2015/07/31 (Fri) 横川駅の元祖駅そば おぎのや

昨日のロツレはちょっと変な感じになっちゃいました。お店を出た後に五郎さんに謝られちゃったりして、ちょっと後味の悪い感じ。今日はどうしてるかなぁ・・・と思わないではいられませんが、それはおいて気を取り直して電車を見に行くことにします。

高崎駅から信越本線に乗ります。
R0072228_20170303153733c93.jpg
目的地とうちゃーく!意外と近くてびっくり。あたし地理弱いんです。目的地は「横川」でした。高崎から横川までは35分くらい。
R0072229.jpg
あの峠の釜めしで有名な横川です。峠の釜めしって昔はお土産でもらったりして、実家の物置に入れ物が一個くらいあるかも。
R0072230_2017030315373659e.jpg
横川駅は北陸新幹線の高崎駅 - 長野駅間が部分開業した1997年10月1日以降、信越本線の終着駅になりました。かつては碓氷峠を越えて軽井沢駅へ複線電化の線路がつながっており、碓氷峠越えの拠点となった駅です。碓氷峠には66.7‰という国鉄・JRで最も急な勾配があり、列車が上り・下りするためには補機であるEF63を連結・解放する必要がありました。そのため、全ての列車が長時間停車したんだそうです。その長時間の待っている間にお客さんが食べたのが「峠の釜めし」というわけです。
そんなこともあり、ホームには昔の線路が展示されていました。
R0072231_20170303161921a28.jpg  R0072232.jpg
そして駅前には、いまも峠の釜めしのおぎのやさんがあります。駅そばもおぎのやさん。横川駅と軽井沢駅間が閉鎖される前、横川でこの先の難所を超えるためアプト式電車に切り替えられたのですが、その切り替えを待っている間に乗客に提供されたのが駅そばの始まりなんだそうです。というわけで、ここの駅そばは駅そばの元祖とも言えるそうです。
お店は立ち食いの形でホーム側からも外からも利用できます。私たちは改札を出て、外から利用しました。立ち食いのかたちになってはいますが、お店の前にベンチとテーブルが用意されているので座って食べることができます。
R0072233_20170303161924495.jpg
ここのおそばは生めんから茹でるのだそうです。若干時間がかかったかな・・・。食べログでは結構いい評価になっているようです。そばの評価なのか、駅弁として一緒に釜めしも販売されているのでそちらの評価かはわかりませんが、かけそば¥320は結構美味しかったです。おだしも濃すぎずおいしかったですし、麺はつるっとしてなかなか。ボリュームもあります。
R0072234.jpg
同行者がどーしても食べたかったという駅そばを食べて、横川駅から徒歩数分の碓井峠鉄道文化むらに向かいます。



関連ランキング:釜飯 | 横川駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
関連記事
スポンサーサイト

群馬 | trackback(0) | comment(0) |


<<トロッコ電車にも乗れる!碓井峠鉄道文化むら | TOP | 高崎の宿 ホテル1-2-3高崎>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/1647-2c3019b1

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: