FC2ブログ
2017/02/13 (Mon) 神保町シアター あの時代(とき)の刑事(デカ) にせ刑事

神保町に来たら、やっぱり映画見なきゃ。今の企画は「あの時代(とき)の刑事(デカ)」
ちょうどお昼を食べ終わったころに、勝新太郎主演の「にせ刑事」という映画の上映があったのでチケットを購入しておきました。
DSC_3212.jpg
今回の企画では昭和30年代の映画が多いですが、古いものは昭和27年の丹波哲郎!!のデビュー作「殺人容疑者」、新しいものは平成7年の「マークスの山」まで色々。ロビーの壁面には、その年表が貼ってあります。
DSC_3213.jpg
上映作品ではないキイハンターや太陽にほえろの情報まで。比較的若い世代にもわかりやすい・・・とか言えないか太陽にほえろでも十分に古い・・・ですものね。
DSC_3214.jpg
「にせ刑事」の上映当時のポスター。正直勝新太郎って、古い映画を色々見るようになるまでそーんなに好きじゃなかったんです。魅力的な人ではあったんだろうと思ってましたが、あぁ・・玉緒さん大変だったろうなぁ・・とか思っちゃって(笑) でも、映画の中の勝新太郎は、目の力が違います。コミカルな感じもあって、ほんとに引き込まれちゃう。きっと、周りの方々にも本当に慕われていたんでしょうね。知らないけど。
DSC_3215.jpg
手錠やピストルのディスプレイなんかもあって、神保町シアターのスタッフの方の工夫には頭が下がります。
DSC_3216.jpg
「にせ刑事」という映画は、ドジを踏み刑事をクビになった魚屋の倅・寅松(勝)は、持ち前の正義感から児童誘拐事件に巻き込まれ、"にせ刑事"として捜査に乗り出すことに!先輩デカ・伊藤とのやり取りなど、勝新の笑いのセンスも光る痛快アクション。←神保町シアターの紹介文からの引用です。
1時間半くらいと短いこともあり、テンポのよい映画であっという間に見終わってしまいました。今のテレビドラマが映画になった感じのものと比べて、これが映画!って感じがあります。やっぱり勝新はテレビじゃなくて、映画の人なんだなぁ。

神保町シアター
■住所 東京都千代田区神田神保町1-23
    神保町駅からはA7出口より、すずらん通りを三省堂方面に進んで浅草厨房の角入る
■電話番号 03-5281-5132

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

関連記事
スポンサーサイト



東京 | trackback(0) | comment(0) |


<<ミシュラン一つ星 ラーメン蔦のカップ麺 | TOP | 神保町の路地裏の海南鶏飯のお店 天鶏(てんちぃ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/2095-28a65e42

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: