FC2ブログ
2016/03/19 (Sat) 岳南電車に乗りに⑨ 夜の岳南電車

さて、夜の岳南鉄道にGO。吉原から岳南江尾まで片道10駅(9.2km)、始発から終点まで行っても30分かからないローカル線・岳南鉄道ですが、2014年に日本夜景遺産に登録されています。日本夜景遺産というのは、日本各地に埋もれている美夜景の再発見&発掘、価値付与して紹介し、観光資源としての夜景の存在をアピールすることで日本を夜景で元気にしようという団体が行っている活動です。

日本夜景遺産に指定された岳南鉄道は、車内の照明を消して夜景を楽しむ夜景列車を走らせたりもしています。残念ながら、その夜景列車の運行日ではなかったのですが、わたしたちもその夜景を楽しみに行くことにしました。岳南江尾から吉原への最終列車の発車時刻は22時04分。それまで十分に楽しむことができます。
ジャトコ前という駅があったりして、工場夜景萌えの方々にも十分アピールできるのですが、そのあたりの写真全く撮ってなかったです。ちなみにジヤトコは正式社名はジヤトコ株式会社 (英語: JATCO Ltd)。会社名のヤは大きなヤですが、発音はジャトコだそうです。日産自動車グループの自動車部品メーカー。(というわけで、我がマリノスの試合の時には広告が出てます。)富士市最大のプラント規模で主な製品は自動車の変速機なんだそうです。工場は写ってないけど、一応。
R0073593.jpg
R0073601.jpg
R0073602.jpg
R0073603.jpg
R0073604.jpg
R0073605.jpg
写真ばっかり撮ってて自分の目で全然見てないことがあるので、これでいいことにします。昼間の岳南鉄道はかわいい感じですが、夜の岳南鉄道はそれにちょっとした物悲しさが加わって更にいい感じです。夜景列車の運行は基本的に毎月第4土曜日だそうです。普通乗車券のみで乗車できます。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

静岡 | trackback(0) | comment(0) |


2016/03/19 (Sat) 岳南鉄道に⑧ 富士つけナポリタン トラットリアキクチ

夜 岳南電車に乗りたい!これは、今回の旅行のメインと言っても過言ではありません。
しかし・・・まずその前に、腹ごしらえ(というか、のべつまくなしに食べてる感じ)です。吉原のご当地グルメと言えば・・・つけナポリタン。元々はテレビ番組の企画から誕生したんだそうです。2008年、静岡県富士市にある吉原本町商店街の町おこしをするために、開発されたもので、2011年にはB-1グランプリに出場したそうです。そんな最近できたご当地グルメなのですが、聞けば吉原本町には数十軒のつけナポリタン提供店があるそうです。

つけナポリタンの元祖と言われているのは「アドニス」というお店だそうですが、「アドニス」さんはもう閉店時間。そんなわけで、駅から比較的近いかと思われたお店へ。ウロウロした挙句に見つけたお店「トラットリア キクチ」というお店へ。かなり古いビルの2階です。つけナポリタンののぼりが出ていたので、つけナポリタンもあるのね・・と一目でわかります。
R0073594.jpg
「自慢のスープとトマトソース2種類を合わせ、7種類の具が入っています。」というようなことが書いてあります。メニューを見ると基本的にはイタリアン。営業時間は22時までであることを確認して、お店へ。
R0073595.jpg
お店の雰囲気はお気軽な感じのイタリアン。
R0073600.jpg
地元の常連さんらしい家族連れが2組いらっしゃいました。店主がお一人で営業されている様子。
R0073596.jpg
電車の旅は気楽です。なんてったって飲めますもん。のんびりとお料理を待つことにします。
R0073597.jpg
先にピザが出てきました。ピッツェリアのピザじゃなくて、ちょっと懐かしい感じ。チーズたっぷり。
R0073598.jpg
きたきた!↓これがこちらのお店のつけナポリタンです。富士つけナポリタンは、トマトソース+鶏ガラのWスープに麺をつけて食べるという料理。地元ではつけナポと略されて呼ばれているらしいです。麺もまっすぐだったり、ちぢれていたりするようです。トラットリアキクチさんのつけナポは、普通にパスタでした。ナポリタン味ではないです(笑)が、想像以上に美味しいです。つけて食べるっていうのもアリなんですねぇ・・・ほかのお店のも食べてみたい。
R0073599.jpg
お忙しかった店主さんとはほとんどお話もできなかったけれど、お会計の時に美味しかったと感想を述べたところ「いろんなお店で出しているので、他のお店のも食べてみてくださいね」と。街全体で盛り上げようという気持ちが見えて、嬉しい。



関連ランキング:イタリアン | 吉原本町駅本吉原駅ジヤトコ前駅(ジヤトコ1地区前)



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

静岡 | trackback(0) | comment(0) |


2016/03/19 (Sat) 岳南電車に乗りに⑦ 吉原本町 C-ドルフィンと田中屋

そんなに食べられるわけじゃないのに、旅先ではどうしても食べるものに目が行ってしまいます。また今度ね・・と思っても、そんなに簡単に来られるわけじゃないですもの。食べられるものなら、今!今食べておきたい。

「リリー」の並びにケーキ屋さんがありました。ロールケーキとシュークリームのお店「シードルフィン」というお店です。ドルフィンって店名だと思っていたのですが、C-ドルフィンだそうです。看板のイルカの絵=Cなんですね。このお店は 富士TMOが行っている「あなたも商店主支援事業」の今年度の新規開店店舗の一つなんだそうです。2009年にオープンしたお店だそうですが、すっかり町に定着しているようです。
商品の写真を撮るのを忘れちゃったのですが、主力商品はロールケーキとシュークリーム。ロールケーキは数種類のお味があります。シュークリームの皮のような感じのものと一緒にロールになっています。シュークリームもナッツがまぶしてあって、香ばしく美味しかったです。その他に同行者が気に入っていたのは、シュークリームの皮のラスクみたいなもの。さくさくしてかるーく食べられちゃいます。
R0073589.jpg
C-ドルフィンの店主さんは大阪の菓子専門学校を卒業後、フランスで修業を積み、帰国後はレストランやホテルで経験を重ねてきた方だそうです。店名のCはチェンジ・チャンス・チャレンジを重ね合わせ「ドルフィン(イルカ)」は平和の象徴ということだそうです。
ロールケーキは一本ではなく、切ったものもあるので手土産にも良さそうです。

スイーツもう一軒。今度はモンブランです。吉原の商店街を歩いていて見つけました。
シャッターに生クリームどらやき・モンブランと品名が書かれた数枚のチラシが張ってあります。でも、シャッター閉まってます。今日はお休みなのか・・・と思いきや、「用のある方は裏にお回りください」とも書いてあります。モンブランに用があるので、裏に回ってみました。表通りは、お店の裏だったんですねー。裏通りにお店があるのでした。
工場の入口みたいで、ちょっと入りづらいけどドアを開けてみます。
R0073591.jpg
店内はこんな感じ。ゴージャスに花が飾られています。声をかけると奥からお店の方が出てきてくださいました。欲しいものを言うと持ってきてくれる方式らしい。ケーキ屋さんなのではないみたい。ケーキはモンブランだけ。ケーキ屋さんとかお菓子屋さんというよりも、お菓子工場の工場売店みたいな雰囲気です。
モンブランには復活って書いてあったんですけど、かなり歴史があるような気配がします。250円とお値段もお手頃。生クリームどらやきは冷凍で販売されている模様。
R0073592.jpg
モンブランの写真撮り忘れちゃったんですが、昔懐かしい黄色いモンブランです。写真は静岡道楽日記というブログに載っていました。興味のある方は →こちらでどうぞ。お店はたぶん地元の方なら知っている杉山フルーツさんのお向かいです。



関連ランキング:ケーキ | 吉原本町駅本吉原駅ジヤトコ前駅(ジヤトコ1地区前)


田中屋
富士市吉原2-3-20
0545-52-0404

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

静岡 | trackback(0) | comment(0) |


2016/03/19 (Sat) 岳南鉄道に乗りに⑦ 軽食・喫茶 リリー

当てもなくぶらぶらするのは楽しいです。それにしても行ったり来たり。岳南鉄道に乗るというのが目的なんだから、いいんですけどね。私ケチなものですから何度も電車賃を払うのがもったいないし、行ったり来たりすると時間ももったいない。体力も消耗するし・・・。一日切符なので電車賃は乗れば乗るほどお得なんですけどね。無駄なことって結構いいことあるんだけど、特に旅行の折には効率よくまわりたいのです。これはもって生まれた性格なのか、それとも以前の仕事柄なんでしょうかねー。
それはともかく、また吉原本町駅まで戻ってきましたよ。

吉原本町の駅からまた歩きはじめ、小路を入ったところにある喫茶店が目的地です。そして、その小路は「長さん小路」と命名されています。長さんといえば、いかりや長介さん。ドリフターズのリーダーです。2004年にお亡くなりになったいかりや長介さんですが、東京のお生まれだった長介さんですが、1944年に戦争の激化に伴って静岡県の吉原(現:富士市)へ疎開したんだそうです。吉原第三中学校へ入学し翌年に同地で終戦を迎えたそうです。長介さんのお父さんは86歳で亡くなるまで生涯この地で生活されたんだそうです。長さん小路と命名されたのは、お亡くなりになった次の年2005年だそうです。
R0073590.jpg
長さん小路を左に曲がって少し歩くと右側にあるのが目的の喫茶店「リリー」さんです。
R0073580.jpg
入口脇の一番目立つところに「超能力研究部の3人」という映画のポスターが貼られていました。お店に入ってから聞いたところによると、この映画のロケが「リリー」さんで行われたそうです。申し訳ないけど、全く知らない映画でした。どうも乃木坂46のメンバーが出演している映画のようです。興味のある方はHPをご覧ください。
R0073578.jpg
軽食・喫茶リリーの看板。食べログの登録は「リリー茶房」という名前になっていて、レビューが1件もないです。店名がなんで違うのかは謎。たまに、食べログこういうことあるよね。店名は重要だから、変更願いを出しておこうっと。
R0073579.jpg
店内は広くて、仕切りがあります。えんじ色のビロードの椅子。
R0073582.jpg
サンドイッチやトーストとお茶くらいのメニューなのかと思いきや、食事メニューが豊富です。おでんやサバのみそ煮の定食があります。この日お店にいらしたのは店主さんだけだったようなんですが、どなたがお作りになっているのでしょうか。なんとなく、おでんやサバのみそ煮って女性が作るイメージ。自分でサバのみそ煮なんて作ることもないのに勝手なイメージです。
R0073581.jpg  R0073583.jpg←クリックすると大きくなります。
注文はホットコーヒーと・・・
R0073584.jpg
ホットケーキ。ホットケーキは焼いているわけではないとは思うんですけど、美味しかったです。
R0073585.jpg
お店に入ってすぐにある雑誌置き。全部の雑誌がまっすぐに整えられています。店主の性格なのかな。
R0073587.jpg
知らなかったんですがNHKの「鶴瓶の家族に乾杯」という番組でこのお店が取り上げられたそうです。(放送は平成27年6月15日でした。)放送後はその番組を見てきたという遠いところからのお客さんがかなりいらしたとか・・・。色々店主さんとお話ししていたら、「わざわざ来てくれたから」とアイスクリームをサービスしてくれました。うぅっ・・・おなかくるちい。店主さんは、元々この辺りの方ではなく九州出身らしいです。
R0073588.jpg
もちろんエムケイさんも訪問済。エムケイさんのページでもっと素敵な写真が見られます。記事は → こちら



関連ランキング:喫茶店 | 吉原本町駅本吉原駅ジヤトコ前駅(ジヤトコ1地区前)



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

静岡 | trackback(0) | comment(0) |


2016/03/19 (Sat) 岳南電車に乗りに⑥ 岳南原田駅 めん太郎

せっかく1日券を買ったのですから、岳南電車に乗らないと(←こういうところがけち臭いんですよね・・・あたし)吉原から岳南江尾まで片道10駅(9.2km)、始発から終点まで行っても30分かからないのです。どの駅も小さいですが、1駅立ち食いソバのある駅があると聞き、その駅まで行ってみました。「岳南原田駅」です。
R0073572.jpg
待合室側からおそば屋さんへ。待合室にいらっしゃる方は、ほとんどがおそば食べてます。電車が好きで、かつ立ち食いそばもしくは駅そばがお好きな方には有名な駅らしいです。岳南電車にはここしかありませんしね。
R0073575.jpg
店名は「めん太郎」ちょっとかわいい名前です。店内にカウンターがあってちゃんと座って食べられますが、待合にベンチが並んでいるのでそこで食べている方多数。ふたりでひとつを食べるので、店内には入りにくいし・・・助かります。
R0073577.jpg
同行者が買ってくれたのは、鶏好きな私のためにうどんにささみ天をのせたもの。ささみ天は120円らしいです。ささみ天って珍しいですね。かさかさするのかと思いきや意外としっとりと美味しい。最後の一個だったそうです。
R0073574.jpg
岳南電車のホーム。どの駅もほぼ同じ仕様らしいです。屋根を支えるパイプの形、やっぱりおしゃれ。
R0073576.jpg
駅そばの中では、女性でも入りやすい方だと思います。立ち食いではなくてちゃんと店舗もありますしね。食べログには営業時間が18時まで(売り切れ次第閉店)と書いてありますが、私たちが行った午後3時過ぎで閉店準備な感じでした。あまり遅い時間じゃないほうが良さそうです。開いててよかったーーー。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 岳南原田駅比奈駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

静岡 | trackback(0) | comment(0) |


2016/03/19 (Sat) 岳南鉄道に乗りに⑤ 田子の浦漁港

吉原まで戻りました。1日券を購入しているので、岳南鉄道乗り放題。吉原駅には、レンタサイクルがあります。1台500円。利用時間は9時~16時までです。私たちは、この自転車をかりて港の方へ行ってみました。
↓このポスターが気になってたんです。「しらすの鉄人」!!!なんでも鉄人ってつけたらいいと思って・・・ぶつぶつ。でも、ポスター格好いいですよね。地元の料理人の方らしいです。このイベントは次の日なんですが、ポスターを見たらなんだか漁港が気になりはじめました。しらすはまだ解禁じゃないけれど、なにか美味しいものが食べられるのかなー・・・って。
R0073565.jpg
自転車に乗ってどのくらいかかったかなぁ・・・20分くらい?自転車ならば楽勝な距離。歩いていくにはかなり遠いですし、タクシーで文句言われるような距離じゃないです。あぁ 漁港の雰囲気。
R0073567.jpg
自転車置き場も富士山です。これが岳南電車から借りてきた自転車です。折り畳み式自転車なんですが、折り畳み式である意味があるのかなぁ・・・?あまり借りる人もいない気配で、自転車の状態は良くないです。かなり残念。貸すからには、ちゃんと綺麗にしておいてほしいなぁ・・・有料なんだし。まぁ でも自転車あって助かりました。天気も良くて気分良かったし。
R0073570.jpg
ここからは更に富士山が美しく見えました。天気いいなぁ・・・。
R0073569.jpg
ここが田子の浦漁協。漁協食堂があって、何か美味しいものが食べられるはずなんですが・・・・明日の準備のためなのか閉まってます。しらすののぼりも立っていますが、しらすは食べられないみたい。
R0073568.jpg
内部を見ても、スピーカーが設置されて明日の準備が整っているようです。ほとんど人もいないし、何か聞くこともできない感じ。残念です。結局、富士山を見に来ただけのような感じになっちゃいました。
R0073566.jpg

実は次の日(実際に「しらすの鉄人」が行われる日)に、もう一度行ってみました。しらす食べられるのかと思ったんだもの。
そうしたら、「しらすの鉄人」には応募が必要だったそうです。応募して、抽選にあたった方が審査員になってしらす料理の一番を決めるというイベントだったようです。ポスターでは読み取れなかったなぁ・・・。
その料理だけは、見ることができました。↓審査されたのはこの4品。日本料理はせ川の「駿河ちゃっきり丼」、オールドソーコの「静岡を味わう しらすとアンチョビの親子パスタ」、ビストロユイットの「しらすと青海苔のキッシュ」、居酒屋つつみ屋の「田子の浦しらすのみぞれスープ餃子」です。優勝したのは、「駿河ちゃっきり丼」。結局は、ご飯としらすが一番美味しいということだったんですね。しらす丼禁止で、料理考えた方がいいんじゃないかと思います。(←部外者の戯言です。食べられなかった恨みだと思ってください)
DSC_0889.jpg
この4つの料理は、各店舗でこの後提供されるそうですよ。あー しらすのなんかが食べたかったなぁ・・・。残念だったし、風が冷たくて寒かったので、会場のそばで一般の人も食べられたうどんいただきました。あったかいって、ありがたい・・・。
DSC_0888.jpg


私たちは巡り会えませんでしたが、しらす丼が漁協食堂で食べられるようです。漁の具合によっては休業するらしいです。
↓写真は食べログにいっぱいあります。漁協食堂からのお知らせはこちらで読めます。ちゃんとHPで情報を確認してから伺った方がいいみたいですよ。



関連ランキング:海鮮丼 | 吉原駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

静岡 | trackback(0) | comment(0) |


2016/03/19 (Sat) 岳南電車に乗りに④ 吉原中央駅 ライカⅢ

宿泊するホテルは、ホテル24(NISHI)IN富士山というところ。岳南電車の沿線にはあまり宿泊場所ありません。基本このあたり車で移動する人が多いのでしょう。かなり広い駐車場があります。吉原本町駅からは迷いつつ徒歩で15分くらいはかかりました。チェックインにはまだ早いので、荷物だけ置かせていただいて町の散策へ出かけました。

ホテルから数分歩くと、そのあたりがどうも町の中心の様子。かなり古い飲み屋さんが並んでいます。昼間見るとやっているのかやっていないのかわからないお店も多いです。気になる・・・。そのまま良くわからないまま歩いていくと、ものすごい建物を見つけました。なんだこりゃ・・・ラブホテルみたいな・・・ゲームセンターみたいな・・・
R0073559.jpg
このアラジン(みたいなもの?)は、某ネズミーから文句来ないのかな。
R0073560.jpg
表通りから見ると張りぼてみたいですが、かなりの数の飲み屋さんが入っています。「ライカⅢ」という名称のビルらしいですが、ⅠもⅡもどこかにあるのでしょうか。このビルの裏手は、写真に写ってはいませんがお寺と墓地があります。
R0073561.jpg
筋向かいは、吉原中央駅。駅といっても、電車の駅ではなくてバスターミナルです。新しそうですが、なんとなくアメリカァンな感じがしてオシャレ。ここが中央駅という風になっているからには、昔はこの辺りが繁華街だったのでしょうか。
R0073562.jpg
ちなみに夜はこんな感じ。スナックっぽいところが多そうで、入るのにはなかなかの勇気が必要です。
R0073607.jpgR0073606.jpg
吉原は、東海道の宿場町があったところ。調べたところ、吉原宿は当初現在の元吉原(JR東海道本線吉原駅がある)にあったが、1639年と1680年の津波により、現在の富士市依田原付近、続いて吉原本町へと2度移転しているそうです。宿場町としてにぎわったところなのでしょうね。「移転によって東海道は大きく湾曲することになり、それまで(江戸から京に向かった場合)右手に見えていた富士山が左手に見えることから"左富士"と呼ばれる景勝地となった。往時は歌川広重の絵にあるような松並木であったが現在は一本の松の木が残るのみである。」ということだそうですよ。
この後、また歩いて吉原本町駅まで戻りました。とりあえず、町をはずれからはずれまで歩いたことになったのかな。
R0073563_20171106142229b8f.jpg
吉原本町の駅ホームから富士山が見えます。(ホームの富士山の見える位置にはちゃんと目印ついてます。)説明通りに左富士ではないけれど・・・確かに旧東海道という道を歩くと富士山は左側。
R0073564.jpg

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

静岡 | trackback(0) | comment(0) |


2016/03/19 (Sat) 岳南電車に乗りに③ 吉原から吉原本町

いよいよ吉原駅から岳南電車に乗ります。改札の上に時刻表がありますが、だいたい電車は1時間に2本くらいあります。この本数だったら、かなり利用できそうな感じ。
R0073523.jpg
そうそう これこれ。この「岳南電車まつり」というのに合わせて来たんです。言っておきますが、特にテツというわけではありません。見たことないものは見たいのです。これは性分ですね。
R0073520.jpg
様々な岳南電車グッズが作成されているようです。せっかくなので、岳南電車のマークの入った陶器のペアカップを購入しました。(毎朝そのカップでコーヒーを飲んでいます。愛用中)
R0073521.jpg
来た電車は青っぽい緑色。ずいぶん乗客がいます。ちょっとびっくり。
R0073545.jpg
かぐや富士がくちゃんというエンブレムをつけていました。かぐや姫になんか関係あるの?と思って調べてみたら、比奈(ひな)という駅のあたりが「竹取物語」発祥の地と言われているそうです。近くに竹取公園という公園があって竹採塚と竹林があるそうです。周辺の「赫夜姫」「籠畑」「見返し坂」、「比奈」の地名も、平安時代「和名抄」の「姫名郷」に関わるものとされているんだそうです。なんだかわかったような・・・わからないような・・・。
R0073546.jpg
丸パイプで左右対称の丸い屋根がいい感じです。パイプはちょっと錆びていますが、いい味出してます。
R0073549.jpg
5分電車に乗ったら、もう吉原本町です。そもそも岳南電車は吉原から岳南江尾まで10駅、9.2kmしかありません。
R0073551.jpg
駅はこんな感じですが、沿線で一番栄えている場所だと思います。駅のまわりよりも、駅からでて旧東海道を歩いて行った先が繁華街となってます。(←ほんとかな。単に私が歩いた感想です。)
R0073554.jpg
今日は、吉原本町に宿泊です。岳南電車の1日フリー乗車券は¥700 これで終電まで好きなだけ岳南電車に乗れます(笑)



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

静岡 | trackback(0) | comment(0) |


2016/03/19 (Sat) 岳南電車に乗りに② 吉原 スーパーオカムラ

吉原の駅の周りを見ている限りでは、海に近いという感じはあんまりしないんですが、見えないだけで海はすぐそこです。漁港も近いし魚介類は美味しいはず。でも、シラスはまだなんですよね・・・あと1週間遅かったらシラス食べられそうだったのに。
おさかな類を食べたい!と思って事前に調べていたスーパーへ。新鮮とお安さとおいしさに全力投球!のスーパーオカムラです。こちらで販売しているアジ丼が美味しいらしいんです。駅から数分のところにある地元のあまり大きくはないスーパーです。
R0073542.jpg
チラシですよー。今日は・・・・っと。鉄火丼338円?やすっ
R0073540.jpg
売り切れてないといいなーとお弁当売り場。お寿司やら海鮮丼やら・・・美味しそう。これはレベル高い。
R0073537.jpg
あったー!!あったよ。アジ丼は498円でした。
R0073538.jpg
アジは細く切られていてご飯は酢飯。498円とは思えません。スプレーのお醤油入れ持って行って良かったーーー。良くある観光客向けの港の近くにあるお店よりもよっぽど美味しいかも。海鮮丼のお店を出したらどーですか?お持ち帰りで・・・と思ってしまいました。
R0073539.jpg
お店の一番奥にはおさかな売り場が広くとってあり、おさかなが一匹で販売されたりしています。あぁ・・・こういうスーパーが近くにあったらなぁ・・・漁港の近くの街なんだからと勝手に期待値あげてるだけなのかな。そんなことはないと思うんだけど。お安くなっていた鉄火丼は食べなかったけれど、アジ丼に関しては間違いなかったです。食べログ㋹ビュアーの方にも感謝。



関連ランキング:その他 | 吉原駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

静岡 | trackback(0) | comment(0) |


2016/03/19 (Sat) 岳南電車に乗りに① 吉原 セイント

「吉原」というとこに行きたい・・・といつもの同行者に言われたのは少し前のことでした。吉原?あの花魁とかいる(いないけど)吉原?どこなんだ?吉原・・。東海道線一本で行けるんだそうです。どこなのか見当がつきませんでしたよ。調べてみたら、静岡なのでした。私の父のルーツは静岡なので、あんまり行ったことはないのですが、親近感があるんですよ。なんだか行きたくなってきました。

というわけで、吉原を目指します。東海道線のグリーン車に乗って旅気分。2時間で吉原へ到着です。意外と近い。静岡県富士市鈴川本町というところに吉原駅はあるのですが、かつては吉原市。1966年11月1日に(旧)富士市、富士郡鷹岡町と合併し、富士市となったのだそうです。江戸時代には東海道の宿場町吉原宿があったところだそうです。
駅のまわりはあんまり栄えてる気配はないです(笑)
R0073518.jpg  R0073519.jpg
ここから、岳南電車に乗り換えて行く予定なので岳南電車の方の吉原駅へ荷物を預けます。線路はつながっているんだそうですが、駅は繋がっていません。小さな駅です。
R0073522.jpg
コインロッカーがあったので荷物を預けた後、ちょっと散策。吉原には一軒行きたいなぁ・・と思っていた喫茶店があるんです。吉原駅から地下道を通って線路の向こう側へ。この地下道 壁画なんて書いたりして明るい雰囲気にしようと努力してる気配なんですが、狭くてちょっとコワイです。
R0073524.jpg  R0073525.jpg
通路が狭くてすれ違うのが困難。夜だったらさぞ怖いだそうと思っていたら、富士市役所のこんな立て看板がありました。“婦女子”かぁ・・・婦女子ね。最近聞かない単語だったなぁ・・・オンナコドモって言われてる感じ?微妙な違和感。まっ それはともかく喫茶店やってるかなぁ・・・営業してなかったらショックですわ。
R0073543.jpg  R0073544.jpg
やってました!あー良かった。「セイント」という喫茶店です。吉原のことを調べた時にエムケイさんのブログでこちらのことを知りました。(記事は → わき道にそれて純喫茶2)お店は2階、1階は駐車場になっています。
R0073536.jpg
階段を上ります。
R0073535.jpg
階段から振り返るとステンドグラス。外観からも見えることは見えるんですが、中からが綺麗に見えます。
R0073532.jpg
店内は広いです。お客さんはどなたもいらっしゃらない様子。静かです。
R0073534.jpg
窓際の席に案内されて、外を見ると津波避難タワー。まだ海を見ていなかったので、海に近いっていう気がしていなかったのですが、すぐ海です。ここから見えないけど。富士市には4基の津波避難タワーがあるそうです。
R0073527.jpg
↓メニューです。看板にはスパゲッティ&ピッツァって書いてありますが、それ以外にもカレーや中華丼もあります。
R0073526.jpgクリックすると大きくなります。
同行者は悩んだ末にカレー。
R0073530.jpg
私はセイント特製ナポリ風。
R0073528.jpg  R0073529.jpg
レモンスカッシュとコーヒーもいただきました。この後まだ食べたいものがあるのに、おなか一杯・・・。困った。
なんだかあまりにも静かすぎて、写真を撮るのもはばかられる感じ。店主と思われるおじさんがお一人で営業されていました。エムケイさんもお書きになっていますが、あちこちに馬がいます。お馬さんが好きなのかな。
R0073531.jpg
ちなみに窓から見えたあの津波避難タワーなんですが、上ると吉原を一望できます。
R0073571.jpg



関連ランキング:喫茶店 | 吉原駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

静岡 | trackback(0) | comment(2) |


<< back | TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: