FC2ブログ
2017/02/26 (Sun) 武蔵小杉の人気串焼き屋さん 串焼き文福 本店

秩父から帰ってきまして、夕ご飯はこちらで。武蔵小杉駅から徒歩数分の「串焼 文福」さんです。
連れて行ってくれた方の話によると、ちょっと場所が移動したとか・・・(検索してもその件については出てこなかったので、詳細はわからず。)北口に本店、南口に支店があるようです。店構えは風情がいいです。人気店のようで、店内賑やか。2階席に案内されました。
DSC_3371.jpg
お通しは大根おろし。これはいつもなのかな?
DSC_3373.jpg
このお店に来たら一番最初に頼むのはカレー煮込みだそうです。創業以来の味だそうで、人気メニューらしい。
DSC_3374.jpg
あとは串焼きを色々。焼き鳥屋のピザなる創作串焼きなどもあります。串焼きの種類豊富。
DSC_3375.jpg DSC_3376.jpg
                DSC_3377.jpg
こちらは2階席のテーブル。
DSC_3378.jpg
検索してみてもとても評判の良いお店ですし、串焼きも悪くなかったです。食べログの評価も高いです。
でも、私個人としてはそこまででは・・・なかったかな。行く前の期待度が高すぎたというのと、思ったよりも大きなお店だった、煮込みは自ら進んで食べるメニューではない・・・っていうのが理由。いずれにしろ、私たちがいる間にもひっきりなしにお客様が見えていましたし、予約したほうが良いお店です。
DSC_3379.jpg外観は何度もいいますが、とってもいい感じ。



関連ランキング:焼きとん | 武蔵小杉駅新丸子駅向河原駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト



川崎 | trackback(0) | comment(0) |


2017/02/26 (Sun) 御花畑駅からすぐの立ち食いそば はなゆう

御花畑駅まで戻ってきました。
お昼にもお蕎麦を食べたのに、立ち食い好きの同行者が立ち食いそばを食べる・・・・と(笑)御花畑駅からすぐの「はなゆう」さん。こちらのお蕎麦はあごだしで、おだしがとっても美味しいんです。初めて来たときよりもずいぶん華やかになっています。(最初にお邪魔した時の記事は→ こちら
DSC_3362.jpg
トビ魚のおだしも前面に押し出されていますし、みそポテトという地元の名物もメニューに加わっています。
DSC_3363.jpg
天ぷらそばのお値段は400円になっていました。順調な証拠ですね。
DSC_3365.jpg
天ぷらは揚げたて。変わらぬ美味しさです。メニューにきのこそばが加わっていました。気になるわ。
DSC_3367.jpg
今回は行かなかったけれど私の大好きなクラブ湯さんの案内が貼ってありました。
DSC_3368.jpg
御花畑駅までは徒歩すぐ。目の前です。
DSC_3369.jpg
西武秩父駅は今大規模な改装中。温泉施設もできるそうです。楽しみ。
DSC_3370.jpg



関連ランキング:そば(蕎麦) | 御花畑駅西武秩父駅秩父駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秩父・長瀞 | trackback(0) | comment(1) |


2017/02/26 (Sun) 阿左美冷蔵 寶登山道店 寒いのにかき氷

お昼ご飯を食べました。舟下りも楽しみました。そうなると、やっぱりこの次はおやつですよね。
長瀞で有名というのなら、舟下りと並んで(勝手に認定)阿左美冷蔵の氷です。初めて長瀞に行ったのは数年前の真夏でした。(長瀞と認識してなかったけど)その時に、インターネットでかき氷が人気と聞き、本店へ行ってみたのですが、4時間待ちと聞きあきらめたという思い出があります。だって4時間ですよ。いくらあたしがかき氷好きでも、4時間たったら自分が溶けます。

阿左美冷蔵さんには、本店のほかに寶登山道店がありまして、こちらは一年中かき氷を食べることができます。寳登山道店は秩父鉄道・長瀞駅から徒歩5分くらい。オシャレな白い看板がでています。
037.jpg
建物も白い漆喰でオシャレさんです。2009年度の「彩の国景観賞」を受賞しているそうです。
2月にもかかわらず、満席ですよ。ちょっと待っていたら入れそうなので、メニューを検討しながら待つことにしました。
039.jpg
外に出ていたメニューです。出ているのはちょっとお高めなスペシャルメニュー。
040.jpg
これで普通サイズです。ふんわりした氷が高く盛られています。
043.jpg
3つ並べると壮観ですね。今どきで言うと 映え~💛ってとこでしょうか。
045.jpg
それぞれのみつ(ソース?)をかけるとしゅるしゅると溶けていくので、こんなに大きくても全然問題ありません。あったかいお茶を出していただけるので、寒くても安心。美味しいなぁ・・・こんなにふんわりしているのは、かき氷を作る機械がいいのか、それとも氷がいいのか。とにかく氷はちょっと特別で天然氷です。阿左美冷蔵の氷は氷池と呼ばれる人工池で2か月かけて作られるものです。自然に左右される氷づくりは大変なのでしょうねぇ。
046.jpg
かき氷を堪能して、お店を出たらたくさんの人が列を作っていました。宝登山の登山帰りの方々でしょうか。冬なのに・・・寒いのに・・・それほどまでに魅力的なかき氷ということなんですよね。確かに氷も美味しいし、みつもおいしい。今日はありませんでしたが、前に食べた焼きクルミミルクは忘れられない美味しさでした。
049.jpg
蝋梅がとてもきれいに咲いていました。宝登山頂臘梅園に咲くロウバイは素心臘梅・和臘梅・満月臘梅の三種類だそうです。これは蝋梅園のものではありませんが、これはどれなのかな。
051.jpg



関連ランキング:かき氷 | 長瀞駅上長瀞駅


阿左美冷蔵 公式ブログ

秩父・長瀞 | trackback(0) | comment(0) |


2017/02/26 (Sun) 埼玉県立自然の博物館

お舟に乗った後、まだもうちょっとどっか行こうかとうろうろ。「自然の博物館」という案内看板を発見しました。長瀞で。
じゃあ ちょっと行ってみるか・・・と歩いてみたのですが、歩けど着かない。1キロ先なのでした。道もわからなかったため、すっごく歩いたような気分。でも、たぶん歩いたのは15分くらい。

やっと到着した埼玉県立自然の博物館。意外と立派。(失礼すぎる・・)
長瀞でみられる岩石「結晶片岩」は、地下20~30kmでつくられたもので、長瀞ではその岩石を観察できるんだそうです。明治時代から多くの研究者や学生が長瀞を訪れており、「日本地質学発祥の地」とよばれています。知らなかった・・・。大正 5年(1916年) には宮沢賢治が秩父地方に「地質旅行」に来てるんですって。
055.jpg
入るとすぐに巨大ザメ「カルカロドン メガロドン」が天井に下がってます。現生ホホジロザメの祖先と考えられているそうです。完全に近いと思われるメガロドンの歯が1989年、埼玉県で出土しているということで、この展示になっています。
053.jpg
サメの歯の化石は一本一本バラバラに発見されることが多いそうですが、この化石には1個体の上下の歯が73本含まれていたので、復元されたものも展示されています。写真ないけど、めっちゃ大きい。
052.jpg
一緒に行った中学生そっちのけで、展示物を一生懸命見ちゃいました。ちゃんと見ると、非常に興味深いです。
帰りは上長瀞駅へ。上長瀞駅からなら、300メートルしかないのでした。もし、行くのなら上長瀞駅がおすすめです。
057.jpg

埼玉県立自然の博物館
〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1417-1
電話:0494-66-0404(代表) 電話:0494-66-0407(学芸)
ファックス:0494-69-1002
▼開館時間 9:00~16:30 (入館は16:00まで) ※7、8月は、9:00~17:00 (入館は16:30まで)
▼休館日 月曜日(祝日・7、8月は開館)  12/29~1/3、他臨時休館あり

秩父・長瀞 | trackback(0) | comment(0) |


2017/02/26 (Sun) 長瀞 ぽかぽかこたつ舟 気軽に楽しめる舟下り

夏の期間なら、長瀞に行ったら舟下りを利用するお客さんがたくさんいらっしゃるのですが、通常の舟下りは12月の上旬で終了。アドベンチャー舟下りと呼ばれる舟下りはスリルもあって楽しいそうです。(参考 → こちら)冬の期間は水量が少ないので、通常のコースは危険なんだそうです。

乗り場は閑散としていますね。
028_20200109170025d3b.jpg
通常の舟下りはありませんが、「ぽかぽかこたつ舟」というのが運行しています。時間もあったので、乗ってみることにしました。距離も短いので乗っている時間は20分くらい。
030_20200109170026cab.jpg
水量が少ないですが、のんびりと舟を楽しむことができます。ゆるゆると進む船から国指定名勝天然記念物「岩畳」を眺めることができます。
033_20200109170027884.jpg
船頭さんのお話も楽しい。
035_20200109170029e49.jpg
冬の穏やかな日には、のんびりとした舟遊びはどうでしょう。

ぽかぽかこたつ舟
営業期間 2020年1月1日(水・祝)から2月29日(土)まで
交通 長瀞駅下車徒歩3分(岩畳)
受付時間 10:00~15:00頃
所要時間 約20分 岩畳周辺の瀞場(流れのおだやかな場所)を周遊します。
乗船料金 大人(中学生以上)1,000円 子ども(3歳以上)600円

秩父・長瀞 | trackback(0) | comment(0) |


2017/02/26 (Sun) 長瀞のお蕎麦屋さん 秩父そば みやま

長瀞まで移動いたしまして・・・お昼近くになったのですが、イチゴでおなか一杯。でも、何か食べなきゃタイミング逃しそうだしということで、お昼ご飯にすることにしました。季節が夏ならかなりの人が出ているところなのですが、さすがに2月。あまり観光客もいません。うろうろしているうちにお蕎麦屋さんを見つけました。お蕎麦くらいなら食べられるだそうと入店。
DSC_3359_202001070936425ad.jpg
お蕎麦屋さんというよりは、なんかドライブインみたいだわ・・とちょっと不安になりつつ。
DSC_3358_202001070936404f1.jpg
店内もお蕎麦屋さんというよりは、ドライブインみたい。写真には写っていませんが、小上がりがあります。小上がりに座らせてもらいました。
DSC_3357.jpg
メニューです。クリックすると大きくなります。全部 そばとうどんどちらも作ってもらえるようです。
020_20200108144334c33.jpg 018_202001081443323d6.jpg
こちらはきのこつけ汁そば。きのこが大量につけ汁に投入されています。テンション上がる。
022_2020010814433854a.jpg
ざるそば。ざるそばってなんで海苔がのっかってるのかしら?そばの香りが海苔に負けるじゃん!というのは私の意見ですが(笑)どうしてもざるが良かったそうです。
024_20200108144339aec.jpg
くるみ汁そば。クルミの香りがして、私は好きです。とろりとしたつけ汁はそばに絡みやすい。
025_20200108144340239.jpg
ビールを頼んだら、揚げ蕎麦がおつまみについてきました。得した気分。
DSC_3356_20200107093636f63.jpg
実は店構えと出てきたお蕎麦が白っぽかったので、むむむ!!と正直思ったのですが、とても美味しいお蕎麦でした。単なる印象だけでそんなこと思っちゃってごめんなさい。長瀞ではお勧めできるお蕎麦屋さんです。聞くところによると玉子焼きもおいしいそうです。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 長瀞駅上長瀞駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秩父・長瀞 | trackback(0) | comment(1) |


2017/02/26 (Sun) 和銅農園でいちご狩り

また秩父です。なんか秩父って冬に行くってイメージですが、それはいちご狩りができるから。
朝早く出発して、西武秩父駅からお花畑駅で秩父鉄道に乗り換えて、まっすぐ和同黒谷まで。
DSC_3353.jpg
ホームと駅舎の間には小さな踏切があります。
DSC_3352.jpg
和銅が採掘された「和銅遺跡」が近くにあるため、ホームには和同開珎(わどうかいちん・わどうかいほう)のモニュメントがあります。私が小さかった頃は、和同開珎はわどうかいほうと読んでいたような気がしますが、今はわどうかいちんと読むのが大勢となっているようです。(詳しく知りたい方は → こちらでどうぞ。へぇーってことがいっぱい書いてありました。)
DSC_3349.jpg
説明書きにもわどうかいちんってフリガナがふってありますね。しかし、今はそんなことではないのです。目的はいちご狩り。
DSC_3350.jpg
和銅黒谷駅から5分もかからずに、目的の「和銅農園」です。
DSC_3346.jpg
和銅農園さんには、もう何年もシーズンになるとお世話になっています。いろんな種類のイチゴがあるんですよ。この白いイチゴはいちご狩りの畑にはないんですけどね。ごちそうしてくれました。高いのに・・・・ありがとう。この白いイチゴはまだ名前もないらしいですよ。
DSC_3345.jpg
和銅農園さんの畑は高いところにあるので、歩いた姿勢そのままで摘み取ることができます。通路もそれなりに広いので、車いすの方でもいちご狩りが楽しめるかもしれません。(聞いてみてね。)
011 (1)
大きくて赤いのが美味しいということですが、小さくても美味しいです。いちご狩りは30分ですが、30分も食べていられません。もうおなか一杯です。毎回ちょっと食べすぎで後悔しちゃう。
009 (1)
今日はこれから長瀞方向へ向かいます。
014.jpg
武甲山から石灰石を載せてくると思われる列車。武甲山(ぶこうざん)は、埼玉県秩父地方の秩父市と横瀬町の境界に位置する山です。標高は1,304メートル。日本二百名山の一つに数えられるのだそうですが、北側斜面が石灰岩質で、石灰岩の採掘が盛んに行われているので、私が初めて来てからでさえなんか山が小さくなっているような気がします。
015.jpg
あの奥の方に見えるのが武甲山なのですが、なくなっちゃうんじゃないかとちょっと心配。
016.jpg

株式会社 和銅農園
【営業期間】12月中旬~5月末
【営業時間】09:00~18:00(無くなり次第終了)
【定休日】不定休(赤いいちごが無い時)
【住 所】秩父市黒谷457-3
【電 話】0494-25-4733 / 【FAX】0494-26-5859

秩父・長瀞 | trackback(0) | comment(0) |


2017/02/25 (Sat) 秋田県立大学で開発した酵母を使ったお酒「究」(きわむ)

秋田市大町にある酒蔵「新政酒造」。秋田の五大銘柄と言えば、新政・高清水・太平山・両関・爛漫と言っていた時代からだいぶたち、秋田でさえ日本酒どころかお酒を飲まないという若者が増えてきたと感じるこの頃。秋田県の酒蔵の数もだいぶ減ったような気がしますが・・・。ただ、その中で「新政」は異色な存在。秋田市内でも手に入れるのはかなり困難です。もしかしたら、東京にいた方が手に入りやすいのでは?と思うほど。ブランド化を図っているのでしょう。

こちらでの飲み友達から「究」というお酒があり、新政で作っているらしいとの情報を得ました。要は、秋田に帰ったら買ってきてくれない?というお願い。私も興味があるので探しに行ってみました。「究(きわむ)」というお酒は、 秋田県立大学の「究プロジェクト」という活動で生まれたお酒。2009年に始動、2010年から販売を開始しているのだそうです。全然知りませんでした。

県立大学で作ったお酒なんだから、大学構内の売店で売られているんだろうと思い、大学まで行ってみました。初めて行ったんですが、広大な敷地にきれいな校舎が建っていて、えーこんな大学だったの?とそちらに驚いたりして。冬休みの大学にはほとんど人はいなくて、売店を探していってみました。そこで、「究」について聞いてみたところ、ここから比較的近い酒屋さんで販売されているとのこと。道を聞いて行ってみました。

大学から車で10分くらいのところにその酒屋さんはありました。中札商店というお店。ポスターが貼られていました。
DSC_3322.jpg
いわゆる町の酒屋さんです。恐る恐る入店。聞いてみたらまだ少し残っているということで、2本ゲット。
DSC_3323.jpg
持ち帰ってきて飲んでみました。ちょっと変わった味のお酒です。新政らしいと言えばらしいのかな。美味しくないというわけではなくて、今まで飲んでいたお酒とはちょっと違うんです。ソムリエみたいに味をきちんと説明できるといいんですけど、語彙力が足りなすぎる。私は日本酒らしい日本酒が好きなので、私の好みからはちょっとはずれていましたが、飲んでみて良かったです。
DSC_3511.jpg
「究」というお酒。2010年からということですから、もうすでに8回作っていたということなのでしょうか。全然知らなかったなぁ・・・最初の頃から飲んでみたかったです。ちょっと聞いた話によると、来年は作らないかもしれないとのこと。また次に飲める機会を楽しみにしています。行きつけの立ち飲み屋さんでみんなで飲んだのですが、レアなお酒ということでみんなに喜んでもらいました。

お酒 | trackback(0) | comment(0) |


2017/02/25 (Sat) 久しぶりのラーメン博物館

試合に勝利しまして、帰りにラーメン博物館へ。今年はマリノスの年間チケットを購入したのですが、おまけ?でラーメン博物館のパスポートがついていたのです。スタジアムから駅までの道の大混雑ですから、ラーメンを食べて帰ることにしました。入場料というのが少々納得のいかないところなのですが、それがなければ、美味しいラーメンが待ってます。雰囲気も悪くない。
DSC_3341.jpg
今日は熊本ラーメンの「こむらさき」 豚骨ラーメンがすごく好きというわけではないのですが、「こむらさき」のラーメンはかなり好きです。豚骨にしては淡白な感じで、インパクトがあるラーメンではありませんが、臭みも少なくてゴマがたくさん入ってるのが好みなのです。「こむらさき」は一大チェーンというわけではなくて、熊本のお店とこのラーメン博物館だけというのもポイント高いです。
DSC_3336.jpg
餃子も頼みました。餃子は普通。特筆すべき美味しさというわけではありませんが、悪くないです。
DSC_3339.jpg
滅多にこんな機会もないので、フロアの真ん中にあるバーで一杯。「Bar Ryoji」というらしいです。同じフロアにある居酒屋りょう次と同じ経営のようで、お料理が出るわけではありませんが沖縄の風情。ちんすこうなど沖縄のお菓子があったり、泡盛がたくさん並んでいたりします。カウンターの中の方もフレンドリーで、気軽に飲めるいいお店。
入場料なしなら(しつこい!)毎回立ち寄ってもいいくらい。
DSC_3342.jpg
1994年3月6日にオープンしたラーメン博物館ですから、できてから既に25年以上。そう考えると、かなり状態の良いまま現在にいたっているような気がします。スタッフもすっかり昭和の人になりきっているのも楽しい。(役者さんも多いと聞いたことがあります。)観光で来ている一見さんが多いと思わずに、ラーメンのクオリティも維持していってもらいたいものですね。
DSC_3343.jpg



関連ランキング:ラーメン | 新横浜駅




関連ランキング:バー・お酒(その他) | 新横浜駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜 | trackback(0) | comment(4) |


2017/02/25 (Sat) 2017 明治安田J1 第1節 vs浦和レッズ Jリーグ開幕戦

2017 明治安田J1 第1節 vs浦和レッズ いよいよ今期のJリーグ開幕です。初戦はホーム・日産スタジアムで浦和レッズとの対戦。日産スタジアムの正面入り口には大きく選手の姿があり、胸が高まります。
DSC_3331.jpg
左からゴールキーパーの飯倉、栗原、斎藤学、中澤。実は、私マリノスの試合見に行くまで中澤選手しか知りませんでした。選手なんか知らなくても、試合に行くと盛り上がっちゃうんですよねー。全然的外れなこと叫んでる時もあるけど。
DSC_3332.jpg
こちらゴール裏2階席
DSC_3333.jpg
ゴール裏の1階席は、かなり重症(笑)のサポーターが多くいらっしゃいます。ずぅっと立って跳ねてたりするので、なんとなく座ってみていると肩身が狭い。最近はゴール裏に行くことは少なくなりました。
DSC_3334.jpg
こちら、アウェイのレッズの応援席。レッズはアウェイの時には2階に固まるそうです。他のチームのサポーターは1階席のことが多いような気がします。
DSC_3335.jpg
最高気温が10℃くらいで低かったけれど、陽射しがあったのでマシでした。更に、初戦3対2でマリノス勝利。トリパラ咲きました。点数がたくさん入る試合はうれしいなぁ。勝った時に限るけど。

試合データは → こちら
ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

サッカー | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: