2015/02/01 (Sun) 高さ634メートル 自立式電波塔として高さ世界一 東京スカイツリー

ランチを食べて、お茶のお土産まで買ってすっかり観光客気分です。この後は、なんと!!!スカイツリー見物へ。
会社からいつも見えているスカイツリーですが、ちょっと遠いのと混んでるだろうということでまだ行っていませんでした。それに世代なのか・・・なんとなくスカイツリーよりも東京タワーが好き(笑) でも、チャンスですもの。行ってきました。

新日本橋からスカイツリーまでどうやっていくの?って思っていたら、銀座線で三越前から押上まで一本です。それもたったの13分。そんなすぐなんだ・・・東北から来た先輩たちに教えられちゃってます。あっと言うまに押上駅到着。副駅名として東京スカイツリー前と名称がつけられているようです。
R0070630.jpg
東京スカイツリーがオープンしたのは2012年。既に3年近くがたっていますが、まだまだ混雑しています。
R0070633.jpg
混雑は織り込み済みだったため、幹事をしてくれたメンバーがインターネットで予約をしてくれていました。料金はインターネット予約だと2570円、当日券なら2060円です。当日券の方が安いんだ・・・今知りました(汗)この料金は、350mの東京スカイツリー天望デッキの料金です。その上の450m東京スカイツリー天望回廊へは更に1080円。高ーーーい!!
R0070634.jpg
高い分、スムーズです。すぐに受付してもらえました。桜模様の壁のエレベーター。50秒で展望デッキへ到着。早い!!
R0070635.jpg
確かに高いです。とてもとても遠くまで見えます。関東平野ってひろーーーい。
R0070637.jpg  R0070642.jpg
エレベーターは4基あるそうですが、内部がとてもきれいです。これは江戸切子をモチーフとしたものなのでしょうね。
R0070648.jpg
東京スカイツリーのある場所は、東京スカイツリータウンという名称で、ソラマチだとか水族館だとか色々な施設があり、1日中楽しめる場所になっているようです。みんな疲れちゃって、最後はソラマチの中で迷子になったりしてスカイツリー見物だけで終了しちゃいましたけど。私はしばらくはもういいかなぁ・・・外から眺めるだけで満足です。でも、一度は行った方がいいとこなのかも。
R0070650.jpg

東京スカイツリー
・住所: 東京都墨田区押上1-1-2
・アクセス:とうきょうスカイツリー駅からすぐ
・電話番号: 0570-55-0634
・公式サイトURL: http://www.tokyo-skytree.jp/


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

関連記事
スポンサーサイト

東京 | trackback(0) | comment(2) |


<<島根県浜田市の地酒 「泡ブタ」 | TOP | COREDO室町地下一階にある「おちゃらか」はフレーバー日本茶のお店>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

>その上の450m東京スカイツリー天望回廊へは更に1080円。高ーーーい!!

えええぇ、それは高いな~(笑)
計3650円...う~む。

私が行った時もぐる~と当日券のひとがすごい並んでたわ~

2016/07/26 13:03 | はしびろけろ [ 編集 ]


Re: タイトルなし 

はしびろけろ様

 とうとう梅雨が明けましたね。
 少しくらい暑くても湿気がなければいいんだけど・・・

 高いですよねーーー??
 見学料にお茶飲んだりなんか食べたりしたら
 当たり前に5000円越えちゃいます。
 もうしばらくは行かないかもしれないなぁ。
 外から見ているだけでいいや(笑)

2016/07/28 15:31 | 海塩みかん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/1515-bfb017f0

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: