2013/07/30 (Tue) おこパ(お好み焼きパーティ) in 下北沢

4月に大阪でにっぽんお好み焼き協会を主催し、お好み焼き教室の会長さんと初めてお目にかかりました。彼女は2010年にNHKで放映された連続テレビ小説「てっぱん」でお好み焼き指導をし、番組の監修にも携わった方です。お好み焼きの魅力を伝えるために日々尽力されている方ですが、活動の本拠地は大阪。普段は彼女の焼いたお好み焼きを食べることはできません。

そんな彼女が東京でおこパと称して東京でお好み焼きパーティを不定期に開催しているとお聞きして、誘ってほしいなぁ・・・とお願いしていました。1度は予定が合わずに行けなかったのですが、2度目のお誘いがありました。場所は下北沢「おっこんや」さんです。
P1000149_20131204134737127.jpg
「おっこんや」さんは普段は広島お好み焼きのお店です。そのお店をお借りしてのパーティなのです。
P1000150.jpg
会場となった「おっこんや」さんには既にお客様多数。東京でのおこパは何度も行われているようで、お互いに見知った方々が多かったようなのですが、私は初めての参加で、知っている人は主催の彼女だけ。案内された奥のテーブルに座らせてもらいました。会場ではお互いに名刺を交換して、異業種交流会のようになってます。
P1000152.jpg
おっこんやさんのお料理が何種類か出されて時間をつないでいるうちに、鉄板ではお好み焼きがやかれていきます。鉄板の近くでお好み焼きを焼く様子を見ていました。
P1000155.jpg
少々思い通りにいかない感じが見受けられたので、どういうことか・・とお聞きしましたら、鉄板の下のバーナーは広島風お好み焼きの場合は丸くて、大阪のお好み焼きはまっすぐに平行なんだそうです。そんな違いがあったなんて知らなかったです。
P1000156.jpg
ソースがたっぷり塗られて完成。ソースのいい香りが漂います。お好み焼きの上にのった鰹節が体をくねらせていてこれでこそお好み焼き!と言う感じ。
P1000157.jpg
お味は、いうまでもなく美味しかったです。写真では全く伝わりませんが、焼く人によってこれほどまでに変わるのかと驚きました。具は豚肉。やっぱりお好み焼きは王道の豚玉ですよねー。
馴染めるのかと心配していましたが、これもお好み焼きの力なのかテーブルの方々と大いに盛り上がり、また飲みたいね――とみんなで写真をとって、駅まで一緒に。楽しかったーー。普段お目にかかれないような方々と普段はしないような話をして、世界がちょっぴり広がりました。また誘って下さいね。
これが美味しいお好み焼きというサンプルを食べて、私の味覚も少し成長したようです。

私を美味しいお好み焼きの世界にいざなってくれた彼女は佐竹真綾さんとおっしゃいます。
詳しくは → 佐竹真綾とてっぱん総本家 彼女が教えてくれるお好み焼きの焼き方はブルドックソースHPにありました。→ こちら丁寧にムービーで教えてくれます。


会場になったのは↓

おっこんや 下北沢店
TEL 03-6804-0490
住所 東京都世田谷区代沢5-33-3 ボート代沢 1F
営業時間 12:00~15:00 17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日 月曜日(祝日の際は翌火曜日)・第2火曜日



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト

東京 | trackback(0) | comment(0) |


2013/07/24 (Wed) 米カフェでランチ 地野菜と小エビのフライ タルタルソース ケーキ付

ずいぶんぶらぶらしていたみたいだけれど、所要時間はほんのわずか。とっても狭い地域なのです。細かく見て行くと結構面白いんです。一丁目橋のたもとの旧タケダスポーツの建物(その後菅新になった)は何やらなつかしの博物館になっておりました。営業は日曜日だけらしく、見ることは出来ませんでした。
20130724一丁目小路周辺 (2)  20130724一丁目小路周辺 (1)
そうして更に歩き、「秋田市民族芸能伝承館」(愛称がねぶり流し館なのですが、ねぶり流しとは早い話竿灯のことです。)まで。
20130724一丁目小路周辺 (7) 20130724一丁目小路周辺 (6)
ねぶり流し館には旧金子家住宅も並んでいて、両方見学することができます。竿灯まつりの期間じゃなくても竿灯が見られます。たまに実演もやっているんだそうです。

そんなこんなで久しぶりの通町。一人でお昼ごはんです。金子家住宅のお隣は「米カフェ」さん。ま、そこを目指して歩いていたんですけどね。秋田在住の料理研究家・米本かおりさんのお店です。
20130724米カフェ (1)
ずぅっと行ってみたいと思っていたのですが、なかなか行けないでいました。お店の名前通り清潔なカフェのような外観です。ちょうどランチの時間帯で、店内はほぼ満席でした。うわっ 女性ばっかり。
20130724米カフェ (2) 20130724米カフェ (6)
店内の小物が一々センス良く飾られています。こんなセンスあたしにはないなぁ・・・。
20130724米カフェ (4)  20130724米カフェ (5)
日替わりランチは¥1260。この日は野菜と小エビのフライ タルタルソースでした。他にもいつものランチメニューやゴマサバのランチもあったけれど、エビフライ大好き!迷わずソレ!その上この日はMMの日(マリアージュミユキの日)だそうで、¥210でケーキがつけられるんです。ランチにはデザートもついているのに、欲張ってケーキもお願いしちゃいました。
20130724米カフェ (7)
ワンプレートに色々のってます。どれも味が程よくて美味しい。健康的メニューは避ける傾向にある私ですが、ご飯も玄米で健康的な感じはしますがこれはステキでした。お腹一杯。ケーキはプリンアラモードにしました。ほんと欲張りすぎ。お得と聞いたら食べちゃうって・・・ダメな私です。マリアージュミユキのケーキ大好きなんですもの。美味しい焼き菓子のマリアージュミユキさんは米カフェの姉妹店(といっていいのかな)です。

この日は米本かおりさんにはお会いできませんでしたが、予定が空いている日はお店にいらっしゃることもあるそうです。最近はヒカリエに出店されたりしていますから、お忙しいのでしょうね。一番新しい本が飾ってありました。「ごはんのおやつ」米粉でもお米でもなくて、ごはんをつかったおやつのレシピだそうです。興味のあるかたは↓こちらでどうぞ。



米カフェ
TEL 050-5872-4192 (予約専用番号)
     018-874-9645 (お問い合わせ専用番号)
住所 秋田県秋田市大町1丁目3-33
営業時間[月〜土]11:30〜 21:00
      [水、日]11:30〜17:00
定休日 無休 
HP


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(2) |


2013/07/24 (Wed) メイドインあきたのお店 秋田贔屓(あきたびいき)

少しだけ一人の時間が出来たので、一丁目小路あたりをぶらぶらしてみました。秋田に私が住んでいた頃と比べると、ずいぶんと変わりました。思えば秋田魁新報社が元の場所からなくなってから、劇的に変化していったような気もします。高堂酒店さんだった場所が今は「秋田贔屓」という秋田で活動する秋田につくり手の方々が生み出す作品扱うお店になっていました。
20130724一丁目小路周辺 (11)
高堂酒店さんは元々は造り酒屋さんです。「程よし」というお酒を作っていたそうです。この建物は典型的な秋田の町家なんだそうです。高堂酒店さんについて詳しくは二〇世紀ひみつ基地の記事をご覧ください。その記事によるともっきりもやっていたんですね。行ってみたかった・・・。

ところで「秋田贔屓」さんです。興味があったのでちょっと寄らせていただきました。
20130724一丁目小路周辺 (8)
お店には靴を脱いであがります。奥の方では体験教室も行われているらしく、私がいる間にも人が出入りしていました。ものを作るってちょっと楽しそう。HPにはそのスケジュールも載っています。
20130724一丁目小路周辺 (9) 20130724一丁目小路周辺 (10)
伝統工芸品という感じではなくて、若い作家さんの作品が多く販売されているようでちょっと気軽な感じです。もし要望があれば、オーダーでも作ってくれそうな近さがあります。お土産品ではなくて、プレゼントに良さそうです。2012年7月にオープンしたそうです。
20130724一丁目小路周辺 (12) 20130724一丁目小路周辺 (13)
ちなみにこの建物は、1887(明治20)年頃のものだそうです。そしてこのお店の裏側には高堂酒店の文庫蔵を改修した地ビールのレストランがあります。(→ あくら)平成9年にオープンしました。
20130724一丁目小路周辺 (5)
実はまだ行ったことがないのだけれど、行ってみたいな。
20130724一丁目小路周辺 (4)
この近くの通町商店街では、折にふれイベントが開催されているようでこの週末にも「来来まつり(こんこんまつり」が催されます。予定が合わなくて残念。(参考→秋田市通町商店街のいろいろ♪)小学生の頃、草市とか行ったなぁ・・・



秋田贔屓(あきたびいき)
住所 〒010-0921
秋田県秋田市大町1-2-40(旧・高堂酒店)
営業時間 10:00〜18:30
電話 & FAX   018-853-7470
HP


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(2) |


2013/07/23 (Tue) 秋田市民市場内 讃岐そば 小太郎

お昼ごはんは父と二人でした。時間もそれほどなかったので、ちょっと外で食べることにしました。
「なんでもいいよ」と父は言うものの、いつものように(笑)それはダメあれはダメ。そば好きなので、そばなら文句ないだろうとほぼ立ち食い屋さんに連れて行ってしまいました。私は立ち食いは平気というかむしろ面白いと思う性質なのですが、父は一人でもたぶん立ち食いそばには行かない人です。

私の大好きな市民市場の中に新しいうどん屋さんができたと張り紙で見ていました。
20130723市民市場内そばや (5)
讃岐うどん和太郎というお店です。秋田と言えば稲庭うどん讃岐うどんは珍しいです。ほぼ立ち食いそば屋さんと書きましたが、風情が立ち食いなだけで椅子がちゃんとあります。まわりとあまり仕切られていないオープンスペース。讃岐うどんと書いてありますが、おそばもあります。
20130723市民市場内そばや (3)
カウンターに父と二人並んで座らせてもらって、私はおろしぶっかけに玉子天、父は悩んだ末にざるそばを注文しました。セットメニューも色々あります。待っている間にお店の方がアメちゃんくれました。これは既定のサービスなのかしら。
20130723市民市場内そばや (2)  20130723市民市場内そばや (1)
どちらも300円代なのですが、特に父のざるそばは量が多い!これが普通盛り。父にとっては拷問に近そうです。
讃岐うどんと名乗っているお店ですから肝心なのはうどんですが、讃岐うどんと言ってはいけないような・・・いや不味いわけではないんです。ちゃんとしたうどんなんですが、讃岐うどんにしてはコシがないです。普通のうどん。でも値段は安いし、お店の方は親切です。
朝7時から営業していて、7時~9時までの間はかけうどんが¥200だそうです。他にも
20130723市民市場内そばや (4)
「学生証を見せて30円引き」とか曜日によって「お客様感謝デー」(水曜日は50円引きらしい)というのもあって細かく料金の割引をしています。揚げだまはサービスで入れ放題ですし、噂によると時間帯によってはこの揚げ玉には天ぷらを切ったものが入っていることもあるそうです。(どういうサービスなんだか・・・)このお値段なら急いでいてちょっとだけ・・という時には悪くないです。最上の味を望んでいるのなら避けた方が無難です。(ごめんね)朝の早い時間は、この辺りに朝ごはん食べるお店はないのでいいかも。



讃岐うどん 和太郎
住所 秋田県秋田市中通4-7-35 秋田市民市場 1F
営業時間 7:00~17:30
定休日 日曜日
HP


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(2) |


2013/07/22 (Mon) 羽田~秋田 プレミアムクラスのお弁当 

急に秋田に帰ることになりました。どうしてもその日だったので、仕事帰りに最終便での移動です。私一人の贅沢(たぶん身分不相応)お約束のプレミアムクラスです。食事時間に当たるフライトには「Premium GOZEN」と言う名のお弁当が提供されます。

今回は↓コレでした。
20130722プレミアムシート (1)
私の普段の生活では全く縁のないミシュラン三ツ星のお店「銀座小十」さんのお弁当でした。
20130722プレミアムシート (2)
今回のお弁当自体は私の好みからすると・・・まぁ・・・ねという感じだったんですが、お味噌汁は相変わらず美味しいです。具はネギが散らしてあるくらいで、ほとんどないんですけどお汁自体が美味しいです。「お替りはいかがですか?」とCAさんが聞いたくださったのでお替りが可能な模様。私は、スパークリングワインをいただいていたので今回は遠慮しました。
20130722プレミアムシート (3)
秋田までのフライト時間は55分くらいなので、あんまりのんびりとお弁当を食べてる暇もないです。この時ばかりはもう少し時間があってもいいのに・・・と思ってしまいます。


銀座 小十
TEL 050-5869-7616 (予約専用番号)
    03-6215-9544 (お問い合わせ専用番号)
住所 東京都中央区銀座5-4-8 カリオカビル 4F
営業時間 昼12時~13時(L.O)
       夜18時~21時半(L.O)
定休日 日・祝日・年末年始



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

空港 | trackback(0) | comment(2) |


2013/07/20 (Sat) 映画鑑賞後の神保町でのあれこれ  酒蔵 駒忠

前回6月に神保町に行った時に「BIBLIO」というお店で映画解説者の淀川長治さんのサインが入った海外の女優さんの写真集を購入しました。
20130720神保町 (3)  20130720神保町 (5) 
このお店野球・スポーツ文献/肉筆類を扱っているお店です。店内には野球のサインボールなどもあります。スポーツ関係の本も大量にあって、つい見入ってしまいます。実際に私が購入までに至るものはあまりないのですが、だいぶお気に入り。今回は店頭に並んでいた好きな作家の本を2冊。ラッキー。その辺りをぶらぶらしていると神保町での時間はあっという間。

ぶらぶら、うろうろして春日通りに出たらすごい数の警察官。事故かなーなんかあったのかなーと見に行って聞いてみたら、皇后さまがお通りになるということを居酒屋さんのご主人が教えてくれました。「病院にいらっしゃるんじゃないかな・・・」と。あまり珍しいことではないそうなのですが、私にとっては非常に珍しいです。
歩道の警備の方も「もうすぐですよ」と教えて下さったのでちょっと待ってみました。
20130720神保町 (2)
皇后さまはニュース等でも本当に慈愛に満ちた表情をなさっていて素敵な方だと思っています。あっと言う間に通り過ぎていかれましたが、車の中で手を振ってくださいました。(写真ではちぃっともわかりませんね。)東京に住んでいるとこういうこともあるんですね。私が遭遇したのは2度目でした。

更に良い気分になってブラブラしたあと何か食べて帰ろうということになり先ほど皇后さまのことを教えて下さったご主人の居酒屋へ。「酒蔵駒忠」というお店です。
20130720神保町居酒屋 (2) 20130720神保町居酒屋 (1)
駒忠という名前で検索してみると都内にはたくさんお店があるんですが、チェーン店なのでしょうか。そんな雰囲気のお店ではありませんでしたけど。平日の夜ならもっと混んでいるのでしょうが、土曜日だったため先客はなくて静か。
20130720神保町居酒屋 (3)
「さっきは写真撮れてた?」なんて聞いて下さって初めての私たちにも優しく接してくださいました。
20130720神保町居酒屋 (5) 20130720神保町居酒屋 (4)
20130720神保町居酒屋 (6) 居酒屋さんらしいメニューをいただきました。
どれもそこそこ美味しくて、得した気分。お店の方は男性お二人でしたが、親子なのでしょうか。気持ちよく一杯飲んで帰りました。平日はランチの営業もなさっているようです。検索したらランチのしょうが焼き美味しそうでした。



駒忠 神保町一丁目店
TEL 03-3292-8226
住所 東京都千代田区神田神保町1-39
定休日 たぶん日曜日


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2013/07/20 (Sat) 神保町シアターで映画 夏休み特別興業神保町特撮図鑑

神保町シアターで映画を見て来ました。今やっている企画は、「夏休み特別興行神保町特撮図鑑」。最近のVFXとは全く違ういわゆる特撮の映画ばかりです。
全部見たいところですが、そういうわけにもいかず・・・2本だけ。
20130720神保町 (1)
神保町シアターは席数100のそれほど大きくない映画館ですが、懐かしい邦画を中心に興味深い企画をやっています。そしてロビーには企画に合わせた掲示物が貼ってあります。掲示物を見るとますます全部見たくなっちゃいますね。

今回の企画で見た2本は

昭和29年製作の「透明人間」戦時中に改造されて透明人間になった男の話です。戦時中に何かされるというのが私にとって意外に真実味が感じられました。透明人間になりたいって言うこと結構ありそうだけれど、この映画の中ではちょっと複雑な心境が描かれていて、明るい映画ではありませんがいい映画でした。

昭和31年製作の「宇宙人東京に現る」空飛ぶ円盤で地球に飛来した宇宙人は岡本太郎画伯がデザインしたヒトデ型の宇宙人パイラ星人。見るからに岡本太郎という形でそこに興味を持ってみたのですが、現代にも通じるお話でストーリーはちょっと考えさせられるものでした。でも、突っ込みどころは満載です。大笑いするってほどじゃないんですが、だいぶ笑えます。日本初のカラーSF映画だそうです。


昔の映画って時代背景もあってとても興味深いです。もっと見たかったなぁ・・・。
いやぁ 映画ってほんとにいいもんですね。



神保町シアター
■住所 東京都千代田区神田神保町1-23
    神保町駅からはA7出口より、すずらん通りを三省堂方面に進んで浅草厨房の角入る
■電話番号 03-5281-5132



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(0) |


2013/07/20 (Sat) 神保町 のぎょうざのお店「スヰートポーヅ」

映画を観るために神保町へ。前回は6月でした。
神保町シアターの今回の特集は、「夏休み特別興行神保町特撮図鑑」映画を観る前に腹ごしらえ。すずらん通りにはたくさん気になるお店が並んでいます。その中でもだいぶ古そうなスヰートポーヅへ行ってみることにしました。
20130720スヰートポーヅ (12)
入口の扉の小ささがお店の古さを物語っているような気がします。
20130720スヰートポーヅ (11)
メニューは餃子のみ。店内は11坪で席数は26席だそうです。外から見るよりも席数はありますが、お昼の混む時間帯は相席になります。
20130720スヰートポーヅ (3)  20130720スヰートポーヅ (2)
メニューは焼き餃子と水餃子と天津包子だけ。あとはご飯、お味噌汁、おしんこがつく定食。ビールをいただこうと思っていたので餃子と天津包子を単品で注文しました。メニューの裏に書いてある丁寧な説明書きを読みながらお料理を待ちます。ビールにはお豆がついてきました。
20130720スヰートポーヅ (1)
2011年で75周年という記事を読んだので、今年が77周年になるのかな。歴史のあるお店です。現在のご主人は三代めだそうです。奥の厨房で餃子が用意されています。
20130720スヰートポーヅ (6)
餃子と包子が登場。
20130720スヰートポーヅ (8)  20130720スヰートポーヅ (10)
ここの焼き餃子は端っこが開いていて棒状になっています。包子は小龍包みたい。しょう油とお酢、ラー油はなくて七味唐辛子と辛子が用意されています。
20130720スヰートポーヅ (4)
私たちが行った時にはすぐに案内してもらえました。水餃子は提供時間が決まっているようです。長い間通っている常連さんも多そうです。美味しかったのですが、ゆっくりビールを楽しむ雰囲気ではないです。その代わり、時間があまりない時でも大丈夫そうな感じ。


スヰートポーヅ
TEL 03-3295-4084
住所 東京都千代田区神田神保町1-13-2
営業時間[火~金]11:30~15:00 16:30~19:30
      [土]11:30~19:30
定休日 月曜・日曜(ただし日曜は営業する週もあり。11:30~15:00)



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2013/07/18 (Thu) うまい 安い 天丼の店 天せ

またも六角橋です。白楽駅から徒歩5分くらい。六角橋のバス停の真ん前に「天せ」というお店があります。
20130718天せ (1)
えび天のカップルらしいマスコットが気になっていました。天丼のお店です。あーここにもガチ丼のポスターが・・と思ったら、ガチ丼にエントリーしていました。→ こちら そのコメントによると今年で創業30周年だそうです。
店頭には天丼¥520のサンプルが飾ってあります。あら・・・やすい・・・・
20130718天せ (3)
店内はカウンターのみです。カウンターの中には男性がお二人。お父さんと息子さんだと思われます。特に愛想が良いわけではないですが淡々とサービスしてくれます。私は天丼、同行者はかき揚げ丼を注文しました。天丼の種類は色々あります。一番安いのが天丼¥520で、高いものは2千円いかないくらい。
20130718天せ (4)
それほど待つこともなく天丼登場。えび2本にキス1尾などが入って結構ゴージャス。右端に見える黒いのは海苔の天ぷらなのですが、これが思いのほか美味しかったです。海苔の天ぷら久しぶりに食べたーーー。
20130718天せ (6)
かき揚げ丼にも海老がたくさん入っていて、いい感じです。ちょっと油っこいかな・・と思いましたが、許容範囲。私のお勧めは天丼¥520です。学生街だからこんなにお安いのかなー。揚げたて天ぷらの天丼がこのお値段なら、文句なしです。ご飯も美味しいです。紅しょうがが用意されているのがちょっと珍しいです。

店内には常連さんらしいお客様。食べている間には、天ぷらをお持ち帰りするお客様がポツポツやってきていました。金曜日はご飯の大盛り、水曜日と木曜日お新香のサービスデーだそうです。


天せ
TEL 045-491-2383
住所 神奈川県横浜市神奈川区西神奈川3丁目6-5
営業時間[月~土] 11:00~22:00
定休日 日曜日


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜 | trackback(0) | comment(4) |


2013/07/18 (Thu) 鷺沼のこじゃれたお蕎麦屋さん 癒庵(いやしあん)

鷺沼にお蕎麦屋さんを見つけたの」と教えてもらいました。鷺沼のお蕎麦屋さんと言えば「よしみや」さんしか知りませんでした。開店してから50年になるお蕎麦屋さんです。この辺りお蕎麦屋さんが少ないなぁ・・・と思っていましたが、出来たんですね。
20130719鷺沼そば屋 (3)
↑一応載せておきますが、ぼっけぼけ。すみません。「癒庵(いやしあん)」という名前のお店。(マッサージ屋さんみたいな名前だなぁ・・・と思ったのは小声で。)打ちっぱなしのカフェみたいなオシャレな外観です。
店内は真ん中に打ち場がある変則的なテーブル配置。窓側にカウンターがあります。鷺沼駅を見下ろしながらお蕎麦を食べる感じ。うっすらとJAZZが流れる今時そば屋さんという感じですね。
20130718天せ (8)  20130718天せ (7)
あまり時間がなかったのでせいろをいただきました。
20130719鷺沼そば屋 (1)
食べる人によっては薄いと言われるかもしれないそばつゆはかつおの香りが濃いです。あたしは好きだなぁ・・・。お蕎麦はとてもきれいなお蕎麦。お蕎麦の香りが薄いのは、この夏場ですもの、仕方がないです。それよりもちょっと水切りが悪いのが気になりました。
20130719鷺沼そば屋 (2)
おつまみ類も多いので、こんなにさっさか食べて帰るお店ではないのだと思います。お蕎麦だけだと、何となく物足りない。休日のお昼をゆっくり食べるとか、夜飲んでお蕎麦で〆るとか・・・そんな利用をした方が心地よく過ごせそうです。ちなみに、こちらのご主人は一茶庵の教室の卒業生なんだそうです。


soba-ya癒庵
TEL 044-888-9809
住所 神奈川県川崎市宮前区鷺沼3-2-2 エアフォ ルク鷺沼1F
営業時間 [火~日]12:00~15:00(L.O.14:30)
           18:00~22:00(L.O.21:30)
定休日 月曜、第2・4火曜


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

川崎 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: