FC2ブログ
2017/02/16 (Thu) ミシュラン一つ星 ラーメン蔦のカップ麺

今日のお昼はミシュラン一つ星のお店のラーメン。といってもカップラーメンです。
実店舗は巣鴨にあるんですって。「Japanese Soba Noodles 蔦」。黒トリュフや青森シャモロックなどをふんだんに使っているラーメンなんだそうです。黒トリュフあんまり食べたことないから想像できないけど。実店舗のレビューを見ると、やはり高評価です。でも、結構お高い。当たり前ですけど。このカップラーメンは278円で、セブンイレブンで販売されています。(2017年1月11日発売。)
DSC_3219.jpg
中には乾燥かやく、真空パックのメンマ、液体スープ、特製油が入っています。特性油はトリュフの香りをつけた油だそうです。メンマが生なのはちょっとうれしい。味は、確かにちょっとトリュフの香りがしますが、カップラーメンにしては美味しいという程度です。まぁ 当たり前ですけどね。
DSC_3220.jpg
実店舗に食べに行ってみたいですが、整理券などが配布されてなかなか初心者にはハードルの高そうなお店です。

<参考>



関連ランキング:ラーメン | 巣鴨駅千石駅駒込駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スポンサーサイト



カップ麺 | trackback(0) | comment(0) |


2017/02/13 (Mon) 神保町シアター あの時代(とき)の刑事(デカ) にせ刑事

神保町に来たら、やっぱり映画見なきゃ。今の企画は「あの時代(とき)の刑事(デカ)」
ちょうどお昼を食べ終わったころに、勝新太郎主演の「にせ刑事」という映画の上映があったのでチケットを購入しておきました。
DSC_3212.jpg
今回の企画では昭和30年代の映画が多いですが、古いものは昭和27年の丹波哲郎!!のデビュー作「殺人容疑者」、新しいものは平成7年の「マークスの山」まで色々。ロビーの壁面には、その年表が貼ってあります。
DSC_3213.jpg
上映作品ではないキイハンターや太陽にほえろの情報まで。比較的若い世代にもわかりやすい・・・とか言えないか太陽にほえろでも十分に古い・・・ですものね。
DSC_3214.jpg
「にせ刑事」の上映当時のポスター。正直勝新太郎って、古い映画を色々見るようになるまでそーんなに好きじゃなかったんです。魅力的な人ではあったんだろうと思ってましたが、あぁ・・玉緒さん大変だったろうなぁ・・とか思っちゃって(笑) でも、映画の中の勝新太郎は、目の力が違います。コミカルな感じもあって、ほんとに引き込まれちゃう。きっと、周りの方々にも本当に慕われていたんでしょうね。知らないけど。
DSC_3215.jpg
手錠やピストルのディスプレイなんかもあって、神保町シアターのスタッフの方の工夫には頭が下がります。
DSC_3216.jpg
「にせ刑事」という映画は、ドジを踏み刑事をクビになった魚屋の倅・寅松(勝)は、持ち前の正義感から児童誘拐事件に巻き込まれ、"にせ刑事"として捜査に乗り出すことに!先輩デカ・伊藤とのやり取りなど、勝新の笑いのセンスも光る痛快アクション。←神保町シアターの紹介文からの引用です。
1時間半くらいと短いこともあり、テンポのよい映画であっという間に見終わってしまいました。今のテレビドラマが映画になった感じのものと比べて、これが映画!って感じがあります。やっぱり勝新はテレビじゃなくて、映画の人なんだなぁ。

神保町シアター
■住所 東京都千代田区神田神保町1-23
    神保町駅からはA7出口より、すずらん通りを三省堂方面に進んで浅草厨房の角入る
■電話番号 03-5281-5132

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(0) |


2017/02/13 (Mon) 神保町の路地裏の海南鶏飯のお店 天鶏(てんちぃ)

せっかくだし、平日であることを最大限活用しようと、神保町へ。前から気になっていたんです。このお店。
神保町にある海南鶏飯のお店「天鶏」(てんちぃ)です。海南鶏飯というのもちゃんと読むと“はいなんちぃはん”と読むんだそうです。このお店、土曜日も日曜日もお休みなんです。平日だけのお楽しみ。
DSC_3210.jpg
海南鶏飯は、茹で鶏と、その茹で汁で調理した米飯を共に皿へ盛り付けたお料理で、つけダレを鶏肉にかけて食べます。東南アジアのお料理ということなのですが、台湾・香港・マレーシア・シンガポール・タイなどにあるそうです。あたしが初めて食べたのはシンガポールでのことでした。呼び方もタレも土地によって違うみたい。
DSC_3208.jpg
テイクアウトのお弁当もあって、ガパオやタイランチというのもあるので、一応タイ料理のくくりなんでしょうか。海南鶏飯のお持ち帰りは580円。お手頃価格じゃないですか。
DSC_3209.jpg
店内で食べる場合は、自動販売機で食券を買って席につきます。海南鶏飯はこんな感じ。お店のおねえさんがとても元気でてきぱきと働いているのが印象的。とても感じがいいです。
DSC_3207.jpg
また食べたいなぁ・・・なかなかチャンスはなさそうですが。



関連ランキング:タイ料理 | 神保町駅竹橋駅新御茶ノ水駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(1) |


2017/02/13 (Mon) 新馬場駅から徒歩数分の喫茶店 COFFEEルノナール

ホテルで朝ごはんをいただいたのですが、昨日見つけた喫茶店がどうしても気になります。月曜日だし、きっと営業しているはず。モーニングセットもありそうだし・・・ということで、行ってみました。お店の名前は「ルノナール」
DSC_3183.jpg
入り口の脇にサンプルが並んだショーウィンドウがあります。食事のメニューもあるみたい。
DSC_3184.jpg DSC_3185.jpg
お腹は減っていなかったのですがモーニングを注文。だって、見てみたかったんだもの。
サラダがついた厚切りトーストとホットコーヒー。サラダが意外に充実してたのが、うれしい・・・だけど、おなかいっぱい。
DSC_3202.jpg
店主は女性でお一人で営業していらっしゃるようです。昭和のにおいのする外観。ソファのある店内。長く続けてほしいお店です。また行きたいけど・・・なかなかチャンスが見つからない。お店の場所は新馬場駅北口から徒歩数分です。
ルノナールという店名に違和感を感じていました。この記事を書くために調べていたら、もともとは「ルノアール」という店名だったそうです。諸般の事情でルノナールに変更したとのこと。なるほど。



関連ランキング:喫茶店 | 新馬場駅北品川駅天王洲アイル駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2017/02/12 (Sun) 国道15号線沿いの居酒屋さん 「酒菜」 絶品アジフライ

ホテルでのんびり出前をとって食べるということも考えたのですが、都内に泊まることなんて滅多にないので外へ。
でも、今日は日曜日。この辺りお休みのお店が多いのです。でも、そんな遠いとこまでは行きたくないので、新馬場駅南口を出て国道15号線を渡ったところにある居酒屋さんへ。「酒菜」という居酒屋さんです。

ご夫婦で営業されているようで、入っていくと常連さんだと思われるお客様方と話し込んでいらしたので、遠慮しながらお店にはいりました。お通しと日本酒。今日はお泊りなので、最初からお酒をいただいちゃいました。
DSC_3192.jpg
実は色々頼んで食べて、とても美味しかったのですが、なぜかコロッケの写真しか残っていませんでした。コロッケも揚げたてでめっちゃ美味しかったんです。美味しかったんですけど、一番インパクトがあったアジフライの写真がない!ものすごく大きなアジフライが出てきたんです。それも、とても鮮度のよさそうな美味しいアジフライ。青魚のフライって好きなんですけど、美味しい!って思える時って意外にない。美味しい美味しいって言っていたら、このアジはお店の奥様が釣ってきたアジなんですって。お店で出すお魚は奥様が釣ってきたお魚だったりするそうです。
すごいー。美味しいはずです。
DSC_3193.jpg
入るときはずいぶんとハードルが高かったけれど、いいお店でした。また来たいけど・・・駅からは近いものの、なかなか来るチャンスがないかも。他の人にも食べさせたいなぁ・・・アジフライ。



関連ランキング:居酒屋 | 新馬場駅青物横丁駅北品川駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(0) |


2017/02/12 (Sun) 妖精のお菓子屋さん ラフェクレール 

féeというのはフランス語で妖精という意味だそうです。
お誕生日と言えばケーキ!というわけでもないけれど、なんとなくケーキがあったらいいかなと思って自分でケーキを買うことにしました。この辺では、このケーキ屋さんしか見つけられなかったです。外観からかわいらしいケーキ屋さん。
DSC_3191.jpg
“TVチャンピオン菓子職人選手権”で決勝ラウンド3位の実績があるオーナーシェフ増田裕樹氏の個人経営のお店だそうです。TVチャンピオン・・・懐かしい。全体的にはかなり大きなサイズのケーキが多いような気がします。お値段はだいたい¥450くらい。
DSC_3189.jpg DSC_3188.jpg
ちょっと時間が遅かったこともあり、既に売り切れている商品もあったようです。見て、味が想像できそうなケーキが多かったです。3個購入してホテルでのんびり食べましたが、美味しいです。驚きはないけれど、安定のおいしさというか・・・好き嫌いのなさそうな味。いいと思います。
DSC_3187.jpg



関連ランキング:ケーキ | 新馬場駅青物横丁駅品川シーサイド駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(0) |


2017/02/12 (Sun) 旧東海道あたりのお散歩

初めて泊まるホテルに到着したら、ホテルの周りを見回りしないと落ち着かないのです。なんでだろ?旅行する職業の時は、仕事だから知らなかったらダメじゃんって思ってたんですが、これはもはや性格らしいです。
この古い建物は、なんだったんだろう?交番っぽい感じもあるけど。
DSC_3171.jpg
ここは、喫茶店なのかなぁ?食事メニューが豊富。アフタヌーンセットってランチが終わってもしっかり食事できそう。
DSC_3172.jpg DSC_3173.jpg
あ・・ここ、車で通ったことある!!入ってみたかったんだ・・って思ったけれど、しっかりシャッター閉められてます。日曜だからお休みなのかな。何となくお休みしてちょっとたってるような雰囲気だけど、外観はきれいだし・・・(食べログのレビューが2010年のもので、掲載保留になってるのを確認しました。)閉店しちゃったのかなぁ・・・。
DSC_3174.jpg
旧東海道沿いは、猫の似合う町。猫に出会いました。視線感じる!って思ったら、猫がじっとこちらを見ていました。
DSC_3175.jpg DSC_3176.jpg
ちょっと見ただけでは、なんのお店なのかわからないお店も。さすがの私もこれは、ちょっと入りづらい・・・。でも、入ってみたいなぁ・・・気になるなー。調べてみたら、どっちも知る人ぞ知るお店。
DSC_3177.jpg DSC_3178.jpg
を!これは・・・・有名ネズミの名前の理容店。
DSC_3179.jpg DSC_3180.jpg
あー 銭湯もある!営業は3時半からかぁ・・・明治の時代からやっている古い銭湯なんですって。次回は必ず行かねば。
DSC_3181.jpg
もう北品川駅前まで来ちゃいました・・・結構歩いたね。途中で見つけたケーキ屋さんで、自分のお誕生日のケーキ買って帰ろうっと。全体的には、日曜日なのでお休みのお店が多いような感じがしました。ちょっと残念だったなぁ。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(0) |


2017/02/12 (Sun) 住んでるみたいに泊まりたい BambaHotel(バンバホテル)

水族館見学のあとに移動してきたのは新馬場駅。京急の駅ですが、初めて下りました。
DSC_3166.jpg
新馬場駅は、高架化工事の際に北馬場駅(きたばんばえき)と南馬場駅(みなみばんばえき)を統合し、両駅の中間地点に建設されたんだそうです。←このことは後から知ったのですが、散策した時に改札口が二つあってやたらと遠かったのはその名残ということですね。北側と南側に改札があるってことです。私たちは南口から出ました。
DSC_3167.jpg
そして到着したのは↓ここ。「BambaHotel」(バンバホテル)です。古い民家一棟をホテルとして利用するという素敵なところ。
DSC_3201.jpg
中は確かに民家です。階段があるーー。2階もあるのね。
DSC_3168.jpg
入ってすぐはこんな感じ。Informationと書いてありますが、常時係の方がいるわけではありません。チェックインやチェックアウトの時に、スタッフの方が来てくださいます。ほんとに住んでるみたいに滞在できるということです。
DSC_3169.jpg
寝るのは2階の和室でお布団でおやすみ。ちょっとロマンチックな感じのお化粧スペースが用意されていました。
DSC_3195.jpg
夕ご飯はついていませんが、品川宿は東海道五十三次の第一宿場として栄えたところ。散策すると楽しいお店がありそうなので問題なし。意外と日曜日お休みのところが多いのが難点ですが、希望したら出前を取ることも可能です。
朝ごはんはついています。朝の希望の時間にスタッフの方が出前にやってきます(笑) 洋食か和食かは前日に希望を聞いてくれます。今回は洋食と和食をひとつづつ。
洋食は、パンの盛り合わせとインスタントのスープ。
DSC_3196.jpg
和食はお弁当に入った小さなおにぎりとゆで卵と唐揚げでした。インスタントのお味噌汁付き。
DSC_3197.jpg
玄関を入ったところのティールームラウンジと呼ばれている明るい場所で楽しく食べました。
DSC_3198.jpg
たった一泊だったけれど、楽しかったなぁ・・・公式サイトでは、2名~5名の設定しかないようですがスペース的には8人くらいまで泊まれそうな感じ。1階の和室では、大きな画面でテレビが見られるので皆でスポーツの観戦なんかも楽しそう。
DSC_3203.jpg

BambaHotell
〒140-0004 東京都品川区 南品川1-1-2
電話:070-5566-9441
(受付時間 : 16:00 ~ 22:00)

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(2) |


2017/02/12 (Sun) しながわ水族館

DSC_3156.jpg DSC_3158.jpg
DSC_3159.jpg DSC_3161.jpg
しながわ水族館へ行きました。品川には水族館が二つあって、一つは品川駅前のプリンスホテルのところににあるアクアパーク品川(昔はエプソンアクアパークっていう名前だったけど、今はマクセルアクアパークっていうみたい。)、もう一つが今日行ったしながわ水族館です。大森海岸駅から徒歩10分くらい。

しながわ水族館は1984年開園のしながわ区民公園内に1991年にできた水族館です。こんな広い公園があるなんて全然知りませんでした。区民公園としては最大規模だそうです。「花とひろばと水と緑の公園」がテーマだそうですよ。
大きな池がありますけど、もともとは何の土地だったのでしょうか。
DSC_3165.jpg
公園内に入って、水族館へつながる道です。
DSC_3164.jpg
池の上に突き出すように建物がたってます。そんなに広い水族館ではないですけど、半日過ごすのにぴったりな感じ。やたら広いと疲れちゃいますもん。一階の「海面フロア」では東京湾の魚や生物などが展示されていて、地味だけど意外と面白かったです。
もちろん大きなサメや、水槽トンネルもあります。入場料は大人1350円。
DSC_3163.jpg
実は、明日あたしお誕生日なんです。お誕生日の記念のお休みってことで、水族館だったのでした。

しながわ水族館
住所 〒140-0012 東京都品川区勝島3-2-1
電話 03-3762-3433
電車でお越しの方:京浜急行「大森海岸駅」下車 徒歩約8分
          JR京浜東北線「大森駅」下車、北口改札より徒歩約15分
JR大井町駅から無料送迎バスもあるそうです。 詳しくはWEBで。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(0) |


2017/02/08 (Wed) 池上通の魚介系スープのラーメン屋さん 麺家 彩華

池上駅から徒歩なら10分くらいのところになるのでしょうか。池上駅から国道1号線方向に出て、池上通沿いにあるラーメン屋さん「麺家 彩華」です。間口が広いけれど、奥行きがなさそうな薄い建物。たまにとてもたくさんお客さんが入っていて、待っている人がいたりするので気になっていました。
DSC_3148.jpg
自家製麺をウリにしているみたい。
DSC_3149.jpg
1番上に書かれているのがラーメンだから・・・ラーメンを食べるべきなのかな。
DSC_3150.jpg←クリックすると大きくなります。
店内はカウンターのみ。ラーメン700円。スープは魚介系じゃないのかな・・お店に入った時からそんな匂いがしていたし。それほどあっさりというわけでもなく、意外に濃厚。私にはちょっと塩味濃いめでありました。麺は中細麺。
DSC_3151.jpg
入ってくるお客さんは、つけ麺を食べている方が多かったのでつけ麺の評価が高いのかも。
その後もこのお店の前は良く通りますが、すごく空いているときと混んでいる時の差が激しいです。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

東京 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: