2013/03/31 (Sun) 24年度最後のタンゴさん ちぢみほうれん草・新じゃが・エビ炒め

平成24年度最後の日。夕ご飯は一人でタンゴさんへ伺いました。
20130331 タンゴ (1)
相変わらずの食事メニューの充実っぷり。この順番はどんなふうに決まってるのかなぁ・・・。考えてみれば、本日の日替わり定食とその他の日替わり定食は何が違うのか?(笑)それはともかく、私の注文は野菜いっぱいと注釈のついた「ちぢみほうれん草・新じゃが・エビ炒め」
20130331 タンゴ (2)
小皿2種までついてバランスの良い食事。ちぢみほうれん草はこの時期だけですもんね。肉厚で根まで甘くておいしいです。えびはちょっと塩気が強かったな・・・野菜いっぱい食べた!って感じでした。生野菜だったらこんなにいっぱい食べられないですもの。
20130331 タンゴ (3)
お料理担当の奥さまが「ちぢみほうれん草って根まで甘くなってくれてありがとう」って思うのよーと。こんな風に言えるなんて、可愛い人だなぁ・・・いつも思うけど。いつも美味しいご飯をありがとう。


タンゴ
TEL 045-571-7148
住所 神奈川県横浜市鶴見区佃野町29-45
営業時間 8:45~21:00  (ラストオーダー 20:30)
第一・第三水曜日がお休み
第二・第四水曜日は営業だったのですが、第二・第四水曜日は早じまいすることにしたそうです。
ブログでご確認ください。


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト

タンゴ | trackback(0) | comment(4) |


2013/03/31 (Sun) 旧東海道・ミハラ通り商店街の餅甚さんの あべかわ餅

東海道新幹線に乗ると、つい車中の移動販売で安倍川もちを買ってしまいます。安倍川もちと言えば、静岡というイメージだったのですが、平和島にもあべかわがあると聞いてずっと気になっていました。ミハラ(感じでは美原と書くそうです)通り南商店街沿いにあるお店なのです。場所はわかっていたのですが、このミハラ通り南商店街は夕方の時間帯は歩行者天国になっていて、なかなか行けませんでした。休日出勤だった週末に行ってみました。

ミハラ通り南商店街は旧東海道です。東海道本来の道幅を保っていると聞きました。通り沿いのお店は、その風情を壊さないように看板など工夫を凝らしています。↓この道幅が東海道の道の幅なのね・・・と再認識。
20130331 餅甚 (2)
あべかわを作っている「甚」さんもなかなかの風情。大きなお店ではないですが、老舗らしい風情です。創業は享保元年(1716年)だそうです。初代の甚三郎が静岡の出身で、当初は「駿河屋」という名前の茶店だったそうです。(参考 → http://www.trad-sweets.com/wagashikaido_3/pg11.html甚という店名になったのは、大正の初めころだそうです。現在は十代目とその息子さんの十一代目で営んでいます。
20130331 餅甚 (1)
えーっとあべかわ餅は?っと。あったあった・・一番小さな箱が¥650なので、それを購入しました。
安倍川もちと言えばあんころ餅のようなものにきなこをまぶして食べるものというイメージですが、こちらのあべかわ餅はちょっと違います。白いちょっと平べったい直径3cmくらいのお餅に黒蜜ときなこをまぶして食べるものなのです。
20130331 餅甚 (4)  20130331 餅甚 (5)
当初は真夏の土用にのみ販売していたそうですが、客の要望で40年ほど前から通年作るようになったそうです。このお餅ほんとに柔らかくて、白玉とも求肥とも違う柔らかさなのです。次の日になっても固くはなりません。もちろん出来立てを食べるのが一番美味しいのでしょうけれどね。この柔らかさの秘密はお庭にある井戸水だそうです。今も枯渇することなく湧いているそうで、このお水をつかって商品をつくっているそうなんです。
そしてついてくる黒蜜も所謂黒蜜とはちょっと違います。とがったような甘さではなくて美味しいのです。食べたいだけ食べようと思ったら、ひと箱一人で食べてしまいそうです。そういう意味ではちょっと危険な食べ物(笑)

18時くらいに伺って購入できたので、いつでも買えるものなのかと思っていたら、その次に伺った時は売切れで買えませんでした。もちろん他のお菓子類はあるのですが、ちょっとお土産にしようと思っていたので残念でした。おかみさんが申し訳なさそうにされていましたが、予約も出来るそうです。電話一本してくれたら取っておくからと言って下さいました。必ず購入したい時は、予約しておいた方がいいようです。


餅甚
TEL 03-3761-6196
住所 東京都大田区大森東1-4-3
営業時間 8:30〜19:00
定休日 火曜日



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(0) |


2013/03/29 (Fri) 豊洲ランチ 路地裏に発見 韓国食堂チャンでカルビクッパ

仕事中に豊洲。毎度のことながらせっかくなので豊洲でお昼ごはん。金曜日かぁ・・・なんだかご飯が食べたいけれど、もう1時半過ぎ。どうしよっかなぁ・・・その辺の路地を入ってみたら、見慣れないお店。
20130329 豊洲カルビクッパ (2)
韓国食堂 チャンというお店でした。外にまだランチの案内が出ています。まだ大丈夫かな・・・おそるおそる店内を覗いてみると、他にお客様はいらっしゃいませんでしたがお店の方が「どうぞ」と入れてくれました。後から調べてみたらランチは14時まで。ギリギリでした。
20130329 豊洲カルビクッパ (7)
外に本日の日替わりメニューはカルビラーメンと出ていたんですが、結局カルビクッパ(サラダ付)¥680を注文。ランチメニューはクッパ¥580~¥750と比較的お手頃です。
20130329 豊洲カルビクッパ (4)
ドラム缶のテーブルや、壁の掲示物など本場韓国っぽさを強調しているというか、レトロな感じというか・・・作られすぎな感じは否めませんが、比較的新しいようで汚くはありません。お店の方に聞いてみると、ランチを始めたのは最近とのこと。ちかくにある「焼肉スタミナ苑豊洲駅前店」が4月下旬までリニューアルのためお休みになるので、その間ランチをやってみようということで始めたのだそうです。スタミナ苑は豊洲では評判の良い焼肉屋さんです。そこと同じ系列のお店でした。
20130329 豊洲カルビクッパ (5)  20130329 豊洲カルビクッパ (3)
お店の雰囲気はランチというよりは、夜飲みな感じ。一人でランチはちょっと落ち着かないかも。宴会の設定もあって¥4000で飲み放題つきのメニューがあります。ただし、若い人の宴会って感じかなー。なんとなくですけどね・・なんとなく。
20130329 豊洲カルビクッパ (6)
あっつあつのカルビクッパ登場。カルビがたくさん入っています。辛さはそれほどでもないですが、あっつぅぅい。猫舌のあたしにはキビシイ!!でも、久しぶりにカルビクッパ食べましたが、美味しかったです。おなか一杯になっちゃって全部食べきれなかったけれど・・・。スープ+ご飯にしてもらった方が良かったかな。

ぐるなびにもランチメニューが載っていたので、ずっとランチ営業もあるのかと思って書きましたが、お店の方によると本店のリニューアルのための閉店期間中の試験営業ということでした。お昼にもし行く予定がある方は、確認してから行って下さいね。
ちなみに夜のウリは肉厚のサムギョプサルだそうです。1人前¥1080


韓国食堂 チャン
TEL 03-5546-1559
住所 東京都江東区豊洲4-2-1
営業時間 【ランチ】[月~土]11:30~14:00  
     【ディナー】[月~金] 18:00~翌2:00 [土] 17:00~翌2:00
         [日・祝] 17:00~24:00
定休日 無休
ぐるなび


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2013/03/28 (Thu) 三崎の生活骨董店 古今アンティークス

ミサキプレッソさんで一緒になった女性お二人が、ガイドブックに載っていたというアンティーク屋さんの場所を店主に質問していらっしゃいました。ミサキプレッソさんのすぐ下にあるお店です。「古今アンティークス」という名前です。そう言えば、そんなお店があったかも・・・と便乗して訪問しました。
20130328 三崎 (27)
所せましと、商品が並べられています。生活に必要なものが多いような・・・古い照明類もたくさんあります。こちらのお店は35年間洋服屋さんだったところを改装したらしいです。店舗兼住宅になっていて、2階は住居だそうですがそちらにあるものも売り物が多いそうです。(2階も見られることを後から調べて初めてわかりました。次回見せていただこう。)

小さな細々としたもので心惹かれるものはたくさんあったのですが、こういうものは一度見てまた次まで欲しければ買うということにしています。欲しくて伺ってもないこともありますが、それはそのモノとのご縁がなかったということで諦めます。・・・というわけで、何も購入しませんでした。見せていただいただけですみません。
訪問した時お店の方はちらりとしかお見かけしなかったのですが、このお店には大変愛想の良い看板がいます。美です。「ココンちゃん」と言う名前です。(ココンちゃんが名乗ったわけではないのですが、帰ってきてからブログで知りました。)全く人見知りしないコで、むしろ人大好きなコのようです。
20130328 三崎 (28)
20130328 三崎 (29)  20130328 三崎 (30)
20130328 三崎 (31)
あのたくさんの商品の上を音も立てずに上手に歩いてきました。おなかまで見せてくれて、心行くまで撫でさせてくれるんです。ココンちゃんに会えただけでも、このお店に伺ったかいがあるというものです。

三崎には、「古今アンティークス」「ROJI」「文化生活舎」と3軒の骨董店があります。三崎の町に良く似合っています。
協力し合って「MISAKI MARKET(ミサキマーケット)」というイベントもやっています。(ココで少しだけ書きました。)次回のミサキマーケットは6月2日(日曜日)だそうです。お天気に恵まれるといいですねぇ・・・。


古今アンティークス
〒238-0243 神奈川県三浦市三崎3-8-6
電話番号 046-882-1787
【アクセス】京急バス三崎港歩いて1分
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】月曜日



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

三崎 | trackback(0) | comment(2) |


2013/03/28 (Thu) 漁港でイタリアン  ミサキプレッソ(MP)

三崎に行き始めた頃は、三崎だからマグロもしくは魚介類と思っていました。なんとなく魚介を食べないといけないような気になってましたが、どうもコレ!というお店を見つけられません。(お勧めのお店がもしあったら、教えてください。)もう魚介は諦めることにして、今回はイタリアン
前回お茶を飲みに伺ったイタリアンカフェ&バールの「ミサキプレッソ」さんの雰囲気がとてもよかったので、そちらでお昼ごはんにすることにしました。
20130328 三崎 (23)
「ミサキプレッソ」さんは2010年3月にオープンしました。三崎銀座商店街にありますから、三崎をうろうろしたことのある方ならあぁ・・あったね・・と覚えているはず。私もいつも前を通っていました。前を通るたびに地元の方がなんとなくお茶を飲んでいたりお喋りしていたりして、気になっていた場所です。お店は男性が2名で営業されています。とても穏やかな雰囲気の方々です。
20130328 三崎 (24)
メニューは黒板に書いてあります。平日はランチメニュー¥1000もあります。お昼の時間もずいぶん過ぎていましたし、あっさりとシラスのピザにしました。
20130328 三崎 (25)
パリンッとした生地にしらすたっぷり。これは・・・ビールでしょう。あーこの辺りに泊まって、のーんびりとここで過ごしてみたい・・・そんな気分にさせるのは、きっと深く三崎を愛するオーナーの全然急いでない雰囲気なんじゃないかしら。

ミサキプレッソさんでは音楽やアートイベントのプロデュースも手掛けていらっしゃって、三崎ならではのイベントをたびたびなさっています。興味深いライブも度々・・・興味のある方はブログHPを要チェックです。ちなみにミサキドーナツは姉妹店です。
20130328 三崎 (26)
三崎のお店には↑こんなアートのような絵が飾ってあるところがあって、これはなんだろう?と思っていたら地元の小学生(だったかな・・・)がお店に書いてくれた絵なんだそうです。妙にお店に合ってるー。マグロがお勧めしてくれるコーヒーってことなのかな・・・。街歩きの時に注意してみてみると楽しいです。


ミサキプレッソ
TEL 046-882-1680
住所 神奈川県三浦市三崎3-4-10
営業時間 12:00~21:00
定休日 火曜日・水曜日(祝日の場合は翌日)
ブログ → http://misakipresso.blog133.fc2.com/
HPもできました →  http://misakipresso.com/


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

三崎 | trackback(0) | comment(2) |


2013/03/28 (Thu) MISAKI Donuts(ミサキドーナツ)

「もうちょっとで出かけるところだったわ。良かったー」と喜んで下さったナンブヤのオーナー。最近は少し時間に余裕が出来たので、三崎を離れてお出かけすることがあるそうです。今まで色々大変だったでしょうから、少しのびのびと過ごしたらますます明るくお元気でいて下さるのではないかと思うのですが、今度からはちゃんと電話をしておこうと固く決心をしました。パンが買えないというだけではなく、オーナーにも会えないという事態になってしまいます。
20130328 三崎 (7)
こちらでキーコーヒーのことを一番最初に教えていただいたのでした。やっと・・という気持ちでキーコーヒーへ向かってみたら・・・
20130328 三崎 (8)
お休みでした。とことんキーコーヒーには縁がないようです。でも場所ははっきりわかりました。駐車場があることと木曜日が定休日だということを学習しました。次回必ず。以前のお店を見られなかったのは残念だけれど、これがご縁というものですね。

・・・というわけでキーコーヒーに振られちゃったので、前回来た時に売切れで食べられなかったドーナツを買いに行くことにしました。2012年12月にオープンしたドーナツ屋さん「ミサキドーナツ」です。三崎銀座商店街のフシミ時計店を改装した店舗です。築80余年だそうです。
20130328 三崎 (10)
私が滅多に行かない今時のカフェ風ですが、ドーナツがとっても美味しそうなんです。
20130328 三崎 (12)
この日のドーナツは10種類。お客様お一人の購入数が多いようで、どんどんなくなっていきます。
20130328 三崎 (13)
リンゴとラムレーズンときなこを購入。店内でも食べられますが、これからお昼にしようと思っていたので持ち帰りにしてもらいました。素敵なお店だったので、2階も見学させていただきました。
20130328 三崎 (19)
販売カウンター脇の手作り感ある階段を上って2階に行くと・・・
20130328 三崎 (18) 20130328 三崎 (17)
20130328 三崎 (16) 20130328 三崎 (15)
きっと住居だったんだろうなぁ・・というところに、椅子テーブルが並んで和める空間がありました。HPによると1階はテラス席を含めて約12席、そして欄間の残る2階席は30席あるそうです。
20130328 三崎 (20)
こちらのドーナツは結構もっちりと重くて1つが大きいです。たくさんレーズンが中にはいっているラムレーズンが一番私の好みでした。
20130328 三崎 (33)
その日によってお店に並ぶドーナツは違っていて、予定数量が終了したらおしまいです。予約も出来るので、もし絶対食べたいのなら前日までに予約をした方が確実です。


ミサキドーナツ
TEL 046-895-2410
住所 神奈川県三浦市3-3-4
営業時間 [月~金] 11:00~17:00 [土・日] 10:00~17:00
定休日 火曜日・水曜日
席 1F:12席 2F:30席
HP


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

三崎 | trackback(0) | comment(4) |


2013/03/28 (Thu) 春休みの駄菓子屋さん

この前休日出勤をしたので、代休。しばらく休みがなかったので、結構頑張った。あたし(自画自賛)天気も良くて、また?と言われそうだけれど三崎へGO。キーコーヒーが再開したとも聞いていたので、今度こそキーコーヒーへ行ってみたいとも思っていました。(キーコーヒーの話はこちらに少し書きました。)
三崎は同じ県内ですし、出発しちゃえば早いもんです。平日ですし・・・快適にドライブして、高速道路を下りて・・・以前から気になっていた道沿いの駄菓子屋さんへ立ち寄りました。
20130328 三崎 (1)
看板はないけれど、駄菓子屋さんってわかる店構え。なんていうお店なんだろう?
20130328 三崎 (2)
窓に貼ってあったポスター・・・一体いつのなんでしょう?見覚えあるわ・・・・誰だっけ?と思ったら、元スマップの森くんでした。森くんお料理上手だったなぁ・・・って関係ないけど。

ご年配のご夫婦がお店を営んでいるようです。お店の中には小さなお客様が何人も。そう言えば春休みなんですね。お小遣いでくじ引きをしてました。
20130328 三崎 (4)
店内には小袋に入ったお菓子などがたっくさん並んでいます。
20130328 三崎 (3)  20130328 三崎 (5)
20130328 三崎 (6)
こういう場所は今も昔も変わりませんし、こういう場所でお店の人に叱られたりしておっきくなるんですよね。駄菓子屋さんって貴重です。これから先もなくならないで欲しいけれど、どうなっていくんだろう?


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

三崎 | trackback(0) | comment(2) |


2013/03/27 (Wed) とみちゃん ~ 大岡川

相変わらずとみちゃんはお気に入り。最初に行った頃は、用事がある時以外はお休みナシと聞いていたのに、店主のとみちゃんが骨折で長期お休みにして以来、本当に不定休になってしまいました。行ってみるとお休み・・・ということも数度。席数も少ないので、お出かけする前にもし行く予定があるのなら電話を一本してみることをお勧めします。電話に誰も出なかったら、その日はお休み。とみちゃん 張り紙くらいしといてよーーー!!!

テーブルが3卓しかないから仲間意識が生まれているのか、それともこの辺りの住民の方が気さくな方々なのか・・その時居合わせたお客様とお話したりすることが結構あります。その常連さんたちのお話によると「とみちゃんサボリぐせがついている(笑)」らしいです。そんなことが言えるのもとみちゃんの人柄なのでしょう。

いつものようにしょうが天から。
20130327 とみちゃん (2)
こんなに紅ショウガ入っているのに、いやーな感じがしないのはほんとに不思議。ソースもいいですが、ポン酢で食べるのも美味しいです。注文するお客さんが意外と多い人気メニューです。しょうが天は¥450

あとは・・・たまにいつもと違うものを食べてみようかと焼きそば。¥650
20130327 とみちゃん (4)
こんな山盛り。自分で勝手に味付けして焼きそばを作るんですが、この鉄板で調理するとやっぱり自宅でフライパンで作るのと全然違うんです。お好み焼き屋さんの鉄板ってすごい。


食べ終わってから、せっかくここまで来たのだからと大岡川へ行ってみました。
20130327 大岡川桜 (1)
大岡川も見ごろ。ロマンチックにそぞろ歩こうと思っていたのですが、ロマンチックどころじゃなく寒かったので早々に退散。でも、歩道にたくさんお店出ているのですね。テントの中できちんと飲めるところも出現していて、来年はそこで飲んでみたいな。
20130327 大岡川桜 (4)
川面にうつるや街の灯りはなかなかに良いものです。



とみちゃん
TEL 045-262-0734
住所 神奈川県横浜市南区真金町2-17 OKマンション1F
営業時間 17:00~24:00



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜橋商店街 | trackback(0) | comment(0) |


2013/03/26 (Tue) 桜満開 in 川崎駅西口

秋田はまだ雪があったのに、帰ってきた東京はが満開でした。
毎日のように通る川崎駅西口の通りの並木も満開。お仕事帰りの人々が、立ち止まって写真を撮る姿が見られます。私も車を一時停止して、少しの間を眺めました。今のところ秋田のの開花予想は4月17日だそうです。ほんと?って思うくらい寒かったのですが、どうなるんでしょうか。
20130326 川崎桜 (1)


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

川崎 | trackback(0) | comment(0) |


2013/03/25 (Mon) 雪の残る秋田へ⑪ あきたびじょん と 秋田空港の空弁

長々と書いていた秋田の話もこれでおしまい。3月末の秋田市では、まだ除雪した雪の山はあちこちに残っていましたが、4月になればあっという間に消えて行くのでしょう。それにしてもあの雪の山は・・・いかに冬の間の雪が異常に多かったかがわかりました。私の実家でも屋根から落ちた雪に押されて窓ガラスが割れたそうです。
雪が多くて大変だったという話を聞くたびに、何もしなくて悪かったなぁ・・・と罪悪感に駆られた私でありました。いつも思うのですが、秋田には山も海もあって食べ物もおいしくて、四季がはっきりしていて大変に良いところですが、やっぱり冬の間に雪が降るというのは大変なハンデでもあります。

いつものように乗合タクシーを利用して秋田空港まで。秋田空港周辺にも除雪した雪の山がまだ残っています。秋田空港の除雪は効率が良いらしく、視察者がいらっしゃるほどだと聞いていますが、今年はさぞ大変だったでしょう。
秋田空港には色んなポスターが貼ってあるのですが、今一番私が注目してしまうのは↓コレです。
20130325 穴子寿司 (1)
ちょっと見には「あきたびじん」と書いてあるように見えますが(実際に写真が秋田美人ですし)‘び’と‘じ’の間に小さい‘ょ’が入っていて、「あきたびじょん」となっているのです。「あきたびじょん」は秋田県の新キャッチコピー。イメージアップのために色々活動しているようです。 サイトは → こちら
あきたびじょんのポスターは実は色々あるのですが、このポスターが一番数多く貼られているような気がします。この女性は、秋田県大仙市角間川出身の三上(旧姓柴田)洋子さん。撮影したのは写真家の木村伊兵衛氏(1901~74)。撮影されたのは1953年。当時19歳だったそうです。第1回全県おばこコンクールに出場した柴田さんを撮影した県内の写真家大野源二郎氏が国際写真サロンのコンテストに応募し、入選。更にアサヒカメラの巻頭グラビアになったのだそうです。その写真を見た木村氏が大野さんの元に訪れ、次の年に柴田さんを撮影なさいました。柴田さんの元にはモデルの依頼が殺到したということですが、バレエの指導者をしていた柴田さんはすべて断っていたのだそうです。実業家の日系二世の男性と結婚して、渡米、2010年にお亡くなりになっているそうですが、いやほんとに美しい方です。これぞ「秋田美人」という感じ。
「秋田出身なんです」というと必ず「あぁ 秋田美人なのね」と言われることが多いんですが(もちろん冗談ですよ。)冗談とわかっていても本当に心苦しい。こういう方が秋田美人というのですよ。私は違います。
東京都内でもたまに見かけるこのポスター。もし見かけたらじっくり見てください。見れば見るほど美しい。あまりに美しいので、また長々と書いてしまいました。


秋田空港にも空弁のようなものが並んでいます。最近のお気に入りは、「穴子の棒寿司」です。竹の皮に包まれてなかなか良い感じに販売されています。
20130325 穴子寿司 (2)
こちらのお弁当はみその幼稚園のそばの誉寿しというお寿司屋さんで作られています。秋田では、あまり穴子を食べる習慣がないのですが、誉寿しさんは穴子が得意です。どうもお寿司屋さんは、値段が良くわからないので怖いところが多いのですが(笑)私が怖くなく行ける数少ないお寿司屋さんの一軒です。
20130325 穴子寿司 (3)
ご飯は薄い昆布でまかれていて上に穴子がのっています。山椒の小さい袋がついていてかけて食べます。お醤油もついていますが、お醤油は必要ありません。いつも安心のお味。
最終便に乗る時にまだ残っていると値引きされていたりします。その時に発見したらラッキー。でも、だいたいは売切れてるんですけどね。お店でも購入できますが、お店では7切れで¥1400、空港で販売されているものは4切れで¥1050です。お勧めです。


誉寿司
TEL 018-862-5065
住所 秋田県秋田市保戸野鉄砲町2-21



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: