FC2ブログ
2016/08/04 (Thu) 東北三大祭りの一つ 秋田の竿灯

秋田空港へ到着して、いつものことですがレンタカーを借りました。目的地に近づいてきたら、カーナビに大きな祭のうちわの表示。いつもついてる?と不思議に思ったのですが、あーそういえば竿灯が始まるのでした。秋田の竿灯は東北三大まつりの一つ。(最近は四大まつりとか五大まつりとかに増えてますが・・・ちなみに三大まつりなら秋田の竿灯・青森のねぶた・仙台の七夕、四大まつりならそれに加えて山形の花笠、五大まつりになればさらに盛岡のさんさということになります。
秋田に住んでいた頃は、まつりの前になると会場放送の練習があったりして始まるなと実感できるのですが、今はたまたま秋田にかえったら祭りだってことが多いんです。近すぎてあまり会場まで行かないことも多かったです。
DSC_1871.jpg
夜になって御囃子が大きく聞こえてきたので、始まったな・・・と会場にぶらぶらといってみることにしました。竿灯は、全体を稲穂に、連なる提灯を米俵に見立て、額・腰・肩などにのせ、豊作を祈るという意味があります。重要無形民俗文化財に指定されているそうです。
DSC_1890.jpg DSC_1878.jpg
125万人くらいの観光客が竿灯を見に来てくれるそうですが、改めて見るときれいで楽しい祭りです。一般の人がいきなり飛び入りしたりすることはできませんが、演技に合わせて声をかけます。大人のあげている大若という大きな竿灯は重さが50キロほどあります。今もそうだと思うのですが、竿灯は女性があげることはできません。何十年か前は、お囃子も女性は禁止でした。今は太鼓や横笛を女性が楽しそうに演奏しています。時代は変わりますね。
DSC_1884.jpg
こどもたちは、小若と呼ばれる小さなものをあげます。小若でも15キロくらいはあります。かわいい。
DSC_1889.jpg
この4日間のために1年間練習してるんですよねー。ちょっと胸が熱くなっちゃいます。



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

関連記事
スポンサーサイト

秋田 | trackback(0) | comment(0) |


<<伊藤旅館の「おうちごはん」でランチ | TOP | 【閉店】 旭北栄町のカフェブルームで懐かしのナポリタンランチ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/1928-4e3fcc70

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: