FC2ブログ
2016/06/25 (Sat) 下仁田に行ったら 「まるへい」さんのコンニャク製品

下仁田と言われると一番最初に思い浮かぶのがネギ。次にちょっと考えて思い浮かぶのはコンニャクじゃないでしょうか。すき焼きの材料って感じ。近くに牛肉の産地もあるかしら?

素敵な街並みを通り抜けた先に、諏訪神社がありました。帰ってきてから調べてみると、とても古い神社です。
創建は天保8年(1837)から弘化3年(1846)にかけて。もともとは八幡神社で、諏訪大社を崇拝した武田氏の勢力がこの地域に進出した時に社名が変えられたと考えられているそうです。秋の例大祭が下仁田で一番大きなお祭りらしいです。
本殿の壁面や虹梁は彫刻で埋められているそうで、もっと近くからちゃんと見てくれば良かった・・・と後悔しきり。
DSC_1366.jpg

諏訪神社の近くにコンニャク屋さんを発見しました。「まるへい」というお店。立派な店構えです。
DSC_1367_20180619114435ad2.jpg
お店に入ると笑顔のおかみさん(たぶん)が接客してくださいました。店内には、たくさんの種類のコンニャクを使用した商品が並んでいて、色々試食させて下さいます。
私が一番気に入ったのは、ちくわ状のコンニャクの中にキュウリを入れたお惣菜風のものとコンニャクごぼう。お値段もそれほど高くなくて、ヘルシー(たぶん)お土産にぴったりです。ただ一つ困っちゃうのは結構重い。まとめて買ったら送っちゃったほうがいいかもしれないです。
DSC_1368_201806191144367e3.jpg
要冷蔵で賞味期限が短いため、今回は購入を断念したのですが、このお店での一押しは“てのしこんにゃく”というものです。のれんにも大きく“てのしこんにゃく”って書いてありますね。上質な原料と独自特許製法で作り上げた、さしみこんにゃくなんだそうです。酢味噌をつけて試食させていただいたんですが、ぷるんっとしていて美味しい。私コンニャク大好きなんです。
街をちょっと歩いた限りでは、駅前にお土産屋さんが一軒あるくらい。お土産を買うつもりがあるならおすすめ。

こちらのお店、外からみたらやたらと立派。よく見たら登録有形文化財のプレートがついていました。幕末から明治頃に建てられたといわれているそうです。
DSC_1369_20180619114437f4a.jpg
店舗は蔵造りですが、それに続くお屋敷かなり広いです。蔵造りの店舗。コンニャク業にたずさわったのは大正の初めころだそうなのですが、その前は何をしていらしたのでしょうか。
DSC_1370_20180619114439bb7.jpg



関連ランキング:和食(その他) | 下仁田駅


HP

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
関連記事
スポンサーサイト

群馬 | trackback(0) | comment(2) |


<<下仁田の名物料理は 下仁田かつ丼 | TOP | 下仁田の街中散策>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

てのしこんにゃく、食べたことないですねー。おいしそうですねえ。

2018/06/20 20:18 | TORU [ 編集 ]


Re: タイトルなし 

TORUさま

 てのしこんにゃくは、普通のこんにゃくよりも
 かなりはかない感じがしました。
 美味しかったです。
 下仁田は素敵な町でした。

2018/06/21 16:24 | 海塩みかん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/1858-18bcce95

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: