2015/12/30 (Wed) 年末年始に秋田に帰省

今回の年末年始は、あまりうまい具合にお休みが繋がらなくて秋田へは急ぎ足での帰省になってしまいました。
12月の東京と秋田はものすごく差があります。空気が乾燥していて、晴れている羽田空港。
DSC_0699.jpg
9時55分発の秋田行ANA403便に乗りました。ゲートの端っこ具合が秋田は田舎なんだなーと感じさせます。
DSC_0700.jpg
ポケモンジェットも並んでます。家族で帰省という方も多いでしょうから、たまたまポケモンジェットだったら嬉しいだろうなぁ。
DSC_0702.jpg
秋田までは55分の旅。空港まで行っちゃったらあっという間なんですよね。ちゃんとお昼前には到着したので、お昼は大好きな東天閣のカタ焼きそばにしました。やっぱり・・・これ大好き。ぱりっぱりの麺がたまらないのです。欠点は、全部食べきるとおなか一杯になりすぎる・・ということです。あーあと、なぜかキノコが缶詰のマッシュルームなんですが、これもなんとかならんものか・・と。入ってなくてもいいくらいなんだけどなー。文句多すぎ?それでも、大好きなんですけどね。
DSC_0703.jpg



関連ランキング:中華料理 | 秋田駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト

秋田 | trackback(0) | comment(2) |


2015/12/29 (Tue) 第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 柏レイソルvs浦和レッズ

12月とは思えないすっきりと晴れた日。今日はマリノスとは全く関係なく、(マリノスは11月14日のヴィッセル神戸戦にて4回戦で敗退) 天皇杯の準決勝を観戦するために東京スタジアムへ。東京スタジアムは、東京都調布市にあります。2003年3月1日から味の素がネーミングライツを取得しており、「味の素スタジアム」となっていますが、通称「味スタ」と呼ばれています。現在はJリーグFC東京・東京ヴェルディ1969のホームスタジアムとなっています。施設は東京都が所有者だそうです。収容能力は49970人。

最寄りの駅は京王線飛田給駅(とびたきゅう)。
R0073052.jpg
味スタまでは飛田給駅から徒歩5分。
R0073053.jpg
私たちの席はどちらかと言えば柏側。どちらを応援しているというわけではないときは、気分的に座った側の方の応援の気分になってしまいます。
R0073059.jpg
さすがレッズ!あちら側は真っ赤です。
R0073056.jpg
試合の方は、延長戦になりました。延長戦後半の李 忠成のゴールで浦和レッズ 1-0(前半0-0、後半0-0、延長前半0-0、延長後半1-0) 柏レイソルという結果。入場者数は22462人だったそうです。この結果、元旦に行われる決勝は浦和レッズ対ガンバ大阪に決定しました。会場は同じ味スタだそうです。
R0073060.jpg
ところで味スタのお隣には調布飛行場があります。味スタのグラウンド面は掘り下げられて周囲の地平面より低くなっているのだそうですが、これは調布飛行場に関連した構造物の高さ制限をクリアするためなんだそうです。掘り下げられているとは感じていなかったけれど、言われてみればそうなのかな。
R0073061.jpg
マリノスの応援じゃないと、なんとなく気が楽だわ・・と思いつつ帰途につきます。飛田給駅の構内にはFC東京の旗がたくさん並んでいました。Jリーグの応援に行ってると、サッカーってものすごい人気と勘違いしちゃいますが、サッカー自体はともかくJリーグはまだまだです。どこのチームもがんばれ!と思わずにはいられません。もちろんマリノスを一番応援してるんですけどね。
R0073063_20170626101156afe.jpg

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

サッカー | trackback(0) | comment(0) |


2015/12/19 (Sat) 劇団チョコレートケーキ with バンダ・ラ・コンチャン「ライン(国境)の向こう」

劇団チョコレートケーキ with バンダ・ラ・コンチャン「ライン(国境)の向こう」という演劇を見に行ってきました。会場は、 池袋 東京芸術劇場 シアターウエストです。私は見たことのないものは見たい!という性質なので、ストーリーも出る人もわからないままに連れて行ってもらいました。
R0073049.jpg
そういえば東京芸術劇場の建物に入ったことがなかったです。夜見ると余計にすてきな建物ですね。東京芸術劇場の中には、4つの劇場と4つの展示施設の他、リハーサルやミーティングのための施設があるそうです。
R0073046.jpg
ロビーにはお花がいっぱい。特に戸田恵子さんへのお花が多かったです。さすが・・・。
R0073044.jpg

パンダ・ラ・コンチャンは近藤芳正(オフィシャルサイトは→こちら)さんが一人で立ち上げたユニットだそうです。近藤芳正さんってお名前ははっきりわかっていませんでしたが、たぶん写真をみたら「あーこの人!」って皆が知っている俳優さんです。
劇団チョコレートケーキは2000年に駒澤大学OBを中心として結成された劇団です。 劇団名の由来は「チョコレートケーキ嫌いな人っていないよね」というピュアな心意気。

ところで、この「ライン(国境)の向こう」のストーリーは敗戦後敗戦日本国と日本人民共和国に分断された日本列島。某県の山中、ごく小さな集落に国境線がありますが、村民たちは冷戦の最前線なのに農作業や収穫のことを考えながら争いごともなく、ささやかに暮らしていました。それでも、じわじわと影響が出てきて・・・・というお話。
戦争ってねー 戦っているのは国と国なんですが、戦いというのは意外と狭い世界でしかないようで、一般人は細々と普通の生活をしていたりするんですよね。なんだか不思議なんですけど・・・。私の母は田舎の生まれですが、戦時中は何が起こっているのかあんまりわかんなかったそうです。演劇を見ながらそんなことを考えていました。
映画やテレビドラマは、撮影したものなので毎回同じですが、演劇は毎日違うのでしょうね。そのリアル感がたまらないです。私でさえ、同じものを毎日続けてみてみたいと思うくらいですから。こういう演劇が見られるのは、東京ならでは・・です。面白いものも面白くないものも玉石混交なのでしょうが、何でも見てみたい・・・と演劇を見た後はちょっとテンションが上がってしまう私なのでした。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

演劇 | trackback(0) | comment(0) |


2015/12/14 (Mon) 2度目の姫路の旅㉓終  大阪駅前第四ビル 串カツ 七福神

まだすこーしだけ時間があります。前回は、新大阪駅で最後のご飯を食べたんだっけ。今回は、梅田で食べてから移動しよう。
やっぱり串カツとか食べたいよねーと探してみたら、大阪駅前第四ビルで「七福神」というお店を発見。ぶらり横丁(大阪在住の方ならわかるのかな。)から移転したお店だそうです。ぶらり横丁時代も人気のお店だった様子。

それほど広いお店ではなく、店内はコの字型のカウンターのみ。中途半端な時間だったから入れただけで、ふらっと行っても満席ということも多そうな感じがします。
姫路201512 (181)
揚げ立てをだしてくれます。油切れよく、さっぱりしていてパン粉もガリガリしなくて、程よい細かさ。これは人気になるのも当然ですね。美味しいです。移転からそれほど日がたっていないこともあって、新しく清潔。ごみごみしてないのもポイント高いです。
姫路201512 (180)
最後までいいお店でした。いやー充実した旅行でした。遊ぶのも結構疲れるわねー。



関連ランキング:串揚げ | 東梅田駅梅田駅(阪神)北新地駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

大阪 | trackback(0) | comment(0) |


2015/12/14 (Mon) 2度目の姫路の旅㉒  大阪駅前第一ビル地下 マヅラ

姫路からの車内。限定品に弱すぎる・・・そんなに食べたいわけでもないのに買っちゃった。「チップスター極 海の精焼き塩使用しお味」パッケージデザインがかっこいい。売店では216円(税込) 車内では220円(税込)で販売されています。
姫路201512 (160)
さて・・・チップスターをぽりぽりと食べながら、帰りはちょっとだけ大阪へ寄ります。えー 大阪駅ってこんなだっけ?あれあれ?
姫路201512 (161)  姫路201512 (162)
大阪で寄りたい喫茶店があるのです。そこは、大阪駅第一駅前ビルの地下にあります。
姫路201512 (175)
中でも有名なのは、今回の目的の「マヅラ」途中で、シャッターに張り紙を見つけました。「デワーハウスはマヅラの中にあります。」むむ・・・デワーハウスとはなんぞや?まぁ とにかくマヅラに行ってみます。
姫路201512 (176)
このジョニーウォーカーのお人形を見るだけで、「あぁ マヅラね」ってわかる方もいらっしゃるでしょう。大きい!
姫路201512 (173)
マヅラの看板。さっきの張り紙のマヅラの後に書いてあったマーク!四葉のクローバーなのかな。
姫路201512 (172)
ひゃぁぁ ひろーい。素敵。写真で見たときも素敵と思いましたが、実際に見るとさらに素敵。お席は200席あるそうです。2名なので、有無を言わさず2名席へ案内されました。広い席に座りたいときにはチャージが必要なのです。
姫路201512 (166)
↓こちらがメニュー。クリックすると大きくなります。ちょっとしたルールも書いてあります。
姫路201512 (167)  姫路201512 (168)
コーヒーとレモンスカッシュを注文しました。コーヒーは250円、レモンスカッシュは300円のお安さ。
姫路201512 (165)
見れば見るほど素敵。真ん中のソファになってる席がいいなぁ・・・壁のデザインとかもっと見たかったのだけれど、初めてなので遠慮してしまいました。入口は向こう側にもあるみたい。
姫路201512 (171)
お手洗いが奥の方にあったので、奥の方まで行くとちょっと違った雰囲気のコーナーがありました。ここがデワーハウスなのかしら?大人な感じ。ここの常連さんはどんな感じの方々なんだろう?このカウンターで一杯飲んでみたい。
姫路201512 (170)
レシートと地下一階の案内図です。レシートの下の方に切り取り線があって、「100坪(!!100坪なのか・・・)のヒロイフロアでお友達と酒杯を合わせ、一夕を楽しんでください」との案内が書いてあります。切り取って持ってきてもよかったのかなぁ・・・・悩んじゃって、とりあえず写真撮りました。
姫路201512 (169)  姫路201512 (174)
私たちが入店した時にはいらっしゃらなかったのですが、入店した後に名物店主がいらしたようです。かなり大きな案内の声が聞こえます。ちょっと聴こえが悪いのかな・・・。帰ってきてから調べてみると、この方90歳を超えていらっしゃるそうです。インタビューの記事を発見しました。→ こちら このインタビューによると店名の由来は、19歳のときに旅行したインドネシアのマドゥラ島なんだそうです。お馬さんの顔ではなかったのね・・・。若かりし頃のちょっとかわいい思い出からつけた店名なんですね。



関連ランキング:喫茶店 | 北新地駅西梅田駅梅田駅(阪神)



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

大阪 | trackback(0) | comment(0) |


2015/12/14 (Mon) 2度目の姫路の旅㉑ Don Jon (ドンジョン)

姫路での残された時間はあとわずか。お昼ごはんも食べてお腹いっぱいなので、もう1軒だけ喫茶店。
姫路の喫茶店はかなり多いような気がします。西の方が喫茶店が充実しているみたい。最後の1軒は、お昼ごはんに向けて自転車で走っているときに見つけた喫茶店。お昼ごはんを食べたらお茶飲んで移動しようということになりました。何がどうとは言えないけれど、心惹かれる外観。
姫路201512 (157)
店内は意外と広くて、カウンターとテーブル席。カウンターには常連さんがママさんとお話しされていたのでテーブル席へ。
姫路201512 (149)
テーブルのタイルがかわいいけれど、照明も素敵。
姫路201512 (152)
ちょっとカウンターまでは遠いですが、気兼ねなくゆっくりできそうな席です。
姫路201512 (153)
メニューです。ブレンドコーヒーが¥380なんて、お値段がちょっと昭和っぽい。
姫路201512 (156)←クリックすると大きくなります。
同行者のミルクセーキと私のホットコーヒー。
姫路201512 (154)
カウンターの方でママさんと常連さんがにぎやかに話す様子が聞こえます。ママさん明るい方みたい。お会計の時に、「横浜から来たんです。素敵なお店ですね。」とお話すると「まぁ うれしい!また来てねー」とにっこにことお話ししてくれました。
入口付近の緑の手入れも行き届いたほんとに素敵なお店でした。改めて写真を見ると、建物自体はだいふ古そうなんですよね。次に姫路に来ることがあれば、確実に行きたいお店リストに入りました。
姫路201512 (158)
さて・・・そろそろ姫路とはお別れです。



関連ランキング:喫茶店 | 山陽姫路駅姫路駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

兵庫 | trackback(0) | comment(0) |


2015/12/14 (Mon) 2度目の姫路の旅⑳ かもめ屋西店

動物園を出ると、そろそろランチタイムも終わりになりそうな時刻。何度もお店の前を通って気になっていたお店で昼食です。
「かもめ屋」さんというお店。かなり前からあるお店のようですが、外のランチの価格を見る限りでは毎日ランチに通いようなお店ではないようです。でも、私たちは観光客だからこのくらいの贅沢はいいよね。
姫路201512 (147)
えーっと、どれどれ・・・エビのバター焼きが名物料理らしいです。エビとステーキのお店。
姫路201512 (148)
ちょうどランチが一段落したようで、2階のお席にすぐ案内してもらえました。余裕があって落ち着くお席。
姫路201512 (143)
ランチは、かもめランチ・ヘレランチ・エビランチの3種類。同行者はヘレランチ、わたしがエビランチということに・・。
姫路201512 (141)
かもめ屋さんは、創業30余年の老舗(30年ちょっとでは老舗とは言えないと個人的には思いますが、HPにそう書いてあるのでそいうことにします(笑))洋食店だそうです。本店は、別のところにあるらしいです。正直もっと昔からあるのか・・・と。
姫路201512 (142)
こちら↓がヘレランチ。
姫路14-18
こちら↓がエビランチ。エビは開いてあって、殻がむきやすくなっています。
姫路14-17
ヘレランチとエビランチのソースは同じなのかな。ご飯ガッツリ食べられそうなお味です。美味しいです。ちょっと高いかなー。でも、家族でハレの外食だったら落ち着いて食べられていいかもしれないです。14人座れる個室もあるそうですよ。
今回の姫路の旅では、最後の食事。まだまだ食べたいものもあるのですが・・・もっと食べられる人ならいいのに。残念。



関連ランキング:ステーキ | 山陽姫路駅姫路駅


HP

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

兵庫 | trackback(0) | comment(0) |


2015/12/14 (Mon) 2度目の姫路の旅⑲ 姫路市立動物園

御座候を出た私たちは、またも姫路城へ。今度こそ姫路城に入るのか?
姫路201512 (127)
と思いきや、まっすぐお城の方へは向かわず右方向へ。
姫路201512 (132)
行ったのは↓こちらでした。姫路市立動物園。
お城の敷地内みたいなところに動物園があるなんて!ちょっと驚いてしまいました。入園料は¥200
姫路201512 (131)
ゾウやキリン大型動物を始め約100種・約390点の動物がいる上に、ふれあえるコーナーもあるんですって。
姫路201512 (140)
ヤギさんとブタさんたち。かわゆい。
姫路201512 (134)
ゾウさんです。(見ればわかるけど)姫子ちゃんという名前。ゾウさんの向こうに姫路城。ちょっとシュールな絵であります。
姫路201512 (136)
あたしの大好きなダチョウさん。まつげがかわゆす。
姫路201512 (137)
小さなお子様がいる方なら良さそうな遊園地もあって、市民の憩いの場となってるようです。
姫路201512 (138)
動物の近くに係りの方もたくさんいて、とっても親切。やっぱり説明されると、興味を持ちやすいですものね。よい動物園でした。
動物園のブログもあります。興味があればどうぞ。→ 姫zooブログ

姫路城の近くでにゃんこちゃんに会いました。
姫路201512 (129)  姫路201512 (128)
なかなか美形のにゃんこちゃんたちでした。みんなにかわいがられているのかな。

姫路市立動物園
所在地  〒670-0012 姫路市本町68番地 姫路城東側
電話番号  079-284-3636
ファクス番号  079-284-3637

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

兵庫 | trackback(0) | comment(0) |


2015/12/14 (Mon) 2度目の姫路の旅⑱ 姫路駅の南東にある 御座候で出来立て御座候

手柄山交流センターのモノレールの展示場で見た御座候(ござそうろう)の広告。私の中では、あちこちのデパ地下にあるというイメージなんですが、御座候って姫路の会社なのです。姫路周辺では今川焼全体のことを御座候と呼ぶとか呼ばないとか・・・(ちなみに私は秋田出身ですが、私は今川焼のことを大判焼きと呼びます。)御座候の社名・品名はお買い上げ賜り、ありがたく御座候という感謝の意に由来するんだそうです。
その本社および工場はJR姫路駅南東にあります。そちらの直営の工場ショップではその場で作った今川焼をカフェテリアで食べることができると聞き、今川焼きをその場で作ってもらい購入しショップ内カフェテリアで食べることができるんだそうです。それは、行ってみないと・・・。デパ地下でも焼き立て売ってるけど、更に美味しいのかな。

場所はJR姫路駅南口から新幹線高架に沿って進んだところ。自転車では10分くらいで到着しました。立派なとこです。新しいし、敷地も非常に広そうな上に、緑が整備されていてとてもきれいです。
姫路201512 (125)
敷地内の案内図なのですが、森の中にあるようにも見えます。敷地内の面積では、あずきミュージアムがだいぶ大きな割合を占めている感じです。時間の関係もあって本日は小豆ミュージアムは割愛なんですが・・・。
姫路201512 (126)
とっても素敵な入口までのアプローチです。
姫路201512 (116)
入るとすぐに御座候を焼いているブース。食券を購入して焼き上がりを待ちます。
姫路201512 (117)
つぶあんと白あんがあって一個85円。あっつあつの御座候が届きました。お茶などは用意があります。お茶なしではキツイ。
姫路201512 (119)
焼き立てが美味しいのであって、お土産というわけにはいかないので、せっかく来たけど1個食べて終了です。
10時半と11時半の2回工場見学ができます。30分前から受付だそうです。ちょっと見たいような気もしましたが、御座候にそこまでの思い入れもないので今回はパスしてしまいました。所要時間は約30分だそうです。

入るつもりはないんですけど、あずきミュージアムどんなとこにあるのか行ってみました。あずきミュージアムの入場料金は¥1200。至ってまじめなあずきについての展示があるそうなんですが、餡子を食べるのに興味があっても農作物としての小豆についてはそれほどまでには興味が持てないです。(ごめん・・・・なさい。)レストラン部分も含めて、延べ床面積約2000平方メートルだそうです。御座候という会社からのあずき愛を感じます。
姫路201512 (122)
博物館には入館しませんでしたが、その手前にあるミュージアムショップを見せていただきました。ミュージアムキャラクターのあずきさん・豆太郎・豆次郎のグッズも並んでいました。
私たちにはそれほど時間がないので、これで失礼しましたが、広々していて、天気の良い日ならお庭お散歩も気持ちがよさそうです。御座候では主力の御座候だけではなく、ラーメンや肉まんがあるというのも初めてわかりました。次に御座候を見たら、ここのこと思い出しちゃうなぁ・・・。
姫路201512 (123)

御座候
住所 〒670-8654 兵庫県姫路市阿保甲611-1
営業時間 10:00am~5:00pm
定休日 火曜日・年末年始設備点検等の臨時

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

兵庫 | trackback(0) | comment(2) |


2015/12/14 (Mon) 2度目の姫路の旅⑰ ホテル日航姫路

今回は他のホテルにも泊まってみようと2泊目は「ホテル日航姫路」をとっていました。姫路城とは逆方向の姫路駅中央口から出たら目の前にあってとても便利。ロビーがとっても立派です。たまにはこういうホテルもいいわよねー。いかにもホテル!って感じです。
姫路201512 (114)
お部屋は広くてベッドはセミダブル。自慢の快眠ベッド〜ポケットコイルベッド&デュベ寝具〜なんだそうです。確かに久しぶりにぐっすり寝たって気分になれました。しかし!デュベ寝具ってなに?調べてみたら「デュベ」とはフランス語で「羽毛布団」のことで、羽毛布団を使ったベッドメーキングを「デュベスタイル」っていうんですって。羽毛布団って書いちゃダメなの?(笑)
お部屋からは姫路駅が見えます。上の階になれば姫路城も見えるのかも。
姫路201512 (113)
モーニングも食べに行きたいけど、ホテルの朝食も気になる・・・ってわけで、ホテルに朝食をつけてもらいました。朝食会場は1階ロビーの奥のカフェレストランセリーナという場所です。通常で支払うと¥1800らしいです。
姫路201512 (112)
広々していて、席の間も十分にあって落ち着きます。
姫路201512 (111)
明石焼きがある!(食べなかったけど・・・)
姫路201512 (107)
この辺りは和食コーナー。
姫路201512 (108)
こちらはパンコーナー。充実しています。アーモンドトーストもある!!クロワッサンも!!
姫路201512 (109)
欲張ったらこういうことになってしまいました。だからバイキングって・・・・ねぇ・・・・
姫路201512 (110)
地元の名物も取り入れて、楽しいバイキングになっていました。ホテルの朝食と考えれば、お値段も妥当な感じ。(それでも十分高いけど・・・)ホテル宿泊に朝食をつけて、あまりお値段が変わらないのならつけた方がいいと思いました。
便利でお部屋広々でゆったり寝られて、朝食も満足。チェックアウト後に荷物を預かってもらっても、駅から近いし。




ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

兵庫 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: