2016/03/05 (Sat) 男鹿と言えば「なまはげ」 なまはげ館と男鹿真山伝承館

お昼ごはんを食べてお腹いっぱいになり、真山方向へ向かいます。真山は男鹿三山のひとつ。(男鹿三山は真山(565m)と本山(715.0m)、毛無山(617m))父はまったく興味がないようでしたが(笑)母となまはげ館に行こうと意見が一致。
秋田と言えば「なまはげ」というイメージがかなり浸透しているのですが、なまはげは前にも書いた通り男鹿にしかいません。
なまはげは国重要無形民俗文化財に指定されていますが、かなりプライベートなお祭りというか行事。秋田県内の人でも本当の大みそかのなまはげ行事を見たことがある人はそんなに多くはないと思います。大みそかの晩に各家庭をめぐるものなのです。一般の人には、なまはげ柴灯(せど)まつりというお祭りが2月に行われますので、なまはげを見ることはできますが、それとはかなり違うものなんです。その本当の大みそかの晩に行われる行事が体験できるのが、なまはげ館となまはげ伝承館です。

まだ雪が残る季節ということもあって、静かでした。小ぢんまりしたオシャレな建物が「なまはげ館」です。(逆光で見えにくいので、なまはげ館HPで見てください)なまはげ館の入館料は500円。伝承館との共通券が800円(11月~3月は1000円)なので、時間が長くとれる方には共通券がお勧め。
R0073481.jpg
館内にはなまはげになれるコーナーもあります。なまはげになって記念撮影を!!
R0073482.jpg
その奥にはなまはげそろい踏みです。町ごとに行われるので、町ごとになまはげのお面が用意されるのですが、その町によってずいぶんと違います。現在良くみるなまはげはなまはげ作家さんのものだそうです。お面が大きくて丸いのは、昔はかごに紙を貼って作ったからなんだそうです。なるほど・・・その土地の人々手作りのものだったんですね。段々と町で作ることもなくなって、作家さんのお面を使うことが多くなっているそうです。ちょっとさみしい。
R0073485.jpg
一つ一つよく見ると、個性があって面白いです。怖いだけじゃなくて、ユーモラスでもあります。でも、実際大みそかにおうちになまはげが来ると、大人でも怖いんですよ。
R0073484.jpg  R0073483.jpg
なまはげ館を通り抜けて奥にあるのが伝承館。こちらでは1時間に1度なまはげの実演があるのです。なまはげにはちゃんとしきたりがありまして、実際に大みそかに体験するのは難しいなまはげ行事を体験できます。今回は、父が興味がなくて見学しませんでしたが、興味深いものでした。それぞれの町で伝承していく行事ですが、最近はなまはげさんを家の中に入れるのが嫌という家庭もあるらしくて、なかなか難しいものですね。
R0073486.jpg
なまはげ館付近にあった神山神社の案内図です。そういえば、神山神社に参拝したことはなかったです。
この次に来たら行ってみようかな。
R0073489.jpg

まだまだ男鹿には見どころいっぱいあります。この後、入道崎をまわってかえりました。
R0073492.jpg
今の時期は人がほとんどいません。お店も営業していなくてだいぶさみしいです。その代わりに、気兼ねすることなくなまはげと並んで写真が撮れますよ。

なまはげ館
〒010-0686 男鹿市北浦真山字水喰沢
TEL 0185-22-5050
FAX 0185-22-5080

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

関連記事
スポンサーサイト

秋田 | trackback(0) | comment(0) |


<<STAR WARS ANA JET スターウォーズジェットにまた乗れました | TOP | 男鹿でのランチはお刺身を購入して市場の2階の「海鮮屋」さん>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/1769-eeb8a10f

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: