2015/07/31 (Fri) 蒲焼 赤松さんで 名物もも焼き

桐生市の人口は約13万人。合併前の旧桐生市の人口ならば11万人。そんなに大きな都市ではありません。それなのに、歩いていると鰻屋さんが結構目につきます。私は鰻はそれほど好きというわけではなくて、美味しく食べてもらえる人に食べてもらった方がいいと思うレベルなので、自分ですすんで鰻を食べるということはありません。同行者は鰻が大好き!!!いつも鰻食べたいと言っているくらいです。そこで、二人とも満足できるのが↓このお店。
R0072287.jpg
「蒲焼 赤松」さんというお店ですが、このお店にはとり重もあるんです。鶏好きの私にはぴったり。
R0072288.jpg
その他にもこのお店には名物があります。名物もも焼き¥480です。焼き立てあっつあつ。これは美味しい。1週間に一度食べたい(笑)クリスマスの時はものすごい注文があるそうです。桐生在住の方なら必ず知ってるようなお店なのかな。
R0072289.jpg
そうして、↓これが同行者のうな重。サラダとお吸い物がつきます。
R0072290.jpg
私はとり重。¥650。もも焼きも食べるので一番ちいさいのをご飯少な目。
R0072291.jpg
鶏づくしで幸せ。うな重も美味しかったそうです。二人ともハッピーになれる素晴らしいお店でした。電話でお持ち帰りのお願いもできます。もも焼き・・・・また食べたいなぁ・・・よだれでそう。本来は鰻屋さんだと思うのですが、私個人的にはもも焼き一押し。
R0072293.jpg



関連ランキング:うなぎ | 桐生駅西桐生駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト

群馬 | trackback(0) | comment(2) |


2015/07/31 (Fri) 桐生の銭湯「上の湯」さんから 立田野食堂のかき氷

桐生に到着したのは、15時過ぎ。個人的には、高崎より桐生が好きです。なんか面白い。
桐生には現在銭湯は5軒。以前、一の湯さんというかなり強烈な印象の銭湯(その時の記事はこちら)に行きましたが、今回も到着してすぐに別の銭湯へ。同行者が調べておいてくれました。「上の湯」という銭湯です。
DSC_0402.jpg
かなりお客さんが多くて、この外観の写真しか撮っていなかったのですが、こちらも素敵銭湯でした。まず、番台にいるおかみさんがとっても素敵な方だったんです。中庭には信楽焼きのタヌキの置物があって、女湯には赤い金魚?の絵があります。この金魚の絵については、ここにある理由があったのでした。それは、次に行った食堂で教えていただきました。
こちらのおかみさんはにゃんこちゃんがお好きなようで、数匹の猫を飼っているそうなんです。番台の前でややしばらく、そんな話をしてしまいました。一の湯に負けず劣らず印象的な銭湯でした。浴室の写真は、「めっかった群馬」というページにありました。興味がある方はそちらをどうぞ。
銭湯で汗を流してすっきりして、町をぶらぶらしました。充実した一日。

銭湯を出て、広い通りに出てぶらぶらしていたのですが、どうしても気になるお店があります。入口脇にサンプルが並んでいるのですが、値段設定がよくわからない・・・。かき氷が250円って・・・。ラーメンは410円で、さっき食べた立ち食いより安いし・・・。
R0072282.jpg
とにかくメニューの種類が多くて、看板には冷やし中華の張り紙と節電してますが営業中の文字。
R0072281.jpg
暑いし、かき氷食べられそうだし・・・入ってみることにしました。
R0072280.jpg
店内はいかにもな食堂。昭和の香りがします。メニューが多いのにびっくり。
他にお客さんはいなくて、店主が席でのんびりと新聞を読んでいました。
R0072276.jpg  R0072277.jpg
何か食べてみたい気持ちはいっぱいだったのですが、他で食べることに決めていましたので当初の予定どおりにかき氷を注文。
テーブルには昔懐かしい星占いが出てくる機械(?) やってはみなかったけど、20円って昔のままでしょうか?
R0072278.jpg
かき氷です。かき氷の下にタオルを敷いて出してくれました。これはうれしい。どんなにこぼさないように食べようとしても、かき氷ってまわりべちゃべちゃになったりします。みんなこうやって食べたほうがいいのに。
R0072279.jpg
他にお客さんもいないし、かき氷をささっと食べて出るつもりだったのですが、奥様がいらっしゃっていろんな話をしてくれました。お話好きみたい。かつての桐生は毎晩お祭りみたいににぎやかだったこと、当時はエアコンもなかったから夜かき氷がものすごく売れたこと等々。おかあさんの話はとても生き生きとしていて、風景が目に浮かぶようでした。さきほど行った「上の湯」さんについても聞きました。上の湯さんも当時は今以上に大混雑だったそうです。水槽があって、金魚湯と呼ばれていたんですって。あー それで、あの金魚の絵だったのか・・・と合点がいきました。
250円のかき氷で長居しちゃった。おとうさん、おかあさんに感謝です。ちょっと懐かしい昭和好きの方々にはもってこいなお店。桐生にいらっしゃった時には是非ぜひ。桐生まだまだ楽しめるところありそうです。
R0072283.jpg
立田野食堂には、店舗のわきに駐車場があるようです。お車でも安心です。

上の湯
住所 桐生市錦町1丁目
営業時間 午後3時15分〜午後10時
TEL 0277-43-8656



関連ランキング:定食・食堂 | 桐生駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

群馬 | trackback(0) | comment(0) |


2015/07/31 (Fri) 高崎駅の立ち食いラーメン 八起家西口店

高崎駅に帰ってきました。なんかちょこちょこ食べてましたが、お昼ごはんは食べずに帰ってきてしまったので高崎駅で軽く食べることにしました。高崎の駅弁と言えばだるま弁当ですが、そのだるま弁当を作っているのがたかべんという会社です。
駅そばもそのたかべんという会社がやっているようです。このちょっとかわいいだるま(だけど手がある!)がお弁当を食べているマークがたかべんのマーク。
R0072275.jpg
上信電鉄の入口の近くにあります。
R0072274.jpg
入口は小さいのですが、店舗は結構広いのです。たかべんでやっている立ち食いソバは高崎駅に数か所あります。食べログでの表示は八起家となっているんですが、表示はどこにもないような・・・。
R0072273.jpg
高崎の駅そばのラーメンが評判が良いと聞いていたので、今回は迷わずラーメン。なるとがのっかってる昔ながらのラーメンです。420円なので、まぁまぁかな。美味しいことは美味しいんですが、前から美味しいと聞いていたので、なんか想像しすぎてたみたい。
R0072270.jpg
同行者がラーメンと一緒に食べたそぼろご飯は、少しそぼろがすくなくてさみしい感じ。残念。
R0072272.jpg
夜は8時までなので、飲んだ帰りに・・とはいかないかもしれないけれど、電車まであんまり時間がなくてちょっと食べたいときには便利なお店です。お弁当はこちらでは販売されてはいません。改札口近くに販売所があります。

ではでは、高崎からまた電車に乗って、桐生へ向かいます。



関連ランキング:立ち食いそば | 高崎駅(JR)高崎駅(上信)



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

群馬 | trackback(0) | comment(0) |


2015/07/31 (Fri) トロッコ電車にも乗れる!碓井峠鉄道文化むら

なんとなく説明されてはいたものの、はっきりとわからないまま横川駅に到着。駅そばを食べて碓井峠鉄道文化むらへ。案内がある・・・こっちなのね。
R0072235.jpg
受付までは数分しかかかりません。Poppo Townというのが愛称なのかな。入場料は小学生未満が無料(保護者同伴)小学生は300円。中学生以上は500円です。
R0072236モザイク
この時はよく考えないまま案内図を見ていましたが、広いです。後からちゃんと案内図見たのになーと驚くほどに広いです。
R0072238.jpg
入口入ってすぐは↓こーんな感じで、あぁ子供向けなのかな・・と思ったんです。正直。
R0072237.jpg
入ってすぐ左手に売店と展示室の建物があります。そして右手にはトロッコ乗り場。トロッコがあるなんて知らなかった。平成9年に廃止された横川~軽井沢の下り線を利用しているそうです。碓氷峠鉄道文化むら内~碓氷峠の森公園交流館「峠の湯」(およそ2.6km)を往復しているんだそうです。これは是非乗りたい!往復1300円、片道なら900円です。3月~11月の土日祝日 (8月は毎日運行)運行しています。時間を見て予約しました。
R0072257.jpg
客車はオープンデッキ客車、普通客車の2両。オープンデッキは風が吹き抜けて気持ちいいしトロッコ気分がより楽しめますが、風が嫌だとか暑いのが嫌だという方には、普通客車がお勧め。エアコンきいてて涼しいです。(この日は特に暑かった・・・)
R0072243.jpg  R0072242.jpg
途中「まるやま」という駅に停車。旧丸山変電所があります。ここは国鉄が明治45年に初めて作った変電所なんだそうです。建物の中には入れませんが、下りて外から見ることができます。
R0072250.jpg
中に入れたらうれしいのに・・素敵な建物です。(ちなみに2017年3月現在 まるやま駅は緊急停車駅になったそうで、停車しないそうです。建物を近くで見るためには、アプトの道と名付けられた遊歩道を歩いていくしかありません。)
R0072248.jpg
終点は、「とうげのゆ」。ここには峠の湯という温泉施設があるのですが、2013年7月31日に火災が発生し、長期にわたって休業しています。2015年の12月に再開するべく、絶賛工事中でした。残念。足湯とか設置してくれたらいいのになー。というわけで、折り返しのシェルパくんで帰って、施設を見学。

これが、廃線前に走っていた「あさま」
R0072258.jpg
乗り込める電車があったり、色々な小物が並んでいたりで見るものが盛りだくさん。
R0072259.jpg  R0072260.jpg
R0072261.jpg  R0072264.jpg
R0072267.jpg  R0072266.jpg
R0072241.jpg  R0072240.jpg
一通り見終わった・・・と思ったら、まだ奥がある!広場に電車がたっくさん並んでます。ひぇー。予定外でした。
エアコンが入った電車で涼んだりしながら見学したのですが、異常なくらいに暑くなってきてこれ以上は危険と判断して退却です。また次回ゆっくり見ることにします。ここはまた来ないと・・・。
DSC_0396.jpg
スタンプラリーをして缶バッチをお土産にもらいました。ぐんまちゃん・・・
DSC_0401.jpg
横川駅は小さなかわいい駅です。
DSC_0400.jpg

トロッコ電車の中では繰り返し↓この歌がかかっていて、頭の中をぐるぐるまわっています。物覚えの悪い私なのですが、しっかりとFE63という名前は覚えましたよ。CD欲しくなっちゃったんですが、売り切れですって。

碓氷峠鉄道文化むら
〒379-0301 群馬県安中市松井田町横川407-16
TEL 027(380)4163(代) FAX 027(380)4111

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

群馬 | trackback(0) | comment(0) |


2015/07/31 (Fri) 横川駅の元祖駅そば おぎのや

昨日のロツレはちょっと変な感じになっちゃいました。お店を出た後に五郎さんに謝られちゃったりして、ちょっと後味の悪い感じ。今日はどうしてるかなぁ・・・と思わないではいられませんが、それはおいて気を取り直して電車を見に行くことにします。

高崎駅から信越本線に乗ります。
R0072228_20170303153733c93.jpg
目的地とうちゃーく!意外と近くてびっくり。あたし地理弱いんです。目的地は「横川」でした。高崎から横川までは35分くらい。
R0072229.jpg
あの峠の釜めしで有名な横川です。峠の釜めしって昔はお土産でもらったりして、実家の物置に入れ物が一個くらいあるかも。
R0072230_2017030315373659e.jpg
横川駅は北陸新幹線の高崎駅 - 長野駅間が部分開業した1997年10月1日以降、信越本線の終着駅になりました。かつては碓氷峠を越えて軽井沢駅へ複線電化の線路がつながっており、碓氷峠越えの拠点となった駅です。碓氷峠には66.7‰という国鉄・JRで最も急な勾配があり、列車が上り・下りするためには補機であるEF63を連結・解放する必要がありました。そのため、全ての列車が長時間停車したんだそうです。その長時間の待っている間にお客さんが食べたのが「峠の釜めし」というわけです。
そんなこともあり、ホームには昔の線路が展示されていました。
R0072231_20170303161921a28.jpg  R0072232.jpg
そして駅前には、いまも峠の釜めしのおぎのやさんがあります。駅そばもおぎのやさん。横川駅と軽井沢駅間が閉鎖される前、横川でこの先の難所を超えるためアプト式電車に切り替えられたのですが、その切り替えを待っている間に乗客に提供されたのが駅そばの始まりなんだそうです。というわけで、ここの駅そばは駅そばの元祖とも言えるそうです。
お店は立ち食いの形でホーム側からも外からも利用できます。私たちは改札を出て、外から利用しました。立ち食いのかたちになってはいますが、お店の前にベンチとテーブルが用意されているので座って食べることができます。
R0072233_20170303161924495.jpg
ここのおそばは生めんから茹でるのだそうです。若干時間がかかったかな・・・。食べログでは結構いい評価になっているようです。そばの評価なのか、駅弁として一緒に釜めしも販売されているのでそちらの評価かはわかりませんが、かけそば¥320は結構美味しかったです。おだしも濃すぎずおいしかったですし、麺はつるっとしてなかなか。ボリュームもあります。
R0072234.jpg
同行者がどーしても食べたかったという駅そばを食べて、横川駅から徒歩数分の碓井峠鉄道文化むらに向かいます。



関連ランキング:釜飯 | 横川駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

群馬 | trackback(0) | comment(0) |


2015/07/31 (Fri) 高崎の宿 ホテル1-2-3高崎

今回の高崎での宿泊は新幹線側の出口である東口から徒歩1分のホテル1-2-3高崎というところ。東口にはあまり行ったことがなかったのですが、大きなヤマダ電機があるんですね。西口とはずいぶん感じが違います。
大浴場があって安価だったので、こちらに決めました。なんだかおしゃれな感じのロビーです。2階がロビー。
R0072223_20170223162824efd.jpg
大浴場も2階にあります。白い壁で清潔な感じがします。私が利用した時には、ほかにお客様はいらっしゃいませんでした。どちらかと言えば、男性のお客様が多いのかも。
R0072218_20170223162803842.jpg  R0072219.jpg
コインランドリーがあって、長期滞在にも良さそうです。出張の方とか多いのかしら?
R0072222.jpg
こちらのホテル、朝食が無料です。和洋バイキング。
R0072226.jpg
和定食に作るとこんな感じ。
R0072224_20170223162825165.jpg
洋食は焼き立てパンが自慢だそうです。
R0072225.jpg
鮮やかな色が多用されていて、ロビー周辺はおしゃれな感じです。(少々バブリーな感じもするような・・・)高崎駅から近く、使い勝手の良いホテルだと思います。何より大浴場があるのがうれしい。



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

群馬 | trackback(0) | comment(0) |


2015/07/30 (Thu) 【閉店】 ロツレ訪問のために高崎へ

前回のロツレは →こちら

この前ロツレに行ったのは、1年前。店主の五郎さんのことが忘れられなくて、ロツレに行くために高崎へ行くことにしました。
高崎までなら仕事が終わってからでもビューンと新幹線なら、1時間。東海道線でも今なら、乗り換えなしで高崎まで行けて2時間です。近いもんです。ちゃんと予約していきました。五郎さんからくれぐれもちゃんとお酒は持ってくるように言われて、まんさくの花 爽々酒を持参しました。まんさくの花は秋田のお酒。ちょっとシュワシュワする名前の通り爽やかなお酒です。
R0072215_2017022314590904b.jpg
五郎さんお元気でした。よかった。今回は奥様もいらっしゃいました。相変わらずメニューにお値段はありません。
ロツレの名物料理 いぶし牛。綺麗。見るからに美味しそう。そして、実際、美味しいです。
R0072214_201702231459080c6.jpg
唐揚げは二度揚げでかなりのところまで食べられます。
R0072216_2017022314591125a.jpg
しっかし、このあたりから奥様と五郎さんの雰囲気が不穏な感じに・・・。う~ん。いつもは本気なんだかふざけてるんだか・・という感じだったのですが、客が私たち二人だけだったのもあり、その空気びんびん伝わってきます。あちゃー。
以前はさっぱり予約が入らないお店だったのですが、この日私たちしかお客がいなかったのはそのせい?奥様きびしー。私たちの後に常連さんがおひとりふらりといらしたのですが、閉店なのに・・・とお客様に文句いってて、最後には言い合いになってしまって私たちもいたたまれず、早々に退散しました。せっかくいいお店なのに・・・困った。なんとかならないものでしょうか。五郎さんがまた体調悪くしたりしないかだけが心配です。



関連ランキング:居酒屋 | 高崎駅(JR)高崎駅(上信)



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

群馬 | trackback(0) | comment(2) |


2015/07/25 (Sat) 横須賀 米軍横須賀基地の正門前 ハニービー

お友達親子と共に久しぶりに横須賀。三笠公園に行って「三笠」を見学し、軍港めぐりに行き、「ハニービー」でご飯を食べるという夏休みのおでかけ計画。 記念艦「三笠」のHPは → こちら

アメリカ軍横須賀基地の正門前の「ハニービー」に到着したのは午後2時半頃。ランチ時間帯が終わった頃合いで、すぐに席に座れました。地元の人にも観光客にも有名なお店。
R0072233.jpg
タコスやアメリカンドッグのテイクアウトもできるのですが、今回は中で食べます。
R0072231.jpg
あれー?なんだか雰囲気かわった。奥に並んでいたゲーム機がなくなって、なんだかすっきり。気のせいか店内が明るくなったような気がします。
R0072227.jpg
店内のメニューの看板もアメリカンダイナーの雰囲気。
R0072230.jpg
ここでは本当はハンバーガーを食べるべきなんでしょうが、個人的にはタコスが好きです。タコスとフライドポテト!!ビールでご機嫌。ハンバーガー食べるとおなか一杯になっちゃうんだもの。ここのハンバーガーはサイズがかなり大きいです。
R0072228.jpg
最近は横須賀ネイビーバーガーを横須賀でだいぶ押しているようで、あちこちのお店で出していますが、雰囲気はここがダントツでいいです。混んでますけどね。以前より接客も感じがよくなりました。
R0072223.jpg
京急では「よこすかグルメきっぷ」というお得なチケットを発売しています。(詳しくは → こちら)「ヨコスカネイビーバーガー」&「よこすか海軍カレー」の選べる食事券がついています。



関連ランキング:アメリカ料理 | 汐入駅横須賀中央駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横須賀 | trackback(0) | comment(2) |


2015/07/25 (Sat) ラゾーナ川崎1階 京はやしやの宇治雪

川崎駅直結のラゾーナ川崎に買い物に行き、休憩のために京はやしやでかき氷。
京はやしやのHPによると、「宝暦3年(1753年)初代林屋新兵衛が加賀・金沢に茶店を開いたのが始まりです。明治11年には、三代目林屋新兵衛が土や水、川霧に恵まれた京都・宇治に茶園を開きました。以来、この地で工夫と努力を重ね、香味に優れたお茶を育ててまいりました。」とあります。なんとなくお茶屋さんなのかと思っていたのですが、もともと茶店なんですね。茶店のオーナーが自分の茶畑を持った・・・とそういうことなのかな。

1階のフランフードの中にある京はやしやの店舗についている甘味処です。6名くらい座れるカウンターがあるイートイン。
ちゃんとお菓子も販売しているのですが、失礼ながらいつも甘味を食べるばかりで実際に商品をみたことがないです。HPを見ると抹茶やほうじ茶味のお菓子が販売されています。主力商品はなんなんだろう?おしゃれなパッケージの商品がならんでます。
R0072217.jpg
ところで、甘味です。かき氷好きな私には魅力的な商品があります。
R0072216.jpg
自動販売機で食券を購入して店員さんへ。私は宇治雪¥630を購入。
R0072214.jpg
抹茶のアイスクリームも氷にかかっている抹茶のシロップも濃いめで美味しいです。美味しいので食べちゃうんですが、前回食べた時にも思ったのですが、このプラスチックの使い捨てのスプーンと容器はちょっと興ざめ。イートインだし、店員さんも大変だし、簡単にというところだとはわかるんです。私が行ったときには、他にお客様がおひとりいらしただけでしたが、かなりお客様がいる時もあるので無理できないのかもしれませんね。
R0072218.jpg



関連ランキング:甘味処 | 川崎駅京急川崎駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

川崎 | trackback(0) | comment(0) |


2015/07/24 (Fri) 海苔のふるさと大森 工場直売の海苔 マルゴ

大森の海苔はたぶん実際私は食べたことがないんだと思います。でも、なんとなく昔は大森は海苔の産地だったということは知っています。海苔のふるさと 大森というHPによると、「大森の海苔は江戸時代には御膳海苔として上納されるほど品質に優れ、後にはその生産技術は全国に広められました。日本の海苔養殖発祥の地とも言われ、海苔生産の中心的な役割を果たしてきました。昭和37年の埋め立てにより大森の海苔養殖の歴史は閉じられましたが、今も多くの海苔問屋が残り、日本全国から海苔が集まり。全国に販売される海苔流通の要として生き続けています。」 現在は、ほぼ海がそのあたりにはありません。海苔養殖の気配もありませんが、今もこの説明どおりそのあたりを歩くとたくさんの海苔問屋さんがあります。
どの海苔問屋さんも美味しい海苔を扱っているのでしょうが、環七沿いの直売しているところがとても気になっていました。私はいつも車なので、駐車場があるのもポイントが高かったのです。
R0072208.jpg
以前からキズ海苔を販売していると書いてあって寄ってみようと思っていたのですが、ここの前の道路いつもとっても混んでいて、入るのにはちょっと勇気が必要でした。入ったことは入ったけど、この混んでいる道路に割り込んでいかなきゃいけない帰りを思うとちょっと億劫で・・・。たまたま、スムーズに入れそうな感じだったので、とうとう行ってみました。
海苔を販売しているところは、会社の事務所の入口でした。きず海苔しか売ってないと思っていたら、たくさんの種類の海苔が並んでいます。
R0072210.jpg
事務室でお仕事していた方のおひとりが接客してくださいました。買おうと思って真剣に海苔を見たのは、初めてかも。こんなに種類があっても困る。どこがいいのかわかりませんって正直に言ったら、「おにぎりは食べる直前に海苔を巻くか、それとも巻いてしっとりしたほうが好きなのかによって違いがありますよ」って。をーそうだったのか。
R0072211.jpg
この事務所の二階で海苔を焼いているんだそうです。用途によって海苔の焼き方を変えるんですって。言われてみれば当たり前のような気がするけど、考えたことなかった。おにぎり専用の三角に切られた海苔があったり・・・いろいろ考えているそうです。
当初から買う予定だったきず海苔は¥200 少しお高い海苔は袋が閉じられるようになってるんですが、きず海苔は普通の袋です。それが違うくらいで、きず海苔でも普段食べている海苔よりも数段美味しいです。海苔ってこんなに美味しかったんだ!ってびっくりしたくらい。
R0072212.jpg
ちょっと試食させてくれたものもあったのですが、比べて食べると確かに違います。日本人だけど、海苔について知らないことっていっぱいあるなぁ・・・と改めて思いました。海苔美味しい!この海苔だったら、だれでもきっとそう思っちゃうはず。海苔見直した!!!あまりに美味しくて、いっぱい買って、つい周りの人に配っちゃった(笑)

株式会社 五味商店
〒143-0011 東京都大田区大森本町2-25-19
TEL:03-3763-7541 FAX:03-3762-5310

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: