2015/04/18 (Sat) 高遠のさくらまつりへ④ 亀まん

日帰りでもどこかへ行ったらお土産が買いたくなるものです。少なくても私はそうなんです。
茅野の喫茶店・琥珀のママに教えていただいたお土産を買いに行きました。JRバス 高遠駅から近いです。それほど大きなお店ではありません。「亀まん」というのは商品名だと思っていたら、「老舗 亀まん」というのがお店の名前でした。
R0071357.jpg
名物はもちろん 亀まん頭。こしあんの入った薄皮のお饅頭です。亀の焼き印が入っています。
R0071356.jpg
肝心のお饅頭の写真を撮り忘れちゃったのですが、確かに美味しいお饅頭でした。創業は明治8年、初代によって開湯された銭湯『亀の湯』で来店する客にふるまっていた饅頭が評判を呼び、お饅頭屋さんになったそうです。『亀の湯』の一字をとって亀まんと名付けたそうなのです。(ちなみにその銭湯は、このあたりにはもうないようです。長野市に亀の湯という素敵な銭湯があるのですが、そちらと関係があるのでしょうか?)

ちゃんと教えていただいた琥珀のママにも亀まんを買ってお土産にすることにしました。ナイショの話ですが、他にも同じようなお饅頭が売られているのですが、亀まんが美味しいんだからね!と琥珀のママ一押しなのでした。



関連ランキング:和菓子 | 伊那市その他


老舗 亀まん←クリックするとHPに飛びます

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
関連記事
スポンサーサイト

長野 | trackback(0) | comment(0) |


<<高遠のさくらまつりへ④ 猫カフェ すとれいきゃっつ | TOP | 高遠のさくらまつりへ③ 高遠そば>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/1570-369b7f6d

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: