、2階は大きな宴会も出来そうなお座敷です。デジアナ変換で見られているテレビがあります。そして、数回行っているのですが、なぜかわたしは毎回2階に案内されちゃうんです。
2012_09_17さんきち (7)
何故か2階へのぼる途中にサンプルが飾ってあります。
2012_09_17さんきち (6)
まさしくお座敷でしょ?温泉の休憩場所みたいな感じでもあるし・・・(笑)広い場所に一組のみ。
2012_09_17さんきち (1)
手書きのメニューです。う~ん 前に何食べたのか忘れちゃったなぁ・・・次回は別のにしようって思ってたのに・・・で、結局チキンカツにしちゃいました。同行者は牛肉鉄板焼。

勝手にテレビをつけて見ながら待っていると、サラダ登場。サラダは全部のメニューにお通しみたいに出てくるみたいです。そう言えば前回も一番最初に待たずしてサラダ出てきました。
2012_09_17さんきち (2)
ちょっとオレンジ色がかったドレッシングはすこーしカレー味。このサラダでも食べてお料理待っててねーってことなのかなぁ・・・・。
2012_09_17さんきち (3)
ご飯を少な目にお願いしますと言ったら、減らしてくれました。左が少な目ご飯。たぶん右は普通盛りなんだと思います。食べログレビューを読んでいたら、どうもテーブルにゴマ塩が用意されているらしいです。2階にはなかったので、あらかじめかけてくれたのかな。
2012_09_17さんきち (4)
これは牛鉄板焼き。すき焼きみたいなあまじょっぱい味で、生卵が割られています。ご飯がすすむ味なのですが、もうちょっとお肉が柔らかかったらなぁ。

なぜか自分のチキンカツの写真は撮るのを忘れていたみたい。そして、食べてから前回と同じものを注文していたと気が付きました。チキンカツにはソースがあらかじめかけられているのですが、それがオレンジ色のあまりピリッとしまらない感じで、私の好みじゃない味なのです。その上、付け合せのサラダは最初に出てきたサラダとかぶっている・・・・野菜をたくさん食べられるのはいいけど・・・・次回はエビフライにしようかなー。
看板にとんかつ・サラダってあるくらいだからとんかつにするべきなのかしら?

色々書きましたが、ここのお店の人はとっても感じがいいです。全体的には味が濃いめで、あまり好み!という味ではないんですが、こういうタイプのお店にしては落ち着けて、嫌な気持ちになることが決してないのでつい行ってしまうというお店なのです。今度は1階のカウンターがいいなぁ。


さんきち
TEL 03-3735-6271
住所 東京都大田区西蒲田6-34-6
営業時間 11:00~14:45
     17:00~20:45
定休日 火曜日



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2012/09/17 (Mon) ダイシン百貨店のファミリーレストラン復活! ナポリタン

ダイシン百貨店がグランドオープンしました。ダイシン百貨店)は、1964年5月に開店したデパートで池上通に面しています。「半径500m以内、シェア100%主義」をキャッチフレーズにする地元密着型のデパートとして有名です。リニューアルにあまり積極的ではなかったため、昭和の雰囲気を色濃く残していたデパートでした。

そのダイシン百貨店が大規模なリニューアル工事を始めたのが2010年2月。その後どう変わっちゃうかわかんないから行かなきゃ!と行ってみた初ダイシンは2010年8月のことでした。リニューアル工事まっただなかで、ファミリー食堂は面積が狭くなっていて、メニューの数もだいぶ少なくなっていました。
その時に一緒に行ってくれた人はずいぶんファミリー食堂での思い出があるらしかったです。どうもこの辺りで育った人たちはみんなそうみたいなのです。私も初めてではありましたが、昔デパートの食堂ってこんな感じ!と子供の頃を思い出しました。

そうして、その後完全ではないリニューアルオープンしたダイシンに行ってみたらなんとファミリー食堂がない!屋上にはなんだかオシャレっぽく作ったカフェみたいなところと、少し高級そうに作ってある日本料理屋さんがありましたが、食堂はなくて・・・エレベーターの中で「あたしのファミリー食堂を返せ!」とか憤っていたら、一緒に乗り合わせたお客様は笑いながら「そーだそーだ」という風に頷いていました。
そんなこんなで2012年8月に完全リニューアルしたダイシンにファミリー食堂が復活したと聞き、行ってみました。
2012_09_17ダイシン (2)
駐車場が立体駐車場になりました。空いているところがあまりなかったので、屋上へ。元の駐車場だった場所はマンション建設のため工事中です。
2012_09_17ダイシン (3)
フロアマップを見て、4階だということは確認できたのですが、相変わらずわかりにくいです(笑)駐車場から直接の入口を発見しました。
2012_09_17ダイシン (4)
デパートの食堂らしくサンプルが並んでおります。改装が始まる前のダイシンを知っている同行者は、メニューが減ったー!と言っていましたが、品数は必要十分じゃないでしょうか。
2012_09_17ダイシン (5)
ほら!50円値上がりしていましたがナポリタンもちゃんとここに!食券を購入するのですが、自動販売機ではありません。ここがダイシンの良いところ。自動販売機にしちゃったら自動販売機の前で悩みますもんねぇ。

注文は私はもちろんナポリタン、同行者はざるうどんと瓶ビールの大瓶。生ビールにしようかと思ったのですが、生ビールは若干お高め。中ジョッキで¥680なんです。細かいですか・・・細かいですね・・・でも、重要。
飲み物類は専用コーナーからすぐ出してもらえるので受け取って、窓際の席で待ちます。出来るとブザーでお知らせしてくれるんですが、それで気が付かない人には前と同じようにマイクで呼ばれます。
2012_09_17ダイシン (7)
窓際からはこんな景色。池上通沿いの店舗を上から見ると長屋状態のところがあったりして、面白いです。
最初にざるうどんで呼ばれました。「ナポリタンは別にまた呼ぶからね。待たしちゃってごめんねー」と係りの女性。ナポリタンはやっぱり人気があるようで、食べてるものを見る限りナポリタン率高いです。
2012_09_17ダイシン (8)
同行者は昔はソフト麺みたいだった・・・という麺は、さぬきうどんっぽいもっちりした麺になっていました。少ないようにも見えますが、それは太い麺だからだと思います。密かにざるうどん?って思っていた私でしたが、さっぱりとしていて美味しいです。¥400は安いかもしれない。
2012_09_17ダイシン (11)
これです!やっぱりナポリタン。きっちり炒められて、ケチャップ味も過不足なし。やっぱりナポリタンにはピーマン入ってないと・・・ピーマン嫌いには困ったものなのでしょうが、ここのナポリタンではピーマンしっかりと存在感を保っております。ピーマン・玉ねぎ・ハムと缶詰のマッシュルーム。黄金の組み合わせ。

2012_09_17ダイシン (10)
〆て¥1450の食事。満足です。

串カツや枝豆などのおつまみ的メニューもたくさんあって、昼からビールや酎ハイでいっぱいやっている人が結構たくさんいらっしゃいました。男性ばかりではなくて、比較的年齢の高い女性が一人で・・・というテーブルもあり、確かに飲み屋に行くのは抵抗あってもここなら・・・と納得。高年齢社会になってきたことでもあり、ダイシンにはそういう面でも頑張っていただかないといけませんね。
ダイシン百貨店HPでは、まだフロアマップが新しくなっていませんでした。
                                                                                                     

ファミリーレストラン
TEL 03-3773-1721
住所 東京都大田区山王3-6-3 ダイシン百貨店 4F
営業時間 11:00~22:30(L.O21:30)
駐車場 有
HP



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(4) |


2012/09/16 (Sun) 横浜橋のお好み焼き とみちゃん 営業再開

久しぶりに行こうか・・・と、横浜橋の「とみちゃん」へ行ってみたら『怪我のためしばらくお休みします』との張り紙。いつから貼ってあったのかはわかりませんでしたが・・・しばらくっていつなんだ?と思ったのがほぼ1カ月前。
どっか夕ご飯をと車で走っていた時に「実はとみちゃんに行きたいけど、まだやってるかどうかわからないし・・」と言ったらとりあえず行ってみようということになりました。週末の夕暮れ時。
行ってみたら赤い提灯に灯りが・・・・やった!復活したのね!
2012_09_16とみちゃん (10)
とみちゃんは鉄板のあるテーブルが3卓のみの小さなお店。やってるからって座れるかどうかはその時の運なのですが、幸運なことにテーブルが一つ空いていました。もんじゃ焼きとショウガ天、それにチョリソーとじゃがバターをお願いしました。他に食べたいものもあったのだけれど、このくらいが限界。
2012_09_16とみちゃん (11)
飲み物にコーラを頼んだら、500mlのペットボトルごと出てきました。
2012_09_16とみちゃん (1)
これはじゃがバター。
2012_09_16とみちゃん (2)
チョリソーにももやしつき。
2012_09_16とみちゃん (9)
出てくる時にはあまり味がついていないので、調味料をお好みで使います。もんじゃの味付けも薄めなので・・とオイスターソースとソースが出てきました。自分好みに調整できるのが嬉しい。

とみちゃんのママは元気でした^^でも、自転車の交通事故だったんですって。結局3カ月お休みしたそうです。まだ痛みはあるそうですが、通院しながらも営業再開。一人ではつらいから・・とお手伝いしている方がいます。一人でお店をやるというのは、色んなリスクがありますが、いつまでも元気に頑張ってほしいなぁ。
     この前のとみちゃんの記事は → こちら

横浜橋の周辺では、この日色んなところでお祭りをやっていて、みこしが出ていました。とみちゃんの前にもやってきたのでちょっと見に行っちゃった。御神輿って東北ではあまり見なかったので、見るとなんだかワクワクします。
2012_09_16とみちゃん (4)



お好み焼き とみちゃん
TEL 045-262-0734
住所 神奈川県横浜市南区真金町2-17 OKマンション1F
営業時間 17:00~24:00
定休日 不定休


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜橋商店街 | trackback(0) | comment(6) |


2012/09/15 (Sat) 横浜市民はお得  道志の湯

道の駅どうしを出た時には、既に夕刻となっていました。温泉に入って帰ろうということになりました。通ってきた道に2つの温泉がありました。ひとつが「道志の湯」もうひとつは「紅椿の湯」というところでした。どちらにしようか悩んだのですが、初めてだしとりあえず「道志の湯」にしてみようか・・・と。国道413号線から看板があるところを曲がって、しばらく距離がありました。
2012_09_15道志の湯 (1)
外観は思っていたよりも小さくて、思っていたよりもたくさんの駐車場がありました。駐車場はほぼ満車。

料金は・・・
2012_09_15道志の湯 (2)
大人が580円ですが、横浜市民であることを証明できる何かがあれば200円割引してもらえますので、横浜市民なら¥380。銭湯だって今時は¥450なんですから安いです。

道志の湯は平成24年4月1日(日)にリニューアルして開店したそうです。「木質バイオマスボイラーを使ったやさしい温泉に生まれ変わりました」とHPに書いてありますが、良くわかりませんがたぶんエコなのでしょう。その時から料金も値上がりしたようで、以前は¥500だったそうです。(参照→ りゆうさんのページ

ここの利用システムは初心者にはわかりにくかったです。(HPに利用方法が書いてあるのを後から知りました。)
入館したら→まず靴を靴箱へ→靴箱の鍵を持って受付へ→靴箱の鍵を預かってもらいロッカーの鍵を貰って→入浴。ロッカーの鍵にはバーコードがついていて、すべてのお会計はそのバーコードで管理されて最後にお金を支払うというシステム。よくあるスーパー銭湯みたいなシステムなのです。
このシステム一見よさそうなのですが、私が行った日にはこのシステムのおかげで大変なことになっていました。普段はこんなに利用客はいないと思うのですが、これから入浴する利用客の受付と終わった利用客の会計を同じ人がやっています。そのため、これから入浴するお客様が終わって帰る人と同じ列に並び延々と待つことになってしまっています。終わって帰る利用客も会計を待っているため、駐車場も空かずに混雑してるし・・・なんだかなぁ・・・と言う感じ。このバーコードシステム、現金を一か所でしか扱わないという意味では非常に良いのでしょうが、マッサージ機や自動販売機も受付でコインを貰わなければならないため、会計を待つ間に利用するってことさえ出来ないんです。一つ救いだったのは、後ろにならんだご夫婦が大変明るい素敵なお二人で、なんだかんだお互いに文句を言いながら笑い合い、「お腹が減ると腹が立つからねー 飴ちゃん食べる?」なぁんて交流が出来たこと。あのお二人がいなかったら、もっと腹を立てていたかも。
その上、お風呂はと言えば、入浴している利用客はお風呂の面積に比べて多すぎて、お風呂の中はいっぱいだしシャワーは待っている人が大量にでる始末。女性用の浴場だけではなくて、男性用も同じだったそうです。男性用の露天風呂にはお湯が入っていないところもあったそうで・・・どうなってるんだ?と同行者はご立腹でした。
2012_09_15道志の湯 (3)
お天気の良い週末の、それも夕方の時間帯は避けた方が良さそうです。お風呂でゆっくりできなくて、せっかくお風呂に入ったのにお会計で待たされて・・・では、なんだか・・・・ちょっと残念な温泉利用でした。
2012_09_15道志の湯 (4)



道志の湯
〒402-0212 山梨県南都留郡道志村7501
お電話でのお問い合わせ TEL.0554-52-2384
利用時間 通常午前10時~午後8時(最終受付 午後7時30分)
     夏季午前10時~午後9時(最終受付 午後8時30分)
休館日 毎月第1火曜日(祝日の場合はその翌日)


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

山梨 | trackback(0) | comment(2) |


2012/09/15 (Sat) 道の駅 どうし  川遊び

手づくりキッチンで食事をした後、道の駅のまわりを散策。横浜の水源ということで水が豊富。道の駅の広場に石でできた水が流れているところがありました。
2012_09_15道の駅どうし (10)
冷たくてきれいなお水。この水の流れは1メートルちょっとあるのですが、これを見た子供が「流しそうめん!流しそうめん!」って。確かにここで流しそうめんをやったら、つるりと良く流れそうです。まだ幼稚園くらいの子供でしたが、流しそうめんと言うものを知っていることにびっくりしました。あたしこの前初めてやったのに・・・。

道の駅の裏手は道志川。川遊びができます。
2012_09_15道の駅どうし (16)
この辺りなにかカッパに関係があるのかしら?かかっている橋もカッパ橋という名前です。
2012_09_15道の駅どうし (15)
いやー 気持ちいい。日差しは強いですが、水辺はちょっと涼しくて・・・もう夕方になりかかっていたので、人は少なくなっていましたが、もう少し早い時間にはきっと子供たちの楽しい声が響いていたことでしょう。川遊びなんて出来るところってそんなにはないですもの。東京から80kmって書いてありましたが、信じられないくらいです。
2012_09_15道の駅どうし (13)
水がキラキラしてほんとにきれいで、このまま飲めるんじゃないかと思うくらい。

到着までの間に無数のキャンプ場がありましたし、ちょっとしたお休みに家族で行きたいと思う場所なのでしょうね。実はキャンプってしたことないので、ちょっと憧れちゃうな。



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

山梨 | trackback(0) | comment(8) |


2012/09/15 (Sat) 道の駅 どうし  手づくりキッチンでクレソンうどん

「道志村に行きたくない?」とメールが来たのが数日前。行きたいも行きたくないも・・・道志村ってどこ?そうしたら先日行った津久井湖の奥、山梨県へちょうど入った辺りの村でした。山梨県ではありますが、横浜市の水源の村だそうで・・・とてもきれいな川が流れているそうです。
連休初日でしたから道路が混んでいることも考えて、朝早く出たいところでしたが諸事情で出発が遅くなってしまいました。まぁ とにかく行こうと出発。津久井湖を越えるとちょっとした山道。天気が良くて暑い日でしたが、森に入ると涼しい風が吹いていきます。インターネットでちょっと調べただけで出かけてしまいましたので食事をする場所も良くわからず、とにかく道の駅を目指しました。到着したのが午後2時。
2012_09_15道の駅どうし (17)
途中渋滞はあったものの、道志みちに入ってからはTHE田舎という感じで、車もそんなに通ってなかったのです。それなのに道の駅どうしは大混雑。結構広い駐車場があるのですが、ほぼ満車。暑い中、駐車場整理の方が何人も出て案内をしています。お疲れ様です。いやいや こんなに人気のある場所とは知りませんでした。

お腹が減ってかなり機嫌が悪くなっていた私(笑)とにかく何か食べたい!同行者はだれかから聞いてきたらしく、お蕎麦が食べられると思っていたようなのですがお蕎麦を食べられるところはないみたい。道の駅の中にお食事場所は「手作りキッチン」という一か所です。
2012_09_15道の駅どうし (3)
お昼を過ぎてだいぶたっているので、食事場所は空いていました。
2012_09_15道の駅どうし (4)
セルフサービスです。メニューにクレソンに関係あるものが多いのは、道志村はクレソンの生産が日本一だから。クレソン大好きですが、クレソンを生産しているところがどこなのか考えたことがありませんでした。クレソンって高いし、おひたしにして食べるなんて贅沢なことできないですもの。

手作りキッチンは、フロアは明るく若々しいつくり。注文をするところは、ちょっとカフェっぽい感じのするカウンターになっています。メニューもそんな感じを目指しているのか、ポトフとか手作りパイなどもあります。残念なことに空いていたかわりに売り切れのメニューが多く、私が食べたかったポトフもクレソンの胡麻和えもありませんでした。あーがっかり。

結局頼んだのは、私がふるさとうどん¥470 同行者はジャージャー麺¥400です。注文してお金を払い、番号札を持って席で待ちます。番号を呼ばれたら取りに行くという段取りです。
2012_09_15道の駅どうし (7)
裏の川が見えます。写真は外が明るいので暗く写っていますが、明るくてきれいな場所。
2012_09_15道の駅どうし (5)
最初に来たのは同行者のジャージャー麺。トレイにのせて持ってきた時、正直見た目がちょっとアレだなぁ・・・と思いました。肉みそはほとんど見えないし、小口切りのネギは切り方が雑で固そう。でも、これ結構美味しかったです。麺は米の粉で作った麺で、弾力があります。(ちょっと検索してみたら、他の方が注文して食べた写真があったのですが、その写真は具材は同じなんですが美味しそうでした。ちぇっ たまたま作る方がアレだったのですね。←なんだよ!アレって!)

私のふるさとうどんは、なぜかつけ麺が出てきてあまりに写真と違うので「これはふるさとうどんですか?」「違います」というとんちんかんな会話を経て、到着しました。
2012_09_15道の駅どうし (6)
クレソンを練りこんだ特製麺ということなのですが、絶対伸びてた・・・えーん。おなかが減っていなかったら、半分は残した代物でした。こちらもたまたまだと思いたい。クレソンが練りこまれているので、麺の色は緑色なのですが、つゆに浸かっているのでクレソンの香りはあまり感じられません。ただ上にのっかっていたクレソンはピリリと辛くて美味しかったー。道の駅で束で売られているんじゃないかと期待したんですが、遅かったせいなのかありませんでした。

道の駅にはほかにクレソンの関連商品や農産物、地元の方の作った漬物などたくさん販売されています。
2012_09_15道の駅どうし (9)
これは食べませんでしたが、クレソンのアイスクリームとアイスキャンディ。密かにこういうものは苦手です。よく特産品をアイスクリームにするということが行われているのですが、私にはラベンダーのアイスクリームは石鹸を食べているような気がしましたし、お醤油のアイスクリームはアイスはアイスで食べさせろ!と思いました(笑)面白いと一回は食べてもらえても、毎回それを食べるために・・・と言う人が多くないとね・・・と思っています。いやクレソンのうどんとかパスタとかはいいです。野菜ですもの。
2012_09_15道の駅どうし (8)
を!さすが山梨。ぶどうを見て山梨だということを思い出しました。ちょっと食べたいと思った細長い粒のその名もマニキュアフィンガーですが、皮も食べられるっていうのちょっと苦手だったというのを思い出して断念しました。食べることには執着があるくせに、どうも保守的でいけません。

道志の話はまだ続きます。

道の駅 どうし 手づくりキッチン
TEL 0554-52-1811
住所 山梨県南都留郡道志村9745 道の駅どうし内
開店9:00~閉店18:00 ラストオーダー17:30  
夏季 開店9:00~閉店19:00 ラストオーダー18:30
【定休日】年末年始
12月27日から1月1日まで売店、レストランなどの施設は休館
 (トイレは利用できます。)
道の駅どうしのHPは → こちら


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

山梨 | trackback(0) | comment(2) |


2012/09/14 (Fri) 肉料理のある喫茶店 トピック

池上通りは頻繁に車で通ります。特に春日橋から池上駅付近までは飲食店がたくさんあって、気になる場所なのですがなかなか車を下りる機会がないんです。なんとなくどこのお店にも入ってみることなく、数年。突如思い立って、車を下りてみました。(私は貧乏人なのですが、その辺に車を停めておくわけにもいかないので、駐車場へ。ちょっとしたことですが、池上通沿いは結構駐車場代がお高いのです。一本裏手になるとちょっとだけですが安くなります。そんなわけで、大田文化の森の裏手に駐車場を発見しました。)お店は太田文化の森の向かい側。
この通りは、春日橋くすの木通りと言うのだそうですが、「カンフリエ通り」と改名。カンフリエはフランス語で(Camphrier)くすの木の意味です。くすの木通りでいいのに・・・と思ってしまうのは、私だけ?大田文化の森は大田区役所の跡地らしく、元々この辺りに住んでいた人の話によると区役所がなくなってからちょっと下降気味なんですって。

気になって行ってみたのは緑色のテントに「肉料理のある喫茶店」と書いてあるトピックというお店。外から中の様子は見えないので、ちょっと入りにくいです。
2012_09_14トピック (14)
肉料理のある・・と書いてあるだけで外にメニューがあるわけでもありません。でも、ここを通るようになってからはずぅっとあるお店です。そんなに新しくはないんだろうと思います。恐る恐る・・とまで言うわけではないけれど、ちょっとした期待をもって入店。
2012_09_14トピック (15)
壁にお料理の写真が貼ってあります。お料理の写真だけ見てるとレストランもしくは食堂みたいですが、店内の雰囲気は確かに喫茶店っぽいです。
2012_09_14トピック (17) 2012_09_14トピック (18) 2012_09_14トピック (19)
お料理の中では肉料理をメインと考えているようでメニューを開いて最初の方はカラー写真がいっぱいのお肉料理でした。夜は日替わりはないものの、先客の雰囲気から見ても大田区のタンゴさんと考えていいみたいです。
2012_09_14トピック (16)
お客様はご近所の方が多いようで、年齢層が高いです。頻繁にここでご飯を食べる方もいらっしゃるのだろうと。お互いに健康について語り合ったりしていらしゃいました。一人でうちでご飯を食べるよりも、だれか顔見知りがいたりする方がいいですもんね。席数は結構多くて、奥の方は事務机になっていました。

私の注文はやっぱりここは肉料理を期待されているのか・・・(誰に?)とポークジンジャー。すべての定食に食後の飲み物がついているのは、喫茶店の喫茶店たる所以なのでしょう。
2012_09_14トピック (25)
ポークジンジャーにご飯とお味噌汁がついているのですが、ご飯はちょっと深いスープ皿のようなものに盛られていてかなりの大盛り。せっかく持ってきて下さったのですが「3分の1くらいにしてください」とお願いして減らしていただきました。「少なかったら行ってちょうだいね」と心配して下さったのですが大丈夫でしたよ。
ポークジンジャーは付け合せのナポリタンとサラダと一緒に一皿に盛られています。粉を付けて焼いてたれを絡めた感じで、表面がちょっとかりっとしていたり・・・ご飯のすすむ味でしたが、一つ言うとすればサラダは別盛りにして欲しいです。水気が出てタレやら脂やらドレッシングやらと混じってお皿の下の方が・・・。
2012_09_14トピック (21)  2012_09_14トピック (22)
サンドイッチなどの喫茶店らしいメニューもありますし、食事はテイクアウトもできるのです。至れりつくせり。お持ち帰りなんてピラフ¥400とかえらく安いんですけど・・・。

食後のアイスコーヒー。お醤油さしみたいなのに入っているのはガムシロップです。
2012_09_14トピック (23)


肉料理のある喫茶店 トピック
住  所 大田区中央1-21-3
TEL/FAX  03-3771-4278
営業時間 9:00~23:00
定 休 日 日曜日
くすの木通り商店街の中のトピックのページ



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(8) |


2012/09/11 (Tue) 美味しいお酒とごはんの米蔵 飲みもしないでごめんね

どこかでご飯を食べようか・・・と米蔵(よねくら)さんへ。カウンターの奥の方へ座らせてもらいました。
最初の小鉢は小さなナスでした。揚げたナスのように見えたのですが、食べたら感触も味もちょっと違う・・・これはなんだ?と思ったら中に引き肉を詰めて揚げたものなのでした。かかっているたれも美味しくてお替り!な感じ。「なにこれ?」とか言いながらもぐもぐしていたら、「何言ってんだよ?手間がかかってるんだよ!」という顔で店主が別のを見せてくれました。なんでそんなに手間かけるかなー。
2012_09_11米蔵 (1)
前回同行者がやたらと気に入った、ちくわのおつまみ。ちくわとチーズの大好き同士の組み合わせ。嫌いなはずはないのですが、なんだか家庭でも作れそうなおつまみで・・・これを旨い!と絶賛されてもね・・・という店主(笑)
2012_09_11米蔵 (3)
お魚はオニオンスライスをのっけたかつおたたき。前にかつおのお刺身を食べてアブラがのっていてサイコー!と同行者が言っていたお刺身は私にはちょっとアブラのりすぎ。密かにカツオたたきの方がいいなぁ。
2012_09_11米蔵 (5)
しばらく定番メニューを見ていなかったのですが、見てみたら・・・あれ?鶏を焼いたのがある!「前からありましたよ」と言われたけれど、全く食べた覚えがナイ。豚ばら肉ばかり食べていたからかな。
2012_09_11米蔵 (6)
皮目がぱりぱり。おいしー。「何にもしてませんよ。普通の鶏肉ですよ」とか言うんですが、自分でやってもこんな風になんかなりませんよ!絶対なにか隠していると思う・・・。

最後の〆は復活した土鍋ご飯。今回は山菜ときのこの土鍋ご飯でした。
2012_09_11米蔵 (7)
炊き立て!あっつあつです。でもね・・・あたしにはちょっと塩気が強すぎた・・・本人に直接言い忘れました。次回お願いするときは味控えめにしてもらおう。ここのお店はダシがきちっとしているので、塩味は控えめでも物足りない感じはしないと思うんです。 ま とにかく今回も美味しかったよって話でした。

いつものことながら車で行ってしまい、また飲めませんでした・・・・がっかり


米蔵
TEL 044-751-1681
住所 神奈川県川崎市中原区新城1
営業時間 17:00~22:00
定休日 不定休


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

川崎 | trackback(0) | comment(2) |


<< back | TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: