2013/12/10 (Tue) 野毛たべもの横丁で鉄板焼き 「肘鉄」

野毛で飲んでみたいというだけで行った野毛。何の計画もありません。ぶらぶらしていた途中に「たべもの横丁」の入口を見つけました。本当に横丁なわけではなく、以前良くあった屋台村みたいな感じにお店が並んでいます。
20131210たべもの横丁 (17)
中を一通り見て、この中のどこかにしようか・・・と。
20131210たべもの横丁 (16)
お店は全部で7軒あります。ワインとストウブ料理Bistro Graine Marcheスナック へそまがり鉄板焼 肘鉄 HIJITETU居酒屋 あお立喰寿司 まんぼう串カツ・どて串 夢源。どのお店に入っても、他のお店の食べ物が食べたかったら注文できるそうです。悩んだ末・・・↓この貝に惹かれて鉄板焼 肘鉄 HIJITETUにしました。
20131210たべもの横丁 (3)
何屋さんか良くわからないちょっとアジアな感じのするお店です。
20131210たべもの横丁 (1)
名物は一銭洋食だそうです。店頭にあった貝も焼いてくれます。
20131210たべもの横丁 (14)  20131210たべもの横丁 (13)
メニューの数は多くはありませんが、あまり高いものはありません。生ハムやパリパリチーズ焼きを最初に注文。
20131210たべもの横丁 (8)  20131210たべもの横丁 (10)
20131210たべもの横丁 (9)  20131210たべもの横丁 (2)
お店の方がとってもフレンドリーで感じがいいです。お店の方とあーだこーだ言いながらの食事タイム。鉄板の前に立っているおにーちゃんは若そうに見える・・・と思ったら、なんと10代!びっくりですよ。

最後にはちょっとご飯ものも食べたいわ・・・と筋向いにある立ち食い寿司屋さんからお寿司の出前。内容もなかなか悪くないです。立ち食い寿司屋さんには二階にお座敷があるようで、宴会も出来るらしいです。
20131210たべもの横丁 (6)  20131210たべもの横丁 (4)
出前できるのはいいなぁ・・・最後に貝をお替りして終了。面白かったー。ちなみに「肘鉄」というお店は大通り公園沿いに本店があるそうです。そちらは調べてみたらテラス席なんかあって、ちょっとオシャレな感じ。なんか調子が出てきたので、もう一軒!!!


肘鉄
TEL 045-315-6877
住所 神奈川県横浜市中区野毛町2-74-1 たべもの横丁
営業時間 17:00~24:00
定休日 無し
Facebookページがありました。 → こちら
たべもの横丁HPは → こちら

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
関連記事
スポンサーサイト

横浜 | trackback(0) | comment(2) |


<<野毛サイコーでーす! コッコ堂で焼鳥 | TOP | 野毛での0次会は立飲み 立飲処 桐のや水産 >>

comment











管理人のみ閲覧OK


こんばんは 

鉄板焼き屋さんらしくない店内が面白いですね~
もしかして居抜きなのかしら(笑)
カウンターもちょっとスナックぽいし...

ん?ここで飲んだお酒の写真がな~い(笑)
あっ、ビールのグラスがちょっと写ってる?

2015/05/15 20:20 | はしびろけろ [ 編集 ]


Re: こんばんは 

はしびろけろ様

 お店の方が感じよくて
 楽しく飲みました。ほんとだ!飲み物が写ってない!
 ハイボールかなんか飲んだような気がするんですけど。

 野毛食べ物横丁という名前になってますが
 以前は汚い小路だったそうです。
 ↑会社のこの辺に住む男子談
 その汚い小路の頃に行ってみたかった・・とちょっと思いました。

2015/05/20 14:28 | 海塩みかん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/1115-d4bbd654

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: