2015/04/18 (Sat) 高遠のさくらまつりへ② 高遠城址公園

茅野駅前にも桜が咲いていました。高遠と同じ種類の桜です。高遠の桜は、コヒガン桜という種類で、ソメイヨシノより少し小ぶりで赤みが強いそうです。これがいっぱいあったらきれいだろうなぁ・・・。
R0071324.jpg
バスの時間だから早く早く!と出発時間よりも5分前にバスに到着したのですが、既に一台出発しちゃってました(大汗)
自分が嫌なお客になっちゃったなぁ・・・予定よりも参加者が少なかったらしく、大型バスにお客が私たち2人だけというむしろラッキーな結果。なんか申し訳ない。
R0071325.jpg
高遠まではバスで1時間くらいでした。そろそろ高遠到着。遠めに見る桜きれいです。
R0071326.jpg
さくらまつりの会場は高遠城址公園というところ。高遠城は戦国時代、武田信玄の家臣であった山本勘助が改修したお城だそうです。現在、当時の建物は解体・移築され、かつての敷地内には残っていなくて、唯一高遠藩士の師弟が学んだ藩校、進徳館(しんとくかん)が現存しているそうです。廃藩置県後、旧高遠藩士達が桜の馬場から桜を城跡に移植し、明治8年(1875年)に高遠城址公園となりました。(参考 → 高遠城址公園)さくらまつり期間中は有料になります。すこーし、散り気味ですがきれいです。
R0071327.jpg
1500本の桜があるそうです。
R0071330.jpg
バス駐車場にもバスいっぱい。私は高遠という地名は実は初めて聞いたのですが、高遠の桜はとても有名なんだそうです。
R0071342_20161124141225eea.jpg
さくらまつりの会場にも食べ物はあるのですが、ちょっとお昼ご飯をいただきに、町へ下りて行ってみます。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

関連記事
スポンサーサイト

長野 | trackback(0) | comment(0) |


<<高遠のさくらまつりへ③ 高遠そば | TOP | 高遠のさくらまつりへ① お座敷列車で茅野まで>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/1568-45660c93

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: