2013/07/20 (Sat) 神保町シアターで映画 夏休み特別興業神保町特撮図鑑

神保町シアターで映画を見て来ました。今やっている企画は、「夏休み特別興行神保町特撮図鑑」。最近のVFXとは全く違ういわゆる特撮の映画ばかりです。
全部見たいところですが、そういうわけにもいかず・・・2本だけ。
20130720神保町 (1)
神保町シアターは席数100のそれほど大きくない映画館ですが、懐かしい邦画を中心に興味深い企画をやっています。そしてロビーには企画に合わせた掲示物が貼ってあります。掲示物を見るとますます全部見たくなっちゃいますね。

今回の企画で見た2本は

昭和29年製作の「透明人間」戦時中に改造されて透明人間になった男の話です。戦時中に何かされるというのが私にとって意外に真実味が感じられました。透明人間になりたいって言うこと結構ありそうだけれど、この映画の中ではちょっと複雑な心境が描かれていて、明るい映画ではありませんがいい映画でした。

昭和31年製作の「宇宙人東京に現る」空飛ぶ円盤で地球に飛来した宇宙人は岡本太郎画伯がデザインしたヒトデ型の宇宙人パイラ星人。見るからに岡本太郎という形でそこに興味を持ってみたのですが、現代にも通じるお話でストーリーはちょっと考えさせられるものでした。でも、突っ込みどころは満載です。大笑いするってほどじゃないんですが、だいぶ笑えます。日本初のカラーSF映画だそうです。


昔の映画って時代背景もあってとても興味深いです。もっと見たかったなぁ・・・。
いやぁ 映画ってほんとにいいもんですね。



神保町シアター
■住所 東京都千代田区神田神保町1-23
    神保町駅からはA7出口より、すずらん通りを三省堂方面に進んで浅草厨房の角入る
■電話番号 03-5281-5132



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

関連記事
スポンサーサイト

東京 | trackback(0) | comment(0) |


<<映画鑑賞後の神保町でのあれこれ  酒蔵 駒忠 | TOP | 神保町 のぎょうざのお店「スヰートポーヅ」>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/1006-9a167aff

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: