FC2ブログ
2012/03/25 (Sun) 温泉銭湯 朝日湯さんは想像どおりの銭湯

私はめんどくさがりなものですから、うちではあまり湯船に浸かりません。秋田に住んでいた時代は、比較的近くに温泉(といってもスーパー銭湯みたいなもの)がたくさんありました。だいたいのところが¥500で入れて、駐車場も完備されていたのでご飯を食べてから車でそこまで行って、濡れた髪のまま帰ってきて寝る・・・という生活をしていました。だいたいにして、当時は添乗員が主な仕事だったので、うちに泊まる(?)ことが少なかったんです。
アパートのお風呂は沸かしなおしも出来ないし、お風呂に入る前に洗ってお湯を入れて、すぐに落とすということがなんだか無駄なように思えていたのです。

今もやっぱりそれは変わらなくて、あまり湯船には入りません。東京のスーパー銭湯は高くて毎日みたいに通うわけにいきませんし、大きなお風呂が恋しくなることがあります。うちから一番近いところなんて、天然温泉とは言え入館料が¥2300。行ったこともありません(汗)なみなみとお湯が満たされている広いお風呂にどぼんと浸かるだけなんて、贅沢。

それでも銭湯なら何とか行けそうな気がします。今は入湯料が¥450。今住んでいるところの近所の銭湯はどんどん減っています。どこの地域も同じみたいです。今のうちに行っておかないと、せっかくの文化がなくなっちゃう!
そんなわけで、今一番気になっていた銭湯に行ってみました。これが銭湯だ!という外観がとても気になっていました。行った先は生麦です。たぶんこの周辺で一番古い銭湯の『朝日湯』さん。
朝日湯 (1)
国道15号線沿いにあり、通るたびに気になっていました。間口の広い和風建築で料亭か旅館みたい。屋根の上には点いてはいないけれどラジウム温泉というネオン。
朝日湯 (3)
天然温泉ラジュームと書かれたのれんをくぐると、左側が男湯、右側が女湯です。
朝日湯 (4)
鍵が木札のいかにもな下駄箱に靴を入れて、番台で入湯料¥450を支払います。

脱衣場に私以外誰もいなかったことをいいことに、脱衣場の写真です。
朝日湯 (7)
どなたか日本のお城好きがいらっしゃるのか、壁にお城のポスター多数。(同行者の話によると、男湯にはないらしいです。)脱衣場の竹の籠が珍しい・・・昔は竹の籠だったのですよね。
朝日湯 (6)
懐かしい形のドライヤーと、かなり旧式っぽいコイン式のマッサージ機。
朝日湯 (8)
天井は男性側と続いているのですが、見事です。同行者の話によると、男湯の方には中庭を見る縁側があって、そこでタバコが吸えるんだそうです。タバコはともかく、なんだかのんびりできそうでいいなぁ・・・。

お風呂は黒いお湯です。湯船は3つありますが、「つながってるから同じだよ」と常連のおかあさんが教えてくれました。小さな泡がでていたり、ジェット水流が出ていたりで気持ちいいです。お湯自体はさらりとしています。湯船は結構深かったりして、黒いお湯で底が見えないので注意が必要です。サウナもありますが、サウナは¥100の追加料金がかかります。
お風呂の中の絵は(なんていうんだろう?富士山とか書いてあるやつです。)新緑だと思われる写真でした。ペンキ絵を期待していたので、それはちょっと残念。
この辺にはさらに3つ銭湯があったんだよと先ほどの常連さんが教えてくれました。今はこの近くに銭湯は3軒。彼女は自分のうちのお風呂にはほとんど入らず、歩いて数分の朝日屋さんに入りにくるんだそうです。こうしてお風呂に浸かりながら裸のお付き合いができるのも、銭湯の醍醐味ですね。ちょっと肌寒い日でしたが、入浴後はぽっかぽかで暑いくらいでした。


朝日湯
住所 横浜市鶴見区生麦3-6-24
連絡先 045-501-5863
営業時間 15:00~23:00
定休日 5の日(日曜の場合は翌日)
↑こちらは横浜市浴場共同組合のHPにあったものなのですが
 お店の休日の張り紙を見る限りでは、定かではなさそうです。


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

関連記事
スポンサーサイト



横浜 | trackback(0) | comment(6) |


<<休日の商店街は楽しいよ 天王町シルクロードアンティークバザール | TOP | 蒲田鳥久のきじ焼き弁当>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おお、いい銭湯ですねえ。どんどん銭湯は減っていっていますからね
。今のうちにどんどん入っておかないと、、、。

2012/04/04 19:23 | TORU [ 編集 ]


Re: タイトルなし 

TORUさま
 銭湯見る間に減っていきますねぇ・・・
 もっと早く銭湯めぐりしておくべきだったかな。
 引越ししたら、もちょっと頻繁に行きたいと思います。

2012/04/04 21:20 | 海塩みかん [ 編集 ]


こんばんは。 

純和風建築の趣が素敵な銭湯ですねー。
ザ・銭湯!

昭和3年開業のようですが何度かは改装しているような感じがしました。
ドライヤー?やマッサージのソファなどレトロ感満点です・・・。
しかし織り上げ格天井がすばらしいなぁと思いました。
いつまでも続いてほしいですねぇ。うんうん。
では。

2012/04/06 19:37 | はしびろけろ [ 編集 ]


Re: こんばんは。 

はしびろけろ様
 お風呂の中の絵がペンキ絵じゃなかったのがちと残念でした。
 ペンキ絵を期待してたんですよ。

 あの天井は織り上げ格天井というのですか。
 ひとつ勉強になりました。
 続いて欲しいし、また行きたいと思ってます。

2012/04/07 06:50 | 海塩みかん [ 編集 ]


朝日湯、行かれてたんですね! 

ここは、実に昭和的なノスタルジックな温泉銭湯ですよね。
いまはこんなのが少なくなりました。

それに、今はお風呂のない家なんてないですから、
銭湯経営はたいへん厳しいと思います。

私も微力ながら、がんばってほしいと願いながら、
あちこちの銭湯にせっせと出かけてます~(^^ゞ

2012/11/07 23:37 | りゆう [ 編集 ]


Re: 朝日湯、行かれてたんですね! 

りゆう様
 ここまで立派な銭湯は少ないですよね。
 昭和というかもっと昔な感じ(笑)
 地域的にも面白いですし・・・

 ほんとに銭湯経営大変だろうなぁと思います。
 私はたまに入りに行っているだけですけど
 経営する側は毎日ですもんね。
 なくなってほしくないと単純に思うのはわがままなのかもしれませんね。
 なくならないうちに行かねば・・・。

2012/11/08 10:51 | 海塩みかん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/488-d920b1c7

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: