2013/12/30 (Mon) 佐原商店のうどんリベンジ  恋人の聖地プロジェクト?

同行者の最終日。昨日行った佐原商店ですが、(こちら)うどんが食べられなかったため、リベンジです。
20131229土崎佐原商店 (12)
佐原商店の脇にはベンチとテーブルが用意されていて、座って食べるスペースがあります。この日も召し上がっている方がいらっしゃいました。車も停めやすく安いので重宝なのかもしれないですね。でも、どんだけ美味しいのか?と期待しちゃいました。昨日なんか売切れてたし・・・。
20131229土崎佐原商店 (10)
そして買ったうどんは↑コレです。う~ん 大人気になるほどの味では・・・ないかも・・・。秋田港で釣りをしていたりする方には温かいものが食べられるだけでもご馳走ということなのかもしれないです。
20131229土崎佐原商店 (11)
天井から吊るされているのは、唐辛子。かけ放題です。親切。とりあえず食べて満足しました。

セリオンと佐原商店の前には商業施設「秋田ベイパラダイス」という建物があります。一応そこも見ておこうかと駐車場まで行ってみました。な・・・なんだ!これは!
20131230セリオン前 (3)
NPO法人地域活性化支援センター(静岡県)により秋田県初の「恋人の聖地」として認定されている土崎湊町恋のまちのデートコースなんだそうです。そもそも「恋人の聖地」って・・・・(汗)→ 恋人の聖地プロジェクトHP 地域活性化やら少子化対策のためにはじめられたプロジェクトみたいです。デートプランがありました。→ こちら
そう言えばセリオン展望台にも妙なスペースがありましたが・・・関係あるのかも。
20131230セリオン前 (4)  20131230セリオン前 (2)
季節が季節なだけに、寒々しい感じがいたしましたが・・・・白馬=ロマンチックという発想なのでしょうか。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト

秋田 | trackback(0) | comment(2) |


2013/12/29 (Sun) 秋田の夜は、カウンターでカクテルを・・・

秋田に住んでいた頃に行っていた店はなくなったり、移転したり・・・もうあんまり知っているお店はありません。秋田の夜の繁華街と言えば川反(かわばた)です。ホテルからもすぐなので、少し夜飲みに行ってみることにしました。
川反通りはなんだかキャバクラばっかりになっちゃったように見えたので、もう一本川から離れた通りの大町へ。
20131229CORK (10)
飲み屋がたくさんあつまったビルが並んでいます。私が秋田に住んでいた頃からあるビルですが、中のお店はだいぶ変わっているようです。まぁ このビルに入っているお店はおねえさんがいるお店が多いので、行ったことはあんまりないんですけどね。

あまりお店は知らないし、そんなに食べたくないし・・・一杯飲むだけでいいし・・・ってことで、Barへ。
20131229CORK (8)
「BAR cork(バーコルク)」というバーです。以前一度だけ伺ったことがあり、その時はカウンターではなくテーブルでした。今回はカウンターに座らせてもらいました。Barは、やっぱりカウンターの方がいいです。
20131229CORK (7)
少し照明を落とした店内は落ち着いています。2階には行ったことがないのですが、注文がなかなか出来ないのが難点ではあるけれど、女の子を口説くのに最適・・・と聞きました(笑)

ここでやはり目につくのは見事なバックバーです。高い天井までの棚にならぶボトルはとてもきれい。ウィスキーの品ぞろえもかなり良いように見えます。(私は飲まないのでわからないけれど・・・)
20131229CORK (3)
バーテンダーは女性と男性がおひとりづつ。私はカクテルを二杯いただきました。
20131229CORK (5)
お店の雰囲気の割には良くも悪くも非常にフレンドリーな接客です。以前は感じませんでしたが、最近急にいわゆるオーセンティックバーが増えたような気がするんですが、こちらは入りやすい一軒なのではないでしょうか。

BAR CORK
TEL 018-867-2632
住所  秋田県秋田市大町5丁目4番13号
営業時間 19:00~翌3:00(日曜、祝日は~翌1:00)

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(2) |


2013/12/29 (Sun) 2泊目はホテルグランティア秋田に宿泊

二泊目の宿泊は、いつも秋田に帰省した時にお風呂に入りに行く“華のゆ”のあるホテルグランティア。華のゆの記事を書いた時に書いたのですが(その時の記事は→こちらこのホテルグランティアのある場所はアキタニューグランドホテルというホテルのあった場所です。ニューグランドホテルは秋田では名門ホテルでした。

当時のホテルには温泉はありませんでしたから、その部分は新しいのですが、フロントを含む建物自体は外観はきれいになってはいますが、アキタニューグランドホテルのままです。お部屋はどうなっているんだろうか?とずっと気になっていましたので、今回は宿泊してみました。ちなみに料金は朝ごはんがついて2名で¥11500。
お部屋は落ち着いた色調で、必要十分なものは揃っています。何があんなに古臭く感じさせるんだろう?ベッドも変えてると思うんですけどね。ニューグランドホテル時代に見た部屋とそれほど変わりがないような気がします。

ドーミーインの朝ごはんが私にとってはとても好ましいものだったので、こちらでもビュッフェと聞き同じ程度を予想していました。場所は2階にあります。だいぶ宿泊客で込み合っていました。
20131230ホテル朝食 (2)
席はないわけではないです。お隣のお部屋にも席があるようなのですが、非常にわかりづらいです。案内の方もいらっしゃらなかったし・・・かつ、お客様が多いのですぐにお料理がなくなってしまうのですが補充が少ないです。
20131230ホテル朝食 (1)  20131230ホテル朝食 (3)
パンは焼き立てが食べられるし(自分で焼くのですが、半生の感じなのです。)工夫はされていると思うのですが、そこが評価されない感じなのが非常に残念です。仕方のないことなのでしょうが、なんとなく落ち着きません。朝ごはんの会場だというのに窓ひとつない場所だということも影響していると思われます。

宿泊者は、もちろん「華のゆ」は無料で入り放題です。脱衣場に宿泊客専用のロッカーが設置されています。車なら駐車場もふんだんにあります。夜のみに行きたいと思えば川反(かわばたと読みます。秋田の夜の繁華街です)がすぐ目の前。少しくらい酔っぱらっても、すぐに歩いて帰ってこられます。多少の不満はありますが、それ以上にいいところも多いです。結構家族連れが多くとまっているという印象でした。


華のゆ
秋田市中通5丁目2-1
TEL 018-825-5411
営業時間(最終受付23:30)
10:00~24:00



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(2) |


2013/12/29 (Sun) 秋田県立美術館 「レオナール・フジタとパリ展」

2013年10月1日(火)から12月31日(火)まで秋田県と地域の観光事業者等がJRグループと連携して、ディスティネーションキャンペーンが行われています。もう数日で終わりになるのですが、首都圏の駅にも秋田の観光地の大きなポスターが貼られて、何だかうれしくなったものです。そのポスターの中の一つが↓コレです。
20131229秋田県立美術館 (4)
吉永小百合さんが見ているというのもあって、この絵が見たいという方がたくさん秋田県立美術館に来て下さったそうです。この絵は平野政吉美術館(旧県立美術館)にあったものです。平野政吉が集めた藤田嗣治の絵101点の中の一つで、高さが3.65m、幅が20.5mという巨大な「秋田の行事」という壁画です。
旧県立美術館の老朽化に伴って建てられた新しい県立美術館に飾られています。2013年9月28日に開館しました。
20131229秋田県立美術館 (1)
私は以前の平野政吉美術館のデザインが好きだったのですが、仕方がないです。本当は、秋田の行事は元の美術館に残していただきたかった。新しい県立美術館は安藤忠雄さんの設計だそうです。三角形をモチーフとして構成され、2階には千秋公園方向を望む水庭があります。安藤忠雄さんが嫌いというわけではないのですが、礼拝堂のような場所に秋田の行事は飾られていてそれは藤田嗣治自身の希望だったと聞いてからは、元の場所の方が良かった・・と強く思うようになりました。今更・・・なんですけどね。
改めて見ても、「秋田の行事」はとても巨大です。細かく見て行くと色々面白いこともわかります。祭りも今とはすこーし風情が違っていたりとか、子供の様子とか・・・。藤田嗣治(またはレオナール・フジタ)は今でもフランスで一番有名な日本人画家だそうですが、透き通るような肌の人物画ばかり見ていたので、最初に見た時はこの壁画があの絵を描いた画家と結びつきませんでした。絵の製作途中の写真などもあってとても面白い展示会でした。

平野政吉さんは秋田の有名な地主さんでした。とても面白い豪快な方だったようです。その辺り、20世紀ひみつ基地というブログに詳しいので、興味のある方は読んでみてください。
       20131229秋田県立美術館 (5)  20131229秋田県立美術館 (7)←美術館内の螺旋階段
藤田嗣治のフランスでの写真も興味深く拝見しました。螺旋階段に飾られていた1枚です。                 
20131229秋田県立美術館 (6)←クリックすると大きくなります。

ちなみに、2014年7月11日(金) から 2014年9月16日(火) までは藤田嗣治の1930年代の絵画とともに『随筆集 地を泳ぐ』の中から藤田の文章を紹介する『企画展 藤田嗣二 絵画と言葉』を開催しています。

秋田県立美術館
(指定管理者)公益財団法人平野政吉美術財団
〒010-0001 秋田市中通1丁目4-2
Tel 018-853-8686・018-833-5809 / Fax 018-836-0877
開館時間 午前10時から午後6時まで
(竿燈期間中などは、開館時間を延長する場合があります。)
入場料 一般310円 大学生210円 高校生以下は無料です
休館日 不定休

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/29 (Sun) 懐かし自販機 セリオン~佐原商店~ビッグバーガー自販機

お昼ごはんも食べずに向かったのは、ポートタワーセリオンでした。
20141229土崎佐原商店 (13)
セリオンは高さ143m、展望室(無料)は100mの位置にあります。6,272枚の強化ガラスで囲まれたガラスタワーです。「セリオン」(SELION)という名称は公募(全国から約6,300件)で選ばれたもので、"sea" と "pavilion" の合成語だそうです。1992年に出来たものですが、出来た当時の私の個人的な感想は「なんであんなとこにタワー?」でした。
出来た当初は展望台に上るのに料金がかかっていました。結構高かったのを覚えています。採算がとれないというのがやっとわかったらしく、いつの間にか無料になっていました。
展望台に上ると半分は海、半分は街が一望できますが夜は真っ暗です(笑)見るべきは海に沈んでいく夕日ですから、その時間に合わせて行くことをお勧めします。入口に今日の日の入り時間の表示もあります。
20131229セリオンからの眺め (1)  20131229セリオンからの眺め (3)
実はセリオンはおまけで、行きたかったのは↓ココでした。
20131229セリオンからの眺め (2)
雪が降ってきて視界が悪いですが、誰か買ってる!早くいかなきゃ!
それはともかく、このセリオンはまたも「IRIS(アイリス)」の撮影場所になったところです。ドラマ直後はアイリスの撮影場所のツアーがあり、だいぶお客様がいらしたようです。2007年には「トリビアの泉」という番組で高層ビルで等身大ぺッタン人形何メートル進むかという検証をした場所でもあります。 → 参考 参考にリンクを貼らせていただいたブログには、セリオンからのきれいな景色の画像もありますので、ご覧になってください。

セリオンの展望台を下り、目的地へ。目的地はセリオンのすぐ目の前です。
20131229土崎佐原商店 (6)
懐かし自販機というサイトで知りました。“佐原商店”というお店です。ここにはうどんとハンバーガーの自動販売機があります。
20131229土崎佐原商店 (4)
おー あったあった・・・と思ったら売切れでした。がーん。やっぱりさっきのセリオン展望台から見た人で売切れだったのか・・・仕方がないです。そんなに美味しいのでしょうか?気を取り直してハンバーガーにしましょう。
20131229土崎佐原商店 (14)
ハンバーガのまわりにシューマイやら焼きそばやらおにぎりやらたくさんのったプレートをもつおじさんの絵がかわいいです。商品は左からチーズ・てりやき・チーズと並んでおります。どれも¥200。てりやきにしました。
20131229土崎佐原商店 (7)  20131229土崎佐原商店 (8)
しろいバンズにはさまれたハンバーグは結構厚みがあります。なんだかなーと思いながら食べた私ですが、意外と美味しい。ハンバーグはハンバーグというよりはつくねでした。

うどんは明日またリベンジすることにして・・・ハンバーガーのはしごです。住宅地の真ん中にハンバーガーの自動販売機があるんですって。全然知りませんでしたよ。場所は・・・旧国道から少し入ったところです。場所はこちらを参考にしてください。サイトではビッグバーガー自販機と表記されています。それ以外に表現しようがないです。お店もなく、駐車場の入口に唐突にあります。
20131229土崎自動販売機 (1)
この自販機は以前秋田市立体育館にあったものだそうです。地元の知り合いに聞いたところによると、やっていらっしゃる方がスポーツ関係者だそうで、市立体育館やスケート場にあったのはそれが理由のようです。
20131229土崎自動販売機 (2)
こちらは何も書いてないバーガーとチーズバーガーとテリヤキバーガーの3種類。1個¥150です。50円安い・・・
20131229土崎自動販売機 (3)
チーズバーガーにしてみました。つくねっぽいパテは一緒です。なんかすごく手作りっぽい。
20131229土崎自動販売機 (4)
帰りに知り合いの店に遊びにいったら、偶然いらしていたお客様が「あー そのハンバーガー作ってる人知ってる!」と。BIGバーガーの箱を組み立てるのを手伝ったこともあるそうです。ちゃんと手作りだそうで、作る数に限りがあるんですって。秋田ってせまーい。


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(2) |


2013/12/29 (Sun) 秘境駅 折渡駅

秋田の旅は更にマニアックになっていきます(笑)次の目的地は・・・です。カーナビあって助かったー。国道7号線から分かれて、最初に「羽後亀田駅」へ。秋田県由利本荘市松ヶ崎字高野にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線のです。
20131229羽後亀田駅 (1)
ここが目的地なわけではなくて、目的のに行く通過点だったのですが、この駅は松本清張の「砂の器」で重要な役割をもつ駅でした。興味のある方は こちらをどうぞ。私たちはあまりの寒さに、そんなことはお構いなしに進みます。
20131229羽後亀田駅 (3)  20131229羽後亀田駅 (2)

羽後亀田駅を後にして、更にカーナビを見ながら奥へ。う~ん この辺りなんだけどなー・・・って小屋みたいなそこが駅でした。「折渡駅」です。折渡駅はJR東日本羽越本線の駅です。大半の普通列車が通過し、停車本数が非常に少ないです。JR移管と同時に信号場から昇格した駅のひとつなんだそうです。
20131229折渡駅 (1)
ほんとに停車する電車は少ないです。いる間に列車は一本も通過しませんでした。
20131229折渡駅 (13)
人っ子一人いません。駅で写真を撮っている間に一人だけ、たぶんJRの職員と思われるかたが見回りにいらしてました。
20131229折渡駅 (8)
駅舎の中にはベンチがあり、待合室になっています。お手洗いもあって、木の蓋のある和式でした。木の蓋って久しぶりにみたなぁ。
20131229折渡駅 (3)
線路の向こう側にも小さな待合室があり、ストーブがひとつありました。
20131229折渡駅 (9) 20131229折渡駅 (11) 20131229折渡駅 (10)
こんな駅があるなんて、知りませんでした。マニアの間では秘境駅と言われているようです。停車する本数が少ないため、なかなか電車では来られません。車だとそれほどでもないですけどね。

ここからもう一か所立ち寄ったのですが、少しさみしい話になってしまうので
滅多にないことですが、追記にします。興味のある方は、続きでどうぞ。


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(2) |


2013/12/29 (Sun) 日本ロケット発祥の地

秋田の旅2日目はもっとマニアックです。冬道を海沿いに南下していきます。途中で「道の駅 岩城」に立ち寄りました。秋田市と本荘市のちょうど真ん中くらいにある道の駅です。
20131229岩城道の駅 (1)
海沿いのこの辺りは積もる雪は多くはありませんが、風が強く道路が凍っていることがあるので運転には注意が必要です。農産物の直売場や海の近くらしく鮮魚売り場があります。混んでいる時も多いのですが、このお天気であまり人がいませんでした。本荘までは行けないなぁ・・と思っていたので、ここでハムフライと思ったんですが、その売り場も閉められてました。少し早すぎたのかな・・・残念。
20131229岩城道の駅 (3)
本荘のハムフライは昭和40年代に旧本荘市(現由利本荘市)でおやつとして食べられていたものだそうです。説明によると、ハムをサクサクの衣で揚げた素朴なフライ。食べたことがないので、食べてみたいなーと思ってたんです。ハムフライはハムかつとは違うものなのでしょうか・・・。本荘ハムフライ ・ハム民の会オフィシャルブログがありました。

道の駅を出て、更に少し南へ。目的地は道川(みちかわ)というところです。え?ここで曲がるの?というところで海岸へ入ります。たぶん秋田の人は結構知っている人は多いけれど、行ったことがある人は少ないという場所が目的地。
20131229ロケット発祥の地 (3)
はい 目的地ですよー。海荒れてますねー。何もないように見えますが、石碑がひとつたっております。
20131229ロケット発祥の地 (2)
「日本ロケット発祥の地」の石碑です。初めて見ましたが、意外と立派。
20131229ロケット発祥の地 (1)
説明はあまり良く読めませんが、東京大学生産技術研究所のロケット発射実験施設跡なんです。工学博士糸川英夫を中心とするAVSA研究班によって研究の始まった『ペンシルロケット』は、1955年(昭和30年)4月12日、東京都国分寺の廃工場跡地で水平発射公開実験に成功し、千葉の生研実験場に場所を移して水平発射実験を継続したそうです。いよいよ上空へ向けての発射実験(飛翔実験)が行われることとなった。日本には外国のように広い砂漠がないため、飛翔実験を行うにしても海岸から打ち上げて海に落下させるほかないが、当時の海岸は米軍の管理下にあり、発射場として利用可能な場所は日本海側の限られた場所しかなく、選ばれたのがこの道川というわけです。
詳しくは → Wikipediaでどうぞ。更に詳しいことは、日本の宇宙開発の歴史というところで読めます。昔の写真もあって、面白かったです。

最終的には、あまり飛ぶようになりすぎて大陸まで行ってしまいそうな恐れが出てきたことから、実験場を鹿児島県へ移すことになったのです。移転が決まってからも実験は継続される予定だったのですが、1962年(昭和37年)5月24日夜、K-8型10号機が打ち上げ直後に爆発するという事故があり実験場閉鎖に追い込まれました。
秋田県から何らかの代替施設を県内に設けることを東大に要望があり、これを受けて1962年(昭和37年)10月、能代市にロケットモーターの地上燃焼実験施設「能代ロケット実験場」が開設されています。それが、能代ロケット実験場です。
能代ロケット実験場は見学ができるそうです。全然知らなかった・・・。いつか見学に行ってみよう。

調べてみると面白いことがいっぱいわかります。でも、結局石碑しかないし・・・あまりの強風に写真を撮っただけで退散してきました。秋田の人も歴史を知った上で、行ってみるといいのにねと思いました。


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/28 (Sat) 初日宿泊は 秋田市のドーミーイン秋田

秋田の初日の宿は、「ドーミーイン秋田」秋田駅から徒歩5分くらい。お堀に面したところにある便利な宿です。
ドーミーインはあちこちにあり、施設によって仕様が異なっていますが、大浴場があるところが多く、こちらにも最上階に天然温泉の大浴場があります。秋田市内でホテルに宿泊することはほとんどないので新鮮。
昔ここの場所にはマルサンってデパートがあってさーとか思い出話をしたいところですが、もう覚えている人も少ないと思うので割愛(笑)あの頃は秋田にも何軒もデパートがあったのですよ。駅前はもっと栄えてましたしね。

ドーミーイン秋田には温泉大浴場があるので、お部屋にはシャワールームがついているだけです。それで十分。
20131228ドーミーイン秋田 (3)
女湯入り口です。女湯は入り口に鍵がかかります。チェックイン時に女性の宿泊者には暗証番号の紙が渡されます。
20131228ドーミーイン秋田 (11)
女性用の脱衣場はとてもきれいでした。必要十分に化粧水や乳液もそろっています。
20131228ドーミーイン秋田 (4)
小ぢんまりした大浴場ではありますが、露天風呂もサウナもあります。露天風呂は朝は果実湯になるそうで、この日はりんごがたくさん浮かんでいました。なんか楽しい。お風呂事体が見たい方はホームページで見てくださいね。

夜21時からは、秋田のドーミーインでも「夜鳴きそば」のサービスがあります。どうもこのサービスはどこのドーミーインでも名物になっているようです。朝ごはん会場と同じ1階のレストランで食べられます。
20131228ドーミーイン秋田 (2)  20131228ドーミーイン秋田 (1)
ネギとメンマとノリが入っているだけのシンプル醤油ラーメンですが、あっさりと食べやすいです。宿泊者で結構込み合います。このサービスが終わってから朝ごはん会場の準備をするのか・・・大変だなぁ・・・と同情してみたり。

朝ごはんもその土地の料理を用意するようにしているようです。ドーミーイン秋田ではきりたんぽでした。
20131228ドーミーイン秋田 (5)
小さく切ったきりたんぽが網の上で温められていて、つゆに入れて食べるというしくみ。私が考えるきりたんぽとは味も見た目もだいぶ違いますが、面白い趣向です。
20131228ドーミーイン秋田 (10) 20131228ドーミーイン秋田 (9) 20131228ドーミーイン秋田 (8)
20131228ドーミーイン秋田 (7) 20131228ドーミーイン秋田 (6)
和食から洋食まで種類も多くて、楽しいです。それでいてホテルの朝食!というほど高くもないのでお勧め。

よく親戚がココのホテルを利用するという話を聞いていたのですが、頷けます。場所も便利だし・・・裏に立体駐車場もあって車でも安心です。寒いのにホテルの係りの人がせっせと駐車場の案内をしていて、気の毒になってしまいました。



住所]〒0100001秋田県秋田市中通2-3-1
[TEL / FAX]018-835-6777 / 018-835-8777
[チェックイン / チェックアウト]15:00(最終 01:00)/ 11:00
HP

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(4) |


2013/12/28 (Sat) 秋田での初日夕食は 羽後牛が食べられる焼肉屋さん 牛玄亭

秋田での夕食は、実は行きたいところがあったのですが、予定もわからなかったため予約していなくて、電話してみたらダメでした(涙)世は年末ですものねー 宴会の真っ最中ですよねー。ちょっと甘かったです。
仕方がなく駅前の「牛玄亭(ぎゅうげんてい)」へ電話をしてみました。秋田で人気の焼肉屋さんです。もちろん満席で、遅くなってもいいのなら席が空いたら電話をくれるということでお願いしておきました。意外と早く30分ほどで電話がきました。場所は秋田西武の裏側。古い人ならニュータケヤだったとこと言えばわかります(笑)ビルの2階です。
20131228牛玄亭 (10)
焼肉屋さんらしからぬ、少々高級な雰囲気で、お値段も少しお高めです。ただ、お肉もいいです。秋田に実は三梨牛をはじめとしたブランド牛が結構あります。こちらは羽後牛を扱うお店です。先代社長が行商から始めた精肉店が経営しています。
20131228牛玄亭 (8)
店内も照明を少し落とした落ち着いた雰囲気。個室もたくさんあります。奥の方の椅子テーブル席に案内されました。
20131228牛玄亭 (7) 20131228牛玄亭 (4) 20131228牛玄亭 (3)
具体的には何を食べたのか忘れちゃったのですが、柔らかく美味しいお肉です。あまりにも良すぎておなかが痛くなりそう。お勧めの上〇〇というお肉も何種類か食べたのですが、私には普通のカルビや普通のロースで十分のようです。最近は、秋田にお客さんが来たら連れてくるというお店になりつつあるようです。普段使いのお店ではないかも。
昼も夜も混んでいるので予約しておくのが無難です。

前回の牛玄亭は → こちら
初めての牛玄亭は → こちら

秋田牛玄亭
TEL 018-893-3929
住所 秋田県秋田市中通2-6-44 2F
営業時間 11:30~15:00(最終案内.14:00)
       17:00~23:00(最終案内.22:00)
定休日 第3月曜日(祝祭日の場合営業いたします。)
HP   Hot Pepperでは予約ができるようです。


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/28 (Sat) 日本で一番深い湖 田沢湖

角館の武家屋敷通りは車窓から見るだけにして、向かったのは田沢湖です。
田沢湖は直径約6kmの円形、最大深度は423.4mで日本第一位(第二位は支笏湖、第三位は十和田湖)、世界では17番目に深い湖です。(世界で最も深い湖はバイカル湖)。観光でいらした方は、角館と田沢湖はセットで観光することが多いです。角館から田沢湖までは車で30分くらい。(すいません。私の体感時間です。)いずれにしろ、この時期は観光客は少ないです。

まずは、金色に輝くたつこちゃんの像を見学。たつこ像は内陸線のところでも書いた「IRIS(アイリス)」という韓国ドラマの名場面の撮影場所になったところで、ドラマ放映後はしばらくそのしーんをまねて意味不明(ドラマを見ていない人にとっては)に男女が抱き合って写真をとるのがはやったところです。その時期には、車を下りることが出来ないほどに混雑していましたが、この時期はさすがに誰もいません。
20131228田沢湖 (2)
たつこちゃんが何者か簡単に言うと、田沢湖の主です。たつこ姫伝説というのがありまして、そのたつこちゃんです。簡単に言えば、すっごくきれいな女性だったたつこちゃんはその美貌を失いたくないために、不老不死と言われる水をがぶがぶと飲んで龍になった・・・というものです。(伝説は→こちら)龍になったたつこちゃんを悲しんでお母さんがたいまつを湖に投げたら、それが幻のクニマスというお魚になったというおまけつきです。
私にはこのお話、欲たかり(秋田弁で欲張りのこと)すぎるととんでもないことになるというお話に聞こえるんですが、まぁこうして伝説になっているんですから、それはいいのかもしれません。

そこから移動して、御座石(ござのいし)へ。湖畔にござを敷いたような平坦な岩場で、昔、秋田藩主が田沢湖遊覧の際、腰をかけて休んだと伝えられています。道路を挟んで向かい側にはたつこ姫を祭る御座石神社があります。
20131228田沢湖 (5)  20131228田沢湖 (4)
御座石のところから湖を覗き込むと深いということが実感できます。かなり水も澄んでいてきれいです。もしいらした際には是非見てみてくださいね。      すっかり観光ガイド化しておりますが・・・(笑)
湖の周りは約20km ちょうど良いドライブコースです。走る方もいらっしゃいますし・・自転車の方にも人気です。

すこし休憩しようか・・・と、湖が見渡せるレストランへ。「ORAE(おらえ)」という名前です。おらえというのはおら=私、え=家で、秋田弁で私のうちという意味です。
20131228田沢湖 (17)
レストラン自体は「わたしのうち」ってくらい小さいわけではなくて、天井が高く席数もかなりあります。駐車場は50台分くらいはあるんじゃないでしょうか。レストランから湖はこんな感じで見えます。
20131228田沢湖 (6)
実はこのレストランも「IRIS」の撮影場所になったところです。撮影された席にはちゃんと表示がありました。
20131228田沢湖 (7)
韓国ドラマにはあまり興味がありませんが、私もイ・ビョンホンにならお会いしてみたいです(笑)撮影期間はかなり長かったようで、田沢湖の近くにはたくさん温泉があるのですが、温泉にも出没していたようっです。「すったけいいおどこいたー(すごくいい男がいたの意)」と地元のおじちゃんたちは思っていたみたい。

そんな話はともかく、そう言えばお昼ごはん食べてなかった・・・少しなにか食べることにしました。
20131228田沢湖 (9)  20131228田沢湖 (12)
ランチタイムはちょうど終わった時間。惜しかった・・・。お願いしたのは、チキンの詰め物の煮込みとソーセージの盛り合わせ。私はコーヒー、同行者はもちろんビールです。実はここ湖畔の杜ビールの醸造元でもあるのです。
20131228田沢湖 (8)
レストランの中にビールの釡があります。オブジェじゃなくって、ちゃんとこの中で作ってます。
20131228田沢湖 (11)
をを!なかなかいい感じに撮れてる(自画自賛(笑))飲んでないけど・・・
20131228田沢湖 (15)  20131228田沢湖 (13)
食べ物も悪くないです。悪くないですが、少しお高いような感じはします。量が少なく見えるからなのかなー。なんとなく満足感がないんです。私はこの量で問題ありませんでしたが、若い人なら足りないかも・・・。ロケーションがいいので、許されるけど。冬もちゃんと営業していました。フロアの方は少ないです。お客さんが少ないので当たり前なのですが、呼ぼうにも姿が見えない時がありました。その分のんびりできるけど。


ORAE
TEL 0187-58-0608
住所 秋田県仙北市田沢湖田沢春山37-5
営業時間[平日]11:30~20:30(L.O)20:00
      [土日祝]11:30~20:30(L.O)20:00
定休日 不定休
HP

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: