FC2ブログ
2013/10/19 (Sat) 川崎モアーズの7階 若竹川崎モアーズ店でもんじゃ焼き

お好み焼きと言えば、横浜橋のとみちゃんなのですが、とみちゃんは長期お休みしています。他に・・と思ってもなかなかこれぞというお店が見つかりません。でも粉もんが食べたい!ということで、川崎駅前のモアーズの中にあるお店へ。
2013_10_24若竹 (1)
このお店は横浜・川崎を中心にチェーン展開しているお店の一軒のようです。ランチも夜も食べ放題があり、たくさん食べる若者にはうってつけのお店。私は食べ放題はもうムリです。食べ放題って言われると食べちゃうし・・・(貧乏性すぎる。)
2013_10_19若竹 (1)
もんじゃは二人前。結構カラフル。ここでいいなと思うのは、たこ焼きがあること。鉄板の端にたこ焼きを焼くところがついているのです。関西の人ならば自宅でたこ焼きって焼くのでしょうが、関東ではそういう習慣がありません。たこ焼は焼いてあるのを買うのが普通。たこ焼を自分で焼いたことがない人が多いのではないでしょうか。
少なくとも私は焼いたことがありませんでした。わいわい言いながら焼くたこ焼は楽しいです。
2013_10_19若竹 (2)
一度焼くと加減がわかるので、2度も焼いちゃいました。面白いけど、単品で頼むのはちょっと高いかも。外から見るとそんなに広いようには見えませんが、店内は結構広くて宴会でもそんなに困らなそうです。メニューは関西風のお好み焼きもんじゃ焼き、広島風お好み焼きと様々。そこまでメニューを広げる必要があるのか・・・と思われるほどです。
個人的には普通のお好み焼きもんじゃ焼きをお勧めします。


若竹 川崎モアーズ店
TEL 044-200-7951
住所 神奈川県川崎市川崎区駅前本町7-7 川崎モアーズ7F
営業時間 11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 無休
HP


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

川崎 | trackback(0) | comment(2) |


2013/10/18 (Fri) カレーコーナー三原さんは今日も元気に営業中

前回の三原さんは → こちら

毎回いろんな人に会えて嬉しい三原さん。常連さんが多いお店ですが、新参者の私たちにもみなさんとても良くしてくださいます。つい都心に行った帰りには立ち寄ってしまうお店になってます。
2013_10_18三原 (1)
最近は空席がないことも多いです。結局は詰めて席を作って下さったりするのですが、皆さん近いうちになくなっちゃうかも・・・と不安に思っているのかもしれません。口には出さないけれど。
2013_10_18三原 (2)
かき揚げに大根おろしとしょうがをのせたものが出てきました。お通しなのかな・・・たぶん他のお店で出てきてもこんなに美味しいって思わないと思うのですよ。ただただこのお店が好きなので、美味しく感じるのかもしれないのですが、見た目は良くないですが美味しいです。酒の肴!って感じ。
2013_10_18三原 (3)
三原さんに行きたい一心で伺いましたが、実はお腹はいっぱいでした。定食は食べられるような余裕がないので、オムレツを単品で・・・。あたしの大好きな海老フライが一尾。うれしーーー。

ちょっとだけ・・と思って伺うのですが、いつもつい帰り時を逃してしまう三原さんなのでした。



カレーコーナー三原
TEL 03-3564-1742
住所 東京都中央区銀座5-10-2 三原橋地下街
営業時間 [月~金] 11:30~23:00
     [土] 11:30~19:00
定休日 日曜・祝日

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(0) |


2013/10/17 (Thu) 毎度!六角橋商店街の唐揚げ屋さん えぞや

今日も今日とて六角橋のえぞやさんです。前回も書きましたが、もう唐揚げ屋さんじゃないです。
もちろん持ち帰りも出来ますが、狭い店内には席が6席あってイートインできます。私たちだけではなくて、みんなが居心地いいもんですから、最近は満席で断られることも多くなりました。どうしてもって時は電話をかけて席が空いているかどうか聞いてから行きます。やっぱりお店で食べるのが美味しいんだもの。

最近はお勧めメニューが書いてあって、から揚げの前にちょっと一杯飲めます。
2013_10_17えぞや (1)
私はももいち定食を頼んだのですが、イカ焼いてもらいました。イカおいしい!
2013_10_17えぞや (2)
イカおいしー!ももいちおいしー!で、お腹一杯です。今日も座れてラッキーでした。


えぞや 六角橋店
TEL 045-432-1129
住所 神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-8-21
営業時間 11:00~22:00
定休日 第一・第三水曜日
HP



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

六角橋商店街 | trackback(0) | comment(2) |


2013/10/16 (Wed) 川崎駅近くの喫茶店 COFFEE SHOPE じん

前回の「じん」さんは → こちら

平日のランチ、いつも平日に休みになったらあそこに行こうココに行こうと思っているのに、いざ行けることになると思い出せないのが私の常で・・・どこに行こうかなぁ・・・と考えているうちにお昼を過ぎてしまいました。結局、川崎駅近くの喫茶店「じん」さんへGOです。
2013_10_16じん (5)
↑通り側からの外観です。
2013_10_16じん (4)
昔ながらの喫茶店のメニューって写真じゃなくて、絵のところが結構あって・・・このメニューの絵かなり好きです。ランチメニューは日替わりはないようです。日替わり期待してたんだけどなぁ・・・結局前と同じナポリタン、同行者はカレーのしました。
2013_10_16じん (1)  2013_10_16じん (6)
ナポリタンこの前よりもピーマン少ないような気がするし、やっぱりちょっと麺が柔らかすぎなのですよ。味はいいんだけどなぁ・・・アルデンテなんて言わないけど、ソフト麺みたいな食感はちょっと好みじゃないです。結果的にはカレーの方が美味しかった。

前回感じたとおり、常連さんが多い模様。ランチでも食べた後には昆布茶がサービスされました。



じん
電話 044-555-5960
住所 神奈川県川崎市幸区南幸町2-1
営業時間 平日:9:00-21:00
       休日:9:00-20:00
定休日 木曜日


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

川崎 | trackback(0) | comment(0) |


2013/10/15 (Tue) たぶん一生に一度 村上開新堂のクッキー

うちの会社では、どこかに行ったらお土産を買ってくるのが誰かが決めたわけでもありませんが、ルールのようになっています。私はここの会社に勤め始めた頃はまだ添乗員もしていましたので、添乗に出かけてもお土産を買ってきていました。それを始めたのは私ではなくて、親会社の習慣が引き継がれたものと思われます。
長期出張の多い親会社の人たちは会社へ戻る時にお土産を買ってくるのが習慣。他のグループ会社に行くのにもお土産を持っていきます。そんなわけでお客様がいらした時には、お菓子があるという寸法。まぁ でかける場所やいらっしゃる方はほぼ決まっているので、最近はそんなに珍しいお菓子はありません。しかし!今回だけは別。

久しぶりにうちの事務所にいらしたグループ会社のお偉い方。ピンク色の紙袋を取り出して「このお菓子はね・・グルメjな人じゃないとわからないんだよ。知ってる?」うちの会社では、お土産は一度私に見せてからというのがルール(私が決めたわけではないのに、私に見せないと開けてはいけないとみんなが思っているらしい。仏壇か?と思うことがある。)
「みかんさん知ってる?」と私の上司。を!これは・・・聞いたことはあるけれど、見たこともないお菓子なのです。村上開新堂というお店の袋でした。創業明治7年の洋菓子屋さんです。をを・・・これが・・・!!!
2013_10_15クッキー (1)
たぶん気のせいではないと思うのですが、とても上品な薄いピンク色の缶に入っています。中は・・・
2013_10_15クッキー (2)
あまり大きな缶ではありませんでしたが、クッキーがみっちり詰まってます。このクッキー何がすごいって、ちょっとやそっとじゃ買えないのです。予約が何か月待ちとかそんな理由ではないです。このクッキーを購入するには、まずご紹介者を探さなければいけません。そしてその方にご紹介いただいて、お店に名前を登録してもらって初めて予約という段取り。すごーーーい。
お味は確かに余計なものが入っていない感じがして、ものすごくよくできた手作りクッキーの味です。HPにはお値段は載っていませんが、結構お高いらしいです。世の中にはこういうものを普通に購入できる人もいるんだなぁ・・・知らない世界はまだまだたくさんあるようです。お金を出しただけでは買えないものもあるということです。
クッキーだけではなくて生菓子もあるのですが、いずれにしろ普通には買えません。


村上開新堂
TEL 03-3261-4882
住所 東京都千代田区一番町27
営業時間 11:30~13:30(L.O) 17:00~20:00(L.O)
定休日 日曜・祝日・第1第3土曜
※情報を載せたところで完全予約制。意味があるのかどうか・・・
 詳しいことはHPをご覧ください。 → こちら



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(6) |


2013/10/13 (Sun) デコトラを見て来ました

デコトラって知ってますか?アートトラックとも呼ばれるそうなんですが、1970年代に菅原文太主演のトラック野郎シリーズと共にブームになった装飾をつけたトラックです。デコトラという言葉自体は、プラモデルを商品化する際に1976年(昭和51年)に作った造語[要出典]が一般名詞化したものとされているそうです。
たぶんその当時と思われる次期にはデコトラを良く見たような気がするのですが、最近はあまり見かけなくなりました。個人的にはいわゆるデコトラの装飾を見るとトラックに対する愛情は感じますが、何となく乱暴なイメージもあったりします。実際に「反社会的」ということで警察からの取締も多いようですし、一般企業ではデコトラの出入りが禁止されているようです。

しかし、どっこい結構たくさんデコトラってあるんですねぇ・・・昭和が既に懐かしい時代になって、昭和レトロとか呼ばれてレトロ好きの人が多いということもあるのかもしれません。デコトラのイベントがあって、そこに出店を出すから手伝ってくれない?とお誘いを受け、どんなイベントなのかさっぱりわからないままデコトラ見たさに行ってきました。
R0065506.jpg
会場は河原って言われたんですけど・・・あーここだここだ。
R0065505.jpg
既にトラック並んでます。お金かかってるんだろうなぁ・・・・
R0065514.jpg R0065508.jpg R0065507.jpg
色んな絵が描いてありますが、専門に描く人がいるんでしょうね。すごい。

出店の方はまぁまぁな感じで、最後まで頑張りました。段々暗くなってくると今度は電飾。
R0065523.jpg R0065529.jpg R0065531.jpg
撮影に使われた車なのかどうかは良くわからないのですが、これがトラック野郎のデコトラだそうです。「一番星」って言うのが菅原文太のトラックだったんですって。ということは、もう一台が愛川欽也の「ジョナサン号」なのでしょうか。あーもう全然わかってないです。すみません。
R0065540.jpg R0065538.jpg R0065537.jpg
R0065534.jpg  R0065533.jpg
何が何だかわかりませんが、とにかくきらびやか。ネオンみたいにピカピカしている車もあるし、写真ではわからないかと思いますが、車内にもシャンデリアがあったりしてキラキラしてます。すごい・・・・シャンデリアは埃がつくとキラキラが減るので、みんなに披露しながらも車内のシャンデリアを磨いている方多数。愛を感じます。
私には同じように見えても、好きな方にはちょっとづつ違っているんだろうなぁ・・・色んな趣味があるものだと思いますが、趣味としてはとびきりお金のかかる趣味なんだろうことは疑う余地がありません。それでも夢中になれることを持ってることは、ちょっと羨ましいような気がします。


出店の売り上げはまぁまぁだったようなのですが、結局あのイベントは正式にはどのようなイベントだったのかわからないままでした(汗)でも、検索してみると同じようなデコトラのイベントは同じ場所で何度か行われているようです。


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

神奈川 | trackback(0) | comment(2) |


2013/10/12 (Sat) 2013年 池上本門寺お会式

2011年のお会式は → こちら    2012年のお会式は → こちら


本日メインイベントのお会式に到達するまでだいぶかかってしまいました。お会式は「おかいしき」じゃなくて、「おえしき」と読みます。ずっと間違って読んでました。あたしだけですか・・・そーですか・・・(がっかり)
2013_10_12お会式 (1)
蒲田駅から既にお会式始まってます。ホームにお会式の飾りがあります。蒲田から池上へ。
2013_10_12お会式 (3)
池上駅で下りる人のピークは越えていますが、外は一番人が多い時間帯の午後9時。到着も遅いので、行列を見ながらそぞろ歩くことにしました。本堂まで上がったら大変なことになりそうですし・・・。
2013_10_12お会式 (4)モザイクあり 2013_10_12お会式 (5)
2013_10_12お会式 (9) 2013_10_12お会式 (8) 2013_10_12お会式 (7)
屋台で売っているものは、昔と変わらないものもありますが、昔はなかった屋台も数多くあります。でも、私は昔ながらの屋台が好き。この日ばかりはご近所の子供たちは夜遅くまでその辺で遊んでいます。
2013_10_12お会式 (6)
長かった一日もこれでおしまい。盛りだくさんの一日でした。欲張りすぎだと思います。



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(0) |


2013/10/12 (Sat) 映画の前に鳥万さんで腹ごしらえ

前回の鳥万さんは → こちら


バグダット・カフェの整理券をゲットした後、映画まで少し時間があったので蒲田駅西口の鳥万さんで一杯やることにしました。蒲田駅西口から徒歩3分。ここなら映画の直前までいられます。
2013_10_12鳥万 (10)
毎回思うのですが、1階から4階まで全部鳥万さんってすごい。しかも、混んでます。今まで一度も1階に座れたことはありません。必ず、2階か3階。この日もドアを開けただけで3階に・・と言われました。3階はお座敷。
2013_10_12鳥万 (3)
サワーで乾杯。同行者は相変わらず梅仁丹味のバイスサワーです。
2013_10_12鳥万 (1)
鳥万さんでは毎日サービス品があって、この日のサービス品は小柱のお刺身¥200。
2013_10_12鳥万 (4) 2013_10_12鳥万 (8) 2013_10_12鳥万 (6)
小柱のお刺身、しらす、鎌倉ハム(いつもあるわけじゃないみたい)などを注文して、更にこれは欠かせない・・・
2013_10_12鳥万 (7)
唐揚げです。安くて美味しいくて・・・たまりません。
2013_10_12鳥万 (9)
お料理は1階で用意していますが、飲み物は各階でおねえさんたちが出してくれます。このお姉さんたちの接客がほんとにすばらしい。酔っぱらってるおじさんたちにも程よい接客、良くわからないから聞きに行くなんてことはありません。質問したら何でも答えてくれます。ある意味ガールズバー。
2013_10_12鳥万 (5)
レシートです。すごい品数。注文するとちらしを切ったメモ用紙に書きいれて、レシートに清書してくれます。チラシの裏のメモ用紙久しぶりに見ました(笑)昭和だなぁ・・・・。


鳥万 本店
TEL 03-3735-8915
住所 東京都大田区西蒲田7-3-1
営業時間 [月~土]16:00~23:00
   [日・祝]15:00~22:00
定休日 無休 ※正月休み有り


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2013/10/12 (Sat) キネマ旬報映画祭 番外編 屋上観覧車の前でバグダットカフェ鑑賞

池上本門寺のお会式に行くために電車の乗り換えで通った蒲田駅なのですが、東急プラザの入口に気になるポスターがありました。マイクを持ってアナウンスしているおねえさんもいます。何々・・・?「キネマ旬報映画祭 番外編」
キネマの都として知られた蒲田で東急プラザ 蒲田とキネマ旬報社がタッグを組んで 映画イベントを開催しているのだそうです。なんと!この日屋上で「バグダット・カフェ」が上映されるんですって。しかも無料。アナウンスしているおねえさんに聞いてみると、整理券を配るということなので並んで整理券をいただいて見に行くことにしました。21時には終わるから、お会式にも行けるしね。

4階では「キネマ旬報プチミュージアム」が開催されています。
2013_10_12キネマ旬報 (1)
昭和初期から現在に至るまでの映画雑誌『キネマ旬報』の表紙デザインや、今年86回目を迎えた映画賞『キネマ旬報ベスト・テン』が展示されていて、見飽きません。
2013_10_12キネマ旬報 (2)  2013_10_12キネマ旬報 (3)
だいぶ古くなってきた鷲ですが、さすがに蒲田撮影所は知りません。あったのね・・・って思う程度です。松竹キネマ撮影所跡には区民ホール「アプリコ」が建っているそうです。→ 参考 

整理券も無事にもらえたので、19時の映画開始まで「鳥万」さんで一杯(笑)その話はこの後で・・・。

すっかり暗くなった19時。東急プラザの屋上には席が作られています。東急プラザ蒲田屋上には都内で唯一の屋上観覧車「フラワーホイール」があります。その前で映画を見るという趣向。
2013_10_12キネマ旬報 (5)
夜に屋上に来たのは初めて。小さな観覧者ですが、夜の遊園地はなかなか良いものです。英国風パブ「HUB」が屋台を出してビールなど販売していたのですが、夜になって気温が下がりビールを飲むような感じでもなく・・・。その上、暗い屋上で足元にあった小さなスピーカー(?たぶん)に躓き、顔をすりむくというアクシデント。全くあたしったら。
めげずに見た「バグダット・カフェ」は素晴らしかったです。この前から見たいなぁ・・・と急に思い出していた映画だったので喜びはひとしお。映画は東急プラザ蒲田の白い壁に映されました。
2013_10_12キネマ旬報 (6)
「バグダット・カフェ」は特にすごい事件が起こるわけでもない淡々とした映画です。でも、とにかくとても温かい気持ちになります。太ったドイツ人女性が主人公ですが、最後には彼女は天使に見えます。ジェヴェッタ・スティールが歌うテーマ曲「コーリング・ユー」は皆一度は聞いたことがあるはず。

エンディングが流れる頃には、体がすっかり冷え切ったけれど見られてよかった。ご縁がありました。





ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2013/10/12 (Sat) 蒲田西口商店街サンライズの  純喫茶リオ 再び

前回のリオの記事は → こちら


初めての時は、急に見つけて吸い込まれてしまったのですが、今回はお会式に行く前にマダムお元気かしら?と訪問。
2013_10_12リオ (4)
マダムは変わらずお元気で、姿勢よくお店にいらっしゃいました。最初はちょっと冷たい感じのするマダムですが、暇になると色々興味深いことを教えてくださいます。
2013_10_12リオ (3)
照明の明るさがほんとに落ち着きます。暇になると、マダムはカウンターの奥でテレビを眺めながら煙草をくゆらしています。このお店に禁煙ということはなさそう。
2013_10_12リオ (2)
このお店の飲み物のお値段は、前にも書いた通りはっきり高いです。昭和の喫茶店ですが、昭和の喫茶店価格ではありません。コーヒーが¥550。最初はちょっとびっくりしました。19時閉店ですが、アルコール類もあります。アルコール類に至っては千円越え。でも、マダムに合ってお話出来るなら高くないと私には思えるのです。
前回のことを覚えていて下さったのかどうかはわかりませんが、笑顔で「お会式いってらっしゃい」と送り出されました。アルコール類も置いているので純喫茶とは言えないかもしれないけれど、純喫茶好きさんはゼヒに。


リオ
TEL 03-3731-6642
住所 東京都大田区西蒲田7-49-7
営業時間 開店時間はわかりませんが、閉店は19時
注・全面喫煙可です


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: