2014/02/01 (Sat) 神保町シアター 宿無し犬

またも神保町シアター映画です。神保町シアターの入場料金は¥1200 封切の映画を観るとなると当日券なら¥1800です。神保町シアターでの映画は興味深いものばかりだし、すっかり封切映画を観る気がなくなってきてしまいました。
その上、1日は映画の日だったようで¥1000でした。なんてラッキー。

2014年1月18日(土)~2月7日(金)までの企画はふたりぼっちの物語~「ふたり」が紡ぐ「ひとつ」の映画
20140201神保町シアターふたりぼっち (3)
ふたりにこだわった映画を選んでいるのですが、その映画は実にバラエティに富んでいます。私たちが見に行ったのは、『宿無し犬』という映画。田宮次郎演じる鴨井大介の犬シリーズの中の一本です。
20140201神保町シアターふたりぼっち (1)
二人というのは鴨井大介と刑事役の天地茂のこと。私にとって田宮二郎は「白い巨塔」の白い白衣の男性でしたが、昔の映画を観ると本当に魅力的です。白い巨塔はそんなに見たわけではないのですが、常に難しい顔をしていて笑うところのイメージはまったくありませんでした。それに比べて鴨井大介の明るいことったら。
20140201神保町シアターふたりぼっち (2)←クリックすると大きくなります。
神保町シアターのロビーにはいつも工夫をこらした掲示物が貼られています。今まで知らなかったことも色々わかったりするので、興味深いです。映画に対する愛情を感じます。若い人も古い映画を観てみるといいと思うよ。


↓神保町シアターHPからの引用です。
『宿無し犬』S39('64)/大映京都/白黒/シネスコ/1時間32分
■監督:田中徳三■脚本:藤本義一■撮影:武田千吉郎■音楽:塚原晢夫■美術:西岡善信■出演:田宮二郎、天知茂、江波杏子、坂本スミ子、成田三樹夫、水島道太郎
女と拳銃を愛する一匹狼・鴨居大介が母の墓を潰した組織に立ち向かう、"犬"シリーズの第一作。コミカルな味つけ満載の傑作ハード・アクションで、主演の田宮二郎と神出鬼没の刑事・天知茂とのやり取りには、最良の相棒映画(バディ・ムービー)の魅力が溢れる。

神保町シアター
■住所 東京都千代田区神田神保町1-23
    神保町駅からはA7出口より、すずらん通りを三省堂方面に進んで浅草厨房の角入る
■電話番号 03-5281-5132


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

関連記事
スポンサーサイト

東京 | trackback(0) | comment(0) |


<<映画の後は 神田まつや | TOP | お蕎麦屋さんというよりはお蕎麦が食べられるオシャレな居酒屋>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/1176-4e66fa95

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: