2015/05/02 (Sat) 2015年GW 秋田へ⑥ 古牧温泉 星野リゾート 青森屋の朝食とアクティビティ

青森屋の朝食はまたも同じ会場でバイキング。同じ会場ですが、並んでいるものはもちろん違います。
父は昨日の夜食べ過ぎて、朝ごはんはもう食べられないと言ったのですが、食い意地のはった母と私は朝食もちゃんと。
DSC_0290.jpg
普段の朝食は必ずパンの私なのですが、いくらとイカをその場でのせてくれる↓こんな丼を見ちゃったら、そりゃ食べたくなっちゃいますよね!ねっ!・・というわけで、ご飯はほんの少し、いくらはそれなり・・とかお願いして小さな丼を作ってもらいました。既に作って並んでいるというのが普通だと思うのに、その場で会話しながら作ってもらうのは特別感があっていいですね。こちらの丼は“八戸ばくだん丼”と名付けられています。
R0071497.jpg
また食べ過ぎちゃったので、イベントをやる広場で津軽弁のラジオ体操があるということで参加しました。でも、そのあとにご褒美のおやつがあったりして、全然意味ない(>_<)
R0071498.jpg
食後に一休みする両親をお部屋に残して、私は津軽塗のお箸を作る体験へ。こちらの体験は有料で、チェックインの時に予約をしておきました。3000円だったかな。完成品のお箸を購入するのとお値段的にはあまり変わらないですね。
既に下地のできているお箸が用意されています。
R0071499.jpg
教えていただいていい具合に磨いた後が↓これです。あんまり変わってないように見える・・・。
R0071500.jpg
でも、磨くの結構苦労だったんですよ。この磨き終わったお箸は職人さんのところに送られて、更にぴかぴかになって自宅へ送ってもらえます。一度やってみたかったんですが、ただ磨くだけの作業はちょっと実感が薄かったなぁ・・・。
R0071502.jpg

津軽塗のお箸づくりの体験を終えまして、両親には別の企画の予約をしておきました。
青森屋の敷地内には、渋沢公園があります。 公園の中心にあるカッパ沼をぐるりと 回る散歩コースがあり、お散歩にはちょうど良い距離なんですが、両親にとってはそう楽ではありません。青森屋では馬車で公園をまわるアクティビティが用意されています。9時に玄関を出発。
R0071505_20161130163409a2f.jpg
私は写真を撮りながら一緒について歩きます。ほとんど徒歩と同じくらいの速度。馬車の中ではお餅を焼いて食べさせてくれるらしいです。焼くのは楽しかったようですが、両親はお腹がいっぱいで食べられなくて、他の方に召し上がっていただいたそうです。
R0071508.jpg  R0071510.jpg
R0071518.jpg  R0071519.jpg
更にゆっくりできるのなら、青森屋出発のちょっとしたツアーが用意されていますし、連泊しても楽しく過ごせそうです。
両親の記憶にどのくらい残るのかよくわかりませんけれど、天気にも恵まれてたった一泊でしたけど充実していました。
さて・・・秋田に向けて出発です。せっかくなのでもうちょっと青森を楽しんでいきます。青森はそろそろリンゴの花の季節です。
DSC_0293_201611301657522d8.jpg




ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
関連記事
スポンサーサイト

青森 | trackback(0) | comment(0) |


<<2015年GW 秋田へ⑦ 弘前でお昼ご飯 四川料理ベア | TOP | 2015年GW 秋田へ⑤ 古牧温泉 星野リゾート 青森屋>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/1580-065a21e8

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: