2014/07/18 (Fri) じゅんさい冷やし中華

じゅんさいの季節です。じゅんさいの収穫は早いものは4月頃から始まり9月上旬頃まで行われます。出始めの4~6月頃に取れるものが「1番芽」と呼ばれゼリー状の部分が多く品質が最も高いと言われています。お値段も少々お高いです。
じゅんさいはスイレンなどと同じように葉を水面に浮かべる水草で、澄んだ淡水の池に自生しています。まぁ 私たちが買えるものは栽培されているものです。秋田県の三種町(みたねちょう)というところが生産日本一。ほかの地方の方にはそんなになじみのある食材ではないのかもしれません。
水煮はいつでも買えますが、生のものはその季節じゃないとありませんから旬の時期が待ち遠しい食材です。

普通はじゅんさいのお吸い物とか、じゅんさいをポン酢としょうがで食べるのでしょうが、私が一番好きなのは冷やし中華のトッピング。ぜいたくに一杯のせちゃいます。
20140715じゅんさい冷やし中華
見た目は良くないですが、じゅんさいの食感が十分に味わえます。この時期だけの楽しみです。
じゅんさいは漢字で書くと蓴菜だそうです。じゅんと言う字は、他で見たことがないです。自生しているところは世界中にあるらしいですが、食べるのは日本と中国ぐらいなんですって。美味しいのに・・・。

じゅんさいについては こちら に詳しかったです。参考にさせていただきました。最近はじゅんさい鍋というのも流行りなんですって。



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
関連記事
スポンサーサイト

秋田 | trackback(0) | comment(0) |


<<奥沢ぶらり散歩  サンケイプラザとパン屋さんCOMUS | TOP | 吉祥寺のオシャレ和食ダイニング「金の猿」で女子会(笑)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/1316-a5296792

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: