FC2ブログ
2016/05/29 (Sun) 2016 明治安田J1 1stステージ第14節 横浜F・マリノスvs柏レイソル

1stステージは残り4節(実はこの意味はそれほどわかってないです。すみません。)要するにそろそろ1stステージも終盤に入ってきたということですね。この日、マリノスではリーグ戦のホーム入場者数が850万人を突破したという記念の試合でありました。対戦相手は柏レイソル。柏レイソルには4月のヤマザキナビスコカップで1-3で負けています。
ここはなんとしても勝たねばならない試合。
DSC_1272.jpg
試合前、チームのマスコット背番号0のマリノス君も堂々と旗を振っています。
DSC_1274.jpg
こっちにいるのは、マリノス君の甥っ子 マリノスケです。マリノスケはおじさんに憧れる永遠の小学校5年生。
DSC_1275.jpg
今日もビッグフラッグ隊により、ビッグフラッグが掲出されました。胸が熱くなっちゃうなぁ・・・。この旗結構重いんです。
DSC_1276.jpg
試合は前半終了間際 の得点で1-0とリードして折り返し、後半も後半7分齋藤 学後半43分パク ジョンスの2点を入れて、スコアでは3対0の圧勝ですが、試合内容はそこまでではなかったかな・・・。完封で勝てたのは大きいです。試合に勝った日の帰りの足取りは軽い。本日の入場者数は、入場者数:20,554人でした。

詳しいことは → こちら
これを書いている今は2018年で・・・既に2年近くが経過しています。このころは、全くわからないままスタジアムに行っていました。
色々データを見直すと、今はいない選手が多くて月日が流れているのを感じます。でも、ますます好きになっていますよ。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト



サッカー | trackback(0) | comment(0) |


2016/05/24 (Tue) なつかしオムライス  鶴見市場から徒歩15分 グリル来来

ずいぶん前から気になっていた食堂にやっと行ってみました。お店の前は良く通るのですが、駐車場が近くにないこともありなんとなく素通りしていました。お店の名前は「グリル来来」気になる外観じゃないですか?中華と洋食で、店名がグリルで来来。ちょっと入りづらい外観ではありますが、入ってみたい気持ちが勝りました。
場所は京急の鶴見市場駅から徒歩15分くらいなんだそうです。私は京急にはあまり乗らないので、尻手駅が近いのかと思っていました。尻手駅から歩いても15分くらいでつくような気がします。お店には駐車場がないので車で行くのはなかなかに厳しいところ。
お店の裏側は線路になっているし、住宅地とも工業地ともつかないところ。向かいにホームセンターの「コーナン」とスーパー銭湯「RakuSpa」ができましたが、それらができたのは最近のこと。このお店ができたのは40年くらい前だそうなので、なぜここに?と思ったのですが、ホームセンターとスーパー銭湯が出来た場所は工場だったそうで、当時は工場の方がたくさんいらしたのでしょうね。
DSC_1263.jpg
店内の壁に手書きのメニューが貼ってあります。これもまた懐かしい感じ。
DSC_1265.jpg

DSC_1264.jpg←でも、ちゃんと見やすいメニュー表もありますよ。
こちらのお店のご主人は、芝公園の「クレッセント」(検索してみたら ココ が出て来たんですけど・・・あまりの外観の差にほんとかな・・・と。この部分は確認がとれてませんので、あくまで噂くらいに思ってください。)というところで洋食の修行をされていたということを聞いたので、ここは洋食を頼んでみるべきと思い、オムライスを注文しました。↓出てきたのはこちらです。お味噌汁ついてます(笑)なぜにお味噌汁・・。
これは!!!今時のふわとろとは違う懐かしい感じのオムライスです。中はケチャップライスですが具はひき肉と玉ねぎ。ケチャップ多めでしっとりしてます。かなり味が濃いです。その分上からかけられているケチャップは控えめの量。千切りキャベツが添えられています。私の好みからすると、全体的にしょっぱいです。う~ん もう少し味控えめだったら、いいのになー。最初はラーメンとかにしといたほうが良かったのかしら。
DSC_1266.jpg
私にとってはちょっと残念・・と思いながら店をでたのですが、ふと気づくと入口にこんな張り紙がありました。なんと!「マツコの知らない世界」に出るそうです。松子デラックスが食べるのが放映されますって・・・(笑)マツコが漢字だし、食べるのがって・・・ちょっと失礼(笑)なんだかかわいい張り紙。出たら出たで混むんだろうなぁ・・・と他人事ながらちと心配してみたり。いいおじさんだったから、とんでもなく混んで体調が悪くなったりしないでほしい。
DSC_1268.jpg
後日の放送内容は → こちらでどうぞ。 私もオンタイムで見たんですけど、おじさんがスタジオでオムライスを作って作り立てをマツコデラックスさんが召し上がってました。「なつかしー」って。テーマが「なつかしオムライスの世界」でしたから、ぴったりなオムライスだと思います。
私もいまどきのふわとろなオムライスよりも、ちゃんと玉子にくるまってるオムライスが好きです。(きっぱり)



関連ランキング:定食・食堂 | 鶴見市場駅尻手駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜 | trackback(0) | comment(2) |


2016/05/23 (Mon) 築地場外市場のカフェ 雅 (Miyabi)でかき氷

お昼ごはんを食べた後、ちょっとお茶でも・・・ということになりました。平日ですが、築地って混んでますねぇ・・・びっくり。外国からの観光客もやたら多い。人気なんですねぇ・・・外国の方もみんなこんなに生魚食べるんですか?世代なんでしょうか。
私は、「生のおさかなだけは勘弁してねー 日本人って生で食べるなんて野蛮」とリアルに言われたことあります。

雅(Miyabi)という良く言えばちょっとしたオープンカフェ、別のいい方なら屋台みたいなカフェで休憩することにしました。かなり混んでいましたが、タイミング良くちょうど席を立つ方がいらしてすぐに座らせてもらえました。こちらはタバコが吸えるそうで、喫煙者にはありがたいカフェ。ほぼ外ですもんね。意外と男性が多かったのはそういうことなのか・・・。
DSC_1259.jpg
お茶とか言ってましたが、メニューを見たらかき氷があったのでかき氷にしました。こっちはイチゴミルク。
DSC_1256.jpg
こちらはミルク氷にコーヒーをかけていただくコーヒーミルク氷。
DSC_1258.jpg
コーヒーゼリーには大きなサイズのアイスクリームがのってます。
DSC_1257.jpg
「持込み品の飲食はご遠慮下さい」とか「一人一品の注文」とか注意書きがありましたが、観光客が多いとこうなっちゃうかも。外国人の方も多いですもんね。実際、外国人観光客の方が2人で入店して一品しか注文しないということで、少々もめてました。お値段もちょっと観光客向けかもしれないです。(こそっと・・・高い・・・)でも、かき氷が思ったよりもずっと(いっつもこんなこと言ってるけど)美味しくて、のどが渇いていたのでありがたかったです。混んでいなかったら、また入っちゃうかも。



関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 築地市場駅築地駅東銀座駅


築地場外市場HPのお店紹介ページはこちら

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(0) |


2016/05/23 (Mon) 築地場外でランチ 虎杖(いたどり)で海鮮ひつまぶし

虎杖(いたどり)はタデ科の多年草。赤か白の花が咲くのですが、紅色のものは明月草(めいげつそう)と呼ばれたりします。若い茎は酸っぱくて食べられます。根は漢方で虎杖根(こじょうこん)といって利尿作用があるそうです。
その虎杖が店名のお店が築地場外にたくさんあります。今はもう定着したようですが、一時期やたらとテレビに出ていたお店。場外の通路や細い通路にお店を作って話題になっていました。当時は、若い方向けのお店はあまり築地にはなかったような気がします。記事を書く前に色々検索してみたりするのですが、HPはあるのですがその中に会社概要のページがないので、それがどのくらい前だったかわかりません。

そして、築地に虎杖の店舗は今12店舗ありまして、私の行った虎杖がどのお店なのか・・・・さっぱり(汗)
多少高級っぽかったり、ファストフードっぽかったりしますが、どのお店も基本のメニューは同じものがああるようです。テレビでやっていた時一番話題になっていたのが“海鮮ひつまぶし”というものです。一度食べてみようと思っていたので、それを注文してみました。美味しい食べ方を案内してもらいます。ちゃんと英語の説明もついているのが築地っぽい。
DSC_1255.jpg  DSC_1254_201804231422308b4.jpg
先にお茶碗としゃもじ。待ち遠しいですねー。
DSC_1251.jpg
出てきたのはこちら↓です。12種類以上の魚貝が入っているそうです。
1膳目は海鮮丼、2膳目うにを混ぜ込み「うに飯」風に、そして3膳目は出汁をかけてお茶漬けにという案内なのですが、私は熱い出しをかけるといくらが白くなっちゃうのが苦手で、2膳目までで終了(笑) 見た目通りの味で、安心。見た目もきれいですしね。ひつまぶしは2380円。うに特盛もあります。
DSC_1252.jpg
築地に行くと魚介類は絶対に美味しい!!はずという思い込みが更に美味しくさせてるんでしょうか。ただこんなに量がなくてもいいなー もうちょっと少ない量で、もう少しお安くしていただけて、他のものも食べられるんだったらもっといいのに。

どのお店に行ったのかよくわからないのでとりあえず、表店をリンクしておきます。↓



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 築地市場駅築地駅東銀座駅


虎杖(いたどり)のHP

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2016/05/22 (Sun) JR桐生駅前にあるコーヒースタンド ノーリーズコーヒー

お昼ごはんを赤松さんでいただいた後、帰る前にコーヒーでも・・ということになり、JR桐生駅前にいつのまにかできていたオシャレなコーヒースタンドへ寄ってみることにしました。「NORRY'S COFFEE」さんです。食べログの登録はノリーズになっていましたが、お店のHPの紹介では「ノーリーズ」と書いていましたので、正しくはノーリーズコーヒー。
間口は広いけど奥行のない薄い建物。黒い外観が印象的です。写真が足りなすぎでさっぱりわからないと思いますが、入って右手には焙煎の機械。左手にコーヒーを注文するカウンターがあります。店内はカウンターがあり、もちろん禁煙。
DSC_1246.jpg
今まであまり聞いたことのない産地の豆のコーヒーです。味の印象が、文字だけでなく写真で表現されています。飲んでみると、確かにそんな感じがしてきます。きっと的確な表現なんですね。
DSC_1248.jpg
天気の良い日なら、お店の外にベンチがあるのでそちらでコーヒーを飲むこともできますし、もちろんお持ち帰りでも大丈夫。
男性がお一人でお店をやっていらっしゃるようです。常連さんになったらすっごく居心地の良い店になりそう。お店の中にはイベントのポスターが貼られていて、情報の発信もしているようです。駅前周辺にはめぼしいお店が非常に少ないので、頑張ってほしいですね。



関連ランキング:コーヒー専門店 | 桐生駅西桐生駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

群馬 | trackback(0) | comment(4) |


2016/05/22 (Sun) 桐生が岡動物園 無料で無休なんてスゴイ!

群馬には今までもかなり行きました。第一の目的は高崎で五郎さんに会うことなんですが、私個人としては今まで行った群馬の旅で一番好きな町は桐生です。町全体に今までの歴史が感じられるんですよね。そんな場所がそこここにあります。
遊園地と動物園を合わせて桐生が岡公園、地元の方は「岡公園」と呼んだりするそうです。遊園地にはこの時に行ったのですが、その時ちらりと見て終わってしまった桐生が岡動物園へ行ってみました。無休で無料の動物園ですが、かなり動物がいます。

桐生が岡動物園は、1953年(昭和28年)4月1日に「桐生ヶ岡公園動物園」として桐生市により開園、桐生市が管理しています。細かいですが、遊園地は、指定管理者の公益財団法人桐生市スポーツ文化事業団の運営です。
動物園として開園される以前にも、大正時代から町営の桐生ヶ岡公園には数種類の動物が展示されていたとんだそうです。

私の大好きなカピバラさん。ずっと見てても飽きない。カピバラさんと遊びたい。
DSC_1230.jpg  DSC_1233.jpg
なんと!ゾウさんもいます。
DSC_1234.jpg
熱さでお昼寝中のライオンさん。優しいお顔をしています。
DSC_1235.jpg
まだまだまーだ 動物いっぱい。園内には、合計129種、797点の動物たちがいるそうです。見応えあります。無休で無料なんて、家族連れにはほんとにありがたいとこだとおもいます。

かなり暑かったので、かき氷を売る売店には行列ができていました。南門にある売店なのですが、動物園の案内図にはこの売店載っていません。平日は閉まっていることが多いなどという口コミをネット上で見ましたが、営業日が決まっていないので載っていないのかな。忙しくてお客さんをさばくのが大変だったのか、その線出ちゃダメ!とか結構キビシイ(笑)もちょっと和やかな感じでも・・・と思わないではなかったです。
DSC_1238.jpg  DSC_1239.jpg
イチゴミルクは400円でしたが、意外なほど(ごめんね)美味しかったです。氷がふわふわ。がりがりしていない氷でした。
DSC_1240.jpg
緑が濃く、すっかり初夏という感じの一日でありました。
DSC_1241.jpg

桐生が岡動物園
入園料:無料
休園日:なし
営業時間:午前9:00~午後4:30
問い合わせ:都市整備部 公園緑地課 桐生が岡動物園
〒376-0056 群馬県桐生市宮本町三丁目8番13号
電話:0277-22-4442 ファクシミリ:0277-22-4442

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

群馬 | trackback(0) | comment(2) |


2016/05/21 (Sat) 横川でのお昼ごはん 越後屋食堂 モツ煮がお勧め

前回の横川では、駅そばしか食べてなかったのですが、今回は是非この近隣で食事場所を探したい。同行者が調べておいてくれたラーメン屋さんへ向かうべく歩いていたら、ラーメン屋さんへ着く前に私たち好みのお店を見つけてしまいました。廃墟みたいだけど、廃墟じゃない。
やってる?やってるよね・・・。のれんかかってるもんね。
DSC_1207.jpg
席は靴を脱いでのお座敷です。掘りごたつみたいになってます。落ち着く・・。テレビがあって広くて、田舎のおばあちゃんのうちみたい。外の看板を見る限り、ここのお勧めはモツ煮と肉豆腐のようなので、モツ煮定食と肉豆腐定食を注文。
DSC_1208.jpg
モツ煮登場。これは見るからにモツ煮です。美味しそうだけど、大きな声では言えないんですがモツちょっと苦手。元々あんまり味噌が得意というわけではないというのもあるし、あの感触が・・・申し訳ない。でも味は美味しいです。ご飯すすむ!
DSC_1209.jpg
こちらが肉豆腐。お肉は豚ばら肉。驚くくらい色が濃い!個人的な好みで言えば、かなりしょっぱい。お醤油の味が強く、甘みが少ないタレでした。味はもつ煮の方が美味しい。
DSC_1210.jpg
テレビみながら昼寝できそう。
DSC_1211.jpg
ライダー御用達のお店らしいです。うん、わかるわかる。私たちが食べ終わる頃に、続々とライダーがやってきました。席数も多いからグループツーリングでも安心なお昼ごはん場所ですもんね。駐車場広いし。
DSC_1213.jpg
お手洗いにこだわる方には少々不向きかも。冒険好きな方にはおすすめ。



関連ランキング:定食・食堂 | 横川駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

群馬 | trackback(0) | comment(0) |


2016/05/21 (Sat) 碓氷峠鉄道文化むら と 峠の湯

前回(前回の記事は→ こちら)あまりに暑すぎてゆっくり見られなかった碓氷峠鉄道文化むらに再度行くべく、またも群馬の旅です。

碓氷峠鉄道文化むらの最寄駅は横川。高崎で乗り換えです。
乗り換えのために高崎駅で下車したら、ちょうどSLみなかみの発車時間が近かったので見に行きました。SLみなかみは上越線の高崎駅 - 水上駅間にて運行している蒸気機関車牽引による臨時快速列車。臨時といっても、ゴールデンウィークや夏休みを中心に走っているので季節列車という感じですね。何度か見かけたことはあるのですが、ちゃんと見に行ったのは初めて。
DSC_1202.jpg
C61弁当は食べたことがあるんだけどな(笑) 蒸気機関車かっこいい。運転できる人も少なくなっているのでしょうね。
DSC_1200.jpg  DSC_1201.jpg
高崎駅からは、こちらの電車に乗り換えて横川へ。
DSC_1204.jpg  DSC_1203.jpg
横川駅から碓氷峠鉄道文化むらまでは、徒歩5分くらいです。
DSC_1205.jpg
到着して一番にしたのは「峠のシェルパくん」の予約。私はここに来たらどうしてもこれだけには乗りたい。またあの「峠のシェルパ」という歌の繰り返しを聞きたい(笑)前回は下りてからしばらくはことあるごとに歌ってました。
DSC_1206.jpg
予約を無事にすませたので、時間までの間にお昼ごはんを食べに行きました。お昼ごはんのことは別記事にします。
今回は奥の電車が並んでいるところを重点的に見学。しかし、わたしテツではないものですから色がかわいいとか格好いいとかそんなことしかわかりません。何度か見に行って少しは学習できているのでしょうか・・・。
DSC_1219.jpg  DSC_1220.jpg
DSC_1221.jpg  DSC_1222.jpg
DSC_1223.jpg  DSC_1225.jpg
DSC_1227.jpg  DSC_1228.jpg
DSC_1226.jpg

さてさて、私が一番楽しみにしていたトロッコ。気候が良くてほんとに気持ちがいいです。
DSC_1216.jpg
以前は停車して下りることができた「まるやま」駅。今は素通りです。建物には入れなかったけど、下りられるの嬉しかったんだけどな。下りられる時に乗れてほんとによかった。旧丸山変電所を車窓から眺めます。ここは国鉄が明治45年に初めて作った変電所
DSC_1214.jpg
あっという間に終点の「とうげのゆ」駅。前回は火事のために峠の湯が工事中で温泉には入れませんでしたが、12月に営業再開しているので温泉に入っていくことにします。
DSC_1217.jpg
今回は初「峠の湯」峠の湯には大浴場碓氷(和風)と霧積(洋風)があります。一週間ごとに男/女ローテーション制だそうです。入浴料は、3時間600円。
DSC_1218.jpg
この日は中学生くらいの女子多数。碓氷峠を徒歩で越えて来たそうです。元気だなぁ・・・・でも、そーかそんなこともできるのか!やってみたい・・・とちょっと思ってしまいました。私には無理かしら?いずれにしろ、旅の途中の温泉はほんとに疲れがとれます。
ただし、トロッコで往復する人はトロッコの時間はちゃんと確認しておいてくださいね。

碓氷峠鉄道文化むら
〒379-0301 群馬県安中市松井田町横川407-16
TEL 027(380)4163(代) FAX 027(380)4111

碓氷峠の森公園交流館「峠の湯」
〒379-0307 群馬県安中市松井田町坂本1222
TEL.027(380)4000(代) FAX.027(380)4001

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

群馬 | trackback(0) | comment(0) |


2016/05/19 (Thu) 今日のタンゴさん コロコロステーキ オムレツ付

今日もタンゴさんにて、夕ご飯。
フロアにいらっしゃるマスターはもちろん、厨房で調理する奥さんも顔を見に出てきてくれて、ほんと元気出ます。
困ったときはタンゴさん。いつも助けられてます。ありがとう。

今日はサイコロステーキオムレツ付。お味噌汁はあさり。つけものとご飯とおまけのミニみつまめとホットコーヒーがついて980円。ほんとはご飯はこの二倍くらいあるのだけれど、私がご飯をあまり食べられないので最近は何も言わなくても半分にしてくれます。ほんと助かる。
DSC_1199.jpg
ご飯半分にしてもらったのに、全部食べきったら苦しい。
タンゴさんにはパスタの食べ放題というのがあるので、最近大食いの方々のお店と思われていたりするのですが、そんなことはないですよ。マスターも奥様もやさしくて、どんな方にも愛されそうなお店なのです。



関連ランキング:喫茶店 | 鶴見駅京急鶴見駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

タンゴ | trackback(0) | comment(0) |


2016/05/18 (Wed) 2016 ルヴァンカップ グループステージ第5節 横浜F・マリノスvsアビスパ福岡

もういいよ!って言われると思うのですが、私の日記も兼ねているのでスルーしてください。
今日もサッカーです。やっとわかってきたのですが、基本的にリーグ戦は週末、水曜日にカップ戦が行われます。今日はお仕事帰りのルヴァン杯。以前はナビスコ杯と呼ばれていたアレです。ヤマザキナビスコが「ナビスコ」ブランドのライセンス契約を8月31日で終了するということで、今季からルヴァン杯と呼ばれることになりました。

今日は 横浜F・マリノスvsアビスパ福岡 。さすがにアウェイの応援は少ない。遠いですもんね。平日で・・かつ、カップ戦だし。
ここにいらしている方々は、首都圏在住の福岡出身者だったりもするのかなぁ・・・。
DSC_1189.jpg
試合前にビッグフラッグの掲出。ビッグフラッグ隊の方も平日なのに、お疲れ様。
DSC_1190.jpg
試合の方は、前半に1点入れられて1対0で折り返し。後半もなんだか福岡のスピードにやられてましたけど、齋藤学が交替で入り、積極的な試合展開。何度もゴールを脅かすものの点が入らず、イライラ。結局、兵藤のPKで一点返して同点。このまま引き分けなのか?と諦めかけていたのですが、アディショナルタイムは5分。後半49分に伊藤翔がGOAL!!!!劇的勝利にて試合を終えました。やったぁぁ。

横浜Fマリノスが勝利すると、トリパラと言われるトリコロールカラーの傘をさしてくるくる回すというイベントがあります。相手チームのサポーターからもきれいと言ってもらえる素敵なイベントです。実はまだ傘持ってないんですけど・・・・
DSC_1191.jpg
選手たちがサポーターにあいさつに来ました。
DSC_1192.jpg
マリノスくんやマリノスケも一緒です。
DSC_1193.jpg
ユニフォームはリーグ戦とカップ戦で違います。ユニフォームもまだ持っていません。
DSC_1195.jpg
マリノス君やマリノスケもチームの一員。誇らしげであります。
DSC_1196.jpg
ゴールを決めた伊藤翔と一緒にゴール裏へ。
DSC_1197.jpg
ゴール裏は大変な盛り上がり。やっぱりサッカーいいなぁ・・・。
DSC_1198.jpg
仕事後にダッシュでスタジアムへ向かっているわけですが、勝つと疲れもふっとびますね。

試合詳細は → こちら

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

サッカー | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: