FC2ブログ
2008/12/22 (Mon) お好み焼きって本来こういうものかも・・・

いくらなのかはわかりませんでした^^;


大井町で会社の忘年会の帰り。
食べても食べてもまだお腹が減っているという食べ盛りの少年と同僚と連れ立っての帰り道。「なんか食べよっか?」ということになり、ハフハフボールを想定して「たこ焼きとかはどお?」と聞いてみたところ、「お好み焼きなんかいいっすねー。この前お好み焼き屋をみつけたんですよ。」とのこと。「じゃあ そこに行こうよ。」と連れて行ってもらったのがこのお店。

お店というか屋台というか立ち飲みというか・・・お店の名前もないし、電話もなさそう。アフロヘアのおねーさんが一人でやってます。入口を一応ビニールで覆ってあって、中には小さなテーブルもあり、運が良ければ座って食べられます。私たちは運が良かったので座らせてもらえました。最大座って6名様。ストーブはあるけれど、いっぱいだったらお尻焼けちゃうのでつけられません。
お品書きはありません。どうもお好み焼きとたこ焼きと焼きそばがあるようです。飲み物はお酒とビールがあるみたい。ジュース類はありません。

お好み焼きを2枚、たこ焼きを1つ。ビール(350mlの缶がそのまま出てきます。スーパードライでした。)を1本注文。小麦粉ばっかりでもっちもちした¥200のお好み焼きの話をしていたので、そんなもんかな・・と思っていたのですが、どうしてどうして立派なお好み焼きが出てきました。
ちょっとだけ焼くところを見ていたら、まず薄く生地を延ばして台を作り、その上にキャベツと干しエビを入れた種をのっけて焼き、上にかかっているのはかつおぶしと海苔(4分割してあって、1かけらだけが青海苔であとは普通の海苔でした。)大変失礼ながら、最初にお隣の人が食べていたたこ焼きがあまりに真っ黒で、味に期待は全くしてなくて・・・この雰囲気だけで充分たのしいじゃんか!と思ってました。まさかあの黒々としたものが海苔だったとは思ってなかったのです。この海苔が意外と美味しい。たこ焼きにも山盛りに海苔がかかってました。「大森海苔?」って少年が聞いたら笑って「うんうん」とおねーさんがうなづいていましたが、ほんとにそうなのかしら?
歯にくっついちゃってすまして食べることは出来ませんが、美味しかったです。

それにおねーさんステキ。美味しい!と喜んでいたら親指を突き出して「ぐー?」とにっこにこ。
道行く若いコたちもおねーさんに手を振っていきます。地元のヒトに好かれてるんだなー。あたしも好きです。お好み焼き1枚の値段はわかりませんが、支払は¥1550でした。皆様もゼヒ。

関連記事
スポンサーサイト



東京 | trackback(0) | comment(0) |


<<年越しソバ | TOP | 「とおり」(またはどおり) と「とうり」(またはどうり)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/226-72a4c9f6

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: