2014/11/09 (Sun) 東京モノレール 大井競馬場前駅

モノレールとは、1本の軌条により進路を誘導されて走る軌道系交通機関とWikipedia(参考→こちら)に書いてあります。細かく見ると色々ありますが、大きくは懸垂式と跨座式と分けられるそうです。

日本で一番有名と言っても過言ではないモノレールは東京モノレールです。1964年秋の東京オリンピックの開催で、日本国内外からの羽田空港利用客の都心へのアクセスの改善を目的として建設され、10月10日の東京オリンピック開会式前と言っても3週間前!の9月17日に開業したんだそうです。最初はモノレール浜松町駅 から旧羽田駅(今の天空橋駅らしい)。その後昭和40年にできたのが、大井競馬場前駅です。
羽田空港までモノレールに乗るのは大好きなのですが、天王洲アイル以外の途中の駅で下りたことはありません。大井競馬場前駅も車窓から見るだけ。そんなわけで行ってみました。外観こんなラブリーだったんですねぇ・・・。
20141109 モノレール大井競馬場前 (6)
競馬が開催されているわけでもなく、だーれもいなくてやたらと静か。ちょっとびっくりしました。1日の乗降客4千人くらいはいるらしいんですけど・・・。最初はレース開催日のみ営業する仮設駅だったそうです。その2年後に常設駅になりました。
20141109 モノレール大井競馬場前 (1)  20141109 モノレール大井競馬場前 (2)
開業当初は駅周辺は埋め立てされておらず、海上面に駅舎が造られたんだそうです。そんなわけで外から見るとこんな感じ。もちろんその後手は入っているのでしょうが、ずいぶん頑丈に作られているものですね。
20141109 モノレール大井競馬場前 (9)
駅舎を一通りみたのですが、お休みだったようなのですが飲食店が一軒ありました。メニューを見る限りでは居酒屋ぽい。「ぽらん」というお店のようです。検索してみたのですが、どこにも載ってないんです。競馬のある日には、大混みなのでしょうか。
20141109 モノレール大井競馬場前 (3)
ところでこの跨座式のモノレール、以前はただ乗るだけだったのですが、通勤途中に見ることも多くなりました。真正面から見ると、口の中にレールが通っているように見えるのです。歯を食いしばってていたそーって毎回思ってしまいます。
20141109 モノレール大井競馬場前 (10)
大井競馬場前駅というだけあって、大井競馬場はすぐ近くです。なんだかちょっとかわいらしい入り口。遊園地みたい。
20141109 モノレール大井競馬場前 (11)

大井競馬場前駅
住所 東京都品川区勝島2-2-35
開業 昭和40年5月
Wikipedia

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

関連記事
スポンサーサイト

東京 | trackback(0) | comment(0) |


<<金刀比羅大鷲神社 酉の市 | TOP | 年に一度の市場のおまつり「食鮮まつり」 川崎幸市場>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/1440-1153e0e8

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: