2014/08/08 (Fri) 秋田へ③ こおひい工房 珈音

いつか行ってみたいと思っていたカフェに無理やり両親を連れて行ってきました。「こおひい工房 珈音」というカフェです。
もう何年前になるのか・・・このカフェのブログをみつけて、ずっと読んでいました。ご主人はコントラバスの演奏者で、男鹿半島の付け根の五里合(いりあい)というところでコーヒー豆の焙煎し販売して、カフェを営んでいらっしゃいます。外に雪の降る真冬に、お客さんのいないカフェでコントラバスを弾いているご主人の写真があって、なんて静かで品のある生活なのだろうか・・と。このような生活を続けている方にまず興味がありました。あたしには絶対にできない生活。

場所が確かではないのでナビに頼ってお店へ向かいました。ナビでほぼ到着と出ましたが、お店まではナビは案内してくれませんでした。近くの角に小さな看板があって、やっとお店にたどり着きました。ご自宅の脇なのでしょうか・・・調べたところによると、建物は店主のお父様がおつくりになったということです。店舗の脇に駐車場があります。
20140808こぉひぃ珈音 (8)
普通のおうちに入るみたいな感じがしてちょっと緊張。店内は禁煙です。
20140808こぉひぃ珈音 (1)
店内はそれほど広くないですが、外の緑が目に鮮やかな明るい空間。
20140808こぉひぃ珈音 (3)
こおひい工房なのですから、メニューはほぼ珈琲ですが豆茶というのがあったので父にはそれを注文しました。あとはブラウニーなどの甘いものが数種類。
20140808こぉひぃ珈音 (2)
珈琲は持ち手のないカップで提供されました。母は、持ち手のないカップが好きではないといっていましたが、手に収まる感じで両手でつつむようにして飲むのは、このお店に似合っているのではないか・・・と。そして、私はそうして飲むのが結構落ち着くので好きです。コーヒーをいただいている間に、幼稚園くらいなのか人懐っこい店主のお嬢さんがやってきて私と遊んでくれました。遊んでくれてありがとう。とっても得した気分になりました。
実際にお会いした店主はお若くてやっぱり静かな方でした。やっぱり私にはこういう生活は出来ないけれど、憧れてしまいます。毎年7月にはホタルカフェというイベントが行われていて、店主のコントラバスの演奏も聞けるそうです。ほかにもイベントをたびたび開催されています。興味のある方は、HPで確認してみてください。
20140808こぉひぃ珈音 (9)
男鹿と言っても珈音さんのあたりは海は見えなくて、辺りは田んぼが広がっています。青々としていますが、もう稲穂が出てきています。1年がたつのが早い・・・・驚きます。

こおひい工房 珈音
TEL: 0185-34-2470
住所: 秋田県男鹿市五里合琴川字前田109
営業時間: 土日 10:00~17:00
       水~金 10:00~15:00
定休日: 月曜、火曜
HP
ホタルカフェ

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
関連記事
スポンサーサイト

秋田 | trackback(0) | comment(0) |


<<秋田へ④ 産直センター 潟の店 | TOP | 秋田② 車とのお別れに男鹿へ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/1354-6ba8026d

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: