2015/08/01 (Sat) 木枯らし紋次郎のふるさと 三日月村へ

結構疲れてぐっすり休み、次の日は桐生からわたらせ渓谷鐡道で相老(あいおい)へ出ました。相老駅は、駅の所在地である旧相生村の地名をそのまま使用すると兵庫県の相生駅と重なることから、『生』を『老』に変更したんだそうです。確かに、私のPCで変換すると最初に相生が出てきます。今も住所は桐生市相生町です。その相老駅で東武線に乗り換え。
DSC_0405.jpg
向かったのは、電車で10分ほどの藪塚駅でした。特急「りょうもう」が停まる駅なんですが、駅前にはなーんにもないです。
目的地はここではなくて、更にここから徒歩なら10分、車なら3分とHPに書いてある「三日月村」というところなのです。貧乏性の私は徒歩10分なら当然のことながら徒歩を選択します。(ちなみにバス等の公共の交通手段はありません。)普段なら。でも、駅から出ると恐怖を感じるくらいに外に人の気配がない。確かに外にぼーっと立っていると意識が遠のくほどに暑いので、たどり着けないかもしれないということで、運よく駅前に一台だけ停まっていたタクシーに乗り込んで「三日月村まで」
DSC_0452.jpg
タクシーが連れて行ってくれたわけですが、初めての人がこんなとこ歩いていけるわけないじゃん。特に三日月村までの案内はなく、途中に道を聞けるような人もいないです。タクシーにしてよかった・・・タクシーでないとマジで行き倒れになるところでしたよ。徒歩10分って書いてあったけれど、実際は20分ちかくかかりそうな感じがします。道のりわかっていたら早いのかな。
タクシーが到着したのは、↓この階段の下。三日月村温泉口という入口。個人の方が車で行くときには、専用駐車場のある別の入口があります。温泉口はやぶ塚温泉のホテルふせじまの駐車場の奥です。専用駐車場がある方が正面なのかもしれませんが、タクシーだと遠回りになるそうです。
DSC_0407.jpg
階段を上っていくと、石碑がありました。ちゃんと読まなかったんですが(すみません)木枯らし紋次郎であろう人と笹沢佐保という字が読み取れます。この三日月村は、「『木枯し紋次郎』のふる里」という設定で江戸時代を再現したテーマパーク!!なのです。
ど~こかで~だ~れかが~♪の木枯らし紋次郎です。あたしよりも年上の人しかわからないような時代劇。
DSC_0415.jpg
なんだか不安になりながら坂をさらに上っていくと、案内板がありました。不安になるころにちょうど出てくる案内板(笑)
DSC_0416.jpg
さらに上ると、やっと門がありました。駅から歩いていたら、遊ぶどころの話じゃなかったです。いやマジで・・・。
DSC_0418.jpg
マジックで手書きした案内。テーマパークだけど、定休日があるんですね。金曜日が定休。行く方は気を付けてください。
DSC_0419.jpg
関所って書いてあるけど、閉まってますね・・・・さらに先に関所うつってるみたいです。
DSC_0420.jpg
えー まだ歩くの?
DSC_0422.jpg
そして、まだ歩いて・・・
DSC_0425.jpg
やっと…到着?途中だまされた感があったんで、まだ信じられない(笑) ここでチケットを購入。更に園内では、普通のお金が使えないのでここで両替もします。働いている人がそんなに多くないようで、いろいろなところ同じ方が担当している模様。
DSC_0426.jpg
ここまでで既に暑い中歩いたので、園内を散策する前に一休み。
DSC_0428.jpg  DSC_0429.jpg
両替したお金をここで使います。ちなみに一文100円。もし、使用しなければ帰りにはまた両替してくれるそうなので安心です。銭形平次(これまたわたしくらいの人じゃないとわからないかも)が投げるみたいなお金。
DSC_0430.jpg
三日月村の入場料は600円。アトラクションとのセット券が1500円です。私たちはセット券を購入したわけですが、そのアトラクションは3つ。その一つが不可思議土蔵。写真が曲がっているわけではなく、傾いて建っている蔵なのです。
DSC_0438.jpg
中に入るとこんな感じ。ただ傾いてるだけじゃんか!と思うんですが、入るとくーらくらします。走るとか絶対無理。傾いてるってこういうことなんですねー。ちょうど同じ時にカップルがいらして、女性は舞台女優さんだということだったのですが、彼女は平気だったみたい。舞台女優さん恐るべし。私はよれよれでした。
DSC_0436.jpg
三日月村は、笹沢左保の作品で、テレビ放映され人気番組となった「木枯し紋次郎」の舞台、上州新田郡(ごおり)三日月村を再現したテーマパークということなのですが、園内にはその笹沢佐保先生の記念館『かかわりーな』があります。1998年4月にオープンしたそうです。木枯し紋次郎エリアと笹沢先生の書斎を再現したコーナーや映像コーナーなどがあります。
DSC_0441.jpg
主役・木枯らし紋次郎を演じたのは中村敦夫さん。かっこよかったなー。
展示品で印象的だったのは笹沢佐保先生の手書きの原稿。教科書みたいな字で丁寧に書かれていました。
DSC_0442.jpg
その後、園内を散策。ここが一番の見どころ。(・・・と個人的には)
DSC_0443.jpg
DSC_0444.jpg  DSC_0445.jpg
ここは木枯らし紋次郎の生家らしいです。(架空・・・・だけどね。)
DSC_0447.jpg
とても自然な感じ。(ちょっと蚊に刺されました。)自然な感じと言えば聞こえはいいけれど、ものすごくさびれた小規模な日光江戸村みたいな感じも・・・します。面白いなぁ・・・。
DSC_0448.jpg
旅籠屋の二階の窓からは誘うように妙に色っぽいお姉さんが座っていたりもします。
DSC_0450.jpg
さらに絡繰屋敷(からくりやしき)と怪異現洞(かいいげんどう)に入場。絡繰屋敷はいわゆる忍者屋敷みたいな建物で、案内人に連れられてヒントを出してもらいながら進みます。中は、からくりがわかっちゃうので写真は禁止。怪異現洞は、一番新しくできた施設だそうです。ちょっとした仕掛けのある洞窟を探検するという趣向。
入る前はなんだこれ?って正直思ったんですが、そこが面白い!!!

群馬出身の方に「三日月村に行ってきたよ!」という話をしたら、(゜_゜>)みたいな顔をされました。名前は知っているけれど、行ったことはないんだそうです。群馬も広いからね。みんな行ってみればいいのに・・・・面白いのに・・・あたしは好きな場所でした。行ってよかった。暑くて、ちょっとへばったけど。帰りにはやぶ塚温泉に入れるから、リフレッシュできますよ。
というわけで、帰りはやぶ塚温泉へ。→ 次へ続く

三日月村
営業時間 午前9時半~午後4時
定休日 金曜日 12/25~30
入村料金 大人600円(税別) 子供300円(税別)
〒376-2301 群馬県太田市藪塚町3320
電話番号 0277-78-5321



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

関連記事
スポンサーサイト

群馬 | trackback(0) | comment(0) |


<<やぶ塚温泉 ホテルふせじまでひとっ風呂 | TOP | 蒲焼 赤松さんで 名物もも焼き>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/1652-078ac98f

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: