2014/07/05 (Sat) 神保町の銭湯 梅の湯

今回の神保町シアターの企画は“にっぽん男優列伝~大映篇 キラリと光る優男たち”大映株式会社(だいえい)は、1942年から1971年まで存在した日本の映画会社です。(大映について詳しくは→ こちら
20140705神保町シアター (1)  20140705神保町シアター (6)
今回見たのは、「おーい中村君」という映画。昭和33年の映画です。若原一郎の同名ヒット曲を基にしたサラリーマン歌謡映画。「おーい中村君」を聞いたこともない人も多いかもしれません。私でさえ、ナツメロでしか知らないんですから。なんとこの映画、本編43分しかありません。封切当時は、何か別の映画と同時上映されたのでしょうか。
20140705神保町シアター (5)
主演は川崎敬三。私はワイドショーの司会としての川崎敬三さんしか知りません(ザ・ぼんちが良くまねをしていましたが、当時もあまりピンとこなかったくらいなので、私よりも若い人は良くわからなくても当たり前です。)が、映画119本に出ている役者さんです。この作品には、すっごく調子のいい同僚(後輩?)を田宮二郎が演じていました。とぼけた感じの川崎敬三がいい味だしてます。明るくて軽い喜劇でした。軽く見られて面白かったけど、43分で一本分はちと高い。

映画を見た後、神保町の銭湯へ行ってきました。すずらん通りからよく場所がわからないまま歩いたからなのか、遠く感じたのですが地下鉄神保町(A2)から徒歩1分だそうです。「梅の湯」という銭湯です。以前は昔ながらの風情のある銭湯だったそうなのですが(昔の画像は検索しても出てきませんでした。残念。)今は、マンションの一階にこぢんまりとある銭湯です。
20140705梅の湯 (3)
暖簾をくぐって中に入り、靴箱に靴をいれて中に入ります。番台ではなくてフロント形式。料金は大人450円です。
20140705梅の湯 (1)
皇居を走るランナーたちには“神保町唯一の銭湯ランニング拠点”として有名なんだそうで、私が行ったときにもランナーだと思われる人でかなり混雑していました。お風呂はとてもきれいですが、銭湯としては狭いです。私は都内の銭湯にはあまり行ったことがないので、都内だったらこんなものなのでしょうか。もちろんお風呂内の画像はありません(笑)
営業時間が平日は25時までと長いので、会社帰りにリフレッシュもできますね。

若い人には番台から見えそうで恥ずかしいとかあるんでしょうが、私はやっぱり昔の銭湯が好き。
20140705梅の湯 (2)

神保町シアター
■住所 東京都千代田区神田神保町1-23
    神保町駅からはA7出口より、すずらん通りを三省堂方面に進んで浅草厨房の角入る
■電話番号 03-5281-5132

銭湯 梅の湯
電話番号 03-3261-5897
住所 神田神保町2-8-2
定休日 日曜日
営業時間 15:00〜25:00(祝15:00〜23:00)
銭湯wiki 梅の湯のページは → こちら

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

関連記事
スポンサーサイト

東京 | trackback(0) | comment(0) |


<<神保町の「ラドリオ」と「ミロンガ」 | TOP | ベルギーワッフルをおやつに電車に乗って神保町へ ~ 天鴻餃子房>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/1305-7cb3e741

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: