2014/04/21 (Mon) 出雲の旅⑬ 世界遺産・石見銀山散策 前半

せっかくなのであまり天気は良くないのですが、平成19年に世界遺産に登録された石見銀山に行くことにしました。石見銀山へは出雲市駅から山陰本線で大田市(おおだし)駅まで行きます。だいたい30分くらい。場所がちぃっともわかっていなかったのですが、石見銀山ってそんなとこにあったんですね。↓出雲市駅の改札です。
20140421石見銀山 (1)
大田市駅は小さな駅です。お土産を販売しているところが待合室にあるようですが、定休日でお休みでした。
20140421石見銀山お昼ごはん (12)  20140421石見銀山お昼ごはん (11)
大田市駅からは石見銀山方面行きのバスに乗ります。電車に合せてバスが用意されているようです。代官所跡 大森 遺産センターへ行くようなのですが、どこで降りたらいいのか良くわからないのでとにかく最終地点である遺産センターまで行くことにしました。遺産センターまでは30分くらい。ちょっとクラシックな感じのバスが走っています。
荷物は大田市駅のコインロッカーへ預けました。売店もないし百円玉がなくて大わらわ。他のお客様がバスを停めておいてくれて無事にバスに乗車です。皆よくわからないようで、同志みたいな気分になりました(笑)
20140421石見銀山お昼ごはん (10)
結局石見銀山世界遺産センターまでいらっしゃる方はいなかったんですが、遺産センターに最初に行ったのは正解でした。入場料は¥300です。ただし、WAONカードで払うと¥50円割引してくれます。石見銀山ではあちこちでWAONで支払いが出来て、更に割引があるので、もし普段利用されている方はお持ちになることをお勧めします。(→ 参考
20140421石見銀山 (8) 20140421石見銀山 (7)
遺産センターでは「なぜ石見銀山が世界遺産に登録されたのか」を学ぶことができます。石見銀山全体の回り方も遺産センターの地図をみながら施設のお姉さんに教えていただきました。石見銀山は、歩くのが基本です。大森から街並みまでは約5kmだそうです。貸自転車で回る手もあるのですが、お天気は雨模様。坑道跡を見ることも出来るのですが、今回はゆっくりみるために断念しました。

ということで、遺産センターを見学した後、バスに乗って行く途中に見た羅漢寺というお寺へ。バスの中から岩肌に鮮やかな扉が見えて気になっていたのです。あの扉の中には五百羅漢がおさめられています。
20140421石見銀山 (12)
18世紀中頃、銀山で亡くなった人々の霊と先祖の霊を供養するために25年かかって代官や代官所役人、領内の人々の援助、協力により石橋などを築き、石窟内に石造の五百羅漢を納め羅漢寺を建立したのだそうです。本堂は岩肌のお堂の向かい側にあり、こちらで拝観料を支払います。拝観料は¥500。御堂内の写真撮影は禁止です。
20140421石見銀山 (13)
御堂内でゆっくり五百羅漢を拝観させていただきました。御堂を出たところで、本堂側を見ると↓こんな感じ。
20140421石見銀山 (17) 20140421石見銀山 (18)
本当は、旧坑道にも行ってみたかったのですが、羅漢寺からはだいぶ歩かなければいけません。今回は諦めて、街並み散策へと向かいました。途中で、朝バスでご一緒だったご家族とお会いして聞いたところによると、結構時間がかかったそうです。羅漢寺か坑道かどっちかの方がゆっくり見られそうです。天気が良ければレンタサイクルがありますので、効率よく見られるのですが徒歩では少々厳しそう。レンタサイクル屋さんもこの天気でお休みに見えました。

石見銀山と呼ばれているところは、大きく大森エリアと銀山エリアに分けられます。羅漢寺から奥が銀山エリア、街並み散策をするエリアが大森エリアです。↓こんな街並みが続きます。古いのですが、とてもきれいに維持されています。観光客も多い中、この街並みを維持管理していくのは並大抵に努力ではないと思われます。
20140421石見銀山 (20) 20140421石見銀山 (24) 20140421石見銀山 (23) 
20140421石見銀山 (22) 20140421石見銀山 (21) 20140421石見銀山 (26)
自動販売機も街並みに合わせてあります。自動販売機があることに気が付かないくらい(笑)
20140421石見銀山 (25)
週末ではなく、月曜日のため観光客が少ないのはありがたかったのですがお店も結構閉まっているところがありました。カフェがあったので、ちょっと休憩。カフェ・カリアーリというカフェです。一見してカフェとはわからない古民家です。
20140421石見銀山 (28)
コーヒーが350円、カフェオレが400円という観光地とは思えない価格。
20140421石見銀山 (29)
この場所は、お店の方のおばあさまのおうちだったところだそうです。お若い感じの良い青年が日本での販売権を獲得するべく運動して、なんとこのお店が日本販売店の本店なんだそうです。靴を脱いで畳のお部屋でそんな話を聞かせていただきながら、コーヒーを飲みのんびりさせていただいちゃいました。
20140421石見銀山 (30)
イタリアのモデナというところで生まれたコーヒーだそうです。イタリアでコーヒーと言えば、エスプレッソ!というイメージしかありませんでしたが、そんな構えることなく飲めるバランスのとれたコーヒーでした。ほっと一息。
20140421石見銀山 (31)
なんだか熱意あふれるお話を聞くと応援したくなっちゃいますね。コーヒーを飲んでリフレッシュして、後半です。


カフェ カリアーリ
TEL 0854-89-0818
住所 島根県太田市大森町ハ151-1
営業時間 10:00~18:00
FB   HP

「石見銀山遺跡とその文化的景観」は、平成19(2007)年、世界遺産(文化遺産)に登録されました。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
関連記事
スポンサーサイト

島根 | trackback(0) | comment(2) |


<<出雲の旅⑭ 世界遺産・石見銀山散策 後半 | TOP | 出雲の旅⑫ 出雲グリーンホテルモーリスの朝ごはん>>

comment











管理人のみ閲覧OK


こんばんは 

今年も一年ありがとうございました。

コメントがまだまだ追いつきそうもありませんが(笑)
ゆっくりと読んでいきますねー!

よいお年をお迎えください♪

2014/12/31 20:59 | はしびろけろ [ 編集 ]


Re: こんばんは 

はしびろけろ様

 あけましておめでとうございます。
 ブログの記事も、コメントの返信も遅れてばかり。
 申し訳ありません。

 また今年もお付き合いくださいね。

2015/01/06 16:29 | 海塩みかん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/1242-e494c611

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: