2015/06/28 (Sun) 浜金谷の築230年合掌造りのお家でいただく ブルーマウンテン

前回の訪問は → こちら

↓この建物は浜金谷駅。フェリーで行くとそれほど遠くはない場所なのですが、地図で見るとわかるとおり陸路だとぐるーっとまわっていかなければいけないので、横浜からはちょっと現実的ではないです。
R0071920.jpg
↓参考までに地図です。


登山したわけじゃないけれど、ちょっと疲れちゃいました。私個人としては、浜金谷で一番楽しみなのは、この後の休憩。
飛騨高山から移築した築230年の合掌造りのお座敷でいただくブルーマウンテンが最高な「カフェえどもんず」さんです。フェリー乗り場側からの入り口はこの石の門から入ります。この門の石も房州石なのでしょうか。
R0071929_20170126164318d3d.jpg
お店はこの立派な合掌造りのおうちです。
エディさんに会えるのが楽しみー!!!いつもエディさんは前向き、ほがらかで素敵な人なのです。
R0071926.jpg
広いお座敷でブルーマウンテンと焼きバームクーヘンいただきます。小学生はコーヒーが苦手なので、持ち込み。このお店は、持ち込みOKなんです。エディさんは快くなんでも持ってきていいよーと言ってくれます。たとえ、それがセブンカフェのコーヒーであっても(笑)忙しすぎる時には、なかなかサービスも行き届かないから・・・ということのようです。みんながエディさんに会いにきているので、エディさん大忙しなんです。この写真では、雑然としている感じに見えますが、大広間の他にもお部屋があって、好きなところでコーヒーが飲めます。
R0071921.jpg
表面をあぶったバームクーヘンは最近はやりのふんわりしたタイプではありません。私はこの方が好み。表面をあぶっただけなので中まで熱いわけではありません。珈琲はフレンチプレスで提供されます。
R0071922.jpg
とにかくここにいると時間を忘れます。近くにあったら、毎日通っちゃう。初めての方でも、いつもの常連さんでもおんなじようにエディさんはフレンドリー。ここに来るためだけのためでも、価値のある場所だとあたしは思っています。



関連ランキング:コーヒー専門店 | 浜金谷駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト

千葉 | trackback(0) | comment(4) |


2015/06/28 (Sun) 初夏の一日 鋸山(のこぎりやま)ロープウェイ

浜金谷には何度も来ています。毎回なんとなくぶらぶらして帰るのですが、浜金谷の観光と言えば“鋸山(のこぎりやま)”。
鋸山の標高は329.4m。 山は凝灰岩でできていて、建築資材に適しているのだそうです。昔は、房州石と呼ばれ、良質石材の産地として、江戸時代から盛んに採石が行われていました。そのために露出した山肌の岩が鋸の歯状に見えることから鋸山と呼ばれるようになったそうです。鋸山ロープウェイ乗り場は、フェリー乗り場から徒歩8分くらい。
R0071919.jpg
正式な名称は乾坤山(けんこんざん)というのだそうです。眺望がすばらしいということで、ロープウェイがあります。ちょっと暑かったのですが、みんなでロープウェイにのって山頂まで行ってみることにしました。5分~15分間隔で運行しているので、お気軽なのですが、この日はちょうどピークの時間だったからなのか乗るために行列ができていました。料金は往復で930円。
R0071884.jpg
山頂駅までは3分20秒。あっと言うまです。
R0071885_20170125140845331.jpg
山頂の建物には、鋸山についての資料が展示されています。採石は1982年に終了しているそうです。
R0071908.jpg
昔はこういうものに鋸山の石が使われていたのですね。
R0071909.jpg
採石された石材は横須賀軍港や横浜の港湾設備、東京湾要塞の資材、靖国神社や早稲田大学の構内にも利用されているということで写真が展示されていました。意識してみてみると、面白いです。行ったときには注意してみてみよう。
R0071910.jpg
しかし!一緒に行った小学生が一番興味を示したのは石ではありません。にゃんこちゃんたちです。
この辺りに住みついていて、餌をもらって生活しているようです。模様が似ているコが多いので、もしかしたら兄弟姉妹なのかもしれません。明らかににゃんこちゃん目当てと思われる餌とおもちゃ持参の方もいらっしゃいました。ほとんどのにゃんこちゃんたちはあまり人を怖がってはいない様子。撫でられるにゃんこちゃんもいます。
R0071887_20170125142342df9.jpg
ずいぶんいっぱいいるーー!!と思ったのですが、中には茂みのなかからそっとこっちを伺うコもいて、この二倍くらいはにゃんこちゃんたちいるのかもしれません。
R0071891_201701251433226da.jpg
石でできたポストもありまして、山頂から手紙を出すこともできます。サプライズなお土産になるかも。
R0071911.jpg
私たちは帰りもロープウェイを利用しましたが、帰りは徒歩というのもアリです。日本寺というお寺があり、五百羅漢や大仏があるそうです。行ってみたかったけれど、だいぶ暑かったので今回は見送りました。だいたい1時間半くらいかかるそうです。ちょうどよい気候の時に行ってみたいなぁ・・・。
R0071907.jpg
ロープウェイは乗っている時間は短いけれど、眺望はとてもいいです。
R0071913.jpg
かなり遠いところにフェリー乗り場が見えるのが不思議な感じがします。海はいいなぁ・・・
R0071917.jpg

インターネットで調べてみたら嘉永5年(1852年)頃に刊行された浮世絵師・歌川広重の連作『不二三十六景』では「安房鋸山」が描かれているんだそうです。当時は名山として名高かったのかも。 参考→安房鋸山

鋸山ロープウェイ
所在地 〒299-1861 千葉県富津市金谷4052-1
電話 0439-69-2314
営業時間 9:00~17:00(2月16日~11月15日)
       9:00~16:00(11月16日~2月15日)
 ※夏期は営業時間の延長あり
料金 大人片道 500円(930円)  小人片道 250円(450円)(団体25名以上 一般1割引、学生2割引)

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

千葉 | trackback(0) | comment(0) |


2015/06/28 (Sun) 浜金谷の回転寿司 船主(ふなおさ)

今回はお友達家族と一緒にフェリーに乗って浜金谷まで来ました。
出発がそれほど早くなかったので到着したのが、ちょうどお昼くらい。先にお昼ご飯を食べてから行動することしました。以前からその存在は知っていた回転寿司のお店。いつも並んでいるのですが、この日はそれほどは待たなくても良さそうだったので、こちらでお昼にすることにしました。
お店の名前はFUNAOSAと看板にあるので「ふなおさ」と読むのは知っていましたが、「船主」が店名のようです。なんで右から書いてあるんだろう?ずっと、主船だと思ってました。フェリー乗り場のすぐわきにある『the fish』というレストラン&マーケットプレイスの中にあります。・・・・と言っても、単独の建物なのですけどね。
R0071883.jpg
食べログによると席数は137席。かなり広いです。私たちは5名だったので、テーブル席にしていただきました。
R0071879.jpg
回転寿司ではありますが、お値段が皿の色によって違うちょっと高級な回転寿司です。
R0071880.jpg
お勧めのメニューが掲示されています。色々食べましたが一番私が美味しいと思ったのは鯵でした。この辺りでとれる黄金鯵と呼ばれる鯵だそうです。そういえば、このあたりにものすごく人気のアジフライが名物の食堂がありました。
R0071881.jpg
それぞれが好きなものを食べて、お会計は特上寿司一人前を食べたくらいになりました。まぁまぁかな。コストパフォーマンスが突出していいとは言えないかもしれないけれど、もうそんなに食べられなくなっているので、回転寿司と言えどもこのくらいは美味しいものを食べたいと思う私なのでした。でも、1時間近く待つのなら、別のとこに行っちゃうかな。



関連ランキング:回転寿司 | 浜金谷駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

千葉 | trackback(0) | comment(2) |


2015/06/27 (Sat) 石釜bake bread 茶房 TAM TAM (タムタム)

映画を観た後、神保町でちょっと気になっていたお店へ行ってみました。何度もお店の前は通っているのですが、いつも混んでいる気配。外観は、ちょっとしたバーみたいな感じを受けます。最初、私は勝手に「TAM TAM」というお店のロゴを見て、エスニック料理なのかと思ってました。(なんでそんな風におもったんだろう?)
よく見ると、看板に石窯bake bread茶房と書いてあります。あれ、喫茶店じゃない?
R0071878.jpg
↓こんな外観。喫茶店というよりは、ちょっと夜っぽいような・・・。(ひどい写真ですが、雰囲気だけ)
R0071876.jpg
思い込みは良くないですよね。外にメニューを書いた看板がちゃんとあります。石窯で焼くホットケーキやフレンチトーストがあるお店のようです。食事もできるみたい。ホットケーキ食べたい!
R0071877.jpg
この日は、待たなくても入れそうでしたのでとうとう入ってみました。店内はとても落ち着いた雰囲気。カウンターの他にテーブル席もあり、店内のちょうど真ん中あたりには木が植えられています。
R0071875.jpg
お先に飲み物。ホットケーキは、釜で焼くので少々時間がかかるようです。
R0071872.jpg
ホットケーキ!!ふんわりしてます。外側は少しさっくり。
R0071873.jpg
中はふわっと。厚みがあります。甘くない冷たい生クリームと合います。
R0071874.jpg
並んでなければ、もっと行きたい(笑)
看板にはSince1973と書いてありますが、こちらのオーナーは家業を受け継いだというようなことが書いてあったので、先代が始めたのが1973年なのでしょうか。 参考 22:30まで営業しているのもありがたいです。



関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 神保町駅竹橋駅新御茶ノ水駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2015/06/27 (Sat) 神保町シアターで 蒲田行進曲

最近新しい映画を観ていないなぁ・・・とは思いつつ、神保町シアターへ映画を観に行きました。

映画を観る前に神保町シアターの真ん前の天鴻餃子房でちょっと一杯。ここのエビにら餃子大好きなんですよねー。
R0071871.jpg
エビにら餃子以外も結構おいしいんです。神保町周辺にはこのお店結構あるみたいなんですが、雰囲気も好き。
R0071867.jpg  R0071868.jpg
神保町シアターの真ん前なのがほんとにありがたいです。

神保町シアターで今やっているのは、役者は一日にしてならず~春日太一セレクション~という企画。春日太一は1977年東京生まれの映画史・時代劇研究家。「役者は一日にしてならず」というベテラン俳優十六名にその役者人生をうかがったインタビュー本を刊行されました。
どの映画も見たいものばかりだったのですが、この日見たのは「蒲田行進曲」 風間杜夫さんの出世作。撮影所を舞台に、大スター・銀四郎(風間)と大部屋役者・ヤス(平田)、女優・小夏(松坂)のおかしな関係を描き、数々の映画賞に輝いた傑作人情喜劇です。銀ちゃんは格好いいけど迷惑しいし、ヤスは心底いい人で切ないし、子夏はものすごくきれいだけどちょっとお馬鹿で、どの人もみんな憎めない映画です。封切の時も見たんですが、改めて見ると当時とはちょっと違った感じを受けます。
しっかし、男って・・・・という感想をどの映画を観ても持ってしまうあたしが一番おばかなのかもしれないです。
R0071869.jpg




関連ランキング:餃子 | 神保町駅新御茶ノ水駅小川町駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2015/06/21 (Sun) 三軒茶屋 シアタートラム 日本文学シアターVol.2【夏目漱石】草枕

ブログにはあまり出てきませんが、週に二度以上おじゃましている駿河路のマスターは元は舞台俳優さんです。チケットを一緒に頼んでいただいて、演劇を観に行ってきました。演劇に興味はありますが、東京にいるとあまりにその数が多すぎて何をどうしたらいいのかさっぱりわからないのです。こうして、お誘いいただくととてもありがたいです。
観に行ったのは、シス・カンパニー公演 日本文学シアターVol.2【夏目漱石】草枕 あの夏目漱石の草枕です。読んだことがあるような、ないような・・・。冒頭の 智(ち)に働けば角(かど)が立つ。情(じょう)に棹(さお)させば流される。意地を通(とお)せば窮屈(きゅうくつ)だ。とかくに人の世は住みにくい。という部分しかわかりません。ストーリーどんなんだったかなーとネットで調べてみたところ(ネット便利過ぎる!)まったく覚えがないので、読んだことはないようです。

演じたのは主人公の画工が段田安則さん、ヒロインの那美が小泉今日子さんです。小泉今日子さんって、私の世代ではものっすごくキュートなアイドルだったんですが、舞台ではずいぶんと存在感のある素敵な女優さんでした。若い頃から、単なるアイドルではないイメージのある方でしたから、そういうことが全てにおいて役立っているのかもしれないですね。

会場は三軒茶屋にある シアタートラム。三軒茶屋のキャロットタワーの下にあります。東急世田谷線 三軒茶屋駅のすぐとなりにあるからシアタートラム。三軒茶屋の駅変わったなぁ・・・・昔のいわゆる路面電車の駅みたいなのを思い出して、切ない気持ちになりました。もう思い出の中にしかないんだなぁ・・・
R0071858.jpg  R0071857.jpg
考えればシアタートラムという名前を聞いただけで、だいたいの場所がわかりそうなものですが、ちょっと迷ってしまいました。
座席は225席。客席や舞台をどこにでも設定できる自由な空間で、いろいろな形に変えることができ、小劇場ならではの緊密な空間を作り出すことができるのだそうです。
R0071856.jpg  R0071855.jpg
ロビーの感じが、上手に説明できないのですが行き交うお客様たちの風情がとても劇場らしいような気がして好きでした。
R0071852.jpg
演劇自体は1時間半くらいだったような気がするのですが、短いとは思いませんでした。そのくらいに濃密な感じがしました。正直、たまに真ん中くらいで異常に眠くなっちゃうことがあるんです。今日はそんなことはまったくなかったです。映画と違って舞台は、そのスペースしかなくて舞台装置をどのように考えて作るのか・・・・井戸のシーンとか本当に感心しちゃいました。

観劇のあと、何か食べに行くにはちょっと早いので、キャロットタワーの26階展望ロビーへ行ってみました。一番景色の良さそうなところが見えるところはレストランになっているのですが、レストランじゃない方はカフェになっています。
R0071860.jpg
うえから見ると、世田谷線は↓こんな感じ。
R0071859.jpg
比較的人も少なくのんびりできます。そして、無料。天気の良い夕暮れ時には、更に良い景色が見られます。

キャロットタワー展望台
住所:東京都世田谷区太子堂四丁目1番1号
営業時間:09:30〜23:00 (レストランの営業時間は異なります)
定休日:第2水曜日/年末年始
入場料:無料
電話番号:03-5430-1185

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(0) |


2015/06/14 (Sun) 大井町の銭湯 東京浴場

大井町には品川浴場組合のHPによると、「末広湯」「東京浴場」の2軒の銭湯があります。
今回私たちが行ったのは「東京浴場」 東京を代表しているみたいなネーミングに惹かれちゃいます。

場所がわからないので、地図を見ながら移動。品川浴場組合のページには大井町から7~8分と書いてありますが、あちこち遠回りしてみたいで結局10分以上かかってしまいました。また次に行っても迷っちゃうかも。
お?これじゃないかしら?裏側から近づいちゃったみたいです。
R0071816.jpg
やっぱりこの建物だー。たかーい煙突があります。
R0071817.jpg
ほぼ15時だけれど、まだ開いてないです。既に開くのを待っているらしい方がちらほら。
R0071818.jpg
営業時間は3時から11時半。ずいぶん遅くまで営業しているんですねぇ・・・。貸しバスタオルもあるようです。手ぶらセットというのが用意されているので、急に行ってみようかなと思う方にも安心。立派な構えです。
R0071819.jpg
番台ではなくて受付で料金を支払います。
R0071826.jpg
待ち合わせできそうなロビー(?)から中庭が見えます。実は、お風呂からも中庭が見えるんです。写真はないんですけどね。
とても清潔で、天井が高く広々としたお風呂でした。
R0071823.jpg
脱衣場の天井は、折り上げ格天井で新しそうに見えます。検索してみたところ、20年前に改装されたようです。
浴室の写真は撮ることができなかったのですが、「せんと♨ガール」というブログにとてもきれいな浴室の写真が載っています。興味のある方は、こちらでご覧になってくださいね。
R0071825.jpg

R0071828.jpg
帰り道はふらふらとまた歩いて帰りました。この辺りは静かな住宅街。ぽつりぽつりとお店もあります。
このちょっと洒落たライオンちゃんのついたここは何かのお店だったのでしょうか。
R0071829.jpg  R0071832.jpg
お肉やさんの建物は前方を高くした看板建築。張り紙によると昭和24年創業のこのお肉やさんは、この4月に閉店してしまったようです。とても丁寧な閉店のご挨拶が貼ってありました。最後の5年後の再開発の完成を楽しみに・・・とあるのですが、このお肉やさんの閉店も再開発に関係あるのでしょうね。なんだかさみしいです。
R0071835.jpg  R0071833.jpg

東京浴場
住所 品川区大井2-22-16
TEL 03-3771-4959
営業時間 午後3時から夜11時30分
定休日 月曜日
最寄駅 大井町駅から7~8分。
日本光学通り、小野学園手前。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2015/06/14 (Sun) ちょっと懐かしいピザ 大井町の「オリガノ」

大井町にとてもいい感じの銭湯があると聞きました。大井町には以前はかなりの頻度で行っていたのですが、最近ご無沙汰。
銭湯は3時から。それまでの間にお昼ご飯を食べることにしました。どうっしようかなー?

ピザはどお?ということで、ピザを食べに行くことにしました。お店は「オリガノ」大井町の駅からは徒歩7分。
このあたりも、最初に大井町に来たころからはずいぶん変わりましたが、このお店は外観はちょっとおしゃれに変わりましが、ずうっとあります。お店の説明によると、開店してから36年だそうです。
R0071814.jpg
ピザハウスと書いてありますが、メニューにはピザの他にグラタンやドリアがあって、そちらも人気です。
R0071808.jpg  R0071809.jpg
地元の方に人気のお店のようで、いつも結構お客さんがいます。席に座れないときには、お持ち帰りもできるみたいです。
R0071812.jpg
ピザの大きさはSとLと二種類あります。私たちはL一枚。壁に大きさの見本が貼ってあるので、わからないときはそちらを参考にしてください。ピザの見た目は、クラシックな感じ。ピッツァというよりはピザ。チーズたっぷり。ちょっと懐かしい味です。具だくさんでおいしいです。
R0071811.jpg
タバスコはいろんな種類が用意されていて、お好みで楽しめます。
R0071810.jpg
今では、こんな感じのピザって食べられるところがないからむしろ貴重かも。たまーに食べたくなります。



関連ランキング:ピザ | 大井町駅下神明駅西大井駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2015/06/08 (Mon) 2015年6月秋田へ⑥終 夏限定 広栄堂のかき氷

前回の広栄堂の記事は → こちら

1年に1度くらいは食べたい!!! 前回も書いたのですが、東京のかき氷は高い!それは私のかき氷の基準となるお店が秋田にあるからです。広栄堂さんは、秋田市楢山にあるお菓子屋さんなのですが、私は夏以外には行ったことがありません。
夏は、かき氷の専門店になります。だいたい6月から9月末までの営業、その年の気候によって変わるということでした。
R0071786.jpg
初めて来たころとほとんど変わりません。ちょっとメニューが増えたりしたくらい。
R0071784.jpg
店内も変わりはないです。古くなっているはずなのに・・・ただ、おばあちゃんがいなくなっただけ。エアコンは今もありません。夏場の営業中はいつも混んでいる店内ですが、このときは運よく席が空いていました。あのふわふわした茹でたての白玉が食べたかったのですが、この日は作れないということで生いちごを選択。
R0071781.jpg
生いちごが私の席に届くころには、続々と近くの女子高校生がやってきて賑やかな店内になりました。女子高校生たちの制服もかわらなーい。当時はなんとも思わなかった制服ですが、今見るとクラシックな感じが逆にとてもいい感じ。
周りに氷をこぼしながらも完食。イチゴのつぶつぶが残っていて、その感触が楽しいです。席に座れないのは困るけど、いつも混んでいるのはおいしいから。お腹の中からひんやりです。
R0071783.jpg
今年はもう一回くらいは来られるかな。



関連ランキング:かき氷 | 秋田駅羽後牛島駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(2) |


2015/06/07 (Sun) 2015年6月秋田へ⑤ 象潟 蚶満寺(かんまんじ)

更に南下して、象潟町へ。象潟と言えば、松尾芭蕉が「象潟や雨に西施がねぶの花」とうたった景勝地です。
大小百いくつかの島々を浮かべ、水面には南にそびえる鳥海山が島の間を縫うように、その姿を映し出し、松島と並ぶ景勝地として広く知られ「東の松島、西の象潟」と称されたそうです。文化元年(1804年)に起こった大地震によって土地が隆起して、干潟となった。現在でも小島だった部分は小さな山状となって残されています。
現在は田んぼの中に点々と島部分が残っているという不思議な風景なのですが、あろうことか写真を撮っていません。残念。

とりあえず、両親も何十年ぶりか・・という蚶満寺(かんまんじ)へ。蚶満寺は円仁の創建ですが、それ以前に神功皇后が三韓征伐の途上でシケに遭ってこの地に流れ着き、皇子(後の応神天皇)を出産したという伝承が残されているそうです。
ちょっとしたお庭があったりして、素敵なところなのですが両親があまり長くは歩けないので、ちょっと入り口だけ。
R0071771.jpg
立派な山門です。奥には菖蒲園やその昔を思わせる景色が広がるはずなのですが、両親と一緒なのでここまで。
R0071777_20170119170646bed.jpg
ちょっとした風景もなかなか絵になるいいところ。松尾芭蕉の奥の細道での最北の地ということで、ある程度有名だと思っていたし、観光地としてそう悪くないと思っていたというか・・・立派な観光地だと思っていたのに、だいぶさびれた感じのお土産やさんが一軒駐車場付近にあるだけで、商業施設がなんにもないのです。以前も何度も来ているこの場所ですが、これはヒドイ。
こんなもんなんでしょうねぇ・・・これはNHKの大河ドラマの舞台になるしかない!!です。いいとこなのになー。
ネットで調べても、蚶満寺(かんまんじ)のHPはないみたい。秋田県観光協会のあきたファン・ドッと・コムにちょっと紹介があるだけです。かなりの方がブログに書いていて、とても詳しく説明してくださっています。ちゃんと読むと色々な興味深いことが書かれているので、こんなことを知ると行ってみたい!と言う方がいらっしゃるかもしれません。にかほ市でなんとかしてくださらないかしら?
R0071778.jpg

蚶満寺(かんまんじ)
所在地 にかほ市象潟町字象潟島2
交通 JR象潟駅より徒歩15分
開館時間:AM8:30~PM5:00
休館日:無休
料金:大人300円
問合せ先 0184-43-3153

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: