2013/11/30 (Sat) 明治35年創業 神田志乃多寿司

まつや近江屋洋菓子店ときまして、ついでと言ってはなんですが助六寿司が好きという方にお土産を買うために「神田志乃多寿司」へ。
R0066152.jpg
こちらも老舗らしく重厚な入口です。志乃多寿司ってあちこちにあるような気がして、全部同じなのかと思っていたらそれぞれ全然別なのでした。こちら神田志乃多寿司は人形町の志乃多寿司総本店ののれん分けだという説もあるそうですが、HPにも書いてありませんし確かではありません。

HPによると神田志乃多寿司は明治35年創業だそうです。当時から稲荷寿司(=志乃多)と、かんぴょうを使ったのり巻が評判だったそうです。このお店ではしのだと言えばお稲荷さん、のり巻と言えばかんぴょう巻です。
R0066151.jpg
接客をしてくれる男性の白衣が真っ白で気持ちいいです。週末であることもあって、次から次へとお客様がやってきます。人気なんですねぇ・・・今回はしのだとのり巻の入った折を購入しましたが、地下には食事のできる場所もあるそうです。でもね・・・小さな声で告白しますが、私はここのしのだはちょっと苦手。なぜって・・・中の酢飯の中にれんこんが混じっているからです。あのさくさくがダメなんです。残念。

いなり寿司がしのだ寿司とも呼ばれる由来も調べてみました。「しのだ」は信太の森の伝説にかけたものだそうです。この伝説は信太の森に住む女狐が安倍保名と結婚して子供(のちの安倍清明)をもうけるが正体が狐とばれて姿を消したという話です。いなり寿司が狐の好物と言われる油揚げを使うことから、この伝説に結び付けて「信太(しのだ)寿司」と言うようになったそうです。安倍清明って狐の子供だったの?とそこにびっくりしてみたり(笑) (引用させていただいたのは → 
語源由来辞典


神田志乃多寿司
TEL 03-3255-2525
住所 東京都千代田区神田淡路町2-2
営業時間 7:30~18:00
定休日 火曜日(祝日の場合は振り替え)

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
関連記事
スポンサーサイト

東京 | trackback(0) | comment(2) |


<<横浜橋商店街の一本裏通りにある お好み焼きとみちゃん | TOP | 神田淡路町 近江屋洋菓子店 神田店>>

comment











管理人のみ閲覧OK


こんにちは 

しのだ寿司、有名なんですねー
知りませんでした(笑)
お稲荷さんとの関係も面白いですね

え?レンコンが?(笑)

2015/05/07 17:32 | はしびろけろ [ 編集 ]


Re: こんにちは 

はしびろけろ様

しのだ寿司って、思い返すとあちこちにあります。
そう思ってみないと気が付きませんものね。
私もこのしのだ寿司以外には入ったことがありません。
ほかのしのだ寿司のおいなりさんにはレンコン入ってないかなー。

火を通してもさくさくしている
あの触感が・・・どうもダメなんですよ。
好きじゃないものがあると、損しちゃうなぁ。
美味しいと思える日は来るでしょうか・・・

2015/05/11 12:56 | 海塩みかん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/1106-f9782fa4

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: