FC2ブログ
2016/10/31 (Mon) 関内駅近のとんかつ屋さん「はまや」

夕ご飯にしてはちょっと遅い時間。もう9時近いし・・・でもおなか減った何食べよう? 関内駅にいました。
このまま帰ったら、夜中に食べちゃう。おなか減った。・・・で、見つけたのがとんかつ屋さん。「はまや」というお店でした。入った時にはちゃんと「はまや」と書かれたのれんがかかっていたのですが、外観を撮ったのが食べた後だったので、のれんがしまわれていました。外観は、入店時にとるべきでしたね。
場所はセルテの1階。実はそれは調べてわかったことで、私の記憶では駅の外に建ってる小さな一軒家というイメージ。駅そばの建物みたいな。そーか、セルテだったんですね・・・。記憶って適当です。
DSC_2440.jpg
あら・・・意外とお手頃価格。ロースかつ定食が700円。チェーン店なのかしら?
DSC_2437.jpg
私はひれかつ定食。ひれかつ定食は900円。ご飯がめっちゃ少ないと思われる方もいらっしゃるでしょうが、これはかなり少な目でお願いしています。ご飯は基本的に男性は250g 女性は150gで提供されるそうです。大盛りと注文してしまうと、なんと!750gあるそうなので、普通にお替りしたほうがいいと思います。お替りにもちゃんと対応してくれます。
DSC_2439.jpg
なんかチェーン店のとんかつって衣が厚い・・という勝手なイメージがあったのですが、ガリガリしない衣。揚げ立てで美味しいです。いいじゃん。このお店。かつは単品で、それをつまみに飲む・・という手もありそうです。
DSC_2438.jpg
平日は夜10時までの営業なのも、嬉しい。



関連ランキング:とんかつ | 関内駅伊勢佐木長者町駅馬車道駅


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト

横浜 | trackback(0) | comment(4) |


2016/10/30 (Sun) JR南武線 尻手駅から徒歩10分くらい Arte(アルテ)

開店時間が少々遅いBarがあります。開店時間は夜7時。
場所は、JR南武線尻手駅から徒歩10分くらいのところ。国道1号からほんのちょっと入ったところなのですが、国道1号からは見えなくてわかりづらいです。尻手方向から歩くと都町という交差点を右に入ります。ビルの1階。
Arte(アルテ)というBarです。近くのお友達と二人で一杯飲もうか・・・と初訪問。カウンターがあるので、一人でも全然平気。入店した時は客は私一人だったのですが、店主さんがとても気さくな方で助かりました。
DSC_2432.jpg
Barですが、食べ物も結構あります。「私が作りました」ってお料理している女性が顔を出してくれました。注文したのは、燻製の盛り合わせ。これは他の物も期待できそう。燻製大好きなんです。あたし。
DSC_2431.jpg
待ち合わせていたお友達が9時過ぎに来たのですが、このお店ではまだまだ早い時間だったようで、11時過ぎから続々と常連さんらしい方々がやってきました。あまりグループの方はいらっしゃらなくて、みなさんここでのお友達みたい。こういう飲み屋さんが近くにあるといいですね。初めてだけれど、なんだか居心地よかったです。あたしがずーずーしいだけかな。これからも利用させていただきます。



関連ランキング:バー | 尻手駅矢向駅川崎駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

川崎 | trackback(0) | comment(0) |


2016/10/29 (Sat) わたらせ渓谷鐡道 水沼駅から終点・間藤駅まで

特に計画もなくふらふらと出かけてきた私たち、はやぶさ食堂で美味しいお昼ごはんを食べた後水沼駅へ戻り、入浴。入湯料は600円です。タオルを持っていなくても、販売しているから大丈夫です。途中でお風呂に浸かると、疲れがとれます。
DSC_2419.jpg
水沼駅のまわりには300本以上の桜の木があるそうです。河津桜、雅桜、ソメイヨシノ、平安枝垂れ桜、十月桜など色々な種類があるそうなのですが、これは十月桜なのかな。とてもきれいです。
DSC_2424.jpg
次の電車がそれほど待つことなく到着しそうだったので、電車に乗ることにしました。そういえばまだ終点まで行ったことがないです。何も調べることもなく、電車に乗り込みました。
DSC_2423.jpg
車窓の景色を見ていると・・・あれ・・これは鉱山跡地っぽい。そっか わたらせ渓谷鉄道って元は足尾線なのでした。足尾鉱山は古河鉱業(現、古河機械金属)の主要銅山です。1973年(昭和48)に閉山しています。
DSC_2426.jpg
終点に到着。
DSC_2428.jpg
終点は間藤駅です。水沼駅から間藤駅までは約50分。まわりにはちょっとした展望台があるだけで、他にはなぁんにもありません。最近はカモシカに会えるかもしれない駅として売り出し中だそうです。展望台からカモシカ見えなかったなぁ・・・。
DSC_2429.jpg
折り返しで帰らないともう電車がなくなりそう。日が陰ってきて寒くなってきたし、ホームのまわりさみしー。他に乗客もいません。ちなみに間藤駅は栃木県。
DSC_2430.jpg
これで今日の観光は終了~♪あとから調べたら、間藤駅の先には貨物専用の廃線があるらしいです。今度はもっと時間に余裕をもってこなくっちゃ。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


2016/10/29 (Sat) わたらせ渓谷鐡道 水沼駅近くの食堂 はやぶさ食堂

すごく頑張って書いているのですが、なかなか2016年10月から脱出できません。(現在2019年3月)平成が終わる前に追いつけるのだろうか・・・・不安になってきました。

急になんだここは?という感じですが、(実は私も保存した写真を眺めてて、なんで急に水沼にいるの?と思ってびっくりしました。)ここはわたらせ渓谷鐡道の水沼駅。以前来たとき(その時の記事は→ こちら)に看板を発見して次回は必ずと思っていた食堂の看板です。
水沼駅を出るとすぐに目立つ看板があるのです。通りを渡って向こうにあるのがその食堂。
DSC_2422.jpg
色んなお料理があります。どれにしようかものすごく迷います。
DSC_2421.jpg
車での訪問でも大丈夫。食堂の前に駐車場があります。
DSC_2417.jpg
ここが食堂。駅からは2分くらい。かなり大きな建物ですが、住居も兼ねているのだろうと思います。
DSC_2415.jpg
店内にはいろんなお料理が写真がついて並んで掲示されています。わかりやすい。
DSC_2405.jpg

DSC_2406.jpg  DSC_2407.jpg←一応メニュー 大きくなります。
注文して待っている間、きょろきょろしていたら天皇・皇后両陛下のお写真がありました。水沼駅をご訪問されて、トロッコ列車わっしーにお乗りになった時のものだそうです。(調べたら2014年5月22日でした。)天皇・皇后両陛下がトロッコ列車に乗ったなんて!天皇陛下がお乗りになる電車はもっと特別な列車なのかと思っていました。地域の方は感激されたでしょうねぇ・・・。
DSC_2408.jpg
店内です。そんなに広くはありません。なんとなく家庭的な感じがします。
DSC_2411.jpg
迷った末に注文したのは、ピザ。こういう感じの食堂にピザがあるなんて珍しいと思ったのです。具だくさん、チーズもいっぱいの懐かしい感じのピザでした。明らかに手作り。これ¥1030です。安いです。
DSC_2412.jpg
組み合わせはどーかと思いますが、こちらはラーメン。二人でシェアして食べました。どっちも美味しかった。
DSC_2413.jpg
いつも出していただけるのかどうかわからないんですが、デザートにコーヒーゼリーサービスされました。
ご家族で営業していらっしゃるようにお見受けしたのですが、お若い方が厨房にいらっしゃいました。将来もなくなる心配はなさそうで安心。安くて美味しくて、必ず何か食べるものがありそうな、こういう食堂ほんと助かります。
DSC_2414.jpg



関連ランキング:定食・食堂 | 水沼駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

群馬 | trackback(0) | comment(0) |


2016/10/28 (Fri) 池上の古民家カフェ 蓮月でランチ

かつてお蕎麦屋さんだった頃のことを食べログに書いていました。その時の記事は→こちら ご年配の女性が一人で営んでいましたが、この建物が好きで何度か伺っていました。昔ながらのラーメン美味しかった。

池上には最近あまり行かなくなってしまいました。蓮月でお蕎麦を食べて、その筋向いにあったあらいさんで甘味をいただくのがとても贅沢だったのですが、どちらもなくなってしまいました。蓮月さんが古民家カフェになったと聞いて、正直う~ん カフェかぁ・・・という感じではあったのですが、それでもあの建物が残ると思ったらちょっと嬉しくて。
その大好きだった建物はそのままカフェに生まれ変わっていました。鮮やかなトルコブルーののれん。
DSC_2400.jpg
あー中が広い!!!以前は居住スペースであっただろうところもお店になってるんですね。なんかこの板の間に靴で上がるの申し訳ない感じです。ふきげんな過去という小泉今日子さんと二階堂ふみさん主演の映画の撮影場所にもなっていたみたいです。
DSC_2399.jpg
ランチのメニューは↓こちら。(左側) 右側のメニューは夜メニュー。ここで一杯飲めたらのんびりできそう。
DSC_2388.jpg  DSC_2390.jpg
横目で他の人の食べているものを見ていると、蓮月豆カレーが人気っぽかったのですが、温玉そぼろご飯にしました。お客様がかなり入っていたので、ちょっとだけ時間がかかっていましたがこんな空間なので、全く気になりません。
DSC_2389.jpg
ソファの席だとか
DSC_2391.jpg
お庭が見えるクラシックな感じの椅子テーブル席など、いろんなタイプの席があります。私が座ったのはこぢんまりしたカウンターのようなお席。一人で広い席に座ると落ち着かないんです。
DSC_2392.jpg
レジでお会計時に秋田県のニテコサイダーがメニューに載っているのに気づきました。あれれ・・なんでこんなところに?とお店の方とお話しすると、どうも池上と六郷が何か関係があるみたい。調べてみないと・・・。そんなきっかけでちょっとお話が出来たんですが、2階も自由に見て行ってくださいとおすすめしてくださったので、2階にもあがらせていただきました。
2階はお座敷。学校帰りの子供たちの自習室に開放しているんだそうです。飲み物は半額でサービスなんですって。街のためにも役立っているんですね。このお座敷は、最盛期には宴会に使われていたそうです。お祝いの席でも良く使われていたそうで、ここで結納した方も多くいらしたそうです。素敵な建具がたくさん残っていました。今こんな建具使えないですよね。高くて。
DSC_2393.jpg  DSC_2394.jpg
DSC_2395.jpg  DSC_2396.jpg
DSC_2397.jpg
こちらのオーナーは古着屋さんをやっていた方なんだそうです。お店の方も楽しそうに働いているのが印象的でした。



関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 池上駅


  

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(0) |


2016/10/25 (Tue) 秋田国際ダリア園 華やかな世界が広がっています

秋田市雄和に、毎年夏から秋にかけて約700種類ものダリアが咲き乱れるダリア専門のフラワーパーク「秋田国際ダリア園」があります。園長である鷲澤幸治さん(62)は、日本を代表するダリアの育種家です。

鷲澤さんは、船舶関係の仕事に従事していた昭和52年頃から、ダリアの愛好家として各種品評会に積極的に参加し、優秀な成績を納めてきました。昭和62年に退職、ダリアの魅力を広く伝えるために秋田国際ダリア園(旧・秋田雄和ダリア園)を開園したといいます。以後、草丈や葉形、水揚げなど、ダリアの欠点とされていたことの改良に努め、毎年、新品種を創出してきました。平成16年、国立フランス園芸協会主催の国際ダリアショーで、外国部門グランプリを受賞。名実ともに世界のトップ育種家として認められたのでした。

また平成19年には、花き市場に流通する切り花ダリアの年間取扱数量の約46%が、鷲澤さんが育成した品種という、驚くべき実績を残しました。最近では毎年およそ200種に及ぶ新種のダリアが秋田国際ダリア園で開花しているそうです。
秋田国際ダリア園のダリアは、日本を代表するダリア育種家の鷲澤氏が育てたダリアです。
以上のことは調べて初めて知りました。びっくりです。世界に誇るダリア園と言っても過言ではないのです。ダリアって種がおイモみたいで、なんとなく垢抜けないお花のイメージでしたが、今見ると色彩が鮮やかでとてもゴージャス。
DSC_2357.jpg
調べてみても広さが出てこなかったのですが、かなり広いです。丘の上に立っているのは、「秋田市雄和観光交流館Villaフローラ」ダリア園を見下ろすレストランがあります。(この日は残念ながらお休みでした。第1・第3火曜日が定休だそうです)
DSC_2358.jpg
名前が書いてあったりしますが、覚えられない。700種類7000株もあるそうです。とにかくキレイ。色とりどり。写真撮り放題。
DSC_2359.jpg  DSC_2360.jpg
DSC_2361.jpg  DSC_2364.jpg
DSC_2365.jpg  DSC_2368.jpg
DSC_2369.jpg  DSC_2379.jpg
DSC_2381.jpg  DSC_2382.jpg
外側から見ると地味すぎて、こんな華やかな世界が広がっているとは想像もできません。秋田空港からも近いですし(交通の便は悪く、タクシーでしか行けないような気がするけど)もし、ちょうどお花の季節ならおすすめです。
DSC_2384.jpg

秋田国際ダリア園
所在地 〒010-1223 秋田市雄和妙法字糠塚21
電話番号018-886-2969
ファクス番号018-886-2971
開園期間 8月中旬から11月初旬まで
利用時間 日の出から日没まで
利用料金 大  人:400円
        小中学生:無料
休園日 開園期間中無休
秋田駅から車で30分
秋田空港から車で10分

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(0) |


2016/10/25 (Tue) 秋田市四ツ小屋のファームハウス旬菜でランチ

秋田でも最近農家レストランなるものがたくさんできて人気なんだそうです。なかったのがおかしいくらいですよね。だって、秋田の主要産業は農業なんですもの。以前から思っていましたが、秋田は海も山もあって美味しい食材がたくさんあるのに、それを食べられるお店って意外と少ない。
その人気の農家レストランの1軒がこのお店です。以前から聞いていたので、一度行ってみたいと思っていました。場所は昔の秋田空港への道 県道9号線に入り、お菓子の中野屋さんのところを右に入ったところです。右側にありますが、住宅街にあるブロック塀に囲まれた一軒家で知らなかったらお店とは思わないかもしれません。手入れの良いお庭にかこまれて、お店の入口があります。入口に小さな看板。
駐車場は5台くらい。ちょうど開店時間に合わせたくらいに伺ったのですが、あやうく車が停められないところでした。
DSC_2356.jpg
ランチのメニューは全部で4種類。おまかせ・ぜいたく・ビーフシチューとナポリタン。カウンターと椅子テーブル席がありましたが、ほぼ満席。かつ、お客様はほとんど女性でした。男性・・・いらしたかな・・・。
DSC_2349.jpg
私の頼んだナポリタン。サラダや小鉢がついています。
DSC_2350.jpg
ナポリタンはあまり炒められてなくて、トマトソース寄りな感じ。
DSC_2351.jpg
母の頼んだビーフシチューは土鍋に入ってきて、ぐつぐついってました。ご飯に合うお味。
DSC_2352.jpg
デザートは2種類あって、選択できました。パンケーキ。
DSC_2353.jpg
こっちは、わらびもちだったかな・・・いちぢくの甘露煮がついています。いちぢくの甘露煮ってあんまり他の地域にないんですってね。いちぢくの時期になるとどこのお家でも作るものなのかと思ってました。
DSC_2354.jpg
お客様に男性はほとんどいらっしゃらなかったけれど、どのセットもボリュームあります。男性でも不満ないくらいだと思うんですが、入りにくいのかな。1000円という価格がちょっとお高いのかな。たぶん、ここにいらっしゃっている女性たちは毎日いらっしゃるわけじゃなくて、ランチでたまに集まってのんびりしようかという方々ですもの。回転は悪そうでありました(笑)
お店の片隅で採れたて野菜も販売されています。

お庭の紫式部がきれいでした。紫式部は日本に古くから自生している樹木の1つだそうです。紫の実がつくから紫式部という名前が付いたのだと思われます。紫式部ってシソ科ムラサキシキブ属なんですって。知らなかった。
DSC_2355.jpg



関連ランキング:自然食 | 四ツ小屋駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(0) |


2016/10/24 (Mon) 大町の古い商店をリノベーションしたお店 川反軒

anabocoに引き続き、ここも古いお家をリノベーションしたお店です。
“おいしいお肉とおばんざい”と看板にありますが、さっきのanabocoよりも少々大人向け。「川反軒」です。
DSC_2348.jpg
間口の広い入口には昭和っぽいガラス。ここは、昔は商店だったそうです。クリーニング屋さんだったようなことをおっしゃってましたが、全然記憶にないんです。クリーニング屋さんなんかあったかなぁ・・・。
DSC_2347.jpg
↓クリックすると大きくなります。メニューはA3の用紙1枚にまとめられていて、カジュアルな感じです。
ちょっと食べてきちゃったので、つまみ程度をお願いしました。
DSC_2340.jpg  DSC_2341.jpg
DSC_2342.jpg海老まるごと揚げとこぼれ肉寿司
少し寒かったので熱燗いただいちゃいました。秋田のお酒 高清水。
DSC_2339.jpg
1階に案内されたのですが、奥行き深く中庭があってしっとりした雰囲気です。もっと奥には個室もあったみたい。
DSC_2343.jpg
入口にはカウンター席もあるので、一人でも大丈夫そうです。
DSC_2346.jpg
お会計する場所。ここのお店のスタッフは若くて明るくて感じのいいコが多いです。おにーちゃんはイケメン揃い。写真撮ってもいい?入っちゃうけど大丈夫?と聞いたら、全然へーきですって快く応じてくれました。というか、写真の撮り方下手すぎ。ごめんね。
DSC_2345.jpg
このお店は程よくカジュアルですが落ち着いているので、これからも利用させていただくことになりそうです。でも、かなり人気店のようで予約しておいた方がよさそう。



関連ランキング:居酒屋 | 秋田駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(0) |


2016/10/24 (Mon) 秋田市大町の路地裏ダイニング anaboco

夜は、久しぶりの秋田のお友達と女子会(笑) 直前の連絡だったりするのに、予定を合わせて付き合ってくれました。
今回の会場は、以前通った時に路地の奥に明かりがついていて気になっていた「anaboco」(あなぼこ)というお店。本当に路地の奥にあります。路地裏ダイニングとうたっているようですが、間違いない!
DSC_2333.jpg
写真では良くわからないと思いますが、昭和の普通のおうちがお店になったような感じです。
DSC_2334.jpg
店内には靴を脱いで上がります。2人用個室みたいになっています。カップルなら、いちゃいちゃしながら食事できるかも(笑)
DSC_2336.jpg
どこのお席もちょっと個室っぽく仕切られています。
DSC_2337.jpg
これなんだったかな?忘れちゃったけど、全体的にちょっとお洒落さんなお料理あります。だいぶ若向き。私たちには少し若すぎたかな。奥の方では、合コンみたいなグループから楽しそうな声が上がっていましたよ。
DSC_2335.jpg
大町だからかつてはご商売していた方のご自宅だったのかな。昭和の古いお家を今風に言えばリノベーションしてお店にしたところでした。こういうおうち結構あったんだけどなぁ・・・もっと立派なおうちもいっぱい。あのお家だったらもっと立派だったな(文句じゃないですからね。決して)と思い出すおうちがいっぱいあります。秋田の人って結構新しいもの好きで、古いお家ずいぶん壊してたんですよねー。なんかにならないかな・・・って良く昔思ってたんですが、今それが現実になりつつあるのかも。
DSC_2338.jpg
小さな声で言いますが、冬は少々寒いかも・・・と思わせる造りでありました。



関連ランキング:居酒屋・ダイニングバー(その他) | 秋田駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(0) |


2016/10/24 (Mon) 川反の横田屋さんで 鰻ランチ

秋田の人ってあまり鰻を食べないのかな。鰻が食べたいと思った時に思いつくのはこのお店しかありません。「横田屋」さんです。秋田市の繫華街・川反(かわばた)ある昭和25年創業の鰻専門店です。何度か書いていますが、私はあまり鰻が食べたい!と思うことはないので、今まで足を踏み入れたことがありませんでした。
DSC_2325_20190227123840886.jpg
父が鰻が大好きだというので、両親と叔母を連れてランチに行ってみました。ランチにはうな玉丼というのがあって、これならう巻は大好きな私も美味しくいただけそうです。お値段も食後の飲み物がついて880円。お手頃価格。もちろん、両親は普通にうな重をいただきました。
DSC_2322_20190227123836373.jpg
うな重よりも早くうな玉丼が登場。漬物とお吸い物がついています。
DSC_2328.jpg
じゃじゃーん。おーこれはなかなか美味しそう。うな玉丼いいじゃないですか。これはこの次も選択肢に入ります。いくら両親が好きだからって、私も楽しめないと・・・ねぇ・・・。お吸い物にはきれいなお麩が入っていて見栄えもいい。
DSC_2329.jpg
運よく川が見える窓際のお席に案内していただいたので、本当に落ち着いて気持ちよく食事もできましたし、大正解。
↓川側から見たお店です。
DSC_2326.jpg
川反通り側に入口があるのですが、向かって左隣の建物が工事中でした。どうもこちらも横田屋さんになるらしい・・とのこと。この建物以前は割烹というか料亭というかそんなようなお店だったと思います。現在横田屋さんはお昼だけの営業になっているので、左側の建物が夜営業になったりするのかな。
DSC_2323_2019022712383775d.jpg
※2019年3月現在 左隣の建物は 横田屋まさという鰻のコース料理を食べられるお店になっています。鰻の串焼きが食べられるんですって。鰻好きじゃないのに、ちょっと行ってみたい。



関連ランキング:うなぎ | 秋田駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: